2006年10月09日

F1 「最後の」鈴鹿GP

ferrari.jpg
シューとアロンソがポイント・スタンディングで並んだF1 鈴鹿GPですが、「シューが優勝。アロンソがリタイア(10位以下)」ならば、シリーズチャンピオンが決定!
と、フェラーリ党のV.J.にとっては、ホクホクする様なキモチで臨んだ観戦でした。

あぁ、デアゴスティーニのフェラーリのラジコンの売り上げに影響しなければ良いのですが…
  
  

  
  
今年の鈴鹿のキーワードは「最後」。
・シューの勇姿を直接日本で見られる最期
・鈴鹿でのF1、基本的に5年後までは見れない…ま、最後のF1って事?
・シリーズチャンピオン争いも最後かも。

特にF1をつまらなくしたともいえる、シューの最後の走りは見所ですよね。
あと、レースではTOYOTAに差を付けているHONDAが、motorsports bizの世界では、TOYOTAに負けたって事でしょうか。
富士はTOYOTAのホームコースだもんね。

そんなこんなのF1ですが、シューがまさかのエンジントラブル…
16万以上(普段、GPとかでは全く客席が無いところにも、うようよと客席が♪)の観衆の前で、彼の全キャリアが終わってしまいました。

今年は、アロンソに差をつけられ、じょじょに追いついて来て、アロンソがまた突き放し、それにもめげずに差を縮め、ついに、並んで…
ここまで来たフェラーリ&シューですが、これでつひに。

まだ、チャンプの芽が無くなった訳ではないですが、次戦でアロンソがリタイア&シューが優勝。
これは、もはや無理ってかんぢ。

シュー曰く、
「最高のメンバーがいて、最高の仕事をした。フェラーリはまさに最高のF1チームで、僕はチームの全員にどれだけ感謝してもしきれないほどだよ。
今日僕のクルマに起きたトラブルは残念なものだったけど、こうしたことはモータースポーツには付きもののこと。これがモーターレーシングというものなのさ。
悔しいけれど、今日で今年のチャンピオンシップ争いは終わったと思っている。
数字の上ではブラジルでアロンソがリタイヤすればまだ可能性はあるということだけれど、僕は彼のリタイヤを期待してチャンピオンになろうとは考えていない。
最後のブラジルでは、僚友マッサと共にチームのコンストラクターズ・タイトル獲得のために最大限頑張りたいと思っている」

大人だなぁ。

フェラーリ好きですが、シューが好きだと思った事は、一度も無いV.J.ですが、時にはダーティーなまでに勝つ事に拘泥した彼が、最後にたどり着いた境地が
「感謝」、
「運命」、
「諦観」

なんか、
とっても、
シューが言うからこそ、実感のあるコトバだなぁ。
と。

お疲れ様でした。
シューマッハ。
永遠にF1の世界に名を刻むよ。(アロンソもね)
  
  

タグ:F1
posted by V.J. at 12:13| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | motorsports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は大学卒業後○オノギ製薬に入ったのですが、そこで鈴鹿で運転教習というのをやるんです。60k出しての急ブレーキやセカンドでS字クランク曲がったり・・・最後にはコース走行。はっきりってあんなところを120kくらいで曲がっていく奴は人間ではない!と思っていました。(でもとても楽しかったですよ。シビックでしたが)

時は変わってFテレビの系列局にいた時(←転職しすぎ)、鈴鹿に応援に行った時があります。詳しくは知りませんが鈴木○奈美の旦那だった男が非常に感じが悪かったのを覚えています。でもマンセル、優しかった・・・ぽっ!

シューマッハ。引退。早いものです。
Posted by ぷくちゃん at 2006年10月09日 20:45
>Pちゃん
コメントありがとうございます。

それにしても…
塩野義製薬で、MR
CX系のTV局
なんか、派手なとこが多いっすね。
さすが、ECとクラチカでPORTERのBAGを取り合っただけのことはありますね!(激爆)

基本は、お洒落さんで、ミーハーなんすよね?ししょ♪

>鈴木保奈美の旦那
河合ちゃんですね。
彼、ホント評判が悪いっすよね。
でも、ヤツは本当に詳しい。詳しすぎる…

>シューマッハ。引退。早いものです。
ね。
僕もそう思います。
ピケあたりからリアルタイム派としては、1時代過ぎた後のレーサーって感じがします。
でも、一人でずっと時代を引っ張ってきたって事自体は凄いと思いますよ。

僕も引退したい…
Posted by V.J. at 2006年10月10日 23:11
いや ホント残念ですよ。 F1って言ったら鈴鹿じゃないですか! 次から富士なんだ。 まぁ 鈴鹿より近くになりました(笑)
来年は全戦見ようと思います。
愛車ワークスが修理中のため、ラパンを乗りまわしております。“プリンス・オブ・SUZUKI”ことしょーたでした。 
Posted by しょーた at 2006年10月11日 01:04
>しょーた坊
おぉ、ひっさしぶり。
ごめんね、なかなかそっちに遊びに行けなくて。
体調が悪いのに加え、RSSリーダーがぶっ壊れてしまい、皆さんのとこに足が向きませんでした(反省)

>ワークス修理中
なんか、エンジンの調子が悪いんだっけ?
色々チューンしすぎなんぢゃねーの(笑)
せいぜい、トルマリン・チューン&コンデンサー・チューン位にしときなさい(爆)
 ↑
で、巷で話題のトルマリン&稲妻だっけ?なんだっけ??神風????コンデンサ・チューンってホントに効くの?

以前、アーシングはしたけど、どうにもこうにもいまいち、効果が無かったんだよね。

うちのクルマ(B4 & アルファのスパイダー)は、B4はB4で水平対抗なんでとにかくプラグすら素人では替えられないし、スパイダーは古すぎて、おっかなくて、メンテで精一杯。
んなかんぢなんで、まともにいじってないなぁ〜

そろそろ寒くなるから、オイル交換しなきゃ…
Posted by V.J. at 2006年10月11日 01:13
ごぶさたいたしておりまーす★
人から、シューマッハ引退と聞き、、ええええと驚いた本日、、F1といえば、VJさん、お伺いしました。どんな感想をおもちかと?ここでいいのかな?かきこ。。お元気ですか?ではでは。
Posted by ゆみ at 2006年11月05日 21:09
>ゆみさん
ご無沙汰しております。

>どんな感想をおもちかと?
僕は、彼がまだいける余力を残しての引退。
最終戦で、優勝こそできませんでしたが、凄すぎる壮絶な走りを眼にして、かれの美学を感じました。
セナの見えない影を追い続けたレース人生のような気がしますが、最終戦で、全てを超えた。
そんなかんじです。
ゆみさんも、機会があれば、最終戦の走りをお友達とかから、録画したビデオとか見せてもらってみて、感じてください。
Posted by V.J. at 2006年11月05日 22:41
コメントありがとうございました。
>セナの見えない影を追い続けたレース人生
ぐっとくるフレーズですね、この中にシューマッハのすべてが集約された言葉のように感じ、すこしジーンときました。
ええ、ちゃんと拝見したいとおもいます。ありがとうございました。
Posted by ゆみ at 2006年11月07日 00:40
>ゆみさん
>ちゃんと拝見したいとおもいます。
うん。
最終戦は、見て損は無い1戦だと思います。
どっちが、チャンピオンなの?
って感じがします。

来シーズンからは、次の世代の王者は誰?
セナ→ミハエル
に続くのは?

楽しみではあります。
Posted by V.J. at 2006年11月07日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25128601

この記事へのトラックバック

ただいま鈴鹿から帰還!
Excerpt:  鈴鹿から無事、戻りました。  結果は、ニュースなどでご存知かと思います。私はC席(シケイン)で観戦していたため、ミハエルのリタイヤに関しては、デグナーの手前で"ちらっと"白煙を観ただけ。ただその瞬..
Weblog: motoGP紀行
Tracked: 2006-10-09 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。