2005年11月30日

IRLの英国人

久しぶりのモータースポーツカテゴリーの記事です。
motoGPもマックス・ビアッジ、アレッシャンドレ・バロスのベテラン2人のシート喪失がほぼ決定。
来年は、バレンティーノ・ロッシ、マルコ・メランドリ、ニッキー・ヘイデンの3つ巴の戦いに、もしかしたらバレよりも速いかもしれないペドロサを含めた20代の戦いが中心に。

F1もスーパー・アグリが11番目のチームとして承認されるか?
琢磨がそのシートに座るか?
てな話題の結果待ち。

そんな、湿気って今はあまり盛り上がらないストーブリーグですが、気になるニュースが。
  
  
  
  
05年シーズンをぶっちぎりでIRLのシリーズチャンピオンを獲得した、AGRのダン・ウェルドンですが、兼ねてよりF1参戦の噂が…
シーズン終了後、AGRとの契約更新を果たさずに、F1(BMW)行きを狙っていた様ですが、どうにもこうにもBMWのシートが全く決まる気配すらなし。(それも、3rdドライバーとして…)
結果的に断念した模様。

それにしても…
やっぱ、IRL(インディ)は、F1の2軍なのか?
確かに、ブッチギリの最強軍団、AGR(アンドレッティ・グリーン・レーシングチーム)の総裁、マイケル・アンドレッティはCARTでは無敵だったけど、鳴り物入りでマクラーレンでF1デビューしたは良いけど、「走るシケイン」状態だったしなぁ〜
ザナルディもダメだった…
ド・フェランもダメ
唯一良かった(とはいえ結局1年だけだけど)のは、ここ数年では、ヴィルヌーブ位か?

逆に、F1引退して、IRL乗り込んで大活躍したマンセルなんかを見ていると、

F1で使い物にならない→アメリカのレースカテゴリーで大活躍!
アメリカのレースカテゴリーで大活躍→F1で使い物にならない

公式はどうやら存在するようなんだよね。
個人的には、見る分には、F1なんかよりも、数倍IRLの方が面白いんだけどなぁ〜
(もっと面白いNASCARと言う、まさに、アメリカン・プロレスさながらのレースもありますが)

でも、IRLのシリーズ・チャンピオンが、F1の3rdドライバーってのも…
ま、行かない事決定したから良かった♪んですけどね!

ここはひとつ
ダンちゃんには、

大英帝国、アメリカに逆襲

を地で行って欲しいですね!
音楽も、ライフスタイルも、政治も、食いもんも、なにからなにまで(おねいちゃんと、モータースポーツは別)

アンチU.S.A.

のV.J.としては、ダンちゃんの活躍は、ホント見ていて気持ちが良いです!

英国人のIRLチャンプとして、来期もぶちかましてくれよ!
ラスト数戦の熱い走りを見せてくれよ!
と言ったとこでしょうか。

で、ダンちゃんですが…
AGRと契約するのではなく、ここのところ、全く泣かず飛ばずの

チップ・ガナッシに移籍決定!

スコット・ディクソン&ダン・ウェルドン

(元)チャンプコンビ!
です!

ターゲット・マークの真っ赤なレーシング・スーツに身をつつむダンちゃん。
なかなか絵になりそうです♪

で、
来期は、AGR V.S. ガナッシ V.S. ペンスキー
の3強対決となるか!
楽しみ楽しみ♪

あ…
関係ない話ですが、IRLの「親の七光り」もとい「一族の栄光に泥を塗りたくって来た」
A.J.ホイトW世がNASCARに移籍するらしいです。
本当に関係ない話でした。

僕のところに来てくれるモータースポーツ関連のお友達も、あまりINDYやNASCARには興味が無いみたいなので、こんな記事かいてどうなるものか。とも思いましたが。。。

完全にネタ切れ

お許し下さい(笑)

音楽関係書きたいけど、写真UPするのめんどくせぇし…
頼みの綱の、ROLLING '姉歯’STONESのLive無かったんだもん(爆)

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・
ラベル:INDY MotoGP
posted by V.J. at 01:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | motorsports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
V.J.さん こんにちは
私もF-1よりCART/IRL(インディー)の方が好きです。
予選でレース結果が70%決まってしまう今のF-1よりも最後の最後までレースが縺(もつ)れるCARTの方が観ていて楽しいです。
それにF-1の作戦は緻密だけど、大部分のチームが同じ作戦を採るのでレース展開が単純でつまらないです。
その点CARTはチーム毎に作戦が大きく異なっている場合が多いのでレース展開が読み難い。
フルコースコーションがレース展開を更に複雑にしますしね。
アメリカらしい楽しいレースですよ。
NHKで中継していた時は毎回観てましたよ。

それは、そうと確かにCART出身者(特にチャンピオン)で大成したパイロットは少ないですね。
プラモ並に壊れやすいF-1マシンを大雑把なアメリカンが運転するのには問題が有るんでしょうね。
オマケにF-1魑魅魍魎の世界ですから、政治に疎い人間には無理ですよ。
そうそう、コロンビアの暴れん坊「J.P.モントーヤ」をお忘れなく。

IRL(インディー)をCARTと呼んでしまう私はヤッパリ古い人間?
Posted by ふなじゅん at 2005年12月02日 09:08
>ふなじゅんさん。
コメントありがとうございます!

>アメリカらしい楽しいレースですよ。
そうなんですよねぇ。
なんか、がちがちのそれも意味不明なレギュレーションのF1は年を追う毎につまらなくなってきます。

そうそう、そういえば、アグリのとこのチーム、FIAから難癖付けられて、エントリー出来ませんでしたねぇ〜再エントリーが認められるかもしれない。って事ですが、誰も期待していないチームなんて出なくてもいいや。って感じです。

今シーズンで琢磨に見切りつけましたし(笑)

>J.P.モントーヤをお忘れなく
あちゃー
すっかり忘れていた…
唯一頑張ってますもんね!
Posted by V.J. at 2005年12月03日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。