2007年01月14日

iPod的生活:A-6 ALO

a_8.JPG

皆さんは、音楽に何を求めますか?
圧倒的なテクニックにただただひれ伏す。
音楽を通じた演者の苦悩や哀しみを追体験する。
歌詞の深遠な世界を読み解く。
頭なんかで聞くんじゃなくて、ただひたすらマッシヴなビートを感じる。
ま、色々あるけど、僕にとっては、「考える」よりも、「感じる」音楽が好きなんすよねぇ〜
だから、プログレみたいな「理系ロック」や、フュージョンのような「技術系音楽」が苦手なのかも?(笑)

そんなこんなで、こいつらは、「感じる」音楽の中でもかなりのお気に入り♪
そんな音楽を、紹介するときに、「考える」つー作業をしなきゃいけないのがBlogの辛いとこ(笑)

さぁ、そんなこんなで、ゆるゆると行ってみよぉ〜♪
  
  
  
  
そもそもALOと言っても知らない人も多いかと思うんでちょいとご紹介。
Animal Liberation Orchestraの略。
シスコで96年に結成された、ジャムバンド。
ジャック・ジョンソンとの交流(ツアーで前座を勤めたり、メンバーがJ.ジョンソンのツアーメンバーに抜擢されてたり)を通じて、ファンキーなソウルに、アコスティックでゆるーーーーい感覚が融合した音が、とにかくキモチイイのですよ♪

ただ、J.ジョンソンや、ドノヴァン・フランケンレイターが、サーファーだったってだけで、サーフ系つーくくりはイカガなものかと…
(ちなみに、両者とも大好きです♪ 祝!来日♪ D.フランケンレイター!当然参戦しますよん)

なんか、「流行り」にくくられると、賞味期限が一気に短くなりそうなのが心配(笑)
最近は、G.LoveもB.Harperもそっちにくくられちまって…

と、言いつつ、J.ジョンソンの奏でるアコスティックでゆるい音。
イメージとしてはやっぱ、一番近いかなぁ〜

でも、一番違うのは、こいつらの持つ、FUNKNESS
アコギ中心で組み立てられた音ですが、単にゆるいだけではなく、そのベースに強靭なリズムへのこだわり。永遠に続くかと思われるギターのカッティングにオルガンがからみつく曲調がなんとも、『サーフ系』ではくくれない音世界。
そこに乗ってくるのが、とってもPOPで口ずさめそうなメロディときてますから、ゆるゆるキモチ良さに拍車がかかります。

漂う曲調の中に一瞬、シスコと言う出自(サイケ臭)までしたりもして、ただゆるーく聴き流す訳にもいかないトコも。

日本盤の解説には、B.ウィルソンやV.D.パークスの影響云々(あまり、V.J.はそこまで感じなったけどね)ともあり…

SOUL MUSICの持つFUNKNESS
SAN FRANCISCOと言う土地が生み出すPSYCHEDERICな手触り
BEACH BOYSの持つ万華鏡POP
JACK JOHNSONの持つアコスティックなオフビート

そんな過去の太い根っこに根ざしつつ、現在の音を吸収した結果、全てが高次元で融合し、極上のゆるゆるな音を奏でるALO
で、こんなバンドが当たり前の様にいるアメリカの大地の持つ芳醇な土壌ってのを感じてしまう1枚です。

ジャムバンドの常、オフィのサイトから、LIVE音源をDLも出来ます♪
最新のLIVEでは、JBやDEAD、S.DANまでカバーしておりやす。
ゆるーくキモチヨク音楽に身をゆだねたい時、最高の1枚であることを保証いたします。
  
  
フライ・ビトウィーン・フォールズ
フライ・ビトウィーン・フォールズ


今、聴きながらこの記事かいてますが、やっぱ、改めてよいなぁ〜、これ。
  
  
  



ラベル:ALO
posted by V.J. at 22:57| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | iPod的生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
V.J.さま、こんばんは!
>皆さまは音楽に何を求めますか?
わたしの場合はズバリ、
『宇宙の果てまでブッ飛んでゆく』感です。

ジャック・ジョンソンはわたしも好き。
ただ単純に、音の一部になって、気ままに遊んでいられたら、それが最高!とも思っています。
Posted by 江東イズル at 2007年01月16日 02:10
>イズルさま
もうね、感涙にむせんでおります。
こいつらの記事に関しては、僕の所に来てくださっている方の聞くジャンルの音楽でもないし、マイナーっていえばマイナーなので、絶対コメントは付かないと思っておりましたが、コメントが付かない。って事にコメントを下さり、打ち捨てられた仔犬を拾ってくださった里親を見つけたようなキモチでいっぱいでございます(爆)

>宇宙の果てまでぶっ飛んでゆく
ははは。
なんからしいっすね♪
具体的には、やっぱ、スカッとした疾走感のあるPUNKチックなかんぢのやつとか?

>音の一部になって、気ままに遊んでいられたら
なるほど。
うまいこといいますね、やっぱ♪
音楽なんてそんなもんだよね。
語る前に感じろ!
てかんぢかな?
なんか、音楽Blogって難しい気がしてきている今日この頃(笑)

Posted by V.J. at 2007年01月16日 13:39
>皆さんは、音楽に何を求めますか?
はて?何を求めてるんだろう?
と、改めて考えました。
多分、どちらかというとV.J.さん曰く「理系ロック」系な気がします。
本人はベタベタの文系なんですが。

だからと言っていつも小難しい事考えて聴いてるんじゃなくて
「カッコいい!」と思えることが第一条件。
それが圧倒的な歌唱力だったり、むせびなくギターだったり、動き回るベースだったりバラバラなんですが。

はじめ「AOL?」と思った私を許してください。
しかし、本当にいろんな音楽をご存知♪
いつもこちらで勉強させていただいてます。
音楽を言葉で表現するのって確かに難しくて大変だろうけど、私のようにとっても参考にさせていただいている読者もいるってことで、よろしくお願いします(←なぜかお願いモード)
Posted by みるきー at 2007年01月16日 22:50
>V.J.さま&みるきーさま
こんばんは!
お団子の次はアブラアゲをお供えってカンジで、またもやお供えです。
もう、『地獄』は、道端の道祖神扱いです。

>具体的にはやっぱ疾走感のある……。
ハイ、すみません。
わたくしエトウは、基本ドパンクです。
今思いついた御三家は、
ホットロッズ『アット・ナイト』
ダムド『ウェイト・フォー・ザ・ブラック・アウト』
バズコックス『エヴァー・フォーリン・ラヴ?』
の三曲です。
(ダサい片仮名表記、お許しを!)
ちょっとご理解いただけたでしょうか?

>理系ロック
これまた興味深いネタをアリガトです。
文系ダメニンゲンのエトウにとって、とても新鮮です。
自分がまったく聴かないところに興味大で、こちらでお勉強させていただいてるのですから。

>打ち捨てられた仔犬の里親
そんないいもんじゃありません。
アパート暮らしで犬猫は飼えないのに、気がつくと餌をあげてしまう……。
イクォール、面倒みきれないのに、考えなしに引き受けてしまう。
そんなダメェ〜なヤツです、エトウは。

わたしも明日は早いので、今日はコメントイッコだけにしておきます。

追伸:>音楽ブログってむつかしい。
何をおっしゃいます。
『海賊』のほうなんて、もうムチャクチャです。
ひき続き『地獄本編』、楽しみにしてますからねぇ!!
Posted by 江東イズル at 2007年01月17日 02:29
>みるきーさま
AOR、もとい、AOLにコメントアリガトウございます。
感謝しております♪

>「理系ロック」系な気がします。
ごめんね、なんかうまいコトバが思いつかなかった(笑)
フュージョン=技術系。はすぐに思いついたんだけど、Pグレはオタク系。なんかなぁ〜、、、キモオタ系…これじゃさすがに…
で、自分にとって一番遠い理系と言うことにしました。お許し下さいまし。

>いろんな音楽をご存知♪
極めて偏っておりやす(笑)
理系はマジで全く知りません。
理科室には近寄りませんので、知りようがありません。
どうせ寄り付くにゃ、保健室が良いので♪(爆)

Posted by V.J. at 2007年01月17日 23:37
>イズルさま
>道端の道祖神
ありがとうございます。
雪が積もったら傘を差してやってくださいまし。
お宝がエトウ家の前においてある事は無いですが(爆)

>御三家は、
>ホットロッズ『アット・ナイト』
>ダムド『ウェイト・フォー・ザ・ブラック・アウト』
>バズコックス『エヴァー・フォーリン・ラヴ?』
うげーーーーー
結局地獄ぢゃ扱わない方々ばっかり(笑)
エディ・アンド・ホット・ロッズ(負けずにカタカナ表記攻撃!)だけは、iPodにぶちこんでますが、ダムドはCDすら持ってません。バズコックスは、BBCのLIVEかなんかを持っていた気がしますが、出てきません(苦笑)
今度、ご教示下さいませませ。

それにしても、みるきーさまはPグレ&WHO
イズルさまはドPUNK
この何の脈略の無い3人がこうやって同じとこに集まってくださる。これが良いんだなぁ〜
と、改めて身に沁みた次第でございます。

ありがとうございます。
Posted by V.J. at 2007年01月17日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。