2005年09月23日

motoGP@もてぎ日本GP観戦後記-Vol.3 0918(Sun.)125cc-

まだまだ、もてぎで行われたmotoGP日本GPの余韻が覚めやらないのですが、もう今週末には、セパンでの次戦が始まってしまいます…

って事で、まずは、125ccの決勝結果を忘れないうちに。
 
 
 
現在の125ccですが、このクラスは昔の様な「125ccマイスター」(坂田、NOBY、ラウディス等)が居なくなって、上のクラスへの登竜門(練習)になってしまってからと言うもの、すっかり興味を失っています。

往年の125ccマイスター!
今や、往年の人脈と明るい人柄で引っ張りだこ!
DSC_0005_noby.JPG

の上田等、
「現役の相撲取りよりも、土俵下の審判のほうがなじみ深い」状態のV.J.ですが、125ccは、コドモ達がレースしていたとしても、相も変わらずの「抜きつ抜かれつ」の展開。

スタート直後は、相変わらずの混戦。まるっきり「ムシ」にしか見えません。
音も甲高く、何か、甲虫系の羽音にしか聞こえません。
DSC_0019_start.JPG

あっという間に、目の前でスリップダウン(5コーナー)
どこをみてもKTM状態の、KTMライダーの一人です。誰か知りません(笑)
DSC_0023_ktm.JPG

やっぱり良く分かりません…
DSC_0026_ktm.JPG

そんなこんなしているうちに、だいぶ、良い感じにトップグループを形成。その中に、コヤマックスの姿も序盤はみえますね。
DSC_0027_koya.JPG

そのうちに、今年の特徴、昔、アプリリアが125ccに鮮烈デビューした時を彷彿とさせるKTM陣が…
DSC_0040.JPG

とはいえ、125ccです。
そのまま、KTM同士のバトル。って訳にも行きません。
今回の主役達が、きちんと出てきました。
この3台のバトルが暫く続きます。
DSC_0047_main.JPG

ずっとこんな感じが続く。戻ってくる度に、どこか順位が違う展開。
やっぱり、抜きつ抜かれつ。って展開は、125ccとはいえ、面白いですよ!
DSC_0055_main.JPG

で、ラストラップまでこのままで行くのか!?
と思っていたのですが、ビクトリーコーナーを抜けた後辺りで、ルティ(上の写真の、ファミリーマートみたいなバイクね。)が転倒、転倒したバイクにガデアがそのまま突っ込んで多重クラッシュ…赤旗中断。そのまま決勝終了…

と、あっという間の出来事で、あっという間に125cc終了…
クライマックスに持って行こうと準備していたのに

「お・あ・ず・け・♪」

イクにイケナイ状態(あ、お下劣でした。やめときます)

詳細なレース結果は、やっぱり、ツインリンクもてぎのレースリポートが、詳しいのでそちらを見ましょう!

結局、KTMのミカ・カリオ優勝と、順当と言えば順当な結果。
我ら?のコヤマックスは4位滑り込み!
あと一歩で表彰台だったのにね。残念。

そんなこんなで125cc終了。
5コーナーは、日陰も無く、そろそろ暑さで意識が朦朧と…

250ccスタートまで、クルマに逃げ帰ったV.J.ご一行でした。

posted by V.J. at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | motorsports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。