2005年08月18日

アナログの要-カートリッジあれこれ-

V.J.はVynil Junkieと名乗ってます。
ビニール・ジャンキーというだけに、
Vynil(アナログ盤)を偏愛しています。
よくもまぁ懲りずに、UKのオリジナル盤ばっかり探しては大枚はたくなぁ、と、
我ながら呆れる事もあるんだけど、家に帰り、針を落とす瞬間のワクワクしたキモチは代え難いものがあります。

そんなワクワクを支えるもう一方の主役
(当然主役は、Vynilですが…)
を今日は紹介します。
  
  
  
レコードはそれ自体で音もなーんにもしません。
カートリッジで、溝に刻まれた情報を掻き出すのです。
CDでいえば、ピックアップの部分?にあたるものがカートリッジといえるでしょう。


で、アナログ・オーディオ好きの100人に100人が、一度は必ずハマルもの。
それは、

カートリッジ蒐集

なのです。
(ホントか?)

ということで、数はそれ程でもないですが、我家のレコードの溝を掻き出す主役達をば。

1.基本に忠実。日本人ならば持っていないとアナログ・ファンとは呼ばせない逸品。
DENON DL-103
DSC_0249.JPG
NHKの放送局御用達のMCカートリッジ。万能選手。両エンドまで伸びきった音では無いと、巷では言われるが、60's〜70'sのROCK中心のV.J.の聴くソースには、両エンドまで音は入っていないので十分(笑)。
でも、低音の押し出しや、高音のきらびやかさゼロ。基本の1本として所有はしていますが、殆ど活躍の場は無し。ちなみに、シェルはこれまた往年のAudioオヤジの憧れ、オルソニックの無共振シェル。
(先輩からシェル付でタダで譲り受けました。)

2.DL-103のMONO版として製作されたカート。
まず、MONOを聴くならMONO針で。ってことで購入。DL-102
DSC_0255.JPG
何だこれは…

真っ青

です。

オーディオ・マニアなら知る人ぞ知る、Ge3(ちなみに「ゲゲゲ」と読みます)
チャネリングで上からの指示でアクセサリーを製作
している!という凄いとこが発売しているProjectQ(仮想強化剤。塗った面が補強された様になるらしい…)
塗布面の30%を塗るだけで効果てきめんらしいですが、そんなケチ臭い事言えません!塗りたくりますよ、V.J.は!根がガサツですから!!
で、効果は…是非、試してみてください。

ただ、
いくら真っ青にしても、
金属補強されても、
DL-102では超えられない壁があります。102はステレオ針と同様に、縦横振動するMONO針です。
これは、本当のMONO針ではないですよ!
一方向のみにしか、振動しない針こそがMONO針です!
さすがのGe3も、構造までは変化させる事が出来ないようです(笑)
ということで、以下のカートを購入後、全く出番の無くなったDL-102でした…

3.福岡のAudio Shop音のエジソンが発売している、MONO専用カートリッジ
DSC_0241.JPG
これは良い!
DL-102ではもやもやしていた音が、スキッと、曇りが晴れた音!
低音もばんばん!
で、ちょっとやそっとの傷など全く問題にならないトレース力
針圧4g!!
いやぁ、まじで、手放せませんぜ!
釣具屋で購入した、タングステンシートで、制振処理も施し済み!
やっと、MONO盤専用のリファレンスカートを入手しました。

…とはいえ、MONO盤ばっかり聴いている訳ではないです。
50年代のJAZZ、60年代のROCKはこれで安心ですが、60年代後半〜70'sのROCKはもうステレオが主流。
DL-103がお好みではないV.J.は…

4.JAZZでは「これしか無い!」と圧倒的な支持を得ているMMカートの雄!SHURE V15 TYPEVも試してみました。
DSC_0242.JPG
…うちのシステムは、軽針圧のカートは苦手デス…
いまいち、キモチ良く鳴ってくれません
オク出品しようかと思っています。
でも、オーディオも一応、はまっている身としては、TYPEVがうまく鳴る様にチューニングできるまでは、悔しくて手放せません!

5.TYPEVを入手する前に購入した、V15なみの音質で、この値段!SHURE M97x
DSC_0254.JPG
TYPEVがうまく鳴らせないV.J.です。廉価版もうまく鳴らせません…
ただ、このカートは、きったないヴァイナルを徹底的にクリーニングした後、溝のごみを掻き出す為に、まず最初に針を通す専用で使います。
めちゃくちゃ役に立ちます!
時には、針にごっそり、団子の様なごみが付く事も…

6.そうなると、どんなカートがSTEREOのリファレンスになるんだ!
と言う事になりますが、UKの音楽が中心のV.J.なら、やっぱ、UKのカートだ!って事で購入
DSC_0257.JPG
地味なメーカーです。
GOLDRINGのエロイカ。
オーディオ雑誌などでは、
穏やかな音。
色づけの無い音。
ROCKやJAZZでは物足りなく思う人も多い。
との評判が多いですが…

これがなかなか良いのですよ!
確かに、きらびやかさは無いです。
でも、この微妙に暗い音が、UKのうす曇の空と同様、UK ROCKに意外とぴったり合うのですよ!
でも…
低音の力強さ等は無いです。確かに。
ただ、次に紹介するカートに出会うまで、私のリファレンスSTEREOカートでした!

7.で、やっと見つけた、我家のSTEREO針リファレンスがこれ!
DSC_0251.JPG
オルトフォンのコントラプンクトa
です!

今も、トーンアームにくっついてます!
低音ばんばん!
高音ばんばん!
分解能高し!
ばんばん前に出る音!
と、いいつつ、音の前後関係も明確に描き出す緻密さも!

もう手放せません。
オルトフォンといえば、SPUシリーズです。
こっちを買おうと思ったのですが、某オーディオショップのセールで安かったのですよ!コントラ君が!
V.J.に買って欲しそうな感じで、こっちを見たのです(笑)

これから先も、コントラプンクトと付き合って行きます!

番外編。
まだ持っています。
8.日本のアナログの雄!SHELTERのTYPE501U
DSC_0247.JPG
写真撮り忘れましたが、専用のトランスでドライブします。
これはこれで、良いです。
神経質な線の細い音です。
レディヘとかの、最近のPOST ROCKぽいUKの自閉症ROCKに凄く良く合います。
でも、ちょっと、ソースを選びます。昔のROCKの豪快さをこのカートで表現するのは難しい。ってのが結論。

9.オオトリ!
やっぱ、STONESを聴くならDECCAの針でしょ!
DECCAのレコをDECCAの針で!
アナログの憧れです。オクで格安でみっけてしまいました…
DSC_0245.JPG

で、シェルはFRですぜ、だんな!(余計な、レゾナンス・チップつけてますが)
DSC_0246.JPG

…こいつは、TYPEVなんて目じゃ無い位難しいです。セッティングが
カンチレバーレス。へんちくりんな昇圧比。バランスがシビア…
本当に、本当に気合を入れないと使えません。
ぴたっと、セッティングが決まった時、これしか無い!音が展開されるそうです。

まだ、V.J.はその片鱗も見ていない。
でも、独特の明るい音色は確かに魅力的!


…ここ1,2年はカート熱も醒めて同じカートしか使用していませんが、やっぱり、カート集めはレコ蒐集と同じく、はまると怖い世界ですぜ。
でも、これだけコロコロ音が変わるのは…

電源ケーブル
SPケーブル
インシュレータ
インタコ

変えて音が変わった「気がする」

のとは根本的に違います。

…と、思い込まないと、10本も持っている意味が無くなる
 
 
この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・
posted by V.J. at 23:32| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | audio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も今度アナログ始めようと思っています。
すでにカートリッジは気の早い友人からDL-103LC2/V15 TYPEVなどいただいてます。
ところが肝心のアナログプレーヤーが・・・
まだありません。
Posted by もんのオーディオ日記 at 2005年08月20日 00:53
コメントありがとうございます。
もんさんのシステムでアナログを導入するならば、誰がどう考えてもLP-12しかないぢゃないですか!

私のアナログは、DL-103を頂いた際に一緒に譲って頂いた、MICROのBL-111にSAECの407/23とこれまた古い機器ですので、いつお亡くなりになるか心配です(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年08月20日 09:36
やっぱ、カートリッジはいいですよね。その昔集めていた頃の記憶が!変えて音が変わった気がしてました。(笑)
Posted by hyuma at 2005年08月23日 01:36
hyumaさん、
コメありがとうございます。

そうなんですよねぇ
気がするんですよ。
ただ、ほかのところをいじるより、気がする度が高いのがカートかな?
と言う感じです。
もう、すっかりカート熱は収まりましたが、やっぱり、S.F.のDECCA時代のアナログなどはモノ針じゃなきゃ!
って音はしますよ(笑)

…って気がします(笑)
Posted by V.J. at 2005年08月23日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。