2013年02月10日

2013.02.08 MY BLOODY VALENTINE @新木場STUDIO COAST

mbv3.JPG単独では22年ぶりとなるMy Bloody Valentineが来日した。
V.J.が20歳位の頃、今まで聴いていたStonesを中心としたロケンローだけじゃなく、色んな音楽を聞くのが楽しくて仕方なかった頃。
東京に出て来て、タワレコの黄色いレコード袋を卒業し、御茶ノ水のJANISとか、吉祥寺のWarszawaとかで、聞いた事も無いバンド名のCDを買い漁っていた頃。

その頃出逢ったのが、You Made Me Realise って曲だ。
ヘビメタの様なイントロに続いて、夢遊病の様なPOPなVo.が漂う。
一発でやられ、LOVELESSでトドメを刺されたバンド。
MY BLOODY VALENTINEがまたやって来る。

親を質に入れても、天地がひっくり返っても駆けつけない訳にはいきませんぜ!
 
  
  
UK INDIEって言われるバンドを聴き漁っていたがその頃のバンドなんて今は殆ど聴く事は無い。
シンプルな60's、70'sのロケンローは今でも聴くのに、80's 90'sのロケンローは殆ど顧みないV.J.が今でも唯一Specialな感覚を持ち続けているマイブラ。

何がスペシャルなのか?
それを確かめる意味も含めての来日公演への参戦だ。
答えは見つかるのだろうか…

STUDIO COASTはベルセバ以来になる。
音響に気を遣ってるハコってイメージがある。
会場入り口で耳せんが配られている。
大阪公演の情報で事前に聞いていたが、イヤーウィスパー型の耳せんだ。
さすが、「轟音エクスタシー」と呼ばれただけの事はある♪ どんだけ今でも轟音なんだ!
と、思いつつ、ステージに向かう。

轟音が売りのマイブラだけど、ステージ上は、ヘビメタバンドの様にマーシャルが山積みされている訳ではない。極めて簡素なステージセットだ。
ただ、ケヴィンの立ち位置と思しき場所には、ラックの中にエフェクト類がガッツリとセットされているのが確認される。

あのラックから、深いリバーブとエコーとノイズが産み出されているのか…
いよいよだな。
と、否が応でも期待は高まる。

ステージのセッティングも進んで行き、赤いライトの中スモークが炊かれる。
まさにLOVELESSの世界だ。

大阪公演は30分程押しでスタートしたとの情報を得ていたので、7時を過ぎても余裕ぶっこいていたが、15分を過ぎたあたりで、客電が次第に落ちて行き、SEもどんどんと大きな音となる。
そろそろとメンバーが登場し、セッティングを始める。
いきなりの印象的なフレーズが流れる!
I ONLY SAIDだ。
22年前のチッタのオープニングと同じこの永遠に続くと思われるフレーズが22年と言う時を簡単に飛び越え、無限ループの輪を繋ぐ。

確かに笑っちゃう位の轟音だ。
一応、耳を保護するために、エティモティック・リサーチの耳せんを持参して行き、装着してライブに臨んだが、神経を逆撫でする様な、ギターのバリバリとした高域が減衰されちゃうため、1曲目で耳せんを投げ捨て、耳が壊れるのを覚悟で身をまかせる。

単純ながらも暴力的なリズム
抑揚の無いメロディ
永遠と思われる主題のメロディのループ
赤一色の世界の中で瞬き続けるフラッシュライト
陽炎の様に浮かび上がるケヴィンとビリンダ

本当に時間も距離も何もかも超越した異次元へと一瞬で連れて行く。

ケヴィンは、Shoegaizerの由来通り、終始俯きながら、1曲毎にギターをトッカエヒッカエしながら、エコーとリバーブの深さを調整しながら、轟音を紡ぎ出す。

mbv1.JPG

MCなんて殆ど無い。
多分
新曲だ。
3度目の来日だ。
位しかしゃべっていない(笑)
それどころか、Vo.なんて殆ど聴こえない、まぁ聴こえない(笑)

一方、MBVの花(笑)ビリンダは、V.J.が持っていた彼女のイメージと全く相違ない。
うつむくのではなく、終始はみかみながらマイクの前に立ち、黙々とギターを弾く。
ケヴィンよりもまだ聴こえるけど、まぁ、Vo.は殆ど何歌ってるか聞き取れない(笑)
MCは、消え入りそうな声のThank Youと、会場から、I Love You!の歓声に、蚊の泣く様な越えで、me tooと言ったかと(思う)それしか聞き取れなかった。

mbv2.JPG

彼らのレコードでは、夢遊病の様なキャンディ・ポップなVo.とメロディは重要な要素だったが、ライブの場所では、1楽器程度の意味しか成さない。

シンプルながらパワフルなドラムス
フレーズではなく、低音の塊を剛速球で放り込むベース
地響きの様な低音弦のギターリフ
神経を逆撫でするギターの高音域
聴こえる様な聴こえないようなボーカル

それと同等、もしくはそれ以上に重要なのはライティングだ。
スモークを炊かれたステージは、赤、青、黄に彩られ、終始フラッシュが神経を蹂躙して行く。
ステージバックには、サイケデリックに彩られた画像が流れている。

マイブラのライブは音楽を聴く場ではない。
5感全てで感じる場なんだと言う事。

毛穴1つ1つから侵食してくるギター
容赦無いフラッシュが視神経を通じ脳を直接攪拌する
地響きの様なリズムが足元から体内に侵入してくる
次第に意識がここではないどこかに持ってゆかれる。

曲名、曲順なんて全く意味を成さない。
ただひたすらに、五感全てが蹂躙されて行く…
そんな中、唯一と言って良い記名性のあるYou Made Me Realiseがラストに演奏される。
MBVがライブを行う意味。10分以上も続く嵐の様なフィードバックノイズ。
ホロコースト・ノイズ…
ただヒタスラに同じビートを叩き続けるリズム隊、ギターが身を弾き裂き、脳髄にドリルを打ちこんで来る。
ただひたすらに、無防備な聴き手に対し、音が光が暴力の様に蹂躙して行く。
これはレイプだ。

破壊と再生
Rebirth

全ての神経が壊死し、そこから何かが産み出される…
胎児が母の胎内からこの世に出て来る時の感覚。
安らかで守られていた場から、眼も眩む様な圧倒的な情報量が飛び込んで来る。心音しか聴こえなかったのに、いきなりさらされる爆音の世界…
不安と恐れが洪水の様に襲って来る。
全く記憶は無いが、そんな畏怖を思い出させてくれる体験だ。

いつしかメンバーはステージを去り、嵐の様なフィードバックノイズのみが会場を包んでいる。
ローディーがエフェクタのスイッチを切り、1時間半弱のサイケデリック・ショウは終焉を迎える。

これは音楽では無い。
何度も言うが、5感全てで破壊と再生を感じる場だ。
あまりにもの轟音に10分以上身を置くと、却って静寂を感じる。

不安と悦び
生と死

ニンゲンの細胞レベルに訴えかける時間だった。


帰り道、10数年前に、チッタで観た裸のラリーズを思い出した。
チッタに無造作に置かれた椅子に縛られ、最初から最後までフラッシュを炊かれ、轟音に嬲られて行く体験。
あれも、音楽ではなかった。
不快の極地を突き抜けた先に見える幽かな光…

こんなバンド、そうはいないよ。
世界に、2組やそこいらいれば充分だ。

ライドもジザメリも凄いと思うけど、やっぱり音楽だ。
マイブラは、音楽を越えた人間の根源の彼岸を見せてくれるバンドだ。

いつまでもOne and Onlyでいて欲しい。
20年周期位で体験したい。
やっぱり、Specialなバンドだった…

ライブから2日経った今日も、脳が筋肉痛を起してるよ…

P.S. 来日中に新譜が発表になった。DL、CD、VINYLで新たなマイブラを体験出来る。
是非とも公式サイトにアクセスし、時空を越えた音を体験して欲しい。って思う。

MY BLOODY VALENTINE SETLIST 
2013.02.08@新木場STUDIO COAST

I ONLY SAID
WHEN YOU SLEEP
NOW YOU
YOU NEVER SHOULD
HONEY POWER
CIGARETTE IN YOUR BED
COME IN ALONE
ONLY SHALLOW
THORN
NOTHING MUCH TO LOSE
TO HERE KNOWS WHEN
SLOW
SOON
FEED ME WITH YOUR KISS
YOU MADE ME REALISE




Ep's 1988-1991 [CD, Import] / My Bloody Valentine (CD - 2012)

Isn't Anything: Remastered [CD, Original recording remastered, Import] / My Bloody Valentine (CD - 2012)

Loveless: Expanded Remastered Edition [CD, Import] / My Bloody Valentine (CD - 2012)
 

  


posted by V.J. at 21:34| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、新木場のマイブラ行かれたんですか。今回のレポ、かなり熱入ってますね♪
実はマイブラはずっと前に何曲か聞いたきりでアルバムもまともに聞いたことがないんですが、これ読んでたら聞いてみたくなりましたよ。でもライヴを体感した方がずっとよさそうですね。それにマイブラはレコード高そうですし…
裸のラリーズも見てるんですね!これも貴重ですね。数ヶ月前から、全国のTSUTAYAにラリーズのCD置いてるみたいで、地元で見たときは驚きました。
Posted by いたち野郎 at 2013年02月12日 01:13
>いたっちゃん☆
コメありがとう♪

>マイブラはレコード高そうですし…
初期のEPは高いねぇ…
でも、やっぱ、マイブラ=LOVELESSなので、それは押さえておいても良いかも。LOVELESSは高くないよ♪

>全国のTSUTAYAにラリーズのCD置いてるみたい
まじすか…(゜O゜;
いやそれ、誰得(笑)
需要無いでしょ(爆)
明日、ツタヤいってみよっと♪
Posted by V.J. at 2013年02月12日 23:19
マイブラ行こうかなと思ってたけど、結局行かなかった。
『ラブレス』は大好き。
噂の爆音に曝されてみたかった。
でもヴォーカルは聴こえてほしいな。
そんなことを彼らのライヴに求めてはいけない?
Posted by 名盤! at 2013年02月17日 21:26
>名盤ちゃん
コメントありがとう。うれしいです☆

>噂の爆音に曝されてみたかった。
ただただ凄まじいです
だいぶ耳が爆音に慣れて来たラストのyou made me realiseは別次元の轟音でした…

>でもヴォーカルは聴こえてほしいな。
>そんなことを彼らのライヴに求めてはいけない?
いや、そんなこと無いと思う。
やっぱり、あの轟音の中、漂うボーカルあってのマイブラだと思うんで…
でも、ライブに身を任せていると、Vo.なんて別にいいかな?なんて気にさせてくれるライブだったよ!
Posted by V.J. at 2013年02月18日 10:29
V.J先輩お久しぶりです。まつかわっです。以前ひょんな?お付き合いさせていただいていた者です。覚えていただけてたら幸いですww

久しぶりに覗いたら相変わらずでびっくりしましたよw

んでもって相変わらずの自分勝手な楽しいライブレポ。人ってそう簡単に買われるものではないんですねw

そっかぁ。マイブラ見に行ってたんですね。熱いレポ見ながら昔聞きまくったボロボロになったラブレスかけながら書いております。
裸のラリーズ思い出したって、全然解るのが面白いです。
ラリーズも久しぶりに引っ張り出して聞いてみようかな?

パティのレポも素敵でした。
改めてお邪魔させてもらいますです。

以上乱文にて。
Posted by まつかわっ at 2013年04月04日 19:18
>まつかわっ さん!
すんげー久しぶりです☆
覚えていますとも♪
V.J.です。

>久しぶりに覗いたら相変わらずで
えぇ、いったん放置が数年続いたのですが、ライブレポしかUPしませんが、なにやら細々と続ける事にしました(笑)
覚えていてくれてうれしいです♪

>自分勝手な楽しいライブレポ。人ってそう簡単に買われるものではないんですねw
あはははは
その通り
結局、好き勝手な事ゆえるのはココだけなんだろうなぁ。誰に迷惑をかける訳でもねぇしね!
て事に、自分も最近気づいた次第

これからも、ぼちぼちとよろしくです☆
Posted by V.J. at 2013年04月08日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。