2006年10月21日

感謝感謝♪…Jimi Hendrix

kansya.jpg
V.J.がリンクをさせて頂き、いつもお世話になっている、「銀盤ヂャンキー」、「別物同盟書記局長」こと、「芸術的生活、」のlonehawkさんの記事で、すばらしい情報をGetしました♪


(ちなみに、つかみの写真は、毎度お馴染みのカッパライ。給食に感謝をしている女学生の図)
  
  



  
  
loneさんの記事で初め気付いた事。

ちょっと前に再発されたジミヘンのAXIS: BOLD AS LOVE の紙ジャケなんですが、当然の様に挿入されていなかったインサートが、なんと!ユニバーサルに連絡すれば、発売時に付いていなかったインサートを送ってくれるって言うNEWSです♪

もうね。
こいつの紙ジャケが再発された際、「可能な限りオリジナルを忠実に再現」なーんて謳い文句で発売された際、完璧に期待していたのは、このインサートの存在だった訳ですよ。

レディランドのヌードジャケや、エクスペリエンスドのUS盤ジャケや、ジプシーズのパペットジャケ…
こいつらの復刻が、1ミクロンも期待出来ない事は理解しておりやした。

だからこそ、
どうしても
ボールド・アズ・ラヴのインサートだけは復刻して欲しかったのですよ…

DUのオマケが、BOLD AS LOVEのハコだった事もあり、ついついご購入したのですが、家に帰ってすぐに確認したのですが、当然、インサート…

ない…
やっぱ無い…
ない…
ないのだよ(涙)

可能な限りの復刻…嘘っぱち言ってるんぢゃないよ!おぃ!
と、荒れたV.J.でした。
当然、このハコGET記事、そんなこんなもありましたので、Blogで紹介することも無いかなぁ〜
なーんて思ってました。

(この時の落胆ぶり…、これまたお世話になっている、遼さんのBlogでコメを残しています。(これ)

loneさんの記事を拝読した次の日、すぐにユニバにTELしました♪
で、昨日届いちゃいました♪

これ

DSC_2481.JPG

おぃ!

ただの紙切れぢゃねーか!


この写真を見て、当然そう思うお方は多いと思います。
いやね、この紙っきれが重要な訳ですよ。マジで。

ただでさえ少ない、こいつのタイトルのUKオリジナル盤ですが、インサート付完品は、本当に少ない。
知人のレコ屋では、インサートを見つければ当然抜いて、ジャケ・盤の極上な組み合わせでのご販売をしています。(中古レコ屋の常識)

そんな事されると、あっと言うまの、「フルコンプ・極上品」レコードの出来上がりです。
で、そんな激レアミント完品は、殆ど、V.J.が買える値段で売られる事は永遠に来なくなってしまうのですよ(涙)

日本だと、平気で1万2万は楽に値段が跳ね上がる。
そんなブツなんですよ。

バカぢゃねーの。

分かってます。レコ堀人生自体がバカのやる事です。
バカで結構です。
あぁ、バカだよ。

我ながら、足を洗いたいです…
でもね、こんな単なるオレンジ色の紙切れが届いて、にやにや嬉しくなっちまう自分。
いつかは、ホンモノを手に入れてやる。と、新たな野望を持つ自分。

これが、地獄の住人のササヤカなヨロコビなのです(爆)

こんなバカ達の為に、わざわざインサートを改めて復刻するユニバーサル。
買収に買収を重ね焼け太り状態のレーベルの割に、意外と「誰が自分達を支えているのか」分っている対応。

頭、下がります。

ただね、告知方法が酷い…
loneさんは、レココレの広告を見て気付いたとの事。
で、今月号のレココレ、フリーの特集でした。

実は、フリーは1ミクロンも興味が無いV.J.です。
(1ミクロンは言い造ぎかな。3ミクロン位は興味があるかな?)
当然、今回はスルー決定。
loneさんの記事をみなければ永遠に気付かなかった…

60's 70'sのROCKが好き。
紙ジャケを喜んで買う。
そんなヤツのプロファイルは、

「レコードコレクターズ」誌を読んでいる。

そんなところなのでしょうか?…

記事によっちゃ買わねーんだよ、おぃ!

ま、そんな事言っても無事、我家にインサートちゃんが嫁いたので良しとせねば。うん。

初めて、Blogやってて良かった♪
って本当に思える瞬間でした。
感謝感謝♪
loneさん、ホントNice記事サンクスです!

で、せっかくなので、我家のじみへん達をご紹介しちゃいましょう。

まずは、今回の再発紙ジャケ一覧。
DUのオマケ、今回は最強トリオ。
「デフジャケ」
「特製収納ハコ」
「復刻帯」

  ↓
DSC_2483.JPG
遠い昔、ユニオンのポイントカードが終了したとき、本当に頭に来たんですが、今や、マニアをくすぐり続けるオマケを自腹で作り続けている、現在の姿勢、これまた頭が下ります。やっぱ、全買いしちゃうよ。。。(思うツボ)

でも、ホント、オカシイと思うよね、我ながら。
「日本盤帯付きヴァイナル」なんて、全く蒐遜の対象にもしていない。
帯なんてジャマ以外の何者でも無い。
CDの音質なんて今でも1ミクロンも信じていない。

なのに、何故…
紙ジャケ、特製収納BOX、復刻帯、デフジャケ
あぁ、何も考えずにキャッシャーへGo!する自分…

買っておきながらなんなんですが、やっぱ、VINYLですよ、オリジナル盤ですよ。結局は!

そんな事で、毎度お馴染み、V.J.所蔵VINYLご紹介。

ARE YOU EXPERIENCED
 ↓
DSC_2489.JPG
UK ORIGINAL+今回の紙ジャケ

ま、基本ちゃ基本の1枚。
今回のDU、US盤のデフジャケがオマケに付いて来ました。
 ↓
DSC_2487.JPG
US ORIGINAL+今回のオマケ

これは、ヴィニジャン的にはマストな1枚。
USオリジナル盤は、ちょいと中古レコ屋を探せばごろごろ転っている1枚です。
でもね、やっぱり「持っていなければいけない」1枚です。
それにしても、きたたねージャケ。状態G--位です(笑)

DSC_2488.JPG

「持っていなければいけない1枚」の意味。
トリカラー、MONO盤なんですよ♪
これは、以外に(つーか、かなり)レア盤です。
MONOを切った枚数が少なかったのでしょう、今はMONO盤は殆ど見かけません。
Bold As LoveやLadylandのサウンドエフェクトばりばりの録音では無く、ジミのギターがストレートな表現の1stは、MONOの迫力がやっぱり正解♪

で、問題のAXIS: BOLD AS LOVE
 ↓
DSC_2490.JPG
UK ORGINAL MONO/STEREO

どこをどう探しても、インサートの「ホンモノ」見当たりませんねぇ〜
ニセモノが嫁いで来たいま、これで一件落着♪
(あぁ、マジで、インサート付のVINYLを改めて欲しくなってきた…(物欲の塊))

続いて、今やロシア盤紙ジャケ位でしか拝めないELECTRIC LADYLAND
 ↓
DSC_2494.JPG
UK ORIGINAL "NUDE”JACKET+今回の紙ジャケ

本人が生前、このジャケットデザインに非常に不愉快だった。
遺族が本人の意思を尊重している。
その遺族がJIMIの楽曲管理を一括して行っている。
もはや、1ミクロンも正規盤。いや、オマケすら復刻の望みが無いのが現状…

そんな状況なので、中古レコ屋では今や、本当に高値の花の1枚。
だからといって、NUDEジャケを見つけたら直ぐに飛びついちゃいけません。
ちゃんと中を見てから買う事。これ重要です。
 ↓
DSC_2495.JPG

これ買ったのは随分昔の事なので、定かぢゃないですが…
・ジミの写真が、他のメンバーよりもでかい。
・ブルー・レタリングであること。
ホントの1stPRESSは確かこんな特徴が内側にあったよーな記憶があります。
(嘘かも…)

確か、白い地にブルーで字が書いてある&ジミの写真が若干小さい盤が存在します。(こっちがもしかしたら1st Pressだったかもしれない(爆))

とにかく、NUDEジャケの内側には2種類るんですよ。
詳しい事は、オリ盤扱っている中古レコ屋の店主にちゃんと聞いてからGetしちゃって下さい(無責任)

続いて、唯一の公式BEST SMASH HITS
 ↓
DSC_2485.JPG
UK ORIGINAL+今回の紙ジャケ

あぁ、このBESTはやっぱ、テイク違いのUS盤が欲しい!
ホント、欲しいのですが、実は、現物を見た事すら無いでげす(笑)

これも、永遠にホンモノの再発がありえないであろうBand of Gypsys
 ↓
DSC_2496.JPG
UK ORIGINAL+今回の紙ジャケ

通称パペットジャケ。
裏面のほーが分り易い?
 ↓
DSC_2497.JPG

こいつも、再発盤のジャケ写の味気ない事っていったら…
しかし、どうにもこうにも、オリジナルデザインで復刻される気配すらありません…
やっぱり、VINYL捨てないでおこっと♪(捨てる気無いくせに(爆))

おまけ。
Jimiの死後、初めて発売されたレア曲集。
Cry of Love
 ↓
DSC_2498.JPG
UK ORIGINAL(今回の紙ジャケにはラインナップされていません)

一応、このアルバムまでを、オリジナルアルバムとV.J.は位置づけています。
以降、雨後のたけのこの様に、じゃかじゃかジミヘンのアルバムは未発表ライブやら、スタジオアウトテイクなんかが発売されていますが、オリジナルアルバムでは断じてない。
従って、そいつらはスルーしています。(キリが無い。ともいえる)

ちなみに、iPodを導入して約1ヶ月。すっかりはまってます。
当然、ジミヘンのアルバムも全部、iPodにぶちこんでます♪
で、やっぱり、アルバムアートは、往年の写真で登録♪

こんなかんぢ
 ↓
jimi1.JPG
  
jimi2.JPG

オリジナルVINYLは当然として、
ノン・パッケージ・メディアのiPodもオリジナルのジャケットを再現する事が出来出来るんですよ♪

しかし…

CDのみが再現できないという事実…

iPodを導入してつくづく思った事。
iPodと言うよりも、iTunesの使い勝手。
こんな感じで音源を管理する事が出来るならば、CDの存在意義…

CDなんて、全くいらねーぢゃねーか!

ぱらぱらめくれる3Dジャケットアート♪
見ているだけで楽しくなります。いやマジで。
ロスレス技術が今後成熟して行けば、可能性としてはCDよりも全然大きいと思います。
そろそろ、CD卒業かな
そんな事すら思う今日この頃。

VINYLを卒業する気は、1ミクロンもおきませんが…(爆)

おっと、また話が逸れました。
いつもの事です。

で、本題。(え?今までの全部ふり?)
風の様に現れて
嵐の様に過ぎ去って行ったJIMI

ギターの概念を変えたプレイの数々。
こんなブツよりも、彼の音楽性をRespectしたかったのですが、今回は、あくまでも紙ジャケ復刻の話なので、ブツの紹介に終始してしまいました。(苦笑)

でもね、
本当にあっと言う間の人生。その中で彼の残した音源こそが、「JIMIが身を削って」紡ぎだした作品のすべて。

これからも、びっくりする様な貴重なLive盤が山程発売されるでしょう。
しかし、やっぱ、それは、その場にいた人たちへの為の表現でしか過ぎない。
沢山のヒトに向けて、自多の「作品」として世に問うた、これらのアルバムこそがJIMIの意思。
それを、最も良い形で共有する事の意義。

やっぱ、VINYLの存在は大きい。って思う。
改めて、VINYLを1枚ずつ聴こう。今日は。
  
  
posted by V.J. at 23:07| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | ARTIST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
V.J. さん、どうもです。
当記事を取り上げて頂き、誠に恐縮です。
確かに今回のような告知の仕方は不親切な気もしますが、情報を得てカスタマーセンターに電話した時の丁寧な対応には会社のシッカリとした姿勢を感じました。

ちなみにレココレだけでなく、ストレンジ・デイズの最新号の広告にもこの件は掲載されていましたが、こちらもメイン特集はFREEだったので恐らくV.J. さんはご覧でないとは思いますけど(笑)。

ところで、下の記事にあったイタリア語ヴァージョンとポリスジャケの写真も拝見しました!
イタリア語ヴァージョンの方は我が家には中古で安く買った『SLOW ROLLERS』のLPで音源だけはあるのですが、何せアナログ環境が整ってないので聴けません(苦笑)。
CDで出たシングル・コレクションでも再現されなかったし、このままずっとオフィシャルではCD化されないんでしょうか・・・。
でも、どちらもかなりの出費だったことでしょぅね(笑)。

ペイジのフィギュアは何だか微笑ましいものがありますが、もしかすると年末にでるらしいミックとキースのフィギュアも購入されますか?
一応70年代の容姿で、約30センチの二人が全身可動するみたいですよ。
似ているかどうかは微妙なところですが、定価が合わせて3万5千円くらいというのも微妙ですけど・・・。
Posted by lonehawk at 2006年10月23日 00:36
またもやこっそり拝見しているchitlinです。

ホント、lonehawkさんには足を向けて寝られませんね。我が家にも届きました。

しかし、こちらのアナログ盤の数々は眼に毒ですねぇ〜。V.J.の語りの熱いっす。
ユニオン特典箱に目もくれなかったことを今更後悔している程度なので未知の世界です。

>iPodを導入して約1ヶ月
もう、そんなに経ちます?
先日外付HDDを購入したので、お預け食らってま〜す。
Posted by chitlin at 2006年10月23日 12:50
V.J.さん、呼び捨てにしてしまい、申し訳ございませんでした。
慌てるのはよくないですね。
Posted by chitlin at 2006年10月23日 12:52
ジミヘンは去年廉価版で出たCDでしか持ってなかったので、改めてV.J.さんのコレクションで「なるほど〜」とお勉強させていただいてます。
今回レココレ(私Freeは1ミクロン、じゃなくて5メートルくらい好きなので今月号買ったのでした)でこのインサートのお詫び広告を見たんですが、やっぱりただの紙切れじゃなくてとっても大事なブツですよね。
ユニバーサルさん、なかなか消費者思いだなぁと感心してたとこでした。

私、以前は紙ジャケ嫌いだったんですが(家のCD棚に高さが合わず入らないため)、オリジナル盤がなかなか手に入りづらい状況と、ミニチュアにせよ当時のブツが堪能できる長所をV.J.さんちで知るにつれ、だんだんその良さにひかれ始めてます。
今はまだ20枚程度ですが、これから少しずつ集めようかなぁ〜♪などと悪だくみ。
Posted by みるきー at 2006年10月23日 15:19
いいですね。Vinylのオリジナル。本当に目に毒です。
拙のジミヘンの所有はCD、Vinylともにすべて再発ですので、そりゃ80年代にリリースされたペナペナのドイツ盤とか、音も薄くておまけに歪みっぽいとかもう散々でしたよ。8年前にリイシューされた現行リマスターのアナログで少しはマシになったかな?つーくらいで。
CDのジミヘンの音はね、やっぱりキレイすぎて違和感アリアリですからね。オリジナルに勝るものはないんでしょうね、結局(笑)。

> 以降、雨後のたけのこの様に、じゃかじゃかジミヘンのアルバムは未発表ライブやら、スタジオアウトテイクなんかが発売されていますが、

おっしゃっていることはわかりますが、でもそこは腐っても鯛、いやジミヘン。アナログ時代では『RAINBOW BRIDGE』『WAR HEROES』『THE JIMI HENDRIX CPNCERTS Ver.1』。CD時代になってからも『STAGES』『LIVE AT WINTERLAND』『BULES』など外せないものがいくつもあります。特に『BULES』なんかはジミのブルース魂の芸術的なまでの美しさが堪能できる傑作だと思っております。

> 実は、フリーは1ミクロンも興味が無いV.J.です。
> (1ミクロンは言い造ぎかな。3ミクロン位は興味があるかな?)

そうおっしゃらずに、ぜひフリーも興味を持ってください(笑)。Vinylだと抜群に彫りの深いヘヴィな音が満喫できますよ(特に1stアルバム)。V.J.さんだったら、フリーのオリジ集めるのなんてあっというまでしょう(←と煽ってみる)。
Posted by 路傍の石 at 2006年10月23日 20:12
>loneさん
こちらこそ、すばらしい情報をありがとうございました!
我家にも無事に到着致しました♪
ホント、嬉しいです!

>でも、どちらもかなりの出費だったことでしょぅね(笑)。
それは…
聞かないで下さい(苦笑)
もう、残すところあと少しなので、多少無理しても。。。

>似ているかどうかは微妙なところですが
全く似てません
いくらなんでも買いません(笑)

FREEの件、失礼致しました。
余計な事かいちゃったと反省。
loneさん、バドカンも含め、大ファンですもんね。。。

実はまともに聞いていない(高校の時、貸しレコード屋で借りた変なBEST盤と、TONS〜のレコ、Fire and Water、SAMEしかきちんと聞いてないのです)

丁度良いタイミング?で、DUのメルマガで今回の復刻でまたもハコが付く。ってので、今日予約してみました(爆)
思うツボ…

Posted by V.J. at 2006年10月24日 00:25
>chitlinさん
こっそりなんて言わず、堂々お願いします(笑)
なーんて言っておいて、僕もRSSリーダーがぶっ壊れて以来、なかなか皆様のところにおじゃまできない日々が。。。遊びに行けずにすみませんです。

>ユニオン特典箱に目もくれなかったことを今更後悔している
今回のハコは、一目見て、ヤバイ。って思いました(笑)
正直、リマスターもしていない。
オリジナルのジャケ復刻でもない。
買う理由が何処にも無いんですけどねぇ〜
あのハコでかっちまいました(笑)

>もうそんなに経ちます?
うん。
ぜーんぜんUPしていないので、ついこの前の記事なんですけど、実は1ヶ月経ってます(苦笑)
iPodヂャンキー状態です。今や(爆)
PCを立ち上げるのは、リップする時。
って位です。
いいっすよ!まじで♪

外付けHDDにお手持ちのCDぜーんぶロスレスで入れて下さい!
で、3Dジャケットアートを堪能して下さい!
紙ジャケがバカらしくなりますよ。マジで
Posted by V.J. at 2006年10月24日 00:35
おっと、僕も忘れてた。。。
いいっすよ、V.J.呼び捨てで♪
うちの古くからコメくれる方は、みーんな呼び捨てですし、僕も呼び捨てくれーのほうが、なんか、親しみを持っていただいているみたいで好きです。
ちなみに、本名でも、ずっと呼び捨てされてますから♪
Posted by V.J. at 2006年10月24日 00:38
>みるきーさま
>私Freeは1ミクロン、じゃなくて5メートルくらい好きなので
おぉ、loneさんに引き続き、これまた失礼致しました。
僕よりも、500万倍?50万倍??文系なんでわかんねーや(爆)。
とにかく、めっさ好きって事ですね。
ホント、失礼いたしやした。

「何故FREEが苦手か?」記事にしよーかなぁ(笑)これまたサンドバッグ企画(FLOYDの時以来)だろうなぁ〜(爆)

>家のCD棚に高さが合わず入らないため
それ分かる!
うちのCD棚は、スケルトンっていうのかなぁ、パイプフレームなんですけど、CDの重さで真ん中が歪んでるんですよ。で、そこになら、簡単に紙ジャケ入るんだけど、両端は、ぎりぎり押し込まないと入らない(笑)
だから、たまたま端っこに収納しなければならない紙ジャケは、ジャケがゆがんでます(爆)

>これから少しずつ集めようかなぁ〜♪などと悪だくみ。
僕が買え!って言った訳ぢゃないからね(笑)
Fにしかられる(爆)
そんな時は、中古で2000円しない位で売ってますので、まず、QUEENの紙から集めてください!



Posted by V.J. at 2006年10月24日 01:06
>路傍先生
とんでもない状況の中、お越し頂き恐縮です。

>CDのジミヘンの音はね、やっぱりキレイすぎて違和感アリアリですからね
そうなんですよねぇ〜
無理に音圧を稼ごうとして、やたら音デカイだけ。。。音がデカイ=音圧が高い。ぢゃないのにね。今回の再発はリマスタリングしてないですし、、、ハコに負けました。ハコに(笑)

>外せないものがいくつもあります
ですよねぇ…
未発表LIVE!みたいな謳い文句に昔買ったブツが、なんじゃこりゃ?みたいなブートみたいな音質だった事もあり、どれを買えば良いのかがよくわかんないんすよ。
あと、映像とかぶる様なタイトルも多いぢゃないっすか。(ワイト島とか)
で、とどめで、紫色の未発表BOXの出現。
あれ出て、こりゃキリが無いや。ってぇんで、手を出さなかった時点で、オリジナルにとどめよう。と、ココロに決めた次第です(笑)
先生がそこまで言うなら、BLUES、聞いてみます!

>ぜひフリーも興味を持ってください
やばい…
路傍先生にまで…
やっぱ、人気絶大すよね、FREE
慌てて、再発の紙、今日、注文しましたよ(笑)
ハコにつられて(爆)

>特に1stアルバム
実は、TONS〜だけは、UK オリ持っています。
ISLAND集めようかと思った時期が一瞬あって、その流れで買ったけど、Pグレも多くて嫌になっちゃって、(実は、タルも何が良いのか1ミクロンも分かりません(爆))それっきり。。。

loneさん
みるきーさん
路傍先生
までが、あの何気ない1行にビビッドに反応してくださったので、遅ればせながら勉強します。

でも、その前に、やっぱ、何故にFREEが苦手なのか!
って記事UPしよーっと♪

ちなみに、UPする前に結論。

「本格派過ぎる」
「音は隙があるくせに、隙が無い」

僕は、本格派が苦手のよーです(爆)

だから、STONESがすきなのかも(核爆)
Posted by V.J. at 2006年10月24日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25906137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。