2005年08月06日

どっちもFOLKだけど…

今日、レコ屋で「がさがさっ」と散財して来ました。
その中の2枚の話を今日はしたいと思います。
(ちなみにその2枚以外は、DoobieのToulouse StreetとCamtain And MeのUSオリジナル、ワーナーオリーブLabel盤をGetしてきました。)

で、どちらもフォーク…
でも、フォークってさぁ、アコギでやればフォークなんだろうけど、ここまで違うと…

同日、同時間帯にこの2枚を同時に買う、自分は分裂症気味かな?
と、その2枚を立て続けに聴いてちょっと思いました。

その今日、お買い上げの2枚とは…

 
 
  
 
これ↓
Bridge Over Troubled Water




と、これ↓
ディノ・ヴァレンテ

片や、産業ROCKFOLKの雄!

片や、UNDERGROUND(ACID FOLK)の雄!

ま、おなじ、FOLKのジャンルではあります。

「かぐやひめ」

「JACKS」
とでも言えば分かり易い?

サイモンガー、これはこれで良いです♪
せつないメロディ
大げさなドラマティックな展開
息の合った(この後すぐ解散、史上最悪の仲の悪いデュオですが…)ハーモニー

UK盤オリジナルですが、肝心の「明日に掛ける橋」の最大の盛り上がる場面で音割れ発生…ま、安かったから良いですが。

で、
ディノ・ヴァレンテですが、アシッド・フォークの最高作として名高いAlbumです。
USオリジナル盤、イエローEPICです。
全体的にプチノイズは入りますが、聴くのを妨げる程デモナイです。

当然、今まで何度も購入する機会があったのですが、ジェファーソン・エアプレイン、グレイトフル・デッドと並ぶシスコ3大バンドの1組、クイックシルバー・メッセンジャー・サービスの影のリーダーという経歴が…

何故か、QMSは未聴でしたが、J.A.はG.スリックのVo.は良いのですが、あのコーラスが苦手…
Deadは、当時の若者(ヒッピー)の教祖。代弁者。イコン。彼等こそがサイケデリック…そういったバックグラウンド自体が苦手で、その知識を前提に聴いて…どうしても好きになれません。

そんなシスコ3大バンドのうちの2つが苦手なV.J.は、なんとなく敬遠して、今まで来ました。
で、なんかの調子に今日ご購入。

眠くなる展開が無い訳では無いですが…
良いぢゃないですか!
変にフレーズの最後を長くひっぱるところなんぞが、ACID感?
12弦ギターの幽玄な響きの浮遊感?
思わず、酒飲み始めましたよ!

夜中に合わせ鏡で自身のケツのアナのしわを数える人達(要は、LOU REEDの事言ってますが…)にも通ずる、
普通の顔をした変態。
日常の狂気。
穏やかに見えるが、よく見ると、細かいところでとんでもない事をしているだまし絵。
を音から感じます。

この人凄いかも…

(QMSデビュー前のソロAlbumらしいですね。で、肝心のQMSのデビューアルバムは、獄中に居て参加していない!ってのも、スバラシイです!)

元々UKの音楽を中心に聴いてきたV.J.ですが、このあたりのUKサイケデリック〜アシッド・フォークは、探索のしがいのありそうな分野だなぁ〜

…と、また、散財に想いを馳せながら酔っ払ってます。

ちょっと、今日はかなり酔っ払っていますので、この辺にて。。。

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)




posted by V.J. at 02:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。