2005年07月03日

どうしても好きになれない

大好きなBandがいる。
殆どの作品が好き。
でも、巷ではそのバンドの中でも最高傑作!とされているアルバムが
どうしても好きになれない。

それは…

THE WHO
TOMMY
なのです。

「全ROCK ALBUMの中でも5本の指に入る最重要作品」
「世界初のROCK OPERA」
「LP2枚に集約された、青年の成長〜挫折の物語」
「P・タウンゼントのStory Tellerとしての才能の集結!」

などなど、褒めてばかりいます。

分からないヤツはROCKを語ってはダメ。
TOMMY好きじゃなけりゃ、WHOのファンとしてモノを語ってはダメ。
TOMMYの凄さをわかんねぇようじゃ、まだまだ幼稚だよ。
まさか、四重人格のほうがすきとか?

そんな風潮ありありです。
ちょっと前に書いた、サンボマスターがいまいち居心地が悪いんだけど、表立って批判させない感じ
…にも似ています。

映画もみました。
聴きながらリスニングもしました。良く分からんとこは、訳詩とにらめっこもしました。
当然、オリジナル盤も購入しました。
SACDマルチが出たので、5.1chで大音量でも聴きました…

でも…
ツマンナイのです

グッと来ないのです

物語のテーマ自体も、さほど面白くないし…
映画なんて、オゾマシイの一言だったし…
繰り返し流れる「ジャッジャッ、ジャッジャジャジャジャジャ」も別に…
繰り返し歌われる「See me,feel me,touch me,heal me」も別に…
ま、あえていえば、「ピンボールの魔術師」位かな、グッと来るのは。

ロックオペラっていうならPRETTY THINGSのS.F.SORROWの方が1億倍カッコイイよ!
まだ、四重人格のほうがマシ(これもそれ程好きじゃないけど…)
WHOの中では、WHO'S NEXTと同じくれぇつまんね
(THE WHOのもう一個の大名作Who's NextもダメってことをCOME OUTしてしまった…あの、シンセのピコピコだけでダメ)

もう眼も当てられません…
本当にWHOのFANなんだろうか、この俺は…
でも、ロック・オデッセィで初来日した時は、周りが引く位、大狂乱したし、「See Me〜」と、ロジャーが歌いだした時、思わず涙ぐんだたらーっ(汗)し、最後にピートがギターを叩き付けた時には、もはや放心状態だったし…
マイジェネは、「永遠の一枚」だし(なんとなく、このひっかかりがあって、「聴かずに死ねるか!」と押し切れないでいた)

恐らく…
LIVE AT LEEDSでのTOMMY演奏や
ワイト島の演奏も、実際、生で見ても
OK
なんですけど、
TOMMYというALBUM単位で、どうやっても最後まで聞き通す根性が無いのです…

マイジェネも、QUICK ONEも、SELL OUTも、LIVE AT LEEDSも、BY NUMBERSも、オッズ・アンド・ソッズも、Who Are Youも、KIDS ARE Alrightも、Who's LASTですら好きなんだけど…

ヤツラの最重要作TOP3の
TOMMY
WHO'S NEXT
四重人格
の3枚

+FACE DANCESとIT'S HARDの5枚が苦手…
ケツの2枚はダメってのは多いと思うけど、前3枚が問題…

誰でも良いです、この記事を読んだROCKに造詣の深い方、TOMMYの聞き方を教えて下さい!

BGM: THE WHO/TOMMY(UK TRACK2657 002 LP)


span style="font-size:10px;">この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)
・・・
。。。
posted by V.J. at 01:10| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みーつけた!こんな記事を!こりゃ!WHOに向かってなんて口の利き方を!

私?トミー?大嫌いですよ。だって変なんだもん!ジャケットからコンセプトまでおかしいよ、あのアルバム。
Posted by ぷくちゃん at 2005年10月23日 17:41
>ぷくちゃん
>トミー?大嫌いですよ。
あら、カリスマブロガーサイトの管理人さんがそんなこといっていいんすか?
どっかで、Whoキチが嗅ぎ付けて、非難轟々になりますよ(笑)

クレグレモ、批判、非難はeclipse的な独り言までお願いします(激爆)

…俺もTOMMYが大嫌いだ!!!!
(仲間がいると思うと思い切り強きになる気の小さいV.J.)
Posted by V.J. at 2005年10月23日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。