2005年11月18日

STONES好きが好きだったバンド…Primal Scream

ちょっと慣れない映画記事をUPして、精魂使い果たした感のあるV.J.です。
困った時は、「STONESなんでもBEST10」ネタを考えていたのですが、(過去にSOUL&FUNK BEST10歴代ツインギターBEST10なるネタを披露しています。)
イマイチ、これと言って、グッと来るネタが思い浮かばず…

やっと思いついたのが「STONES好きが好きなSTONES的BANDベスト10!」てな企画。
よし、UPしてみよう!とPCに向かいつつ、なんとなく、思いついたあるバンド。
それが、PRIMAL SCREAMなんですけど、ちょっと、単独記事で書いてみようかと…


  
  
  
  
PRIMAL SCREAMは、V.J.が敬愛して止まない、ホンモノのMODERNIST、アラン・マッギー主催のCREATIONレコードのドル箱スター(表現古すぎ)でした。
元々は、マッギーの幼馴染。クリエイションの最初のスター、ジザメリのドラマーをパートでやっていたボビー・ギレスピーが結成したバンドです。

PRIMAL SCREAMってどんなバンド?
と聞かれると非常に困ります…
ここまでAlbum毎にスタイルが違うバンドって他に思いつかないんですよねぇ。
一貫しているのは、ボビー・ギレスピーの歌がへなちょこって事だけ。

1stのSONIC FLOWER GROOVE(87年)は靄のかかった様なリバーブ、12弦ギターがかき鳴らされ、浮遊感漂うと言うと聴こえは良いけど、単に「へなちょこ」なボーカルで歌われる典型的なギターポップアルバムでデビューしました。
これはこれで、ギターポップとしてみるとなかなかGoodなのでしょうが、いくらなんでも歌、へなちょこ過ぎ。まだ、「味」にもなってません。
Sonic Flower Groove

いかにも、UKのNew Wave崩れのジャケ。そのままのへなちょこぶり。


で、2ndのPRIMAL SCREAM(89年)ですが、バンド名をタイトルにして来ました!自信作の証です!(普通、1st Albumがバンドタイトルってパターンが多いのですが、あえて、2ndにバンドタイルを持ってきたって事は、本人達も再出発のつもりだったのでしょうか?)
いきなり、ガレージ・パンクです!ストゥージーズばりです!
荒々しくも激しいギターのイントロに、ちょいと親しみ易いメロディのIVY IVY IVY!
ボビーが歌わなければ、カッコ良い曲です(笑)
プライマル・スクリーム

1stに比べると明らか過ぎる程Wildなジャケ。でも歌はへなちょこです。

で、問題の3rd、Screamadelica(91年)
その後のUK音楽シーンを決定付けたSECOND SUMMER OF LOVEを経て(RAVEと切り離しては語れませんねぇ。そうなると、やっぱ、STONE ROSESやHAPPY MONDAYS等を抜きには語れないのですが…)、ロック、アシッド・ハウス、テクノ、レイヴ等、ジャンルをぐちゃぐちゃにごった煮にした、Undergroundから湧き上がったムーブメントなんですが、PRIMALも思い切り乗っかって来ました。
ギターポップ→ガレージ・パンク→アシッド・ハウス
と、変遷して来たのですが、へなちょこVo.の意味がここに来てやっと分かりました。

1stから一貫して、サイケデリック・バンドだったんだと。

で、この感覚を表現するのは、ボビーじゃなきゃダメなんだ。って。

STONES好きのV.J.はScreamadelicaは

PrimalのSATANIC MAJESTIESって断言できます。

と、言うか、ここそこかしこに、STONESのヤバイ時代の匂いがマーキングされています。

久しぶりに今聴き返していますが、ホント良いです。
ジャンル分けがバカらしくなります。
「倒れるまで踊れ!」ってコピーを見た記憶がありますが、どっちかって言うと、アシッド・ハウス全開の曲も、アルバム丸ごとチルアウトな1枚です。
どんどん、深いトコロに落ちて行く感覚が…特に、LPで言うと3面(相変わらずVynilで聴いてます)loaded〜の流れは、ヤバイ。

Screamadelica

ジャケも最高!Vynilで持っていたい(持っていないとダメ)なAlbumの見本!

こんな傑作を作ってしまうと、次はやっぱり、あっちの世界にいっちゃうのか?と思っていたら、こんな4thが出ました。Give Out But Don't Give Up(94年)
メンフィス録音です。
アメリカ南部旗のジャケットです。
STONES以外の何者でもない、ROCKSが収録されています。
この振幅の激しさは何だ!
ギター・ポップ→ガレージ・パンク→アシッド・ハウス→スワンプ・ミュージック
こうなると、また、へなちょこVo.が若干、耳につく様になります(笑)
とはいえ、へなちょこVo.も大幅に改善されています!

でも、ちょっと、インドア文科系いじめられっ子が、上京を機に、過去を捨てて、Wildになって登場!?てな位、マッシブなAlbumです。
ファンの間では評価が低いらしいですが、そりゃ、Club通いの音楽をカラダで感じる連中には、ダメでしょう。

思いっきり古いタイプのニンゲンのV.J.は、Screamadelicaにグッと来た方が不思議な位です(笑)

で、ScreamadelicaがSATANICSならば、このAlbumは

Primalのメインストリートのならず者

以外の何者でもありません。
念には念を入れて、プロデューサー、トム・ダウドです(笑)
(今、Screamadelicaから、このAlbumに換えて聴き直してます(笑))
いやぁ、かっこいいよ!1曲目から!
ROCKS!
笑っちゃう位名曲だなぁ〜
でも、すぐに息切れして、以外と、ミディアム〜スローな曲も多く、ちゃんと聴かせます。
N.Youngのセツナサに近い味まで出ています。。。

Give Out But Don't Give Up

初めての人には、SCREAMADELICAとこのAlbumの2枚を同時に薦めます。で、この180度違う音の中に、STONESと言うキーワードで全く違和感無く、同じ地平線でつながっているのが見える方とは、永遠のオトモダチです(笑)

で、ここまでが、今回のタイトル。「STONES好きが好きなBAND」としてのPRIMAL SCREAMです。こっから先のPrimalの方がその筋の方々には正直、評価が高いと思います。

一応、バニシング・ポイントも、そのDUB版エコー・デックも聴きましたが、、、これがどうしてもダメ。RADIOHEAD以降の、ROCKでない地点に立つ事が、ROCKなんだ。と言う、逆説的な高みに達してしまったPrimal…
エクスターミネイターは、2ndのその時点での回答。本当のガレージ。本当のパンク。って気がしますが、もはや音楽である事も否定している様なイカレぷり。相当体調が良い時以外は聴けません…

で、Evil Heat…
エレ・ガレージ。どこまで行くんだろう。
最早ここで完全について行けなくなったV.J.
エクスターミネイターで瀕死状態だったのですが、完全に死亡。
リアルタイムで全て知っているバンドですが、自分が同時代を歩んで来たと思っていたのに、完全に置いてきぼりを喰ってしまった感が強い。

俺はSTONESと一緒に歩んで行く道を選んでしまった(笑)


いやはや、そうかんがえると、本当にPRIMAL SCREAMは凄い。凄すぎるバンドだなぁ。と、改めて思う。

そもそも、ヤツラは、プライマル・スクリーム療法がバンド名の語源だと思うんだけど、ジョン・レノンも受けていた、この治療法は、「幼児期の抑圧されたトラウマを開放して行く」療法だと記憶している。

どこまで開放されてゆくんだ!
こいつらは…
今はもうヤツラの背中すら見えなくなっちまった(笑)

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

Vanishing Point
完全にV.J.がつまづいたヴァニシング・ポイント

Echo Dek
個人的には、こっちのほうがすきかもしれないが、、、しょせん、つまづいている事に変わりなしのハード・ダブ

エクスターミネーター
もはや瀕死状態です…エクスターミネータ

Evil Heat
完全に遥か遠くに去って行ってしまいました。。。

  
  
  


posted by V.J. at 02:48| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(2) | ARTIST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「スクリーマデリカ」。確かジミー・ミラー最後のアルバムでしたね。"ROCKS"はもう...。ROD STEWARTがカバーしました。元プリプリの中山加奈子がパクリました。私の周りは”この曲最高!”と騒いでましたが、誰一人としてストーンズを聴いてるヤツはいませんでした(泣)。
そんなボビーの1番のお気に入りはグラム・パーソンズなんだそう。これはちょっとヤツを呼んで3人で語り明かすしかないっすね!もちろんV.J.さんもグラム・パーソンズ好きですよね?
Posted by masa at 2005年11月19日 01:31
>確かジミー・ミラー最後のアルバムでしたね

そうそう!
そうですよ!
さすが、Blood Brother masaアニィ!
良くぞ思い出させてくれました。
相も変わらず、資料何一つ見ずの殴り書きBlogです。どうしてもジミー・ミラーの名前が思い出せなくて(G.ジョーンズとごっちゃになっていた)記事中に触れる事が出来なかったのですよ!
感謝です。

>3人で語り明かすしかないっすね!
ボビーのヤツ、ぼこぼこに潰しちまいましょうか?(笑)

おぉ、G.パーソンズ!
FBB、初めて聴いた時は、正直、ちょっとキツかったんですけど、聴いて行くうちにどんどん良くなって来た代表です。

そいういえば、最近DVDになったG.パーソンズ・トリビュート見ました?
KeithがノラとWild Horsesでしたっけ?何かデュエってるんですよね?
まだ、僕は残念んがら未聴です。
Posted by V.J. at 2005年11月19日 02:45
V.J.さん、どうもです。

プライマル・スクリームの名前しか知らなかった(興味も無かった)私にCDを買わせ、渋谷公会堂まで観に行かせた曲が「ROCKS」でした。
同じようなストーンズ好きな人、当時は結構いたと思います。
でも、私の周りの元々のプライマル・ファンはストーンズを聴いていない(いや、知らない)人ばかりだったし、もちろんトム・ダウドなんでわかりません。「レイラ」を挙げて説明しても、その「レイラ」すら説明しなければなりませんでした(笑

でもこちらも同じで、プライマルのことは何にも知らなかったわけです。

何か、そんなバンド(どんなバンドだ!)だったんじゃないかと。

渋谷公会堂のライヴは、開演前にセックス・ピストルズやパティ・スミスなんかがガンガンにかかっていて、かなりの期待をしていましたが、肝心の中身は今ひとつでしたねぇ。
ああいった曲を演奏するにはギタリストがポイントだと思うんですが、私から観てかっこ悪かったんですよね。
Posted by Blue1981 at 2005年11月19日 14:54
ジョージ・ジョーンズとごっちゃって(笑)!まさかグレイス・ジョーンズじゃないっすよね?でもジョージ・ジョーンズの「BRADLEY BARN SESSIONS」でのキースの曲(バラード)、イイですよねー(しみじみ)。
ノラとのデュエットは涙の"LOVE HURTS"(バラード)デスヨ!
今度キースとカントリー、ストーンズとカントリーについて語ろうかと...。結局プライマルそっちのけになってしまった私。すいません。
Posted by masa at 2005年11月19日 20:55
>Blue1981さん
コメントありがとうございます。

>渋谷公会堂のライヴ
あ、あれ、僕も行きましたよ!
確か、ROCKSアンコール含め2回やったですよね?
確かに、Primalはああ言う、純粋なバンド形態では、総合的な弱さ露呈しますよね(笑)

でも、僕も含め(ってその前の完全Clubイベントのノリのチッタも行っていますが)、あのROCKSって曲は、多くのRockフィールドの人間の目を向けましたよね!
それだけ、名曲!って事なんですけどねぇ。
あの路線を続けていたら、どうだったんでしょうかね?きっと今のOne And Onlyの地位は得られなかったんでしょうけど、見てみたい気もします。
Posted by V.J. at 2005年11月19日 23:33
>兄ィ
>まさかグレイス・ジョーンズじゃないっすよね?

近い!(爆)
STONESつながりの誰かがからんでたなぁ〜と思っていたのです。
G.ジョーンズは、グリン・ジョーンズの事言おうと思ってました(激爆)

>今度キースとカントリー、ストーンズとカントリーについて語ろうかと...。
是非とも!
masaさんの詳しく熱い記事を是非読みたいですねぇ!
前にもどっかで触れましたが、僕は、STONESのカントリー的要素が一番良く分からないです…
G.パーソンズとの親交以外、知識も何も無い状態(笑)

Deadflowersは永遠の名曲だと思いますが!!!

Posted by V.J. at 2005年11月19日 23:39
グリン・ジョーンズ!しまった!その存在をすっかり忘れてました!ハハッ!
"DEAD FLOWERS"!まさしく永遠の名曲!「WILLIE NELSON & FRIENDS」のキース・バージョンも必聴ですよ。
Posted by masa at 2005年11月20日 00:39
こんばんは。未だに「スクリーマデリカ」が一番好きです。
しかし、「ヴァニシング・ポイント」以降も、振り落とされそうになりながらも、ナントカついていってます。
それにしても凄いエネルギーの、気合の入った記事ですね!
Posted by カナ at 2005年11月20日 01:49
>masa兄ィ
>!「WILLIE NELSON & FRIENDS」のキース・バージョンも必聴ですよ

…僕とは、STONESに対するコア度が違う!
聴いてないですぅ(涙)
今度、レコ屋にGoした際にちょっと探してみようかなぁ〜
Posted by V.J. at 2005年11月20日 12:07
>カナさん
コメントありがとうございます!

カナさんの記事拝見しました。なんか、こう、さらっと本当に伝えたい事が、カナさんみたく書けない。ついつい、ぶわーーーっと書きなぐってしまうんですよねぇ(苦笑)
これも、酒飲みながら&アナログ聴きながら、同時実況中継的に書きなぐってるんですよねぇ。

時々、UPしてから読み返して書き直したりはしてますが、UPするまでは完全ノーチェック(笑)

こんな記事ばっかだから、アクセスが伸び悩むのかなぁ〜(爆)
Posted by V.J. at 2005年11月20日 12:12
musicField営業担当ダーイシです。
バナーを貼っていただきまして、ありがとうございます。
ダーイシ、涙が出る思いでございます。
PRIMALはV.J様が行き詰った、ヴァニシング・ポイントから聴き始めてしまいました。(失敗?)
とりあえず、呪文のように「メディケイション」を聴いております。
近日よりシューゲイザー特集を開催いたします。
何とぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 営業担当ダーイシ at 2005年11月23日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

プライマル・スクリームは唯一の現役パンク・バンドだ!
Excerpt: 今夜のBGM・・・ Primal Scream / XTRMNTR
Weblog: 音楽酒場
Tracked: 2005-11-20 01:50

Tシャツです☆
Excerpt: <a href="http://www.musicfield.jp/index.html" target="_blank"><u>ミュージックフィールド</u>(musicField)</a>営業担当ダーイシです☆ ダーイシの営業守備範囲は何でもアリです。 浅く広い知識タイプなので、いろいろ勉強しているところです。 そんなダーイシ..
Weblog: musicField公式ブログ
Tracked: 2005-11-23 15:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。