2005年06月21日

冷静におさらい-F1アメリカGP-

今朝、ちょろちょろっと録画したビデオを見て、あまりの事に出勤前に書き殴った昨日の記事ですが、色々情報を整理して、「落ち着いて」何が問題であったかを自分なりに記録しておこうと思います。

1日たつと、さすが、インターネット。ちょっと検索すればきちんと整理されたページが山程ありますので、このページはきっと1ミクロンも役に立たないとも思えますが、ま、お付き合い下されば幸いでございます。

まずは、フリー走行…

 
 
1.金曜日のフリー走行2回目に、TOYOTAの3rdドライバーR.ゾンタが第二セクターでストップ

2.同じく、金曜日のフリー走行2回目に、これまたTOYOTAのR.シューマッハがタイヤトラブルで、ウォール激突の大事故。ドクターが、「24時間以内に同様のダメージが身体に与えられたら、命の保証は出来ない」との判断で出場断念。

3.このトラブルがどうもタイヤの耐久性に問題ありそう。って事でミシュランが分析を行った結果、「サイドウォールが剥がれるトラブル」、「このまま予選用のタイヤで決勝を走るのは危険」、「10周以上は持たない可能性が高い」と結論付ける。
原因は、インディアナポリス・モータースピードウェイのオーバルコースの再舗装に、進行方向に対する溝(レイングルーブと呼ぶらしい。雨を逃すための溝の様だ)があり、この溝に対し、ミシュランタイヤの耐久性に問題が発生したとの事。

4.ミシュランは急遽空輸でバルセロナ用に用意したタイヤに交換→13コーナー(オーバルコースに戻ってから最初のカーブ。ここでスピードを乗せて、F1で最も長いストレートに入る重要なコーナー)にシケイン設置をFIAに要請
 ↑
自分が用意したタイヤに問題があるからといって、予選で使用していなかったタイヤを使わせろ!ってのはちょいとミシュラン虫が良すぎかも…

5.色々協議の末、予選未使用タイヤ問題は、レース中のペナルティで合意が取れそうな雰囲気だったが、13コーナーにシケイン設置でもめにもめる。FIA的には、シケインなんぞ作らなくても、13コーナーのスピードを落として走行すればいいぢゃん!という意の様だ。

6.ミシュラン側チームは全チーム一致団結し、13コーナーシケイン設置を求めたが、ルールの特別改正は、全チームの合意が必要とのこと。そこで、フェラーリがあっさり否決。
結果、13コーナーシケイン設置案はお流れに。

うーん…フェラーリ、ますますF1世界の中で浮いてしまったなぁ〜
ずっとフェラーリファンだったんだけどなぁ〜
いいぢゃん、シケイン位作らせてやってもさ。どうせ、INDYでばんばん走らせて、データ持っているブリジストンの方が圧倒的に、今回だけは、有利なんだからさ。FIAやミシュランだけの問題でも無さそうな気がして来たよ。
ジョーダンもミナルディもシケインOKしたんだぜ…

フェラーリ、ちぃせぇぞ!

…このボイコットを裏で操作していたのは、どうも

「ルノー」臭い

という噂もちらほら。

もうどうにでもしてくれ!

7.このままの開催では、安全性に保証が出来ないと判断したミシュランは、13コーナーのシケイン設置をFIAが許可しない限り、ユーザーチームに、レースボイコットを要請。各チームはこの要請を承諾。

スポンサーに対するペナルティっていくらだろう?
元々、あんなガラガラの客席じゃpayしないの目に見えているし、世界中に放映って言っても、当然のように、メインの「大ダンナ」タバコ会社は元から広告NGだし…
このペナルティってミシュランがある程度肩代わりするのか?
でかいアメリカってマーケットでのマイナスイメージ+ペナルティ肩代わりだとすれば…

ピレリならこれだけで

倒産だよ!


8.結局何も解決しないまま、レーススタート。フォーメーションラップを回った後、ミシュラン勢全てPITへ…ブリジストン勢6台のみでスタート

フォーメーションラップさえ回らなければ「12台以上の出走が無い場合、レース無効。」のレギュレーションで、このレース自体おじゃんだったのに…あえて、そうしなかったミシュラン及び各チームは、「あっぱれ」というよりも「バカ?」

この一連のやりとりで、一番面白かったのは、アロンソが無線で「ホントに誰も出走してないよね?ダイジョウブだよね?」と心配しっぱなし。で、PIT内でもなかなかマシンを降りれない姿…

アロンソ、ちぃせぇなぁ〜

チャンピオンの器ぢゃねーよ!


9.レースが始まったものの、「金返せ!」「再スタートを!」の即席プラカードに、ブーイングの嵐&サーキット場に、ばんばんモノは投げ入れられるはの、アメリカ人丸出しの態度!

この状態だと、INDYやNASCARだったら、「永遠にデブリー撤去のためのイエローコーション」それはそれで、異様で面白かったかも!

10.ま、そうはいいつつ、コーナーで無意味なタイヤロックなんぞをさせ、弱小チームが走るなか、ガチンコなのは、ルーベンス・”「感動ブラジリアン」というコピーが死ぬほど嫌だ”バリチェロだけ!
シューの給油からの復帰時に、意地のコーナー閉め!あわやクラッシュ寸前…その後も1秒か2秒程度までシューを追い詰める。

唯一の見せ場!
そのままクラッシュして、ジョーダン1,2&ミナルディ3位の方が面白かったよ。

11.その後、PITからの無線「※★▲■◎※▲●■■▲◇◆※,please
で、バリチェロ、シューへの追撃を止めて、そのままゴール。

チームオーダーだろ?

違反だろ?
FIA様は閻魔様より厳しいはずだろ?
赤信号無視の「コロンビアの暴れん坊」は前レース失格だろ?
なら、フェラーリ、白昼堂々チームオーダー指示→失格

ジョーダンの1,2&ミナルディだろ!

全ミシュランチーム、結束して、FIAに抗議だ!

12.ポディウムの上でも記者会見でも終始目を合わせないシューマッハとバリチェロ…

2人の顛末を知っている方がいたら教えて下さい!

ざっとこんな感じですが、

「冷静におさらい」に全くなっていない!

と、いうよりも、ジョーダン、ミナルディのポイント獲得で、ノーポイントなのは

BARだけ!

…どうも、ミシュラン勢の中で、唯一トラブルが出ていなかったのはBARだけとの噂も。

で、結局誰が悪いのか?
要はみんな悪そう…
唯一、一緒にボイコットしようとまでした、ミナルディが「お人好し大賞!」と言う事で良いのでは?

とにもかくにも、今回のF1アメリカGPを総括すると…
これじゃまるで、

アメプロそのままだよ!

次回PPV(レッスル・マニアもとい、レーシー・マニア)開催まで

震えて待て!

と、いうことでせうか…

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
タグ:F1 激怒系
posted by V.J. at 01:59| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | motorsports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WWEのシナリオライターのほうがもっとましですよ
どうせならフェラーリ2台絡んでリタイア、ミハエルとバリチェロは殴り合いの仲間割れ、ジョーダンは2台とも単独スピンアウトでジョーダンが1-2フィニッシュ!このほうがすっきりしますわ
Posted by みゅーきー at 2005年06月21日 03:22
コメントありがとうございます。
ミナルディ1,2フィニッシュの裏に、バーニー・エクレストンと繋がっていた事が後に発覚!全ての黒幕はミナルディだった!ってのはどうでしょうか?
Posted by V.J. at 2005年06月21日 17:35
初めましてひとりの独り言から来ましたヒガシです。
WWEのシナリオラーターも最近は昔に比べて落ちてますけどWWEの方がまだ上手いですよ。

また来ます。
Posted by ヒガシ at 2005年06月21日 20:46
ヒガシさん、コメントありがとうございます。
WWEは、私、最近全く見ていないので状況が良く分かりません。私が熱心に見ていたのは、結構前で、WWF時代、それも、S.マイケルズとその手下達(HHHとかいましたよね?)とHitmanブレッド・ハート一家の抗争劇の頃です…

ちょっと最近はさすがにtoo much気味でウォッチしていませんでした。

もし、宜しかったら気軽にまたのぞきに来て下さいね!
Posted by V.J. at 2005年06月21日 21:08
コメントありがとうございました。
昔のように、分裂したF1になる可能性もありますね。
F1は Formula Car の最高峰に位置するレースなのですから、
レギュレーションは、安全性を確保した上で、最低限のものにし、
なるべく単純に速さを競うレースにしてもらいたいと思います。
特に、タイヤ交換の禁止には、安全上からも首を傾げざるをえません。
琢磨の走りが見れなかったのが残念です。

>一緒にボイコットしようとまでした、ミナルディが「お人好し大賞!」
思わず笑せていただいて、
ブログランキング、クリックさせていただきました。
Posted by 1喝たぬき at 2005年06月22日 14:23
コメントもらっていたのにROMですみませんでした。アメリカ人はある意味寛容?というよりこの程度で済んだのは、アメリカでF1見る人って本当に好きな人しか見てないからか・・・
自分ならこんなのみせられたら暴動!
だって鈴鹿のグランドスタンドで¥56000〜¥25000っすよ。それまでの移動費云々考えたら¥100000以上かかりますよそれに一年間の観たい心の積み重ねが「これかよ」じゃ〜どうやって自分の心を静めるか??想像できませんよ〜。
あとこの記事ではないけれど自分のもてぎのチケットもどうなる?これこそ一年の集大成なのに・・レギュレーションの前倒しでロッシは800ccマシンにして欲しい、あるいはWCMにレンタル・・
今回治ちゃん(青木治親選手)の8耐の件でオートレースの情報を集めてましたがオートレースと同じようにハンデ戦でいいかも、あるいはもてぎまでライダーのモチベーションを上げ続ける何かが欲しいです。
そしてモチベーションがあがった選手のいい走りをもてぎ名物牛串とビールで観戦(決勝日の牛串は作り置きが多いのでお勧めできませんが)
当然もてぎではハンデ要りません。各人が最高の走りを見せてくれれば・・・・
Posted by kobacho at 2005年06月28日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4498371

この記事へのトラックバック

6台でのグランプリ(F1 USA GP) (2/2)
Excerpt: レース結果 レースの感想はいらないでしょう。 フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの3チームの戦いでは走る前から順位が決まっているようなものですから。終盤ミハエルとバリチェロが接近しましたがチームから..
Weblog: あさか野通信
Tracked: 2005-06-21 03:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。