2005年11月15日

一番好きな俳優は?

先日、V.J.がお世話になっている、ぷくちゃんの「eclips的な独り言」で、「スカッとする映画」と言う記事がUPされ、それにコメントを書いていてふと思い出した。

俺のBlog、カテゴリーにCINEMAってあるけど、1つしか記事を書いていないや…

と。

で、何か久しぶりに書こうかなぁ。
と思い立ったのですが…
ここのところ、全く映画なんて見ていない。
って事に気付きました。
  
    
  
V.J.の可処分時間に占める映画の位置は、かなり下位にまで下がっていました。
TSUTAYAでDVDを借りる時間があれば、レコード磨いています(笑)

で、最後に見た映画といえば…
コンスタンチン
その前に見た映画といえば…
ロードオブリング3に
マトリックス3
(なんちゃら3ってタイトルだったかどうかもアヤフヤ)
(ロードオブに至っては、1も2も見ていない有様)

うげー
これじゃ…
夏休みにオヤジがコドモに連れられて

東映マンガ祭りを見ているのと同じです。

(自分の「意志」で見ていない。って意味です。)
そのくせ、ヒルズのバージンシネマで、ドリンク付1人3,000円のシートかなんかで見ている有様(爆)
映画が目的では無い事が一目瞭然です(苦笑)

そんなV.J.が映画の事を書く。。。
何書きゃいいんだ。。。
困った。。。

『生涯この1本!』
一応、New Cinema Paradiseなんですが、ちょっとねぇ〜
なので、今日は、

『一番好きな俳優、それはオマエだ!』

って記事にしてみようと思います。
あまり筆が進まない記事を書く場合、前置きがとてつもなく長くなるV.J.でした。(

で、誰が好きかと言えば…
ちょっと、脇役の人なんですけど

Steve Buscemi

がとてつもなく好きなんですよねぇ〜。

こんな人↓
buscemi2.jpg
(ビッグ・リボウスキの頃ですかねぇ〜)

最初に、ブシェミを意識したのは、「レザボア・ドッグス」のPink役です。
狡猾で、小人モノで、欲深くて、自分勝手で、隣の芝生が青く見えて、誰も信じられなくて、一人でニンゲンのダメなところを全てしょいこんでる演技が秀逸です。
「うぁー、こいつ、バカ。」
と思いつつも、(確かホモ役の)Pinkの演技に釘付けになってしまいました。
ティム・ロスもハービー・カイテルも当然良いのですが、やっぱ、ブシェミですよブシェミ!!

で、気になって見出すと出てる出てる。
全部ちょい役。
で、大概死んでます(笑)
・ファーゴでの誘拐犯役。落ち着きゼロ。しゃべりまくり。あげくの果ては仲違いの末殺されて、蒔割り機みたいので、がーーーっと粉々に(笑)

・ビッグ・リボウスキでの主人公のボーリング仲間のバカ3人組の1人役。
人一倍気が小さく、間も悪い。
2人の後をくっついているだけの腰ぎんちゃく野郎。
無個性がこの個性的な相棒達の中でピカピカに光っています!
敵?との抗争で銃撃戦になりますが、撃たれた訳でも無いのに、ピストルの音で心臓発作を起こして敢え無く昇天。
(ちなみに、ビッグ・リボウスキはV.J.の中では、バカ映画永遠のNo.1です。)

・デスペラードでの、バンデラスの常識ある相棒。神父に扮し、もう無駄な殺生を止める様、バンデラスを説得中、敵の忍者みたいなヤツに、手裏剣よろしく、ナイフが刺さって敢え無く昇天。

やっぱ、ブシェミが出てくると、「どう死ぬか?」って事ばかりが気になります。
で、超大作「アルマゲドン」では…
・アルマゲってしまいそうなのを救うための勇敢な宇宙飛行士達。そんな中、一人役立たずのブシェミは、任務遂行のジャマをしないように、宇宙船の中に縛られていた(様な記憶があり。あやふや)が故に、殆どお亡くなりになった宇宙飛行士の中できちんと、帰国した稀有な役どころ(笑)

なんかオトコの仕事をやり遂げた顔してます。イッチョ前に↓
buscemi.jpg


縛られているといえば…
・コンエアーでは、ロリコン変態、超VIP待遇の変質者で犯罪者役。
美空ひばりが堂々ステージから登場!とシンクロしてしまう様な、バックライトを燦然と浴びて、いすに両手両足を縛られ、全身拘束具で固められたお姿で登場。アクションが1ミクロンも似合わないコッポラの甥っ子ニコラス・ケイジが旅客機大爆発の中、迫真の演技をしている脇で、お嬢ちゃんとお茶していました(笑)

他にも、
バートン・フィンクでのベルボーイ。なんか、しぐさ一つが嫌味たらたらだったり
未来は今でのバーテン。何をやらかすんだ?何だ?何だ?と思っていたら、何もやらなかたり
と、
時には「お約束」
時には「お約束をぶち壊して何もしなかったり」
と、何かしでかしても、しでかさなくても、ついつい眼がそこに行ってしまう稀有な脇役です。

V.J.的には、このひねくれ感。好きですねぇ〜
主役ではありえないのですが、時には主役を食う存在感。
分かる人だけに、ちらっと出すサイン。
画面の端っこでこそこそとマニアックな事をしでかす感覚。

で、ずっと、脇であり続ける。

ちょっと憧れちゃいます(笑)
こんなズルイポジションが一番理想だなぁ〜


で、そう考えると、V.J.は『癖ばっかりが強い脇役』てぇのがどうも好きな様です。

ブシェミ程の脇役人生では無いですが、ゲイリー・オールドマンなんてのも好きですねぇ〜
(ホントの)LEONでの敵役の刑事や、頭半分ピンクに染めた宇宙モノの悪役(なんでしたっけ?この映画)とか、コン・エアーに似たハイジャックモノの映画の首謀者(エア・フォース1だ!確か)
実は、シド・アンド・ナンシーのシド・ビシャス役だったりするのですが…

そーいやぁ、コン・エアーの悪党は、ジョン・マルコビッチだった記憶が(笑)

悪役で脇役
最高ぢゃないですか!

で、
今、ブシェミは相も変わらず、ちょろちょろやっているのでしょうか?
マジメに映画を見ていないので全く彼の消息すら分かりません。
単館に足繁く通っていた頃が懐かしいなぁ。
久しぶりに、映画でも見たくなりました…

朝からステーキを食わされる様なハリウッドSFX超大作ぢゃなくて、ちょっと気の利いたオススメ映画があったら、すっかり現役を退いたV.J.めに、教えてやって下さい。

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・


ブシェミ『観ずに死ねるか!3部作』

ビッグ・リボウスキ
やっぱり、ビッグ・リボウスキを見て、最高!と言えない人とはお友達になれないかも…

レザボア・ドッグス デラックス版
今のタランティーノは…ですが、これは本当に本当に本当に面白い!殆ど買わない映画のDVDを買った数少ない1本

コン・エアー 特別版
ブシェミ、マルコビッチ、ジョン・キューザック、甥っ子。の豪華4大スター競演のハリウッド超大作!映画の出来はこの際関係ありません!まぁ、このキャスティングを全く生かしきれていないと言う素晴らしさ(バカ)。その中で、ブシェミ、光り輝いています!
posted by V.J. at 00:05| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンニチワ
ブシェーミ、ファーゴ観てからファンです!
近況は僕もよく知りませんが、昨年だか一昨年だか、どこかのボンクラに喉刺されて重傷!なんてニュースを目にしました。
確か一緒に呑んでたヤツに、酔った勢いで刺されたという・・・そんな曖昧な記憶しか無いんですが・・・刺した方も俳優じゃなかったかしら。
もうとっくに復帰してるみたいですが。
今後、このカテゴリが繁栄(?)される事を祈ってますw

それでは、お久しぶりでした。また。
Posted by k53 at 2005年11月15日 14:54
私も好きですよぉ、この人。
「コンエアー」も「アルマゲドン」も絶妙(微妙)な演技でしたよね。
脇(役)って言っても主役並に印象に残ってますよ。
Posted by ふなじゅん at 2005年11月15日 17:26
トラックバック無視攻撃!といきたかったのだけれど、愛弟子の映画記事無視できません!(いつの間にか上に立つ攻撃!)

この人、私的には「レザボア・ドッグス」でのPinkが印象的です。何せ大好きな映画です。でもマイケル・マドセンが・・・私の一番好きな俳優が出ているのでそっちに目がいってしまいました。

>やっぱり、ビッグ・リボウスキを見て、最高!と言えない人とはお友達になれないかも…

さよなら・・・V.J.
Posted by ぷくちゃん at 2005年11月15日 20:02
お邪魔します、フレっす。
いやぁ、映画も好きでして…。やっぱコンエアーの変態犯罪者ってのがピッタリでして、、、、良い味出してますもん。アルマゲドンでは、ストリッパーにカネ使いまくるところとか似合ってたなぁ。他はちょっと良いキャラでなかった気もしますが。んなことで、手広くインドアな趣味してるフレでした。
Posted by フレ@ロックの行き着く先は・・ at 2005年11月15日 22:20
ぷくちゃん、あんまりいじめないように(笑)。ブシェミっていったら、やっぱり「AIRHEADS」でしょう(邦題「ハードロック・ハイジャック」)!大爆笑ロック映画です!見てないとは言わせませんよ!
Posted by masa at 2005年11月15日 22:43
>k53さん
ご無沙汰です!
V.J.です。

いやぁ〜慣れない記事に励ましの(笑)コメ大感謝です!
いつも、k53さんのとこはROMらせて頂いていますが、なかなか、突っ込めなくて。特にホラーは分からないデス…(苦笑)

>酔った勢いで刺されたという

マジですか?
一命を取り止めた様でホッとしました。
私生活の死に様も、飲んでて刺されたぢゃ、ちょっと洒落にならないですよ…
僕もあまり飲んで騒いで隣のグループとかと喧嘩にならない様に気をつけなきゃ(笑)
Posted by V.J. at 2005年11月15日 23:46
おぉ
ふなじゅんさん!
バイク以外の記事にもコメを頂き感謝感謝です!
なんか、カテゴリー以外のお友達からコメントを頂けると、凄く嬉しいです!

また、なんか突っ込める所があったらコメお待ちしてますね。

で、ブシェミ、思いっきり「主役を食う」演技が多いですよねぇ〜いつも、釘付けです(笑)
Posted by V.J. at 2005年11月15日 23:48
>ぷくちゃん。
コメントありがとうございます。

>トラックバック無視攻撃
呼び捨て攻撃されないと喜べないMだった事を自覚させられたV.J.は、放置プレーにもじっと耐えます。師匠様。

でも…

>さよなら・・・V.J.
短い間でしたが、楽しい日々をありがとうございました。
ぷくちゃんとの楽しいおもひでを胸に、これからも、なんとか生きて行きます。
カリスマブロガーのご活躍、陰ながら、これからも見守って行きたいと思います。
ありがとうございました(号泣)
Posted by V.J. at 2005年11月16日 00:10
>インドア大王 フレさん。
コメントありがとうございます!
V.J.です。

>ストリッパーにカネ使いまくるところとか
おぉ、確かにそんなシーンありましたよね!

いやぁ〜、でも、ブシェミの記事。それも、結構いい加減に書いたのに、こんなにコメントを頂いて感謝の限りです。

フレさんのブログみたいに、グッと来る音楽評論は、知識の幅が思いっきり狭くて、書けませんが、これからも宜しくお願い致します!
Posted by V.J. at 2005年11月16日 00:14
>同士masa兄ぃ
(なんか、きっと、僕のほうが年上の気がしないでもないのですが…やっぱ、精神的アニィって感じが)

コメントありがとうございます!

>あんまりいじめないように(笑)。
いじめらるの慣れていますから(涙)
アニィ…ありがとうございます。
やっぱ、V.J.はmasa党だ!(爆)
(ちょっと上で師匠と呼んでおいて、すぐに鞍替え攻撃)

>見てないとは言わせませんよ!
やば…
見てないや。
いやいや…今ツタヤから戻ってきましたが、もう閉まっていた…
やっぱ、見てないです…

ちょっと、これ、masaさん激オススメなので、見ないとマズイっすね。で、ブシェミ、主役って事は無いですよね??
Posted by V.J. at 2005年11月16日 00:21
まさしくチャット状態!
ま、年齢なんてただの数字ですから。ワイマンさんも他のメンバーよりずっと年上なのにあの扱いでしたから(笑)。
「AIRHEADS」はブレンダン・フレイザーが主役でギター&ボーカル、アダム・サンドラーがドラム、で、ブシェミがベースです!
Posted by masa at 2005年11月16日 00:45
>masa兄ィ
早速の紹介ありがとうございます!

ヒトッコヒトリ知らない…
付け焼刃映画記事なんか書くばかりに、ぼろが出まくり(笑)

実はここだけの話ですが(兄ィのとこでも、、、そればっか(爆))
『レザボア』を『デザボア』と思いっきり間違えて書いたままUPして、指摘をされてコソコソ書き直してます(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年11月16日 01:12
V.J.センセ、スティーヴ・ブシェミっていったら、大事なのをひとつ忘れてませんか?
そうですよ、アレ。

何?忘れてたような気がする?
だんだん思い出してきた?
そうでしょ、そうでしょ^^。
じゃあ、思い出させてあげましょ。

『ゴースト・ワールド』ですよ。

なに?
み、見てない?
す、すぐにでもTSUTAYAに走りなさい!!

このなかでブシェミは主人公の女子高校生ふたりのうちの一人に惚れられる役ですよ!
(ま、正確には高校卒業したばっかしの女子ですが…)

その女子高校生というのが、アナタ、『アメリカン・ビューティ』のソーラ・バーチなんですよ。
もう一人の女子高生は『ロスト・イン・トランスレーション』のスカーレット・ヨハンソン。
まあ、両方ともアカデミー賞受賞作品じゃありませんか!

で、ブシェミの役どころは「ブルーズ・レコード・コレクター」!!!
な、なんとヴァイナル・ジャンキーなんですぅ!!

これは見なくちゃいけないでしょ?
見たい気になってきたでしょ?
ソーラちゃんに惚れられるんですよ!
さあ、今すぐTSUTAYAに走りなさい!!


はあはあ…。
久しぶりにこおふんしてしまひまひた…
Posted by 遼(Parlophone) at 2005年11月16日 01:17
遼さんまでもがブシェミ記事にコメを下さった…

あぁ、ロクニ見ていないで、適当に、記憶だけを頼りになんてバカな記事を書いてしまったのだろう(頭を抱える姿)

本当にコメントありがとうございます!!!

思い出すも思い出さないも見てないものは思い出せません…何かをキメれば、思い出せるかも(ごそごそ)(爆)

ちょっとこれ見ない訳いかないですね!
TSUTAYAにGo!します!!

>正確には高校卒業したばっかしの女子
やっぱ、ロリコン淫行現行犯逮捕役?(バカ)

そういえば、ケビン・スペイシーもちょい変態やらせたらウマイですよね!
でも彼、主役だからダメ(笑)
あくまでも脇役人生が◎(自分に投影)

それにしても、皆様方の映画に対する造詣の深さに感服致しました。

P.S.遼さん、ネタバレバングラ記事ですが、全然大した事書いてませんので、読むのを取っておくなんて面倒くさい事しなくても結構ですよ、全く本編と関係ない事書いているだけですから…(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年11月16日 01:32
V.J.様失礼します。まつかわっです。

ブシェミとの出会いからビック・リボウスキのあたりまでが私とブシェミの出会いと全く同じなのでびっくりです!

やはりコメントでもありました「ゴースト・ワールド」オススメですね^^

ブシェミ役の男はおそらくV.J.さん絶対気に入るとおもいますよ^^

感想楽しみにしております。
Posted by まつかわっ at 2005年11月22日 12:51
>まつかわっさん
ご無沙汰しちゃってます。
コメントありがとうございます!

やっぱ、うちら、近いもんがあるんですよ。きっとね!
(でも、フィギュアはダメですが(爆))

>「ゴーストワールド」オススメですね
見ました見ました
いやぁ〜
キツイ映画でした(笑)
感想は近々UP予定です。
Posted by V.J. at 2005年11月23日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9344997

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。