2011年11月19日

2011.11.19 E.Clapton & S.Winwood@横浜アリーナ

2011111922300000.jpg いゃあ〜、興奮がまだ冷めません。まさか、ECとWINWOODが来日するとは!
CREAMとしての来日は無かったので、このBLIND FAITH再結成とも言える、2人の邂逅。目の前で歌う二人を見て、まだ夢を見ているようです。

でね、2人が動く姿を見れただけで満足なんじゃなくて、LIVE自体、途轍もなく素晴らしかったのです♪

WINWOOD自体、歌、上手いんだけどねぇ…って感じで、積極的評価をしていなかったV.J. でしたが、もうね、前言撤回。あまりにも素晴らしい声にやられてしまいました…

んで、EC。乗らない時の、「お仕事ギター」ぢゃなく、今日はメインで良し、Winwoodを立てるサブで良しと、もう言う事の無い完璧な魂の入ったG. 調子に乗ってる時の、「片足立ち」も連発して、本当に、ぶっといフレーズを全編に渡りカマシテくれました♪

あぁ、本当に良かった♪

以下、セットリストありですので、これから参戦する方には、ネタバレ注意(笑)
 
 
  
  
嵐の様な悪天候の中、横浜アリーナへ向かいました。
ERIC CLAPTON & STEVE WINWOODのLIVEへ。

MSGのJOINT LIVEだけでなく、まさかの来日です。
WINWOODなんて、最近では、フジロックかなんかにちょろっと来ただけですので、がっつり観戦するのは実は初めての経験。

個人的に、「上手いけどね…まぁね。」と、その声自体は認めつつもそんなでも無いと思っていたのですが、ステージの幕が降りて、第一声を聴いただけで、イナズマに打たれた様になっちまいました。

「昔のまんま。」

これは、最高の褒め言葉です。
凄いや。レコードで馴染んでいた、SDG、TRAFFIC、BLIND FAITHの声そのままに、目の前で歌うWinwood。

「もう少し早く観たかったよね。」
って言葉は良く聞かれますが、Winwoodに至っては、いつだって絶頂期。そんな趣です。

特にアコスティックセットでのCan't Find My Way Homeには、不覚にも涙が…

また、2人の再会が、CROSSROAD FESTIVALだった事に象徴されるように、Winwoodは、元祖マルチミュージシャンぶりを発揮♪ ハモンド、ピアノだけでなく、G.を弾き倒します♪
ECとギターバトルする一面も見せてもらいました!

ちなみに、なんと!
ワンダホートナイの印象的なイントロは、ECぢゃなくて、Winwoodが弾いてます(笑)
A.F.ロウの数百倍、G.上手かったです(爆)

そんなWinwoodの高値安定に刺激されたか、肝心のEC御大も、気合の入りまくったギター・プレイを随所に見せてくれます♪
基本、単独公演ではないので、弾き倒すと言うイメージではなく、ソロもコンパクトにまとまっていますが、そのコンパクトなソロの充実感たるや!

まぁ、手ぐせ。ていっちゃそれまでなんすけど、いかにもECらしいフレーズをこれでもか!とキメテくれています♪

Pearly Queenの間奏での切り込んで行くフレーズに鳥肌立ったり。
Voodoo Chileのサイケデリックな分厚い音像の中で鳴り響くG.に、マジトリップしたり。
Georgia on My MindのWinwoodの歌に寄り添う様なオブリガードの繊細さに涙したり。

とにもかくにも、終始、ブラッキーのハーフトーンで、ぶっとい音を聞かせてくれました♪

調子の良い時のおなじみ、片足立ちも、随所で見られ、本当に気合のこもったプレイに打ちのめされました!

いやぁ…濃密で芳醇でスケール感のある2時間でした。

で、横アリは相変わらず、音が良い!
最高の演奏を最高の音質で堪能しました♪
特に、このLiveのクライマックス、Voodoo Chileの飽和ギリギリの分厚い音圧が、毛穴の一つ一つにしみこんで行く様は、他のハコじゃ体感出来なかったと思うんですよ!

とにかく、最高。一流の仕事を見せてもらいました♪

では、セットリストをば。

2011.11.19 ERIC CLAPTON & STEVE WINWOOD @横浜アリーナ

Had to Cry Today (BF)
Low Down (EC&SW)
After Midnight (EC)
Presence of the Lord (BF)
Glad (TFC)
Well All Right (BF)
Hoochie Coochie Man (EC)
While You See a Chance (SW)
Key to the Highway (D&D)
Pearly Queen(BF)→Midland Maniac(札幌)からの日替わりメニュー
Crossroads (CRM)
Georgia on My Mind (SDG)

−Acoustic Set−
Driftin' (EC)
That's No Way to Get Along (EC)
Wonderful Tonight(EC)→Layla (札幌)からの日替わりメニュー
Can't Find My Way Home (BF)

Gimme Some Lovin' (SDG)
Voodoo Chile (Jimi Hendrix)
Cocaine (EC)
- - - - - - - - encore - - - - - - - -
Dear Mr.Fantasy (TFC)

メンバー
エリック・クラプトン(Vo, G)、スティーヴ・ウィンウッド(Vo, G, Key)、ウィリー・ウィークス(B)、クリス・ステイントン(Key)、スティーヴ・ガッド(ds)


posted by V.J. at 23:33| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごかったね。最初のSWの声でもうやられました。個人的にはクラプトンよりSWを聞きに行ったので、While You See a Chance が聞けただけでも・・・ううううう。
爆音でもうるさくないと感じた、そうか横浜アリーナって音がいい、そういう空間なのか。
自分で表現するのはV.J.の足元にも及ばないので、facebookにてシェアさせていただきました。ああ、もう一曲聞きたかった。ギターバトル、もう少し聞きたかった!
Posted by ぷくちゃん at 2011年11月20日 06:22
>師匠
EC&SW参戦お疲れ様でした♪
お会いしたかったですが、ニアミスでしたね。

>爆音でもうるさくないと感じた、そうか横浜アリーナって音がいい、そういう空間なのか。

うん。
だと思います♪
武道館なんかに比べると桁違いに音が良いんじゃないかなぁ。
Whoの来日の時も、爆音が嫌な感じにならなかったので、僕の中では、「音の良い大箱」ってイメージが強いです(東京ドームは論外w)

>ああ、もう一曲聞きたかった。ギターバトル、もう少し聞きたかった!

ホントですね!
なんだろう。
凄い良かったんだけど、LIVEの進行が「あっさり」してましたよね。
ちょっと食い足りたい。
そんな感じすよね。

>facebookにてシェアさせていただきました。

FBお友達になってください。
放置プレイ且つお友達3人くれぇしかいませんが(自爆)

Posted by V.J. at 2011年11月20日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。