2005年09月25日

突撃!となりのCDラック…V.J.宅@東京…

V.J.がBlogを始めた時からお世話になっている大事なおともだち、ライ麦畑さんの企画で、「どの位のソフトを所有しているか?」っていう企画をしています。

以前の記事にも書いていますが、オーディオ(ハード)は

ソフトに敬意を払うために存在する

てぇのが、V.J.の主張でして、ハード偏重主義には断じてNoと思ってます。
かといって、ラジカセやミニコンポで、「しゃかしゃか」した音で聴くのは、アーティストが心血を注いで制作したソフトに対する冒涜って事で、これも断じてNo

そんなこんなで、かれこれ25年近くかけて、我家に嫁いだCD/アナログ達…
 
 
  
  
枚数を数えて!って事ですが…

もう数えられません!

我家のメインCDラック。
V.J.の背丈程(178cm)の高さのあるラックです。
横幅を伸ばす事が可能で、最大1,000枚は収納可能と言う触れ込みで購入した記憶がありますが、今は、CDのプラケの殆どを、Flash Lunch Disc@下北特製、CDの大きさが1/3になるケースに入れ替えています。
今は、スペースの関係上、横幅最大幅ではないですが、7割位の幅になっていたと思います。
って事は・・・700×3−(BOXものや変形ジャケ+一番上の段はDVD)≒2,000枚近くって事になりますね。

こんな感じ(脇に見えるのは、アナログ達の一部)↓
DSC_0052.JPG

で、2軍のCDですが、このラックの向かいに置いてます。
こいつも何枚入るか良く分かりません。かなり入ります。
相変わらずのCDケース縮小対策済みですから…1,000枚はあるでしょう。きっと
DSC_0056.JPG

恐らく、3,000枚近くって事でしょうか。。。
もう一生かかっても聴ききれない量です。
一時、随分手放したはずなのですが…また、時間をみてCD整理しないと…

あ…
プラケが無いので、売れない…

で、Vynilですが、こいつがまた場所を食う。
CDの様に、カサを減らす事すら出来ない状態。
居間、ダイニング、玄関にまで侵食中で、もはや床が抜けるのを待つばかりの状態…
って言うか、まじで置き場所が無いです。
アナログこそ処分しないとマズイ。

玄関付近(全容は部屋が狭くて写せないよ)
DSC_0045.JPG

ダイニング(一部)
DSC_0047.JPG


DSC_0050.JPG

Vynilが入っているこんな箱が10箱以上、部屋のデッドスペース中に転がってます。
そんなこんなで、1,000枚はゆうにあると思います…

記事をUPしようと思い、写真を撮り始めたら、なんか、嫌になりました。
もはや部屋ぢゃなく、物置です(笑)
次の週末に本格的に処分するブツを整理しないといかんです。
と、感じました。。。

このソフトに対し、ハードはというと、ライ麦畑さんのBlogに集っている方々に比べると貧弱極まりないハードたちです。
・Krellのパワー(20年選手)
・Marantz Proのプリ
・ATCのSCM50
・LUXのフォノイコ
・MICROのタンテにSAECのアーム
・ESOTERICのCDP

そう考えると、V.J.はやっぱり、

オーディオ好きの音楽マニア

なんだと確信しましたです。

(こんなんで良いですか?>ライ麦畑さん)
 
 
posted by V.J. at 13:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | audio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
うはっ、すごい量のソフトですね。

”Vynilはジャケットの大きさから所有感をもたらしてくれる”
なんて悠長な事は言ってられないですね、こりゃぁ。

CDも改装済みでこの量ですから驚きです・・・

一週間に1枚CDを買うとして、1月に4枚として
4枚×12ヶ月で年間64枚・・・・・
一月何枚買ってるんですか!?
Posted by ライ麦畑 at 2005年09月25日 18:54
勝手にTBすいませんでした、そしてコメントありがとうございます。v.j.さんと同じく私も以前は、レコード収集とオーディオに凝っておりました。その後、LDなるものが発売され映画収集とプロジェクターやらサラウンドやらに多くの¥を費やしましたが、いわゆる人生の墓場ともうしましょうか、身を固めるときにレコードは処分し、オーディオ関係は阪神大震災のときに全損という悲劇。以降二度とオーディオはミニコンポとラジカセというスタイルになりました。もちろん達郎のCDも地震でめちゃめちゃになり、新たに購入しなおしました。v.j.さんの記事を見て、改めて、レコードをケースから指先で出して、クリーナーでほこりをとって、ターンテーブルにのせて、ぷっ・・・・しーーーーという、いわゆる音楽を聴くための儀式のようなものを思い出しました。長々となりましたが、これからもよろしくお願いします。
Posted by ronin at 2005年09月27日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7296685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。