2006年10月29日

有終の美??? motoGP 最終戦 バレンシアGP

いよいよ、モータースポーツ全体も大詰め。
F1なんかよりも1億万倍も真剣に観戦している、motoGPの最終戦。バレンシアGPです。

前回のレースで、バカチームメイトに突っ込まれて、シリーズ・チャンプも泡と消えそうなニッキーが、失うものが何も無くなった今、ぶち切れた走りを見せてくれるか!
だけが期待のレースです。(当然、ワールド・チャンピオン取ってもらいたいですけどね。)

(今日は、早い時間帯の生放送なので、ほぼ実況風で)
  
  
  
  
P.P.はヴァレ。
解説は、宮城光。
なんか、嫌な予感がします。冒頭から…
こんな大切な1戦なのに、なぜに?
ま、これも、「有終の美」って事で(笑)

ニッキーはニッキーで、ニッキー一家御一行の応援♪
ママ・ヘイデン…なんぢゃあの派手なババァ(笑)
ま、これも、「有終の美」を家族が見たいのは当然って事で(笑)

そんなこたぁ、どうでも良いです。
スタートです♪

おぉ、ヴァレ出遅れ♪
おぉ、おぉ、ニッキー、好スタート♪
カラダぶつけながら、ヴァレを抜き去るニッキー!
なかなか、凄いレースになりそう。

レース序盤、抜け出したのはドゥカの2台。
またも怪我で、ドゥカでの「有終の美」を飾れなかった、最早、バイ・プレイヤーにすらなれなくなっちまった、セテ。
その代役の、WSBKでぶっちぎり。敵なし。芳賀なんて弄ばれてしまった、ベイリスが、「ドゥカはこう乗るんだよ。セテさんよぉ」と、言わんばかりの走り…

とにかく、ニッキーが出来る事は、赤い2台を抜き去る事。
目の前には、ペドが…
でも、今日は、キレイにニッキーに道を空け、HONDA包囲網も完璧です。
ホッとした(笑)

で、後ろに沈んだヴァレといえば…
前も後ろもホンダだらけ。
HONDA HONDA HONDA HONDA〜♪
CITYのCMぢゃねーんだよ!(って古すぎ Byマッドネス)

前のストーナーをなかなか抜けません。
イラついてますねぇ〜
と、思った途端に、ヴァレ・スリップダウン♪

おぉぉぉぉぉぉお!

ストーナー、HONDAに義理立てする必要なんて1ミクロンも無いはずですが、彼も、HONDAに対し、最高の「有終の美」を飾ってくれました。

ヴァレ、そこでリタイアするはずもなく、最後尾から追い上げますが、さすがに届かず。。。

ニッキーも安心する訳にも行きません。
やっぱ、ここは優勝を!
それが、彼の出来る最善の策。
でも、なんだかわかんねー位、異次元の走りをしているドゥカの2台からずるずると置き去りにされ、3位でチェッカー…

ニッキー!

ワールド・チャンピオン決定!!!


なんかね…
レース的には盛り上がったか?と言われると?が1万個位ついちゃうのが正直なトコロですが…

今日のタイトル。
今日の主題。
「有終の美」

って視点で見ると、とっても、今年1年のmotoGPを象徴したようなレースだったなぁ〜。と。

・サーキットによっては、異次元の速さを見せるドゥカが、最終戦で圧倒的な速さで「有終の美」を飾る。

・今シーズン、トラブルに次ぐトラブルに見舞われたYAMAHAのマシン。最後は、ヴァレ自身が、トラブル(転倒)で、ある意味「有終の美」を飾る。

・もう、がちがちの走りで、ニッキーらしさが1ミクロンも見られなかったシリーズ後半ですが、シーズンを通して見れば、全レースを通じ、きっちりシュアな走りで、結果を堅実に残したニッキー。いかにもな3位って順位も、今シーズンのニッキーからすれば、「有終の美」

これがレース

これこそがレース


なんだと、思った次第。
(ちょっと、F1のアロンソに近い結果?)

まぁ、シーズン通じて、「そこそこ」をきっちりやりとげる事の(ジミ過ぎるけど)難しさと、それをやりとげた「素晴らしさ」

ニッキーを、素直に褒めてあげよう!

間違っても、絶対王者でもなんでもないから、来シーズンは、これまた、YAMAHA・ロッシのパッケージがサーキットの外も含め、チキンに襲いかかるでしょう。
メンタルタフネスなんてコトバが一番似合わない、ニッキーは窮地に追い込まれるかも。

こりゃ、応援のしがいがあるぞ!
来シーズンも。

来シーズンのチーム体制も色々聞こえ始めました。
これからも、V.J.は、motoGPを応援し続け、TVの前で(時にはサーキットで)大声を張り上げ、バカな記事を書き続けよう♪
なーんて思った次第。


おまけ。

どーでも良い話。
ラスト・ラップに、ママ・ヘイデン、また映りました♪
指先のUPが映りましたが、放送禁止の指してました(爆)
息子が「有終の美」を飾ってホントにオメデトウ♪

ホントにどーでも良い話。その2
相変わらずです、G+…
ちょいとつまむと、
「このままだったら、これからの追い上げ次第で、王者は分かりませんよ。」

分かりませんどころか、分かってしまいつつある状況になると…
「正々堂々としたチャンピオン争いをして欲しかった。残念。」

結局、ニッキーが3位で無難にレースを終えれば…
「6年連続チャンピオンは、なんとなんと!、なりませんでした。」

もう、この後も、永遠にヴァレ賛歌♪
挙句の果ては、「弘法も筆の誤り」とまで…
ムカつくのを通り越して、テレビぶっ壊しそうになりました。
が、これも、まぁ、G+の「有終の美」

来シーズンは、ずーーーーーーっと、ヴァレが映る度に、「元王者ロッシ!」と言い続けるんだろうなぁ〜
本当に、日テレってトコは、「保守本流」つーかなんつーか。。。
普通に4ちゃん見てるだけで、結構ムカつくんですが、ここまで、数年間続けてTVを見るだけで、気分の悪い思いをした事もありません。
あんな会社がメディアをやっている事自体がムカつきます。

あぁ、またNHKに戻らないかなぁ…
  
  
posted by V.J. at 23:28| 東京 🌁| Comment(22) | TrackBack(1) | motorsports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
V.J.さん こんにちは
まずはN.ヘイデンの年間チャンピオンおめでとうです。
ヤマハ一筋のふなじゅんですが、素直に新チャンピオン誕生を祝いましょう!!

それにしても最終戦は今シーズンの最後を飾るに相応しい内容でしたね!?
何か結局N.ヘイデンvsV.ロッシ直接対決無しで終わっちゃいましたし、終わり方も今一!?
V.ロッシの転倒は、転倒前後の状態を見る限りはタイヤが原因の様に思えるのですが、コメントも出てないので真実は判りませんね。
(決勝当日気温と路面温度が上がってタイヤを急遽ハード目に変えたのが原因!?)
不完全燃焼で終わったレースですが、最初の一瞬(スタート直後)はN.ヘイデンらしい気迫あふれる走りを見せてくれましたね。
これだけが救い!?
来シーズンは、こんな不完全燃焼なシーズンにならない事を切に望みますよ。

それにしてもG+の実狂(実況)と怪説(解説)には参りますね。
予選で「ピットにノリックが居ます」の段階で日本語中継をあきらめムードだったのですが、レースの内容が内容だっただけにTVの前で完璧に白けてました。
またも125ccや250ccより面白くない放送だった・・・・・。
Posted by ふなじゅん at 2006年10月30日 08:55
はじめまして!かつて鈴鹿の8耐に16万人入っていた頃のファンです。もうずーっとレースを観ることさえ忘れていたのですが、当時の王子チャマ宮城光タンの名前に吸い寄せられるように今日このページを拝見し、まるでSUGOでの町井のライン取りのように鮮やかで流麗なV.J.さんの筆の虜に!飲んでたコーラをシャンパンのように噴きだしながらも、また二輪レースへの激しい愛に火がつきました!ちょくちょくお邪魔させて下さいね!来シーズンから気合い入れて観戦します!8耐にも20年ぶりに出かけてみます!
Posted by シルヴィ at 2006年10月30日 16:55
>ふなじゅんさま
>ヤマハ一筋のふなじゅん
こう見えても、僕も、実は乗ってきたバイクはずーーっとヤマハ一筋だったりします。
GPもヤマハの活躍を軸に見ていたはずなのですが、「ヤマハが好き」よりも、「ロッシよ負けろ!」と言うキモチの方が強いみたいです(笑)
(基本は、アンチHONDAですから。2輪界のTOYOTA位に思ってます(爆))

>今シーズンの最後を飾るに相応しい内容でしたね!?
うん。
本文にも書きましたが、なんか、今シーズンの縮図の様なレースだったんじゃないかなぁ〜。って思いました。
まぁ、これも、レース。
そんな気がします。

>最初の一瞬(スタート直後)はN.ヘイデンらしい気迫あふれる走りを見せてくれましたね。
あれが見られただけで、ニッキーびいきの僕としては、まぁ、ここ数戦の中じゃ満足度の高いレースだったかなぁ。
実際、シリーズ・チャンピオンを取ってみると、別にニッキーが取らなくても、ヴァレを引き摺り下ろせれば誰でも良かった。
そんな気がしないでもないです(笑)

その役目が、たまたま、今シーズン最も堅実な走りをした彼だった。ってだけかなぁ〜と、とっても冷静なかんぢ。
思い切り、テレビの前でガッツポーズ!
そんなかんぢでは全く無かったです(笑)

>「ピットにノリックが居ます」の段階で日本語中継をあきらめムード
ははは。
そんなかんぢっすね。
ノリックどーするんだろ。来シーズン。。。
Posted by V.J. at 2006年10月30日 23:04
>シルヴィ様
はじめまして!
こんな辺鄙な所までお越し頂き、本当に嬉しいです。これからも、偏見ありまくりの記事ですが、宜しくお願い致します♪

>当時の王子チャマ宮城光タンの名前に吸い寄せられるように今日このページを拝見
やば…
往年の宮城選手をご存知の筋金入りのファンが…
でも、解説の宮城氏…
あまりにもの暴走ぶりに、ついついここでは、ネタにしてしまっております。
申し訳ございません。
今や、GPのメイン解説陣が、宮城&辻村ですからねぇ〜
スーパーバイクは、八代です。
完璧に、土俵下の審判のほうが、現役力士よりも詳しい状態ですかねぇ〜(笑)
僕は、鮮烈に彼らの走りを覚えているか?ッて言うとぎりぎり位で、おぼろげながら。って感じです。残念ながら。

でも、8耐も年々淋しくなっちゃってますよね。
やっぱ、GPライダーが本気で出なくなった&ヨシムラやモリワキのプライベイターがワークスをぶちかますドラマ…

全て、HONDA&宇川のせいだと思ってます(爆)
今や宇川はその論功行賞で、HONDA社員だそうです。
ちなみに僕は、かれこれ10年近く前でしたっけ?台風直撃で8耐が6耐に縮小された、豪雨の鈴鹿が最後の参戦になります…

>SUGOでの町井のライン取り
これまた懐かしいお名前(笑)
僕ですらおぼろげながらって感じです(笑)
とはいえ、恐縮です…

>また二輪レースへの激しい愛に火がつきました!
なんか、そういってもらえると、こんな記事でも書いて良かった!
って思います。
ありがとうございます!

来シーズンもぼちぼちとレース観戦記をUPして行こうと思います。
これからも宜しくお願い致します。
Posted by V.J. at 2006年10月30日 23:23
ニッキーファンですら諦めかけてたら…やりましたねっ!バンザイっ!!\(^o^)/

> ま、これも、「有終の美」って事で(笑)
あら…いきなり毒舌ですね!(爆笑)

> ママ・ヘイデン…なんぢゃあの派手なババァ(笑)
あれでも二輪ライダーでレース出てたそうですよ。ヘイデン・ファミリーには涙ぐましい過去が…まさに「アメリカン・ドリーム」♪

> カラダぶつけながら、ヴァレを抜き去るニッキー!
初めて見ましたね。逆は何度も見た気もする…

> ストーナー、HONDAに義理立てする必要なんて1ミクロンも無いはずですが、
ビックリでしたね。でもケーシーはたぶんたまたま、でしょうけど、やる気なくてもしっかりサポートしちゃってる、ライバルの新人とはそこら辺が違いますね〜〜

> (ちょっと、F1のアロンソに近い結果?)
うん。どっちも「王者」がやや自爆ってことで…仲悪い2人だけどなんだかんだ似てる。

> こりゃ、応援のしがいがあるぞ!来シーズンも。
うん。来年こそ真価が問われる、というか、そんなもの真剣勝負で勝てるかと言うとやっぱりファンでも自信がない…だからこそ応援しちゃうんですよね♪

> これからも、V.J.は、motoGPを応援し続け、TVの前で(時にはサーキットで)大声を張り上げ、バカな記事を書き続けよう♪
今年はV.J.さんの毒舌に大いに楽しませてもらいました。来年ももちろん期待してますよ!

> 相変わらずです、G+…
早く別のCS局に、全戦生中継してくれる、まともな実況してくれる局に放映権を譲って欲しいのが本音。昨日はエストリルの町田アナほどではなかったけれど、宮城氏は…私もダメですね、頑張ってるんだろうけど、辻本さんやせめて青木琢磨さんのほうがいい(ノリックは別格)。日テレはほんと、例のアナの事件といい、低レベルもはなはだしい。金だけはあるからといって、視聴者を馬鹿にしないでほしいです。

ちなみに大阪では「読売テレビ」なんですけど、系列でもこっちで制作する番組のほうがはるかにマシです。タイガースちゃんと持ち上げてるし(苦笑)

話が脱線しましたが、オフもよろしくです♪
Posted by AKI at 2006年10月30日 23:23
>AKIさん!
嬉しいね!
とりあえず、3位と言う、ニッキーらしい結果だったけど、サルを蹴落として、ワールド・チャンピオンだよ!

乾杯♪

>あら…いきなり毒舌ですね!(爆笑)
へへ
一応、僕なりに誉めてるんだけどね。
やっぱ、圧倒的な強さでぶっちぎったんじゃないけど、ここまで、きっちりポイントを取り続けたニッキーの忍耐力と、次元の高い走りが全戦出来た。って事実。
これに、圧倒的に速いサーキットがラグナ・セカ以外にいくつか出来れば、完璧なヴァレとも張り合えるかも!?(クリビーレみたいに、プレッシャーやもろもろで、精神的にやられちゃわないことだけを願いますが…)

あの明るさと、喜怒哀楽をカラダ中で表現するニッキーも好きなんで。

>やる気なくてもしっかりサポートしちゃってる、ライバルの新人とはそこら辺が違いますね〜〜
AKIさんのほーがよっぽど毒舌だと思います(爆)
でも、ストーナーもどう化けるのかなぁ〜
ドゥカなんて扱いズライバイクだから、ますます転ぶのかなぁ〜
一瞬速い。から、コンスタントに速い。そんなストーナーの成長も楽しみのひとつかも。

>そんなもの真剣勝負で勝てるかと言うとやっぱりファンでも自信がない…だからこそ応援しちゃうんですよね♪
そだね。
でも、どんな形とはいえ、「王者ロッシ」(爆)をチャンプの座から引き摺り下ろした。これは、事実。
これを自信に、次はロッシをねじ伏せて欲しい。
切なる期待です。
それを目指してあがいてくれるのでも良いんだ。実は(笑)

>金だけはあるからといって、視聴者を馬鹿にしないでほしいです。
もう、なんか、日テレの体質丸出し。って言うか…
ナベツネ見てれば分かるよね。
下々にもあの精神が染み付いているんだよ。きっと。
まじ、変わって欲しい。
でも、変わったらここまで、毒を吐けなくなるけど(爆)
あ、もしかしたら、G+様様?このBlog(自爆)

>大阪では「読売テレビ」なんですけど、系列でもこっちで制作する番組のほうがはるかにマシです。タイガースちゃんと持ち上げてるし(苦笑)
その昔、原田が250ccでワールドチャンピオン取った頃は、地上波では、大阪の放送局(どこかは分かりません…こっちでは、東京12チャンネル。)で、実況の千歳屋(漢字いいかげん)アナの愛に溢れた実況が名物だった時代があります。
BSでは、Wowowで放送していたんですが、多分となりのブース?で実況していたんでしょうか??
原田チャンプの時だったと記憶してますが、Wowowの放送に、千歳屋の叫び声が遠くから聴こえて来たことなんかがあります。

別に絶叫も何もいりませんが、「愛」が欲しいですね。

こちらこそ、これからも宜しくです♪
Posted by V.J. at 2006年10月30日 23:46
V.J.さん、お返事有難うございます。さっそくレースの雑誌を何冊かお買い上げして参りました。現在はかなり浦島太郎ですが、来シーズンまでには何とかご町内で一番MotoGPを語れる(熟)女になりたいと思ってます!色々とご指導下さいね。私は二輪レースを愛するあまり約20年前に炎天下の鈴鹿で頭に王冠を乗っけてコーラの瓶をひたすら片付ける仕事をしていました。人はそんな私をレースクイーンと呼んでいました。ポップ吉村の横顔にきゅんと恋心を覚え、平忠彦の福島弁に絶望し、ヨシムラのマシンが奏でる絶妙の低音に胸躍らせ、マモラの彼女の横柄さに殺意を抱いた日々…私の青春でしたぁ!というわけで…(って無理矢理ですが)ここで話題の中心になっておられる解説の方々の色々な意味での活躍っぷりを当時は間近で見させて頂きました。時空を越えたピットの裏側リポートをお送りできるのではないかと思います!
Posted by シルヴィ at 2006年10月31日 09:47
>シルヴィさん
>とかご町内で一番MotoGPを語れる(熟)女になりたいと思ってます!
おぉ!カッコイイ♪
ステキです!

>色々とご指導下さいね。
…僕がお教えできることなんて、なーんにも無いでげす。
こちらこそ、色々教えて下さい!
現赤房下審判委員長の現役時代の名取組を!
あ。。。相撲ぢゃ無かったですね。往年の名ライダー達を♪

>レースクイーンと呼んでいました
おぉ、レースクイーンの元祖!
すごい…

>平忠彦の福島弁に絶望
あはは
彼は、いつになっても訛りぬけませんでしたよね。
僕は、生で彼の走りを見れなかったくせに、SUGOでの引退セレモニーは駆けつけましたよ(笑)
あぁ、アレ以来、SUGOにも行ってません…

>解説の方々の色々な意味での活躍っぷり
なんか、宮城せんせ、8耐の本番の前に、おねーちゃんとドンちゃん騒ぎして、プールにそのまま飛び込んで風邪引いた伝説がありますが、それってホントですか?
もしかして…
一緒に騒いでいたの、シルヴィ様だったりして…

いやぁ、本当に、こんな所にたどり着いて下さって嬉しいです♪
これからシーズンオフになっちゃうんで、レースの記事どうしようか?って思っていましたが、「名ライダー外伝。夜もP.P.!」って記事、僕の代わりに書いてもらえませんか?(笑&下品極まりない発言)

とにもかくにも、これからも宜しくお願い致します♪
Posted by V.J. at 2006年11月01日 00:07
> ニッキーの忍耐力と、次元の高い走りが全戦出来た。って事実。
「塵も積もれば山となる」ですねぇ…エディ・ローソンを思い出しました。

> クリビーレみたいに、プレッシャーやもろもろで、精神的にやられちゃわないことだけを願いますが
うん…●テもやられましたし(爆)。でも基本的に明るいアメリカンライダー、どうでしょ?

> AKIさんのほーがよっぽど毒舌だと思います(爆)
あら、そうですか?(苦笑)。けっこうケーシーは好きですよ、ちょっとだけシュワンツっぽくて。若いのに無愛想なのはちょっとねぇ…

> あ、もしかしたら、G+様様?このBlog(自爆)
…確かに(爆笑)。でもV.J.さんの毒舌はズバッと突いてますよ、ドンピシャ。●売グループ自体がダメかも。

> 地上波では、大阪の放送局
「テレビ大阪」です。あのアナはバイクファンの間でも評判いいですよね、今でも8耐ではしゃべってますよ。本当に小さい局なんですけどね、大阪でも。ただ、テレ東と同じで、少ない予算でも絶品の料理番組…じゃないけど「熱意」は伝わってきます。ほんと日テレの「絶叫」はシドニー五輪のサッカーでうんざりしてたのに、motoGPで毎戦、我慢する羽目になるとは(爆)

Posted by AKI at 2006年11月01日 00:15
>AKIさん
なんか、うちら、ニッキーの優勝で、メシ3杯は楽に食えそうじゃない?(爆)
少なくとも、僕は、焼酎5杯はいけます(激爆)

いやぁ〜、でもね、やっぱ、嬉しいけど、AKIさんも言ってたけど、真価が問われるのは来年だよね。シュアな走りが幸いして、「こじんまり」した走りのじじクサイライダーにだけはなって欲しくないなぁ。

>でも基本的に明るいアメリカンライダー
うん。
ヤツの天真爛漫さは、オトコの僕でも、惹きつけるものがあります。
で、あのケツ振ってコーナー攻めて行く走りでしょ?
セテみたいにならなきゃいいんだけどね…
(AKIさん伏字攻撃丸つぶれ(爆))

>けっこうケーシーは好きですよ、ちょっとだけシュワンツっぽくて。
あぁ〜、AKIさんにリアルのシュワンツを見せてやりたかった!!!!
でも、ストーナーの一発の速さとアグレッシブさは、どっかの若年寄に爪の垢を煎じて飲ませたいです。
飲ませようとしたら、きっと、プーチ氏にそのコップを叩き割られるでしょうが(笑)

ちなみに、ケーシーと言われると、ケーシー高峰を思い浮かべる僕は、じじぃです。
グラッチェ♪

>テレ東と同じで、少ない予算でも絶品の料理番組…じゃないけど「熱意」は伝わってきます
あはは
いい旅夢気分♪
そういえば、サッカー不毛時代に、三菱ダイヤモンド・サッカーやってたのってテレ東でしたっけ?(テレ朝かもしれない)

そういう意味では、当時、テレ東、テレビ大阪で放映していた事自体が、WGP(と、あえて呼ぶ)がニッチセグメントのコンテンツって事かぁ〜

天下の保守本流主流派日テレ様が2軍とは言え、きちっと放映しているって事自体、認知度が上がったからこそ。って事なのか…

なら、永遠にニッチでいいや(笑)
微妙だ…

さっき、AKIさんのとこで、中野のコニカミノルタ入りのNEWS見てきました。

なんか、素直に喜べない…
(あ、こっちに書く事ぢゃないや)
Posted by V.J. at 2006年11月01日 00:34
はあぁ〜… 今、ご町内の少年に今年のもてぎ戦を借りて見終わったところです… 哀しいね…実況…。最近のファンはあれに耐えてるの? KAWASAKIを「黄緑色」って!ちょっと、あんたぁ!もちょっと小洒落た表現はないんかいっ!清少納言が草葉の陰でヨヨッと泣いてはるわっ! 転倒したライダーを「レースから除かれる」って!何じゃあそりゃああ!チームやライダーに対する侮辱じゃあ!それとも最近そーゆー用語を使うの?おばちゃんが古いだけ?おせーて!V.J.様!ピットのひかるタン…あまりの流暢さにおばちゃん「番組の途中ですが」って天気予報が始まったのかと錯覚しちゃいましたよぅ!だけど、辻本さんやノリックの声が久しぶりに聞けて嬉しかったなぁ!V.J.さんとの出会いに感謝です!では次回「夜のP.P.」リポートでお逢いしましょー!って、ちがーうっ!ライダーはマシンに乗ってる姿に限ります。乗っけたらロクなことはありません。遺憾の意を表明しちゃいますぅ(自爆)ところで…おばちゃん、中野君って子を気に入りました!ヤマト魂感じるキレイな走りをする子ですね。
Posted by シルヴィ at 2006年11月01日 19:13
 V.J.さんへ。ほんと…このオフは怖いものなしですね、ニッキーファンにとって。じゃ、開幕までどんちゃん騒いじゃいましょうか?(笑→でも実は酒は一杯も飲めないんですよ)
 で、最近気になったのが、その「若年寄」の125時代とか、まさか当時からあんな感じでした??
 シュワンツはGPをダイジェストで今、1戦ずつ見て「お勉強中」です…やっぱりすごいですね、彼のブレーキングは。
 「ダイヤモンドサッカー」は私も見てましたよ。サッカーも好きですから。あれはテレビ東京。昔のファンにとっては、サッカー冬の時代から頑張ってた番組なんで、今のくだらない民放のサッカー中継より、好かれてますねー。
Posted by AKI at 2006年11月01日 22:32
>シルヴィさま
みちゃいましたか!
もてぎ!!

>最近のファンはあれに耐えてるの?
耐えてないです(キッパリ)
僕のタグで、「宮城光とG+アナ軍団」にエントリーしている記事を見てください…
もうね、怒りの涙でモニターが見えなくなりますよ。
結構、実況風に書いてます(笑)
ホント、酷いよ…

>それとも最近そーゆー用語を使うの?おばちゃんが古いだけ?おせーて!
G+だけです!(キッパリ)
誰もどこでもひとっこひとり使いません。
ちなみにG+てのは、日テレが運営しているCS放送会社で、アナウンサー等は、全て日テレの若手のダメ社員ばかりです。
GPのメイン実況をしていたアナは、ちなみに、痴漢行為で逮捕され、番組を干されているトコロです。(どっちの料理ショーに出ていたヤツ)
ホント、酷い、酷すぎる…

>辻本さんやノリックの声が久しぶりに聞けて嬉しかったなぁ
辻本氏は、往年のかっこよさ。今でも残していますよ♪
で、落ち着いた解説がM城H氏に比べると随分好印象です!
僕は、NORICKがHONDAで突然全日本に出てきたときからのファンなので、まだ、解説席に座るのは早い!と思っております。

>遺憾の意を表明しちゃいますぅ(自爆)
この辺はおいおいゆっくりお聞きするとして♪(爆)
シーズンオフの話題としては最高です!(激爆)

>中野君って子を気に入りました!ヤマト魂感じるキレイな走りをする子ですね
さすが、御眼が高いですね。
今、日本人ライダーの中で一押しです!
最終ラップの転倒ですが、僕は、あの目の前で見ていたんですよ。
SUGOの馬の背の様なUPDOWNのキツイストレートから降りてきてフルブレーキングで90度に曲がりこむコーナーなんですよ。あそこは。

で、KAWASAKIの期待を背負って出たレース。
トップにはどうしても追いつけそうにない。
でも、目の前のドゥカティにはもう少しで追いつけそう。
まぁ、そのまま走れば6位位の「そこそこの」成績で終われたのですが、「せっかく見に来てくださっている人に、あのまま抜かずに終わるのは申し訳ない」って後のインタビューでも言っていましたが、最後の最後に勝負をかけて、、、
あの結果です。

おっとりした顔したおぼっちゃんみたいな感じですが、熱いハートを持つライダーです。
来期から、HONDAへ移籍します。

来期は、一緒に応援しましょう!



Posted by V.J. at 2006年11月03日 01:39
>AKIさん
>開幕までどんちゃん騒いじゃいましょうか?
もう、いっちまいましょう♪
騒いじまいましょう♪
シーズンオフは、モータースポーツの話題なんて全然しないで、音楽&ウィンタースポーツのBlogになるところでしたが、今年は、冬も盛り上がりますぜ♪(同じ話題で?(爆))

>その「若年寄」の125時代とか、まさか当時からあんな感じでした??
ペドロサの125時代ってどんなだったかなぁ〜
確か、チャンピオン取った年は、既にその片鱗は見えていた記憶が…
250cc時代はご存知の通りの年寄りですから(笑)
やっぱ、プーチ氏の折檻が子供の頃から身に付いていますから。
やっぱり、子供はのびのび育てないと♪
(独身が言う言葉ではない(笑))
ま、伸び伸び育てすぎると、NORICKみたいになっちゃいますが(爆)

>サッカー冬の時代から頑張ってた番組なんで、今のくだらない民放のサッカー中継より、好かれてますねー
やっぱそうっすよね♪
それ程、サッカーに熱中していた訳ではないですが、テレビで全くサッカーの情報が得れ無かった時代、サッカー番組=三菱ダイヤモンドサッカーって気がします。

僕はトヨタカップのプラティニがスターだった頃のPKまでたしかもつれこんだ(こんでないかも…)あの試合から、「サッカーって面白いかも…」と思った記憶があります。(これ、古い話なのかそうでもないのかすら良く分からない)いっぱいいっぱいです(爆)

Posted by V.J. at 2006年11月03日 02:11
V.J.様、色々とご親切に教えて下さり有難うございます。このシルヴィ、あえてG+とやらに加入することに決めました。V.J.様の観戦記事全て読ませて頂きましたが…由々しき事態です。シルヴィも一緒に泥沼にはまる覚悟を決めました!どうぞどこまでもお連れ下さいまし!あ…そうだ、前回お尋ねの「ひかタンのプール自爆テロ事件」は実話らしいですが、残念ながらその場には居合わせませんでした。なぜならシルヴィは小物ライダーなぞ相手にしなかったからです(鼻の穴全開!)カワサキの宗和や多田、スズキの高吉、辻本、ヤマハの町井…。原田、ノリック、ノビー、そして…亡くなった若井さん…といった「しゃらくせぇ!こちとら職人よぅ!仕事に命かけてんだよぅ!」系ライダーが好きでした。今回初めて見た中野君にもそれを感じたのかもしれません。最終ラップの勝負には熱いものが込み上げました。ところで…玉田って子はどんな子ですか?ほとんど映ってなかったからわからなかったけど…。シルヴィは今から古本屋で買ってきた今年の8耐雑誌をV.J.様お気に入りの白ワイン飲みながら読みふけようと思ってます。
Posted by シルヴィ at 2006年11月03日 14:18
>シルヴィさま
>あえてG+とやらに加入
あぁ、骨の髄まで生粋の2輪ファンが見たら…
音、消してみませんか?(笑)
ステレオでバイクの排気音だけ流して(爆)

>シルヴィも一緒に泥沼にはまる覚悟を決めました!どうぞどこまでもお連れ下さいまし!
あっしで宜しければどこまでも♪
でも、最近、Blogを大幅リニューアルしたくて仕方ないんですよねぇ〜
簡単ですから、シルヴィさまも、いっちょ、Blogを持ってみませんか?
簡単ですから♪

>小物ライダー
>「しゃらくせぇ!こちとら職人よぅ!仕事に命かけてんだよぅ!」系ライダー
がはは!
本質を突いております。
凄いですねぇ〜
小物でばっさり切り捨てられた、光号…
やっぱ、余生をHONDAメモリアルホールで、往年のバイクのリストアに賭けるべきでしょう。彼は…

若井…
懐かしいですよね。。。
ノビー、カズート、若井
彼らがいなければ、今の世界への道筋は無かったと思うと…

>玉田って子はどんな子ですか?
個人的には、別に気にする事も無いかと(笑)
結構、深くバンクして走るタイプではありますが、まぁ、そんなもん。
ファンも多いと思いますので、色々サイトを巡って見られたらいかがですか?
僕のトコでは、殆ど触れて居ないのが現実です(笑)

>お気に入りの白ワイン
おぉ、色々読んで頂き、本当に恐縮です。
すごく嬉しいです。
でもね、この週末飲んだ赤がちょっと忘れられない位Goodだったんですよ!

アルゼンチンの赤で
なんていったっけなぁ〜(ごそごそと、メモッた紙を探す)
トラピチェ
フォン・ド・カーブ
マルベックの2003年
つーやつです。

これ、びっくりする位クセがあって、唯一無二のライダーみたいですよ!


Posted by V.J. at 2006年11月05日 22:32
V.J.様!シルヴィ、ただ今、初めてのもてぎに来ております!とにかくサーキットの土を踏みたい!中野君が勝負した90゚が見たい!一心で脱走した闘牛みたいな勢いで来ちゃいました!すると…何やら動態確認テスト?とかいうイベントをやっておるのですが… ひかタンらしき人物も… これがV.J.様がおっしゃってた噂のリストアですか!ぼーっとしてたらセナ様の乗っておられたマシンが走行すると見知らぬ誰かが教えて下さいました… まさかひかタンがそれを走らせるのでしょうか?コーナーの向こうに神を見たセナ様のマシンを、プールの底に神を見たひかタンが…?とにかくまたご報告致しますです!
Posted by シルヴィ at 2006年11月07日 13:14
>シルヴィさま
おぉ、なんという行動力♪
敬愛しちゃいます。

>動態確認テスト?
昔のバイクやクルマを走らせているのですか?
なんか、光氏、もてぎ併設のHONDAメモリアルホールに展示している往年の名車のリストア担当しているって聞いた記憶があったものですから…

>まさかひかタンがそれを走らせるのでしょうか?
きっとありえません(笑)
HONDAにそこまで信頼されているとは思えません(爆)

続報楽しみにしてますね♪
いや、それにしても、凄い行動力だ…
Posted by V.J. at 2006年11月07日 23:12
V.J.様… お誉めの言葉?を頂き有難うございます。この性格の私がライダーになってたらコース内全て130R化した走りをお見せできたのにと思います。さて…久しぶりのサーキットでF1マシンを目の前にしながら… ウトウトと昼寝しておりました… どうやら2輪のレース以外には興味持てない因果な性を背負っているようです。まったりしたテストなんざぁ教科書並みの睡眠導入剤。湘南からもてぎまでの往復の道のり、第2ライダーとして同行した美大生の息子に至ってはコースにお尻を向けて借景をスケッチし始めるという狼藉。某レーサーの血を引き、かつては「まんま」や「ぶぅぶぅ」と言うより先に「コシンスキー」と宣った彼ですが、もはやマシンやテストライダーたちには全く興味を示さず、唯一親父のDNAを感じさせたのは若いお姉ちゃんを見て鼻の下伸ばしてたことでしょうか。これまた因果なことです。マクラーレンMP4/4にはF1に参戦してた中野信治が乗ったようです。V.J.様さすがです!やはりひかタンはありえませんでした。2輪は1985年のWGP&全日本仕様のNS500やCB750Fデイトナ(昔スペンサーが乗ってたかな?)等が走ったみたいです。とりあえず、もてぎデビュー果たしました!
Posted by シルヴィ at 2006年11月08日 09:33
>シルヴィさま
誉めてますよ、誉めてますよ、それも湘南からですか!
御子息とツーリングで♪
すばらしいです。
ステキです。
こうありたいです!

で、ライダーの血を継いだ美大生…
いやぁ〜、かっこいい!

風も強いし、寒いから、お体には気を付けて下さいね。

>「ぶぅぶぅ」と言うより先に「コシンスキー」
がはは
コシンスキーってトコが渋いっすね!
そんな頃から、ぶっこわれているヤツが好き♪
将来性あるぢゃないですか!

>中野信次
おぉ、懐かしい。
中野も、HONDAに食わせてもらっているんですね…
まぁ、現役引退後の食い扶持を用意してもらえる事は良い事ではありますが、こういうシステムが、本当に日本人が世界で腕一本で食って行くのを阻害している気がしてなりません。

ホントは、サーキットに金が落ちていて、現役引退後は、それだけで食える位にならないとね。。。

もてぎの帰りは、近くの益子で、素朴ながら普段使いにも良い焼き物でも買って、それで、ご自宅に帰ったら凍えたカラダをコーヒーとかであっためて下さい(ってもう帰ってきちゃった?)

僕は、もてぎに行く度に何個か気に入った焼き物を買って、それでもてぎで取った写真とか眺めながら酒飲むのが楽しみだったりします(じじくせーか(笑))

でも、あの90度コーナーは、その前のストレートからして、結構興奮するでしょ?
Posted by V.J. at 2006年11月08日 23:01
おーい久しぶり
MotoGP 2007開幕したぞ〜〜
Posted by こばちょ at 2007年03月08日 17:57
>こばちょさん
おぉ〜
久しぶりっす♪
生きてましたかぁ〜(笑)
こっちはまだ会社で死んでます(涙)

いよいよですねぇ〜
今シーズンもガンガン楽しみましょう!
って、セテ状態はそのままですか?

Posted by V.J. at 2007年03月09日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

motoGPバレンシアGP
Excerpt:  「レースにそもそも筋書きなど存在しない」  誰が「ロッシの転倒」を、そして「ニッキーの年間チャンピオン獲得」を予想できただろうか。  前のblogで「レースは何が起こるかわからない」と書いた..
Weblog: motoGP紀行
Tracked: 2006-10-30 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。