2012年05月23日

[レココレパクリ企画]ベストベーシスト&ドラマー BEST10(後編)

って言う事で後半行ってみよー☆←カラ元気
 
 
 
  
Drums5位 Jim Gordon

スワンプ的な音が好きなV.J.にとっちゃ、外せない人かな。
んな事よりなにより、デレク・アンド・ザ・ドミノス。
レイラである。
ヤツがリタ・クーリッジと同棲してなきゃ、レイラのあの印象的な後半のパートは無かったって事になってるんだから外せないでしょ!(←ドラミングの話ゼロww

かなりレア!動くドミノス!!



Bass5位 J.P.JONES

この人も純粋にBassistとしてどうなんだろ?って気がしないでもないですが…
マルチプレイヤーとしてのほうがしっくり来るかなぁ。
StonesのShe's A Rainbowのストリングスアレンジとかね♪
とはいえ、あのテクよりなによりオレオレ詐欺的な主張の強い3人をどっしり支えて来た意義はまさにベーシストとしての鑑の様な立ち位置かも♪

改めて。カッコイイね!
Zeppの中でもB.が分かり易い1曲

 
 
Drums4位 GINGER BAKER

ECのG.に張り合うどころかそのトーンまで塗りこめようとするジャック・ブルースのB.に関しては、EC贔屓としては、どんなにリードベーシストだとしてもランキングさせる訳にはいかないので(笑)もう一人の主役をば。
G.Bakerの確固たるテクに裏打ちされたリズムの強靭さはやっぱり驚愕に値する。JAZZ畑の出で、テクもパワーも併せ持つ彼のドラムスは、多分後人の良い手本になったんだろうな。なんて思う次第

押さえたプレイも良いね♪
B.F.より

  
  
Bass4位 Flea

現世代の最高峰のBassist
レッチリのマッシブな面を全て背負ってる男
ミクスチャー・ロックなんて言われているのは、全てこいつに向けての総称だと思ってる。
フルシアンテ無き今、サイケとファンクがせめぎあうレッチリはもう見れないけど、ならば、グイグイとFleaが押しまくって欲しい限り(最新作は不満ですw)


 
 
Drums3位 JOHN BONHAM

なんのひねりもなくてすみません…
やっぱ、ボンゾをランキングさせないとね
良くも悪くもワイルドなドラムのイメージそのもの。

ひねりなくてすみません。Pt.2

 
 
Bass3位 JOHN ENTWISTLE

WHOは、どんなに、ピート&ロジャーがフロントで騒いでいても、結局はバンドとしてはリズム隊の2人が全てなんじゃないかな…なんて思う程、リズム隊の2人は強烈。
ボリスのクモ野郎 
8本指があるんぢゃね?
って位饒舌なベースライン。
見た目はWHOの中では一番静かなんだけどね。
金遣いの荒さもメンバー1
彼の借金を返すためにWHOは再結成したって言う事実。
カッコよすぎ!

ワイト島のWho!! 上でランキングしたレッチリのフリーもお気に入りで良く着てるホネホネロックが◎
1時間半あります。みてね♪

 
 
Drums2位 Keith Moon

はいはい。
ごめんなさい、ひねり無さ杉
1位もこれで誰だかわかっちゃったけどお許しを
うるさいんだけどね(笑)
やっぱり、ロケンローなドラマーはボンゾよりも、個人的にはK.ムーン1択!!
大好き!

何故、この曲調で、このドラミング?
それは、これがWHOだから、K.Moonだから!!
やっぱ、S.F.贔屓のV.J.だとしても、K.Jonesは可愛そうだよ(涙)


 
 
Bass2位 Bill Wyman

あれ?
1位じゃないのん??
ないんです(笑)
ストーンズが独特のグルーブを出せたのも、この、ボーボー鳴っているだけのB.があったからこそ、キースとチャーリーのコンビが生まれた。
って確信してます。その位、Stonesにとっては大切なお方
その証拠に、いっくらマイルスやスティングと一緒に高度なプレイを聴かせてくれたダリル・ジョーンズは終ぞレギュラーメンバーの座を射止める事が出来ないばかりか、なんか違和感を感じ続けていると言う事実。
でも、Stonesにとって大切だから、Bassistとして素晴らしいかは別(笑)

なんやかんやゆっても、この立ち姿のカッコ悪さはブッチギリ!そこがカッコイイと言うどこまでも逆説的なお方。ある意味、最もロケンローな人なのかもね☆



Drums1位 Charlie Watts

やっぱ、チャーリー☆
もう、チャーリー以外は考えられません!
スネアとハイハットの関係が独特の間を産み出し、その間の合間を縫って、一拍食ったりもたったりするキースのリフが絡むのがストーンズをストーンズと呼ぶ理由かと。
ストーンズが好きって事は、やっぱ、チャーリーが好きであってこそかな。
大好き!←こればっか(笑)

1時間半ぎっちり(笑)
アンサンブルがまだまだとか言う人も多いけど、V.J.的に一番好きなStonesはこれ



Bass1位 Andy Fraser

驚き?の1位は、A.フレイザー!!
もうね、本当に大好き!
Freeってさ
本格的過ぎて好きになれないVo.
サンタナかこいつかって言う位顔で弾くギタラー
すっかすかな曲調
そんな中、縦横無尽に泳ぎまくるフレイザーのB.は唯一無二!
カッコよすぎます♪

ここのリズム隊のグルーブは、改めてヤバイ!


はぁはぁ
やっと終わった。
次に、ボーカリスト、キーボーディストとか特集組まれてももう、パクり企画はこりごり…
音楽評論家諸氏の方々を改めてRespect
こんな企画来てもこなせないよ(笑)←そもそもムリだろ!
はい、その通りでございます。

でも、やっぱ、この手のランキングは楽しいね♪
  
posted by V.J. at 00:35| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベース&ドラムベスト10、お疲れ様でした♪
ジャズやソウル入れちゃうと、どういう順番にしたら良いか分からなくなりますね。ロックだけでも難しいのに…。ツェッペリンが両人とも入っているとは意外です!笑

自分もドラムだけですが、ベスト20をレココレ発売前にやってみたので、よろしければご笑覧ください。
Posted by いたち野郎 at 2012年05月23日 01:08
>いたっちゃん

コメントありがとう!
嬉しいです。

>ジャズやソウル入れちゃうと、どういう順番にしたら良いか分からなくなりますね
なんだよねー
ジャズともロックともつかない、今のECのリズム隊(W.ウィークスと、S.ガッド)は最後まで迷ったし、個人的には、B.エヴァンスのトコの、スコット・ラファロは絶対的なJAZZのBassistなんだけど、ジャコパス入れた(ドラムはブレイキー御大)んで、JAZZ畑からは1人にしようかな。なんて、無言の縛りを入れたんだよなぁ(苦笑)
ブーツィーとかもいるしね。
こないだ死んだ、ダック・ダンも…
きりがない。

>ツェッペリンが両人とも入っているとは意外です
でしょ〜(笑)
我ながら…
でも、Zeppはやっぱりリズム隊ですよ。
フロントの2人が好きじゃないと言う(爆)
ま、Whoも、若干その傾向が無きにしもあらず…(コソコソ

>自分もドラムだけですが、ベスト20をレココレ発売前にやってみたので、よろしければご笑覧ください。
おぉ!
やっぱ、ドラマーだから、俺なんぞと違ってちゃんとしているんだろうなぁ。
これから伺います♪
Posted by V.J. at 2012年05月23日 22:45
V.J.さん、こんにちは。
ランキング制作お疲れ様です。
こういう企画は見る分は楽しいけど作るほうは大変そうですね。
ジャック・ブルースが入ってないのが意外でしたが理由が「EC贔屓だから」で納得しました(笑)
本誌のビートルズ1,2に対しストーンズ1,2!!予想通りだけどごちそうさまでした(笑)
Posted by cere at 2012年05月25日 15:57
>cere さん♪ いつもありがとう!

>EC贔屓だから
あはは
でしょ?
うるさいんだもん、ヤツのB.(爆)

>本誌のビートルズ1,2に対しストーンズ1,2!!予想通りだけどごちそうさまでした
やっぱ、V.J.クオリティ的にはこれでしょ(笑)
思った通りだよね♪
Posted by V.J. at 2012年05月26日 11:43
V.J.若、ランキングお疲れさまです。
チャーリー&ビル・ワイマンは当然ですけど、ボンゾ&ジョーンジーを入れてきたのは意外でした。
ペイスとコージーはもっと意外(笑)
これ、その人の意外な好みがわかって楽しいスね。
あたしの場合ドラマーだとボンゾ、コージー、ロジャー、ベースはスティング、ジョン・ディーコン、ロジャー・グローバーあたりですかね。
ベン・オール(カーズ)ってのも結構好きですけど、若のランキングだと少し畑違いかも・・失礼しました。
Posted by SYUNJI at 2012年05月27日 09:07
>オジキ
コメントありがとうございます。
嬉しいです!

いやぁ…いかに、自分がリズム隊なんてどうでも良い聴き方してるかってバレちゃう順位で恥ずかしいです(笑)

>ペイスとコージーはもっと意外(笑)
これは、完璧に思い浮かばなかったんです(笑)
ペイスは左利き
こージーはオジキ。ぢゃなかった、ベックと顔が似てる。って事を言いたかっただけで…(苦笑)

>ベン・オール(カーズ)ってのも結構好きですけど、若のランキングだと少し畑違いかも
この辺は迷ったんですよね。
アーティストとして見るか、あくまでもプレイヤーとして見るか。
で、プレイヤーとしての評価を。
そんな事を考えて一応選考した様な気がします。

いやぁ、リズム隊は本当に難しいです(涙)

Posted by V.J. at 2012年05月27日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271095489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。