2012年10月31日

2012.10.29 CARLEEN ANDERSON @BLUENOTE TOKYO

10月21日から始まった、「秋のLIVE強化旬間」(笑)
この日のCARLEEN ANDERSONでひとまずの終了
計5回のLIVE 前座を含めトータル10組のアーティストとの邂逅!
素晴らしい秋を満喫しています。

そんなLIVE漬けの日々で風邪をこじらせたV.J.は、寒さも増した南青山へ歩を進めたのでした。
  
  
  
カーリー・アンダーソンは、Young DisciplesとしてTalking Loudからデビュー。UK SOUL/ACID JAZZとは?ってのの答えの様なGrooveを紡ぎ出していました。
言うより観るほうが早いね(笑)



その後、ソロになって、我がアニキ、P.Wellerとデュエットしたりと、ジャンルを軽々とまたぎながら、いかにもUK産のSOULを支えて来たお方



そんな、Carleenが、Wellerの来日の後を追う様に来日!
それも、SOUL TRIOで、彼女本来の「うた」の魅力を堪能できるなんて!!
そりゃ、LIVE疲れでヘロヘロになったって駆けつけない訳にはいきません☆

当然、2nd Showをチョイス☆
20時半頃にフロアに向かうと、素敵な夜の大人達がちらちらと集まり始めています。
順次、席に案内され、当然のようにギネスで乾杯☆
ずっと、立ちっぱなしのLIVE HOUSEに住んでいた様な一週間でした。この芳醇で贅沢な時間を慈しみながら、LIVEの開始を待ちます。

一瞬、客電が落ち、カーリンを先頭に、ドラムスとキーボードのねぇちゃんの3人が登場です。
キーボードのRad.さんは、Princeのバンドとかにも参加した経験のありSoloも出している、その界隈では有名なお方。残念ながら、この界隈にそんなに詳しくねぇV.J.は、ピロピロキーボードがなきゃなぁ…などと、思いながら(ふぅ)

で、
カーリン、華奢!チッチャイ!!顔なんて握りこぶしくれぇしか無いです♪
エスニック柄のワンピースに身を包んで、ピースフルな笑顔とともに登場です☆

いきなりの超低音のVerseから入って、どんどん曲が進むにつれギアをUPして行く様はまさに、こっちも嫌がおうでも乗せられちゃいます。
ただ、ヤセッポチなので、声量は決してあるほうではありません。この辺の「軽さ」がUK SOULだよなぁ〜
などと思いつつも、心地良いグルーヴに身を任せて行きます。

カーリン嬢は時折ピアノに腰掛けますが、基本は、Rad.嬢の達者なKeyとドラムスをバックに、足踏み、全身を使ったジェスチャーでキュートな笑顔とともに、coolで熱いSoulを紡いで行きます。
ドラムスが生なので、ジャジーなリズムの上を縦横無尽にRad.さんのKeyが装飾的に音を重ねて行く様は、3人とは思えない重層的な音だったりします。

ただね
せっかくなんだから、もう少し、ピアノの弾き語りも聴きたかったなぁ…
と思いながらも、ピースフルな時間は過ぎて行きます。

1時間程度で一端下がって、すぐにアンコール。
カーリン嬢のピアノ弾き語りをじっくりと♪
本当に胸に沁みます。

最後はみんな手拍子でゴスペルタッチの楽曲でしめ。
贅沢な1時間半弱、すぐに終わっちゃいました...

個人的には、Maybe I'm Amazedが聴きたかったんで、ちょっとだけ残念だけど、LIVE旬間のしめくくりとして本当に楽しかった♪

Monochrome Set
Paul Weller
Carleen Anderson
を10日で観たって…

ここは、UKのクラブかよ!

東京、実はダイキライです。
もうね、実家の群馬か、北海道か九州に移住したくて仕方無いんです。
でもね、こんなLiveがそれこそサンダル履きで観れるTOKYO

悪くないのかもね。

セットリスト
2ND
1.INTRO 〜 SPOKEN WORD
2.AS WE COME TO BE (CONTEMPLATION VERSION)
3.TRUE SPIRIT (LAID-BACK VERSION)
4.MAMA SAID (SWING VERSION)
5.YOUR HEART WILL KNOW (UNRELEASED)
6.FREE (TRIBUTE COVER)
7.WOMAN IN ME (BLESSED BURDEN VERSION)
8.APPARENTLY NOTHIN' (CHURCH VERSION)
9.DON'T LOOK BACK IN ANGER (CARLEEN SOLO)
10.WHEN THE LIGHT SHINES (GOSPEL TUNE)
@BLUENOTE TOKYO
posted by V.J. at 23:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライヴ三昧うらやましい!!
さてカーリン・アンダーソンですが、いや懐かしい。
トーキングラウド、アシッドジャズ、当時やたらと聴いてました。その手のTシャツもよく着ていた記憶が。
Posted by 名盤! at 2012年11月02日 22:15
名盤ちゃん!
名盤ちゃんとこ、メンテしてるとかでコメントが書き込め無いよ(涙)

Talking Loudの看板でしたもんね!
UK SOULの大切なオリジネイターです。

本当に良かったよ☆
やっぱ、ライブに限ります!
Posted by V.J. at 2012年11月03日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299822273

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。