2013年02月28日

2013.02.25 RINGO STARR & HIS ALL-STARS @ZEPP TOKYO

FAB FOURの熱狂的なファンであれば、その1/4が、18年ぶりの来日、それもライブハウス公演を果たすとくりゃ、親を質に入れてもここZEPPに駆けつけて来るのは必然。

残念ながら、FAB FOURに関しては、それ程でもない。一般教養程度のV.J.は、恥ずかしながらリンゴが来日する事すら知らなかった。

で、友達から、リンゴ行かない?って誘われて…
???
と思ったんだけど…

なんと! All-Star Bandのメンバーの中に、トッドがいるじゃないか!!
ひゃー!TODD!
つー事で、急きょ参戦と相成りました♪
 
 
 
 
このライブに向けて、ビーの曲すら聴いてません…
リンゴのソロは1曲も知りません、アルバムもベスト盤すら持ってません…
まぁ、ビーの曲ならわかるし、リンゴでしょ?
I Wanna Be Your Man
これだけやってくれりゃ、大満足なV.J.は、期待半分なキモチでZEPPへと歩を進める。
友人と合流し、ZEPPに到着すると…

人、ひと、ヒト、人の渦!
ヒャッ!
やっぱり、ビーの残党。
こんなにみんな待ってたんだ…
と、会場に来て改めてびっくり。

ちょい前真ん中辺りに陣取り、開演を待つ。
少々遅れて、御大の登場!

いやぁ〜
ちっちゃい
貧相…

生ビーと言う感慨はゼロ(笑)
ここまで、冷静に見れるのも逆にびっくり…そんなに思い入れゼロなのか、俺は(爆)

Vサインでピース連発してるのがリンゴ…
あぁ、LOVE & PEACEで止まってるんだね…
てな感じでスタート。

やっぱり、目が行くのは、ステージ向かって右のTODD RUNDGRENなんだけど…
近影知らなかったんだけど…
DSC_0767.jpg

え?
オジー・オズボーン痩せちゃったのん??

と言う、俺の知ってるToddにしちゃ太りすぎだけど、オジー程デブってもいないなんだか劣化したお方が…
パツンパツの衣装は、プロデュースしたキノコホテル繋がり?
一人サージェント・ペパーズ??

うへー
とは思ったけど、結局、トッドばっか見てた。
やっぱり、Beatles大好きなお方だけあって、終始嬉しそうに演奏をしてる。

そうそう
オールスターバンドを紹介。

G.は我らのTODD RUNDGREN
もう一本のG.は、なんと、TOTOのSTEVE LUKATHER
B.はMr.ミスターってバンド、名前は聞いたことあるけど、その実何一つ、1ミクロンも知らない RICHARD PAGE
Key.は、サンタナのデビューからキャラバン・サライまでKeyとVocalを担当し、ジャーニーが売れるまでの間、Keyを担当していたGREGG ROLIE
SAXは、このバンドのバンマスらしい、ビリー・ジョエルんとこで30年から吹いてるらしい(当然、1ミクロンも知らない)MARK RIVERA
D.はセッションドラマー?なんかスターぢゃないしと、GREG BISSONETTE
の6人

AORチックつーか、フュージョンちっくつーか、80年代つーかな音。
基本、好きじゃない音なんだけどさ…

思ったよりも良かったのが、サンタナの初期にいたっていうKey.のしと。
この人だけ、スワンピーつか、サザン・ロックつか、ハモンドブイブイゆわして、見てくれも南部の風を運んでくれていた♪
Black Magic WomanをルカサーのG.でやったんだけど、ルカサーは相も変わらず速弾きで空間を埋める、too muchなG.で辟易したんだけど、この人の声とハモンドは思わずこぶし突き上げちゃったもん♪
DSC_0840.jpg

B.のしとは、THE 80'sな音、曲、STINGのパチもんみてぇな高音の歌。
残念ながら何一つ好むところが無かったな…
DSC_0965.jpg

ルカサーは、TOTOの曲を3曲も!
やっぱ、V.J.世代は、好きとか嫌いとかじゃなくって、嫌でも耳に入って来たTOTOの楽曲
ロザーナ
アフリカ
ホールド・ザ・ライン
全部口ずさめる歌。
ルカサーのG.はやっぱうまい
でもね、見た目最悪に劣化してた(´Д‘ )
DSC_1082.jpg

で、我らがTODDは八面六臂の大活躍!
リンゴの歌だけぢゃ持たないんで、前述のとおり、サンタナのブラックマジックウーマンや、TOTOのメガヒット曲や、Mr.ミスターの知らない曲をやってくれるんだけど、いきなりのI SAW THE LIGHT!
もう泣けて来ちゃいました♪
暗闇で鈍器で殴られたような、期待してなかった(I Wanna Be Your Manだけきけりゃ、ま、いっか)ライブで、I Saw The Lightが聴けるなんて♪

そのあとは、G.をアコギに持ち替えたり、2曲目のToddコーナーでは、スタンディング・ドラムを叩きながら、Bang The Drum!をぶちかまし…
DSC_1022.jpg

ギタラーとして、ルカサーとギターバトルしたり!
DSC_1040.jpg

3曲目では、イントロのKeyを自ら弾き、ハンドマイクで朗々と歌い上げたLove Is the Answer
DSC_1273.jpg

Mr.ミスターのしとがVo.の時は、B.に持ち替えて…
DSC_1129.jpg

Beatlesの曲の時は、嬉しそうにコーラスを♪
DSC_1225.jpg

ねっ、トッドばっか見てたでしょ?(笑)

肝心のリンゴ先生は、ハンドマイク持って歌うと、小っちゃくてよく見えません。
歌は、音程がちぃと覚束ない感じ。
たぶん、ビーの歌はかなりやったと思う。
印象的なのは、やっぱり…
I Wanna Be Your Man!!!! ドラムス叩きながら歌ったぜ!
YELLOW SUBMARINE もうね、音頭だよ(笑) ビート感ゼロ(´Д‘ )

で、ラストはWith a Little Help From My Friends

ホントにホントのラストに、なんと! GIVE PEACE A CHANCE

DSC_1266.jpg

リンゴのドラムはねぇ…
あまりにもビート感無し、ドンっ、ドン、ドンツ、ドン。て置きに行くドラム
重いとかそういうのぢゃなくって、ビート感ゼロ
隣のドラマーが8叩いてるのに、4で応えてた…

いろいろ思うとこはあるけど、まぁ、生ビーでありゃ何でも良いんだろうな、みんな。。。

そんなこんなで、トッドと見に行った感満載なんだけど、総じて、同窓会っていうか、懐かしの80’s宴会っていうか、正直、楽しかった!
フレンドリーで、アット・ホームで、ヒット曲満載で♪





ROCKのLIVEでは断じてなかったけどね(苦笑)


RINGO STARR & HIS-ALL STAR BAND
セットリスト
Matchbox
It Don't Come Easy
Wings
I Saw the Light (Todd Rundgren)
Evil Ways (Gregg Rolie by Santana)
Rosanna (Steve Lukather by TOTO)
Kyrie (Richard Page by Mr. mister)
Don't Pass Me By
Bang the Drum All Day (Todd Rundgren)
Boys
Yellow Submarine
Black Magic Woman (Gregg Rolie by Santana)
Honey Don't
Anthem
You Are Mine (Richard Page)
Africa (Steve Lukather by TOTO)
Everybody's Everything (Gregg Rolie by Santana)
I Wanna Be Your Man
Love Is the Answer (Todd Rundgren by Utopia)
Broken Wings (Richard Page by Mr. Mister)
Hold the Line (Steve Lukather by TOTO)
Photograph
Act Naturally
With a Little Help from My Friends
Give Peace a Chance

posted by V.J. at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おや、ビートルズがお嫌いなV.J.さんが何でまたリンゴ…と思っていたらそういうことでしたか。でも、しっかりと楽しんでんぢゃないですか(笑)。

私は生ビーでありゃ何でも良いわけではありませんが、とても楽しめたし良いライヴだと思いました。「Yellow Submarine」の大合唱なんて感動しましたよ(笑)。

それにしてもV.J.さんのレポはこうでなきゃ…な内容で嬉しいです。
Posted by Blue at 2013年03月01日 21:21
Blueさん!
コメントありがとうございます。うれしいです☆

>おや、ビートルズがお嫌いな
いやいや、嫌いじゃないです(笑)
好きぢゃないだけです(爆)


>しっかりと楽しんでんぢゃないですか(笑)
あれはあれですごく楽しかったです♪
ちょっと80'sぽすぎなのだけが…でしたが

>「Yellow Submarine」の大合唱なんて感動しましたよ
僕は…
やっぱり笑っちゃった(苦笑)

>それにしてもV.J.さんのレポはこうでなきゃ…な内容で嬉しいです。
恐縮です…(。-_-。)
がさつな毒舌(苦笑)


Twitterでも書きましたが、Blueさんとは色んなライブでニアミスしている模様なので、今度、うまく機会があったら、飲みに行きましょうよ!
Posted by V.J. at 2013年03月03日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/335197215

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。