2011年04月08日

2011.04.07 WILKO JOHNSON@渋谷CLUB QUATTRO

201104072143000.jpg 日々、深刻度を増す原発問題。ついこの前までは、大震災の被害者として、世界中から同情を受けていた日本が、今や、放射性物質を海洋投棄する、地球を壊すテロリスト扱いされています。

 そんなクソッタレな日本を、昔から愛し続け、「こんな時だからこそ、行くんだよ!」って、周囲の反対やらなにやらも何処吹く風で、V.J.のアイドルが、久しぶりに日本に単独でやって来てくれました♪♪

 なんと!一昨年のFUJI ROCK FESTIVALの出演を挟み、8年振りとなる単独ツアーだそうです。フェス嫌いのV.J.は当然、Wilkoが出るからって、フジロックなんて行くはずがありません(笑)


 つーこたぁ・・・
 なんだよ、8年ぶりかよ〜Wilko!


  
  
Wilko Johnsonは、V.J.のアイドル。
以前の記事でも書きましたが、飼ってた犬の名前はWilkoです(笑)

某所で、V.J.は、wikeithと名乗っています。
・Paul Wellerのアイコン
・StonesのKeith Rechard
・で、Wilko JohnsonのWi
なのです(笑)

誰にも文句を言わせない、ブッチギリのV.J.的Top3の一角が、久々の来日ですから、駆けつけない訳にはいきません!

 今回の来日は、Dr.Feelgoodの映画、「オイル・シティ・コンフィデンシャル」(ジュリアン・テンプル監督)の公開に合わせた公演。ま、プロモーション半分なんでしょうかね…
今回のライブの開始前にも、30分程、映画の特別編集編があるとの事で、LIVE自体は、20時スタートです。

 当然、30分のフィールグッドの映画は、個人的には前座扱いなので、スルーして(笑)19時50分頃に、QUATTROに到着!

QUATTRO自体、それほど、大きなハコじゃないですが、なんとなく、Wilkoのホームグラウンドの様な気がしてならないハコ。
鮎川のマコちゃんと一緒にやった時も、確かQUATTROだった記憶が。シナロケを単独で見たのもクアトロだったっけかなぁ。
 確か、最初にWilkoを見たのは、芝浦のインクだった様な記憶がありますが、もう、そんなハコどこにもありません(笑)
 Feelgoodと対バンだったチッタも、最早、その頃とは全く別のハコになっちゃいました。
 
そう言う意味でも、とにかく、なんか、QUATTROとWilkoって、V.J.的には、とってもすんなり結びつくハコです。

まぁ、8年ぶりって言っても、所詮、ウィルコです。
酒を片手に♪
位の気持ちで、QUATTRO行ったら・・・

 入り口のドアの外にまで人が溢れ出していて、全く身動きひとつ取れない&会場に入れない様な状態・・・(唖然)


うげー・・・
ちょっと見ないうちに、こんなに人気者になってたのん?ウィちゃん(笑)



 ドリンク引き換えだけで、10分以上かかり、少しでも動こうもんなら、人様にビールぶっかけそうだったので、その場で一気飲みして、映画を無視して、人を掻き分け掻き分け、ステージ付近へ

 ちょうど、映画のスクリーンとステージが90度の関係にあって、スクリーンが全く見えない死角になってる柱の辺(ステージだと、ウイルコちょっと左寄り)のほぼ、最前列に近い位置をなんとかゲットして、見れない映画を聴いて、じっとWilko待ちです(笑)

なんとなく、映画が終わったらしく、ステージのほうに皆が眼を向け始めたら、すぐに3人の登場です!

ヤーヤーヤー!!!
久しぶり!
Wilkoは、ツルッパゲのおっさんになったけど、いつもの、赤いピックガードのテレキャスをアンプ直刺し!

ノーマンもノーマンで、いつもの妖怪キャラに更に磨きがかかった、キモサ満載の登場♪

ドラムスの若いアンちゃんは知りません(笑)


いつもと一緒の黒いシャツ
いつものメンツ
袖の脇には、いつもの様に、マコちゃんとシーナが♪

8年なんて時間、あっと言う間に取り戻しちゃったよ♪

Feelgoodのカッコンキッコンな曲を交えつつ、いつものように、Soloの変な拍の歌を、素っ頓狂な高音で歌うWilko(笑)

グルーヴィーで、歌いまくる、ノーマンのB.

2人に、まだ、付いて行けて無い、時々リズムを外すけど、若さで突き進むドラムスのアンちゃん。

ルー・ルイスもそうだったけど
床の上におが屑敷かれた、ロンドンのPUBで日々繰り広げられる、当たり前のロケンローを当たり前に♪

何十年前からやってる、ギターとのまぐわいも、歳取って益々やらしくなったし(笑)
無駄なステップもいつも通りだし(笑)
マシンガンギターはちょっと少なめだったけど(涙)
汗だくで、感電死するんぢゃね?って位、ギター、びっしょびしょだし

隣に眼をやれば、ノーマン、汗だく&よだれ垂らして、エビ反りながら、ありえねー位、B.歌ってるし♪

ちょっとだけ、冷静に見ると、なんとなく、ギター、雑になった気がしないでもないです。
ロクセットのKeyってあんなだっけ?
と、文句が無い訳ではないですが

そんなもん、吹き飛ばす程
やっぱりどうしたって
マイ・アイドル♪

もうね
ウィルコとノーマンのからみは、無形文化財。人間国宝。伝統芸能(笑)
楽しくて仕方無いんだろうなぁ〜
って感じのステージです♪

えっ、もう?って位、あっと言うまに引っ込んで
1分もしないで、アンコール登場(笑)

それも、そう言えば、「いつも通り」です
セットリストも、「いつも通り」
いつもの
DON'T LET YOUR DADDY KNOW
いつもの
SHE DOES IT RIGHT
全部、いつも通り。

いいんです。
それが
いいんです♪


 でもね、アンコール時に、地震、原発に触れ、「カタストロフ」な日本だからこそ、俺は、日本を愛してるぜ。って、MCを・・・

今日のライヴ中、マトモなMCは、たったそれだけ・・・

思わず
ちょっとだけ
泣いちゃいました(涙)

そういえば
パイレーツと対バンでやって来た時、ステージに飛び入りしたTMGEのアベも
Wilkoのお師匠さんの、パイレーツのM.Greenも
もうこの世にいない。

そんな中
10年前も、20年前も、なーんにも変わらないステージをキメてくれるウィルコ
ずっと、日本を愛し続けてくれるウィルコ・・・



ありがとう。ウィルコ!!
あんたは、俺の中の永遠のヒーローだよ。

永遠だよ。
そうそう、誰にでも使う言葉ぢゃねーよ。
完全肯定だよ。

Wilko Johnson

1. All Right
2. Cairo Blues
3. Dr. Dupree
4. The More I Give
5. Sneaking Suspicion
6. Everybody's Carrying A Gun
7. When I’m Gone
8. Roxette
9. 20 Yards Behind
10. Paradise
11. Don't Let Your Daddy Know
12. Back In The Night
13. She Does It Right
- encore-
14. Bye Bye Johnny



Oil City Confidential [Soundtrack, Import, From US] / Various (CD - 2010)

これの宣伝の為の来日としても嬉しい♪
 
 


THE BEST OF WILKO JOHNSON- VOLUME1 [Import, From US] / Wilko Johnson (CD - 2010)


THE BEST OF WILKO JOHNSON - VOLUME2 [Import, From US] / Wilko Johnson (CD - 2010)
   ↑
BEST盤って、売れた人が出すものなんだけど…(つーか、持ってません。一応オリジナルは全部持っているはず(笑))


あ、こんな動画が転がってた♪


  
  
  


posted by V.J. at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。