2006年12月07日

iPod的生活:A-3 “AL”3兄弟

Even Worse

今日は、Aの段の3列目。
3組のアーティストを一挙紹介♪
手抜き?
いえいえ、今日は我家の“AL”3兄弟を紹介したいのです。
ちなみに、今日の写真の“AL”YANKOVIKは親戚筋に当りますが、兄弟ではないので残念ながらぶち込んでおりません。
あしからず。
  
  
  
  
  
今日紹介したいAL3兄弟は…
・AL GREEN
・AL KOOPER
・AL STEWERT

の3組。

正直、単独で取り上げるにはかなりキツイメンツ(笑)
ま、お詳しい方がおられたらフォローをお願い致します。

a_4.JPG


その1:長男 AL GREEN(写真右)

このBlogで、SOULを真っ当に取り上げた事、恐らく1度もありません(笑)
何故って?
そんなにSOUL詳しく無いんです。実は…
キライぢゃ決して無いのですが、キモチ良さげなものをぽつぽつと拾って行く位で、『体系的』に聴く様な感じじゃないんですよ。
なので、書こうとしても、

カッコイイぜ!
キモチイイよ!
ファンキーだぜ!
みたいな、失語症的感想しか多分書けないので書いておりませんでした(苦笑)

ま、iPodにぶち込んでいるCDも、キライなヤツはとことん嫌う『FREE SOULシリーズ』の1枚ですので、その程度のファンなのかもしれません。

で、このFREE SOULシリーズのAL長男ですが
メロメロ
ぬれぬれ
の1枚。
彼の専売特許のファルセット・ヴォイスで「アーバンでメロウでグルーヴィー」な音世界を展開しております
(もう1ミクロンも適当な表現。でもよく見かける言い方。。。こんなコピーで買うヤツいるのかね?マジで)

で、AL長男は、言わずもがなの、Hi Recordsの看板アーティスト。
Hiだと、僕はDon Briantみたいな、ゴリゴリ・ディープ・サウス陣営が好きなのですが、やっぱ、Al長男はメロウ。

会社の取引先の気に入ったねーちゃん連れて、
横浜辺りでメシ食って、Bluenoteの姉妹店でお洒落なJAZZ観て、
夜の湾岸をクルージング。
そんな時、バックに、Al長男が流れていたりするとよさげ♪
(取引先に、そんなねーちゃんは『ひとっこひとり』おりませんが…)

ヘンチクリンなAORを聴くくらいなら、こっち♪
そんなかんぢです。

でも、そんな長男もメロメロ路線を確立する前は、こってりとしたSOULをやっていた時代もあるのです。
我家唯一の長男のVINYL

DSC_2513.JPG
AL GREEN / GETS NEXT TO YOU UK LONDON ORIGINAL(1971)

多分ブレイク直前の1枚。
この路線から、甘茶系へ舵を切って大成功。
でも、個人的にはこっちのほうが好きかも…
  
  
その2:次男 AL KOOPER(写真中央)

DYLANのROCK『転向』の立役者の1人
その後、転向に怒り狂ったファンにビビッてケツまくって『逃げた』オトコ。
ま、次男が逃げたおかげで、THE BANDと言う、大きな果実が産み落とされたんだから、ROCK史にの中でも、もっともっと評価されても良い人ではあります(笑)
つーか、好きな人多いと思うのでしょうが、僕が持っているのはこれ1枚。
ネチネチしたVo.がそんなに好みぢゃないです。。。
ぢゃぁ、何故、iPodにぶち込んでるんだ!
ミーハーですみません。
SONYのCMでどっかの誰かがカバーしていた、JOLIEを聴きたくて買っただけです(爆)
でも、この曲、やっぱ良い曲だなぁ〜
この曲入っているだけで、聴く価値ある1枚だよなぁ〜

でもね、その後、次男のAlbumを拾う事してないのは、やっぱり、このネチネチしたVo.があまり好きになれないのかも…
この次聴くなら何が良いんすかねぇ〜
「血と汗と涙」はそういえば持ってました♪
確か、リーダーのはずなのに、追い出されたんでしたっけ?
なんとなくですが、
『性格的に難あり』
なヤツなのかなぁ〜
親近感♪(爆)


その3:三男坊 AL STEWART(写真右)

三男坊は、単独で取り上げようと思っていた、V.J.のお気に入り♪
スチュワート家(英国貴族)の血を引く由緒正しいお家柄のナマっちろい青年。
貴族のご子息のクセして、放蕩の限りを尽くして、愛しい彼女との生々しい性愛なんぞを歌っておりやす。
英国フォークの最良のアーティストのひとりです。

変にトラッドな方向性に走るのではなく、何をやっても、そこはかと漂うPOP感。
まさに今の時期にぴったり。

紅葉が終わりかけ。
これから寒い冬が来る。
そんな落ち葉の道を、新調したコートの襟を立てながら背中丸めて歩いている。
行き先は、待ち合わせしている彼女。
心なしか足取りも自然に早まる。

カラダは寒いがココロは暖かい。

なんか、よく分かるような、全く分からない様なたとえですが、つーか、誰がこんなベタな小説なんぞ読むのかぁぁぁぁあ!って位、手垢にまみれたシーンしか思い浮かばない、わたくしめのイメージの貧困さ炸裂ですが…

AL STEWERTの曲は、寒々しい景色の中にポッと灯りが灯された様な音楽。
好きですねぇ〜
特に彼の初期の諸作は。

こいつも長男と同じ?で、AOR路線に舵を切って大成功したみたいですけど、全く興味ありません。
この時代のALしか知りません。

当然、三男坊は、CDって言うよりもVINYLで揃えてなきゃいけません。

DSC_2514.JPG
(左上から時計回りに)THE FIRST ALBUM(1970)/ ZERO SHE FILES(1970)/ ORANGE(1972)/ LOVE CHONICLES(1969) 全てUK CBS ORIGINAL

iPodにぶち込んでいるのは、To Whom It May Concern と言うこれら初期4枚からの2枚組。
実は、1967年に、BED SIDE IMAGESと言うアルバムで三男坊はデビューしていますが、そのアルバムはどこを探しても見つからない位レアになっちまっております。で、その1stからの曲を再演したのが、THE FIRST ALBUMです。
このCDには、幻の1st、BED SIDE IMAGESの楽曲が全て入っているので当然買いです♪

で、ROCKファンか的には、LOVE CHONICLESでしょう。気になるのは
なんせ、バックのメンバーが凄い。
Richard Thompson
Simon Nicol
Ashley Hutchings
Martin Lamble
ですぜ♪
Fairport Conventionの面々がバックを勤めております。
それだけぢゃなく、ギターを、セッションマン時代のJimmy Pageが全編で参加しておりやす♪
Page氏のセッション時代の最高の仕事として記憶されるべきAlbumだったりします♪
DONOVANのハーディー・ガーディー・マンに並ぶ、英国フォークに彩りを加えていたPAGE氏
良い仕事してます。
自身のバンドよりも良い仕事です(爆)

寒い冬が来る前に、一度、Al Stewert、聴いてみて下さい。


ねーちゃん連れて夜のアーバン・ジャングルをクルージングだ(死語)
フリー・ソウル : クラシック・オブ・アル・グリーン
  
これ以外は何を聴いたらいいんだ!次男よ!
ちゃららっら、らっらーららーら
ちゃららっら、らっらーららーら
らーららーららぁぁぁぁ〜 おーじょーりぃ〜
赤心の歌(紙)

激レアBED SIDE IMAGESの楽曲収録!
J.PAGE好きを自認するならセッション時代もキチンと押さえなきゃ嘘!
そんな事より、POPでフォーキーな「枯葉系」(勝手に命名)
To Whom It May Concern, 1966-1970

これまた改めて…V.J.のイメージから離れた3組だなぁ(笑)
コメントゼロ覚悟しよーっと♪
  
  


posted by V.J. at 00:30| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(2) | iPod的生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AL GREENの「NEXT TO YOU」。"VOODOO LOUNGE"の影響でしょ(笑)?こっちのiPodにもしっかり仕込んであるよ。

話は変わりますが、12月4日のU2コンサートにECが!!!!!!!!!!!!!
詳しくはオイラのブログにGO!して下さい!
Posted by masa at 2006年12月07日 01:19
アル・クーパーの「JOLIE」は名曲ですね、僕も好きです。
あとの2兄弟はよく知りません。
特に三男坊はまるっきり曲が思い浮かびません。
以前書いたアル・クーパーの記事TBさせてもらいます。
よろしくです。
Posted by 名盤! at 2006年12月07日 01:30
>兄ィ
ショックで熱でそうです…
早速、兄ィのとこに行って書きましたが、今日のEC、LITTLE WINGぶちかましました(号泣)
あぁ、U2〜ECと連ちゃんで行くべきだった…
海よりも深く反省。。。

>Voodoo Loungeの影響
あ、そーだった(爆)
それで、拾ったんだった。
書き忘れた(自爆)

兄ィ、くれぐれも、U2が去った後、「せみぬけ」(セミの抜け殻)症候群にはならないでね。
僕は、STONESが去った後、せみぬけになって、挙句の果てに、Blog休みましたから(笑)

Posted by V.J. at 2006年12月07日 01:44
>名盤ちゃん
トラコメありがとう!
早速、伺ってみます♪

>「JOLIE」は名曲
ホント、良い曲だよね。
めっちゃ好き(にわか関西弁)

>あとの2兄弟はよく知りません。
>特に三男坊はまるっきり曲が思い浮かびません。
多分それが正常です(笑)
曲どころか、名前すら思い浮かばないのが普通です(爆)
ま、フォークですよ。フォーク。へんちくりんなPOP風な。
気の抜けたサイダー
みたいな音とも言います。

なぜか、こんなすきま風のこの季節になると、引っ張り出してしまいますが、僕は。
真夏に聞く音楽では断じてありません。

Posted by V.J. at 2006年12月07日 01:47
たまには正面玄関から、

「JOLIE」はわたしも好きです!
(と言って丼飯を掻きこみ退散!)
Posted by 江東イズル at 2006年12月07日 02:47
Al Stewertは売れた「Time Passages」と「Year of the cat」しかi-Podに入っていません。おまけにプロデューサーは「あらんぱ」・・・・。

初期の方が面白そうですね。

あとの二人はほぼ全くと言っていいほど聞いたことありません・・・
Posted by ぷくちゃん at 2006年12月07日 04:00
V.J.さん、どうもです。
北斗三兄弟並みに有名ではないですか(マテジャギは)!
どれも当然アナログ持っていませんが、ちょこちょこ聴いています。
ねちっこいGreenに『Orange』の憂い、「Jolie」の狂おしさ。
あ、私もDon Briant、大好きです。
Posted by chitlin at 2006年12月07日 08:31
そろそろ、アニマルズくるかな。v.j.さんはそういえば邦楽入れないんですか?やっぱ洋楽だけ?次はなんだろう?
Posted by パライダー at 2006年12月07日 22:12
>イズルさま
あ!
喰い逃げだ!!!

>「JOLIE」はわたしも好きです!
やっぱ、あれは良いよね〜
ちなみに、本編の…
『ちゃららっら、らっらーららーら
ちゃららっら、らっらーららーら
らーららーららぁぁぁぁ〜 おーじょーりぃ〜』
はイントロです。
さぁ、一緒に口ずさもう!
Posted by V.J. at 2006年12月08日 01:38
>師匠
またまたお越し頂き恐縮でございやす。

>売れた「Time Passages」と「Year of the cat」しかi-Podに入っていません。
やっぱ、三男坊は、こっちが正解ですよね。世間様的には(笑)
でも、師匠、iPodに三男坊ぶち込んでるんすか?
師匠のiPodの中味も知りたいっす。
やっぱ、クラ4割、Pグレ3割、ELP2割、矢野顕子1割
そんなかんぢ?

>初期の方が面白そうですね。
うん
僕の趣味的には初期をお勧めしますよ♪
オレンジと、ラヴ・クロニクルの2枚はマジで好き♪

>全くと言っていいほど聞いたことありません
だめぢゃないかぁぁぁあ!
次男坊は、スーパー・セッションの片割れでもあります(確か)
DYLAN逃亡組が、スーパー・セッションも屁もあるかい!!おぃ!と、言いたいところです。
Posted by V.J. at 2006年12月08日 01:45
>chitlinさま
おぉ、やっと、3兄弟全てにきちんとしたコメだ♪
ありがとうございます。

>ねちっこいGreenに『Orange』の憂い、「Jolie」の狂おしさ
もう、1行で本質を語られてしまいました(爆)
そうですね♪
どれも捨てがたい魅力を持っています。
なので、ぶち込み決定です♪

ねぇ、なんとなく、iPoder(アイポッダー【造語】)になりたくなってきた?

>あ、私もDon Briant、大好きです。
嬉しいなぁ〜
そこに反応してくださるとは!
誰も知らないかも。
って思っていましたが…
ヤツこそ、僕がFavoriteなSOUL MANなんです。
あの暑苦しさ♪
ホント、最高っす!

Posted by V.J. at 2006年12月08日 01:50
>パライダーさま
>そろそろ、アニマルズくるかな
来るかなぁ〜
どうだろうなぁ〜
お楽しみに♪

>そういえば邦楽入れないんですか?
邦楽入ってるっすよ!
まだまだそういえば出てきませんねぇ〜
漢字やカナ表記のヤツラは、アルファベットが一巡した後なので、3年後になります(激爆)

>次はなんだろう?
楽しみにしてくださっている方がいる!
ってだけで励みになります♪
じゃんじゃん紹介して行きますので(変なヤツや知らないヤツも多いと思いますが(笑))宜しくです♪
Posted by V.J. at 2006年12月08日 01:58
al stewert!!!!! 初期のアナログをお持ちなのですね。いやー、すご過ぎます。うらやましすぎます。私がアナログで持ってるのはオレンジ以降で、ちょっと軟弱ですが、モダンタイムズ、イヤー...あたりが一番好きです。ちょっと毛色が違うためブログに書けずにいます(笑
Posted by hyuma at 2006年12月09日 21:42
>hyumaさん
確かに、hyumaさんのBlogのMODな中に、AL三男坊が紛れていたら、モー娘のコンサート(LIVEではない)に、僕達が最前列に紛れ込んでしまった位の違和感がありますよね(爆)

でも、お好きなんですか♪
なんか嬉しくなっちゃいます(笑)

iPod的生活。なーんてタイトルですが、これからも、しっかりアナログの記事を織り込んで行く予定です。そうしないと、うちのBlogの意味がなくなっちゃうから(笑)
油断せずに見に来て下さい(爆)
 
Posted by V.J. at 2006年12月10日 09:49
V.J.・・・お久しぶりです。実はアル・スチュワートの初期が聴きたくて、上京した時にCD購入しました。と言ってもベスト盤。(激爆)

V.J.推薦の「Orange」以前の曲は2枚組みなのに6曲しか入っていませんでした。(核爆)

私は一曲目の「Bedsitter images」という曲に強く惹かれました。うーん、今色々聴いている英国フォークの森の住人だったのね、この人!という感じです。もう少し勉強(=浪費)してみます。

それでも売れた頃の曲もやはりリアル・タイム・イメージで好きなんですが(爆)・・・もうキャリア40年というのにも驚かされます。

もう少し初期を買って聴いたらまたコメントします。
Posted by ぷくちゃん at 2007年04月30日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アル・クーパー
Excerpt: この夏、アル・クーパーが何と30年ぶりとなるオリジナル・ソロアルバム『ブラック・コーヒー』を出した。 実は’82年にもアルバムを出しているのだが、どうやらアル・クーパー自身はそれをセッション・ア..
Weblog: 名盤!
Tracked: 2006-12-07 01:28

ボイストレーニング方法 発声
Excerpt: 発声練習はするけど発音練習はしない、というボイストレーニングを考えるみなさんに呼んでいただきたい記事です。 発音練習は、役者さん、アナウンサー、その他にも言葉を使う仕事についている全ての人々が行って..
Weblog: おふざけボイストレーニング方法
Tracked: 2006-12-07 02:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。