2005年11月14日

補稿Paul Weller/AS IS NOWアナログ!

Paul Wellerの渾身の1作、AS IS NOWですが、当然買ってすぐヤラレテしまい、「聴かずに死ねるか!」カテゴリーに記事をUPしたのですが、やっとというか、ついに、アナログ盤が日本にも入って来ました!

元々、Wellerは未だにVynilの可能性を信じている節があり、
毎回、Albumが発表されると、CDには未収録のVynilを7inchで切って来ます。
当然、AlbumもVynilで発売されるのが常なのですが…
  
  
  
  
今回は、なかなかアナログが出てきません…
ま、そのうち、発売になるかなぁ〜
と、思っていたら、やっぱ、出ました(笑)
しかし…
もはや英国では廃盤だそうです…
かなり流通量も少なそうです。
日本にも入ってくる量は極少らしいです。
やば…
と、思っていた矢先に、なんとか保護する事が出来ました(笑)

DSC_0091_pw.JPG

やっぱ、Vynilでないとダメって位の存在感があります(笑)
ジャケを眺めながら聴いているだけで、にやけてきます(苦笑)
つくづく、バカだなぁ〜と思いますが…

で、盤も200gあるんぢゃねーのか?
って位の重さ。
音質もやはりCDと比べると、アナログ特有の重心の低さを感じます。

で、ジャケの厚みがまたイカシてます!
Beatlesのアナログの中でもレア中のレア、Wide Span並みの厚さです。

DSC_0096_pw.JPG

で、レーベル面ですが、1〜4面をタイポグラフぽく飾っています。

DSC_0092_pw.JPG

このレーベル面を見て「おぉ!」と、思った人はWellerマニアです(笑)
そうです、スタカンの5枚組BOX SETのCD内袋のオマージュになってます。

DSC_0097_pw.JPG

今回のAlbumは、Back Of Roots的な作品です。
自身のキャリアから新たな血肉を取り入れた作品と言う事も出来ます。
ほんのちょとですが、過去のデザインをアナログの中にさりげなく取り入れているトコなんぞ、憎いぢゃないですか!

最近は、多くのArtistが新作発売と一緒にアナログも発売してくれます。
やっぱり、作り手も、アナログに愛着があるんぢゃないかなぁ〜
i-podがこれだけ全盛の時代、音楽なんてカタチがある必要なんて無い。音で勝負ってのも良く分かっているつもりなのですが…

12inchの大きさのキャンバスに、ちょっと扱いをぞんざいにすれば、ノイズが入ってしまう様などう考えてみても、前近代的な記録フォーマットです。
片面たかだか、20分程度しか収録できません。

でもね、聴く側から見ても、CD〜シリコンオーディオは「音楽鑑賞」って言う趣味を奪ってしまった気がしてならないんですよ。
ジャケを眺めながら、ライナーノーツを読みながら、コーヒー沸かしている間にA面が終わり、B面をひっくり返して、コーヒーでも飲みながら、うーん。なんてうなっていると、1枚目が終わる。

そんな、瞬間。
音と、向かい合う瞬間。

意外とこう見えても忙しいV.J.は、そんな時間を、他の事を後回しにしたり、犠牲にしたりしながら、いつも作りたい。って思っています。

何故って?
至福の瞬間だからです。

なんて、自己を正当化してみたりして(苦笑)

とにもかくにも、AS IS NOWのアナログは、お店で見かけたら、すぐにGetしないとマズイよ!
後で後悔しても手に入らなそうだし(笑)

あぁ、久々に、V.J.(Vynil Junkie)ぽい記事書いた気がする(笑)

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・
posted by V.J. at 00:11| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜っと出ましたか!
イベント終わってほっと一息入れてる場合じゃなかった(汗)。欲しい!まだ間に合うか・・・^^;。さすがV.J.さん♪情報あざ〜す。
Posted by ション at 2005年11月14日 01:01
>ションさん
マイドです!

いそげーーーーーーー

ホント、今回のVynilは数が無いらしいですよ!
ちょっとこれだけの傑作、Vynilで持って無いとまじぃっすよ!
全アナログファン必聴の名盤です(断言)

あ、そうそう、今度、ションさんのBlogリンクさせて頂いてもよろしいですか?
こんなじじぃブログで、ションさんのトコに行くと、明らかに、V.J.だけ、イメージが違って浮いてますが…(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年11月14日 01:44
すいません、ご家族の方のメルアド、教えていただければ、購入毎に購入額などお知らせするメールを送らせていただきます。(爆)

私などitunesで購入したぐらいで、影も形もないポール・・・だって家狭いんだもの。(涙)

彼のアルバムではアコースティック・ライブに続いてカバー曲集にはまっています。
Posted by ぷくちゃん at 2005年11月14日 05:46
実は最近買いに行っては後回しにしているのがコレなんですよ。
通常盤はCDは何時でも買えるからまた今度、な〜んてコアなファンに怒られそうな私。
アナログで出ましたか、いいですね。 このアナログ盤の片面20分という収録時間、ホント絶妙だと思います。
Posted by TK at 2005年11月14日 07:21
リンクの件。
自分のお気楽なブログで大変恐縮ですが大歓迎です。今後とも宜しくお願いします。
P.S.全然浮いてませんよ、ヴィニールの師V.J.さんは自分の誇りです♪なんていっても初コメの人ですから(笑)。
Posted by ション at 2005年11月14日 12:00
>ぷくちゃん
コメントありがとうございます。

>購入毎に購入額などお知らせするメールを送らせていただきます

お願いですから、それだけは…
何でも言う事聴きます。映画見ます。プログレ聴きます。
なのでそれだけは…

>カバー曲集にはまっています
Weller気に入ってくれたのですね。
本当に嬉しいです。
カバー集は、Close To Youなんて、サビに入っても何の曲か良く分かりませんでしたが(笑)
Watchtowerなんかも良いですよねぇ〜

僕は、今日は映画のことでもUPしようと思っています。
Posted by V.J. at 2005年11月14日 13:26
>TKさん
こちらにもコメントをありがとうございます。
V.J.です。

>このアナログ盤の片面20分という収録時間、ホント絶妙だと思います

そうなんですよね。
なんとなく、「聴き流す」ってのを拒否する時間なんですよ。
逆に言うと、「きちんと聴く」のはその位が人間限界なんじゃないかなぁ〜

と、ボーナストラック満載の80分近いCDを聴いていると感じる事が多いのです。
Posted by V.J. at 2005年11月14日 13:28
>ションさん
ご快諾ありがとうございます!
V.J.です。

>ヴィニールの師V.J.さんは自分の誇りです♪
やめてくださいよぉ、じじぃ捕まえて…
SOFT ROCK分野に関しては、圧倒的にションさんのほうがお詳しい…
それに、やっぱ、DJ的な感性と言うのかなぁ、この曲にこの曲をつなぐ。。。
そんな事、僕には出来ません。
やっぱ、それは引き出しが多くないと出来ないですって。。。

>初コメ
そういえば、コメントさせてもらったのWellerでしたよね!
Weller、この後、怒涛の発売ラッシュぽいですよぉ。。。また、アルバムに収録されなかったレア曲集とか出るみたいですし…
それでは、リンク作成させてもらいますね!
Posted by V.J. at 2005年11月14日 13:31
こ、これは・・・欲しい!
まだ売っているレコ屋ないでしょうか?
Posted by GISH at 2005年11月15日 12:06
>GISHさん
ご無沙汰です!
コメントありがとうございます。V.J.です。

とにかく急いで下さい!
僕が買った店は最後の一枚でしたよ!!

ebayとかヤフオクとかをチェックすればあるかも…
高値にならないうちに!
が、合言葉です。
Posted by V.J. at 2005年11月15日 23:42
さすが、入手しましたか!!ヤフオクではすでに6500円の値がついていました(涙)
Posted by hyuma at 2005年11月22日 02:35
>hyumaさん
ご無沙汰してます。
コメントありがとうございます!

オクでもうそんな値ですか…
やっぱ、英国で廃盤と聞いてます。
今回のはちょっと厳しそうですね…
僕は今になって、Days Of Speedのアナログをここのところずっと血眼になって探していますが、もう全くと言って良い程見つかりません。
リアルタイムのアーティストだからって、発売時にちょっと逃すと…
ですね。
Posted by V.J. at 2005年11月23日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。