2012年09月20日

2012.09.16 HARRY @横浜BAYSIS

昨年11月の下北沢のライブ以来、およそ1年ぶりに、元Street Slidersのフロントマン、ハリー村越のソロライブに参戦して来ました。

 
正直言って、ここ数年のハリーに関しては、熱心なファンではなかったわたくしめ。
スライダーズ解散後、最初のLIVEに大阪まで行って、そのあまりにメソメソした内容に愕然として、もうハリーはダメだ…と思いつつ、こうなりゃヤツと心中するつもりで、ほぼ東京でのライブは全て参戦し続けて来ました。

それもこれも狼煙と言うアルバムまでの話。
あまりにぶっ飛んだ歌詞の世界に、正直付いてゆけなくなった自分。
スラ結成前のハリーは、こういう詩を歌っていたらしいんで、これがハリーの本質だ。なんて、訳知り顔のヤツがほざこうが、VJは、スライダーズのハリーが好きだった訳で…

まぁ、何歌っても、隣で聴こえないギターの音、フレーズを指で探ってしまう自分がいたのも確かだったのですが、それをああゆう形で乗り越えようとしているハリーの姿を見て、勝手に、「もう大丈夫だ。俺がファンをしてなくても…」なんて気持ちで次第と離れていた自分。

そんな自分が、昨年、数年ぶりにハリーに逢いに行きました。
そこには、譜面を前に、それをめくる手も覚束ない様なヨボヨボのハリーが…
歌もギターもそんな事全くないんですが、まぁ、譜面なきゃ歌えないなんて、結局、キチガイ歌詞、自分のものにしてねぇんぢゃねぇか…と、がっかりして、もう「大丈夫」から、「終わった」。と思える内容だったのです。

更に、ご自宅が火事になって怪我をして入院…
残念だけど、もう現役って感じじゃねぇんだろうな…
と、思って、その後いくつかチャンスがありましたが、全てスルーしていました。

しかし、今回のツアーに関して、twitterのフォローワーさんが絶賛してるではないですか。
セットリストも神だ!とそれも興奮気味に。

これでダメなら、それこそガキの頃から好きでありつづけたハリーと手を切るか。
位の思いで、横浜に足を運びました。

初めて行くBAYSISはこれまた小さいハコ。
下北のガーデンも小さいですが、更に小さい。
VJのハリー暦は
地元で一番デカイ公会堂→都有13号地→武道館→渋公とかNHKホールとか→東京ビッグサイト
と、それこそ見る度にデカクなるスライダーズ
で、
リキッド→武道館(号泣)→変な大阪のライブハウス→リキッド→AXとかO-Westとか…→ガーデン→ここ
と、それこそ観る度に小さなハコになるハリー

別に、ハコのデカさとかそんなの関係無いんだけど
昔から、「呼んでくれりゃどこにだって行くぜ」って言ってたハリーですから。
でも、ちょっとだけ、寂しさも感じつつ開演を待ちます。

アコギを抱えてハリーの登場
立て続けに
風が強い日
のら犬
Get Out Of My Mind
と、スラ時代の曲が続きます…

この路線(スロー)で押すの?
それはちょっと嫌だな…
って思っていたのですが、Get Out〜は、なんか良く歌うんだけど、痛々しくて聴きたく無い曲No.1なんだけど、あれ?そんなに痛々しくねぇぞ。って言うよりも、ハリー独特の寂寥感が伝わって来るぞ。血を流しているんじゃなくて、そんな血を流している俺達を包み込むようだぞ…

とにかく、うたが真っ直ぐに届いて来るのです。
Midnight Sunをはさんで、ソロ時代のブギーをたて続きにかました後に、お気に入りのStonesカバーYou Gotta Move / Pain In My Heart〜Homeworkの頃には、勝手に腰が揺れていました★

そして、MAKE UP YOUR MIND〜ありったけのコインの頃には、ハリーのオープンGからくりだされるグルーブに完璧にやられている自分がいました。

その後、スライダーズの曲(ONE DAY、今はこれでいいさ、Back TO Back、道化者のゆううつ、ペースメイカー等 他にもあったっけ?)を交え、ハードなブギーとバラッドを織り交ぜながらライブは進んで行きます。

今や、本家のKeithよりもKeithらしいギター弾かせたら、世界でも指折りなんじゃないの?って位、拍をくわせたりしながら、最高のリフを刻み良く通る倍音の声を響かせてくれています!

特に、ペースメイカーは、ソロになってからも何回か聴いた事はありますが、ギター1本であのうねりは本当に圧倒されました!本当に本当に、VJが求めているグルーブがここにはあったのです☆

ストロークする姿
シャウトする姿
髪をかきあげる?姿
指を立てる姿

全部、VJがガキの頃から好きだったハリーがそこにいました!
ギター一本で自由自在に曲の陰影を付けて行くハリー
スライダーズの歌も、ソロ初期の歌も、独自の詩世界の近作も
全て
今、この現在、ここで、ハリーが歌い弾く事しか許されない位、完璧に自分のものにしていました。

本当に圧倒された2時間…
一緒に行ったツレと、思わず顔を見合わせて、凄かったね。。。って同時に同じ言葉が(笑)

不幸な事にご自宅が火事になって入院した事が影響しているのでしょうか?
今のハリーは、何か憑き物が取れた様な…
今まで磨いて来たギターとボーカルの純度だけが異様に高くなり、全ての歌がこんなに届いたのは初めての事でした。

断言出来ます。
今のハリーが、一番カッコイイ。
本当の意味で、ロックンローラーから、ブルーズマンになった気がするよ。

ごめんね、ハリー
生意気ぶっこいて、もうダメだ。なんて思ってさ…
もう少し、ついて行ってもいい?
 
ありがとう。 




ラベル:HARRY LIVE観戦記
posted by V.J. at 22:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいliveレポを読んだら、
いまのハリーのliveを見たくなりました。
今年か来年にはぜひ・・・
Posted by DJ YOGURT at 2013年05月14日 13:22
>DJ YOGURTさま

はじめまして
コメントありがとうございます。
お返事が遅れてすみませんです。

うん、元スライダーズのハリーじゃなくって、ミュージシャン・ハリーにやっとなった気がしたライブでした。

スラの曲もソロの曲も同じ地平に存在する今が一番カッコいいと思います♪
Posted by V.J. at 2013年05月17日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。