2005年09月25日

山下達郎 SONORITE

本当は「今日のお買い上げ」でもなんでもないです。
もてぎに向かう車中でも聴いていました。
取り上げる暇が無かっただけですが…
やっぱり、記事として取り上げないと、こりゃマズイ…
って気がしました。
 
 
オリジナルアルバムとしては、7年ぶりだそうです。
今回のアルバムは、全編Pro Toolsで製作したらしいです。
これまでにヒトサマに提供した曲や、自身が発表してきた曲で多く構成されているそうです。

KINKIの曲はどれ?
どれがCMで使われたの?
普段、TVは「音を消して」流しているだけのV.J.は、全て初めて聴く曲のオンパレードでした。
おかげで、全くの「新譜」として新鮮に聴けました。

で…
新譜なのにこんな事を言うのもなんですが

耐久性の高い曲をつくるなぁ〜

って、最初に(改めて)思ってしまいました。
どうしてこのヒトはこんなに、evergreenなメロディがつくれるのだろうか?
本当に感心する。

で…

何でこんなに「青臭い」詩

が書けるんだろうか?


とも思いますねぇ。
こんなV.J.でも、なんか、チクチクするんだよね。このヒトの詩を聴くと、ココが。

山下達郎との出会いは結構古いです。
確か小学生の時に、マクセルのカセットテープのCMで流れていたRIDE ON TIMEのシングルを買った。
本格的にLPを買う様になって、FOR YORを買った。
MELODIESも当然の様に予約して買った。
ON THE STREET CORNERの第一弾はLPで今でも持っている。

当時だと、サザンや佐野元春達も全盛だった…と思う。
今、当時のサザンや元春の音は、今はちょっと聴けません。
(元春は詩人だと思っているから、曲はどうでも良いのですが…)

SONORITEを聴いて、試しに、BEST盤(甘く危険な香りとかが入っているやつ)を引っ張り出して来ました。

確かに、音のつくり等は違うといえば違うけど、どちらも…
流行とかそんな薄っぺらいトコロとは違う次元にぽっかりと存在する。
感じが強いですね。

やっぱり…
時代を強烈に反映する音も魅力的なんだろうけど、耐用年数は低いと思う。
80年代に、一番多感な時期を過ごしていたV.J.は、当時の音の耐久年数の低さにかなりびっくりする。

まぁ、今回も、ケツメ「菊間アナと青少年をたぶらかしていた」イシをゲストに招いて、ラップを披露しています。

でも、流行に乗った感じが全くしないんですよねぇ〜
ラップ・パートが終わって、次のメロディが流れる途端に鳥肌たちましたぜ。
うーん。なんでこんなメロディが当たり前の様につながるんだよ!って。

当時から、「頑固一徹の職人」です。
米国黒人音楽への愛情は、ちょいと常識を逸する程強いものがあります。
R&Bやドゥーワップのレコに関しては、日本でも指折りのマニアです。
BEACH BOYSにも愛情を注いでいます。

やはり、過去をちゃんとリスペクトしているヒトは、どんなに時代が変わっても、太い背骨が一本、しゃきっと通っているのでしょう。

音楽の神様が、世界で数人だけ、マイスターとして、過去をきちんと、正しい形で継承してもOKをだしていて、その数少ない継承者のひとりの様な気がします。

本当に、一本一本の糸を大切に紡いだ、つづれ織(C.Kingぢゃないですが)の感覚といえば良いのでしょうか…

とにもかくにも、大量生産大量消費の時代に、これだけ大切に磨き上げられた曲と唄は、奇跡ってコトバを使っても良いと思います。

今回はPro Toolsを使って、アナログ的な音つくりを目指しているそうです。
かなり苦心したと、どこかの方のBlogで読みましたが、
でも、デジタルでアナログ的な音を再現するのはちょっと…

アナログぽく聴こえます。確かに。
カーステではOKでしたが、うちの家で聴いたときは、アナログぽいとみんなが思っている音(音のエッジが丸まっていて、不自然なエコーでは無い自然な音の消え入り方)
が、却って「不自然」に聴こえてしまいました…

恐らく、本人が一番気づいているでしょうが、ホントのアナログの音って、もっともっとエッジが立ってたりするもんでしょ?

と、思ってしまった…
この点だけがちょっと残念。

でも、
きっと、

10年後も全く違和感無く聴ける音楽。

って事は、確実!
やっぱり、山下達郎はいいなぁ〜と、邦楽を殆ど聴かないV.J.は改めて思い知った気がしました。

でも、10年後でもOKなら
今買わなくても、10年後に買ってもOKってこと?(笑)

ま、今、買っておきましょ。

SONORITE(初回限定盤)


この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・
ラベル:山下達郎
posted by V.J. at 02:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

山下達郎のソノリテがやっと届いた
Excerpt: 発売日を勘違いして・・・ というか、当初は少なくとも21日だった。 それが早くなったみたいで、それを知らなかった。 あわてて初回限定をゲットすべくアマゾンで注文。 やっと届くかと思えば、私の帰る直前..
Weblog: roninの気になること
Tracked: 2005-09-26 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。