2011年07月24日

ココロからご冥福をお祈りします…

昨日、寝ようと思い、PCの電源を落とそうとしたら、見たくも無いニュースが飛び込んで来た。

「ロイター通信は、人気女性歌手エイミー・ワインハウスさんが自宅で遺体で発見されたと伝えた。 2011/07/24 01:43 【共同通信】 」

アルコール中毒で、ステージで泥酔するニュースしかここ数年は入って来なかったけど、V.J.にとって、間違いなく、Amy Winehouseは、00年代最高のDIVAだった。

俺にとちゃ、GAGAなんかよりも、JOSS STONEなんかよりも、LEELA JAMESなんかよりも、トビきりにSOULを感じる大好きな人だった。

PUBLIC IMAGEとして、ロック的な生き方を演じているヤツらは沢山いるけど、本物のロックな生き方をして、あっと言うまに逝ってしまった感じだ。。。27歳だという。

27歳…
B.Jonesも、ジャニスもジミヘンもそうだ。
俺は、27を超えた時に、あぁ、B.Jonesの歳を越えちゃった…
なんて思ったものだ。

27歳って歳になにがあるのかなんて知らない。
でも、持って逝かれたくない人を神様はもっていく…

追記
V.J.のTwitterのフォローワーさんのchicapureeviさんl曰く、スペインのレコードフェアで、イタリア人のレコードコレクターが言うには、「ソロモン72柱の悪魔の27番目のロネウェ。これが音楽と伝達の悪魔。27クラブのミュージシャンに大物が多いのは、ロネウェと取引をしたから成功と引換えに27歳に命を捧げたと信じられてる」なんて話しがあるそうだ。。。

ロバジョンもそうだけど、本当に悪魔と取引したんだろうか。さもありなんな話しだ。そんな気がしてしまう位、カリスマ性に溢れたヤツラばっかりを持って逝く…

これから、色んな生前の音源が乱発される様な気がするけど、俺は、FRANKとBACK TO BLACKを聴き続けよう。

彼女が産み出した最高のSOULは、これから先も錆びる事は無い。
生き続けるよ。。。
多くの人の心に何かを残せただけで幸せだよ。
俺は死ぬ時、何を残せるだろうか…




They tried to make me go to rehab but I said 'no, no, no'
Yes I've been black but when I come back you'll know know know

アル中のリハビリ施設なんて行かされるのは嫌だよ!

I'd rather be at home with ray
I ain't got seventy days
Cause there's nothing
There's nothing you can teach me
That I can't learn from Mr Hathaway

大好きな、レイ・チャールズんとこ行っちまったんだね。
ダニー・ハザウェイから、きちんと、「生きる事」の意味をあっちで学んでくれ。

本当に早すぎる死に、ご冥福を心からお祈りします。
V.J.は、あなたの事が大好きでした。
 
 

タグ:Amy Winehouse
posted by V.J. at 10:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また27歳。
新作楽しみにしていたのに残念です。
Posted by 名盤! at 2011年07月24日 16:17
>名盤ちゃん

コメントありがとうございます。

本当に残念だよね…
ついこの前も、SuperHeavyどうせなら、JOSS STONEなんかより、AMY WINEHOUSEのほうがイイなんて話していたばかりなのにね。

一度観たかったなぁ。
彼女のLIVE、DVDで出ているみたいなんで買おうかなぁ。なんて思っています。
Posted by V.J. at 2011年07月24日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216421817

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。