2005年11月20日

見た(その1) コーヒー・アンド・シガレッツ

TSUTAYAで久々に6本もの映画を借りてきましたが、最初に見た1本。
Coffee and Cigarettes
今年の春公開された映画っぽいです。
監督は、あの、J.ジャームッシュ
V.J.が大学生の頃、「Stranger Than Paradise」や「Down By Law」流行ってましたねぇ〜
モノクロの独特の映像。
映像にマッチした音楽。
スタイリッシュにダメニンゲンを描く事にかけちゃ、超一流の監督です。

でも、映画からすっかり遠のいていたV.J.はジャームッシュの近況も、最近の作品も全く知らない状態。
なんの予備知識も無く見たのですが…
  
  
  
  
いやぁ〜
最高に面白いぜ!
てな感じでいきなり星5つ!
★★★★★

11の短編です。
きったないアメリカのレストランの隅っこで、(マズソウナ)コーヒーを飲みながらタバコを吸っている人達のちょっとした日常を切り取っただけの映画です。

で、11の会話のほぼ全てが「かみ合っていません」

テーブルを挟んだ二人
噛み合わない会話
マズイコーヒー
早くこの場を立ち去りたい雰囲気
なかなか切り出せず、ついつい増えるタバコの量


そんな、日常のちょっとした「気まずい」瞬間を、ホント見事に掬い上げた作品です。
どこを切り取っても、額にでも入れて飾っておきたい位のモノクロームの画面
やっぱ、この人は、こういう絵を撮らせると、あいかわらずうまいなぁ〜と、まず感心。

で、11篇ですが、
最初から、Stranger〜時代からの常連、Life Is BeautifulでV.J.を号泣させた、ロベルト・ベニーニが怪演をぶちかましてくれます!

で、続いての「双子」ですが…
エルビスの聖地メンフィスにやって来た黒人の双子。
そんな二人に、ウェイターが声をかけます。

ん!

なんと、ブシェミがウェイターやってるじゃないですか!!!!
全くブシェミを意識せずに借りたそうです(家人談)
最初から最後までしゃべりっぱなし!
この双子自体、会話かみ合ってないのですが、ブシェミとこの双子、全く噛み合わない会話の応酬(笑)
嵐の様にあらわれて、嵐の様に去って行くブシェミ…
いやぁ、相変わらずで、嬉しいですねぇ〜♪

で、続いては!
イギー・ポップV.S.トム・ウェイツ!
どう考えても、噛みあわなそうな二人(笑)
全くかみ合いません。
終始、ぎこちなく終わります。
大爆笑!
で、イギーが去った後、ごそごそジューク・ボックスに自分の曲が入っているか探すトム…
最高です!!!
この1篇だけでも見る価値あり!

他にも、ゴースト・バスターズのビル・マーレィとウータン・クランの2人の、最早「掛け合い漫才」
や、
スターとあばずれのいとこ同士の気まずい再会を、V.J.ですら、さすがに見ているロード・オブ・ザ・リングに出ていたケイト・ブランシェットが、1人2役で!
これ、びっくりする位別人です。凄すぎます!

他にもそれぞれ、印象的な日常のありえそうな、ありえなそうな気まずい瞬間がてんこ盛りです。

で、殊更に感じるのは、

コーヒー(場末のレストランの出がらしのコーヒー)

タバコ

この2つは、アメリカ人にとって、「未だに飲んでる&吸ってる」事が「恥ずかしい」モノの代表として描かれています。
「コーヒーとタバコがランチ代わりなんてカラダによくないですよ。」
ってここそこあそこのウェイターや、テーブルをはさんで座っている相方が、全編を通じて、声をかけます。

まさに、「悪いものの代表」の2つを同時に摂るなんて、なんて不健康な!
…でも、そんな不健康な組み合わせぢゃないと、間が持たない位、気まずい雰囲気(笑)
あのテーブルの雰囲気、ストレスの塊。
そんな精神的ストレスを緩和させるのが、まさにコーヒーとシガレッツなんですよねぇ〜

で、この11篇ですが、それぞれが全く独立した作品ですが、微妙に、同じセリフがそれぞれにちりばめられていたり、きったないレストランのテーブルが同じチェック柄だったりと、ちょとつぃたトコロも気が利いています。

コーヒーとタバコを片手に、気まずい相手とやりあう会話。
まさに、次の一手を読みあうチェスをやっているみたいです。
テーブルのチェック柄が、チェス・ボードに見えてくるから不思議です。

で、ありえないことに、みんな、コーヒーカップをチーンと合わせて「乾杯!」してたりします(笑)

映像よし
内容よし
音楽よし
のいいトコだらけの、まさにV.J.のツボにハマッタ作品でした。
  
  
この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

これ、マジで、買って手元に置いて置きたい位良かったなぁ〜
コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)
ラベル:映画 Steve Buscemi
posted by V.J. at 01:40| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画ブログですか?ここは。

この映画見たんですか?何か「バグダット・カフェ」のような嫌な予感が・・・

でも文章見ていると面白そうな短編集みたいですね。是非見てみよう!

追記:ブシェミは「アイランド」にも出ていたような・・・殺されていましたが・・・
Posted by ぷくちゃん at 2005年11月20日 13:51
どうもです。今まさに"COFFEE & CIGARETTES"で書いてます。これが夜になると"CIGARETTES & ALCOHOL"に変わります。
この映画、未見なんですが、これは良さそうですねー。今度借りにいってきます!
Posted by masa at 2005年11月20日 14:03
>ぷくちゃん
コメントありがとうございます。

>映画ブログですか?ここは。
そうです(きっぱり)
映画オタクが熱く映画を語る場所です。
…結構もう既に限界かも(笑)

バグダット・カフェは「Calling You」を聴くために存在する映画なので、あれで良いのです!

>ブシェミは「アイランド」にも出ていたような…
うげー、基本的には、「ブシェミを見る会」(会員一人)なので、今度こいつらを返却した時に、探してみます!
Posted by V.J. at 2005年11月20日 19:52
>masa兄ィ
いつもコメントありがとうございます!

あれー、絶対masaさんは見ていると思ったよ。
イギー・ポップV.S.トム・ウェイツですよ!
ホント、これ最高!

是非見て下さい!
Posted by V.J. at 2005年11月20日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。