2006年04月19日

見た(その7)ロスト・イン・トランスレーション

lost in.jpg
映画が3度のメシより好き(酒程好きじゃないですが)な「映画ブログ管理人」(しつこい)のV.J.です。
誰も記事にしなくなった頃合を見計らっての堂々UPです!


それも、過去の名画等でなく、「ちょっと前に話題になった」(今話題にする人は一人もいない)一番イタイ時期のUPがキモ♪

90年代洋楽を今熱く語る様な、「熟成しきっていない」感が漂います。
ま、そんなことは置いておいて、今日見た1本は…

ゴースト・ワールド(過去記事)で鮮烈な印象を与えたS.ヨハンソンと、コーヒー・アンド・シガレッツ(過去記事)でも絶好調だった、B.マーレィが送る、東京を舞台にした話題作♪(ちょっと前に)

あぁ、前回借りてきたDVDときっちりつながっているこの事実…
素晴らしい、素晴らし過ぎる!
映画Blogだ(いい加減自分でも飽きてきた)
  
  

  
  
舞台は東京。
CM撮影のために、東京にやって来た俳優
ダンナの仕事にくっついて来た結婚2年目の嫁

言葉も何も分からないトーキョーに放たれた2人
俳優は気乗りしない仕事、断絶されたコミュニケーションの中で途方に暮れる。
嫁は、ダンナについてきたものの、2人の関係には歪みが。。。
もちろん、トーキョーではコトバも通じない。
友人の様に、『国際的な田舎町』トーキョーを自由に泳ぐ事も出来ない。
ダンナを待つだけの嫁…

そんな2人が出会い、いつしか惹かれあい…
と、映画的なストーリーとしては、とってもつまらない映画でした(実も蓋もない)

まぁ、「私をスキーに連れて行って」と同じです。
SKI場と言う、「特殊な」シチュエーションで出会ったら、すぐに恋に落ちちまうのと、なんら変わりません(爆)

言ってみりゃ、「つり橋理論」みてーなもんです。

ホント、映画自体は、全くもって、「グッ」とも、「アァ」とも、「オォ」とも来ませんでした。

とはいえ、細かいとこに見所が…
カラオケボックスに耐え切れず出てきた二人の裏で、どっかの誰かが、はっぴぃえんどの「風をあつめて」を調子っぱずれに歌ってます。で、エンディングロールで、原曲が流れる。
とか
日本人の友人役で、ホント一瞬、hiromixが出てたり。
とか
ありますが、映画のストーリーを覆す程のもんでもなんでもありません。

日本での英語が伝わらない「異様さ」がこれでもか!と描かれて行きます。
・病院の受付で…
・LIPとRIPの発音がなっていないマッサー(性的な)
・当然、ロジャー・ムーアーの発音がなっていないカメラマン(キャメラマン(笑))
・アメリカンジョークを、得意の薄笑いで意味も分からず反応する(反応しない)寿司職人

そんなこんなに直面するうちに、完璧に断絶して行く2人。
そりゃ、恋に落ちちゃうんでしょう♪
右も左も分からない初めての社会人。
いきなりの企業研修。
隣の同期のおねーちゃんについ♪

そんなもんです(爆)

そんな事より…
先日、借りてきた「スーパーサイズ・ミー」の記事でも言及しましたが、アメリカの異常性をこれでもか!と見せ付けられ、「あぁ、アメリカなんて嫌だ」と思ったばかりのタイミングに…

日本の異常さ。特殊性を嫌と言う程味合わされます。
英語の氾濫するネオン
バーでは当たり前の様に外人のシンガーが歌っている。
カラオケに行けば、コステロの曲すら揃っている。
ヴィトンもシャネルも何でも売っている。
でも、全くコミュニケーション(英語)が成り立たない街。
得意げに英語を話すJAPは、ことごとく、LとRの発音がなってません。
(かく言うV.J.も『ブイ・ジェー』であり、『ヴィ・ジェイ』ではありません(爆)

アメリカを笑う日本人
日本の特殊性を笑うアメリカ人
そんな特殊な状況に放り込まれて恋に落ちるアメリカ人

あぁ、どいつもこいつも…

結局…

『ノーマル』
とか
『基準』

とかって何なんだろう?

よくわからなくなってきました。
  
  
良く分からないツイデに…
主役のS.ヨハンソンは、今、アメリカで「最もSEXYな女優」第一位だそうです(米男性誌FHNアンケート)
アンジェリナ・ジョリー(2位)、ジェシカ・アルバ(3位)を押えてです!

アメリカ人のSEXY感もよーわからん…
倖田來未があの●で、堂々とSEXY系で売っている日本もワカンナイです…

やっぱり…
なにがなんだかわからなくなってます。

極限です。

恋に落ちそうです(激爆)
  
  
タグ:映画
posted by V.J. at 01:45| 東京 🌁| Comment(19) | TrackBack(2) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3度のメシより3杯のビールが好きなmasaです。
おおっ!これも見ましたか!
これはねぇ〜、私は本当に感動しました!2人の微妙な距離関係と、あの切なすぎるエンディング。そこにかぶるジザメリの名曲に涙!何度も何度も見ましたよ!サントラも即買いしました。
そしてスカーレットに恋しました(爆)!いきなりのあのオケツどアップに悶絶!とにかくカワイイ(実際はかなり態度デカイ小ビッチのようですが)!
でも1番アツクなったのが...

カラオケに"(what's so funny'bout)peace,love&understanding"がある!!!!!!

これ今1番歌いたい曲なんですが、ウチの周りにはありません(泣)。ぐお〜、どこ行けばあるんだー!
Posted by masa at 2006年04月19日 02:46
>兄ィ
寝ようと思ったら…
相変わらず、お互い、遅いっすよね(笑)

うん、これ、兄ィ好きって言ってたもんね。
で、兄ィが好きなの分かる気がします。
僕的には、色々な情景や感情の揺れとかは本当にうまく撮れているなぁ…と思うのですが、モチーフがチョット、安直ぢゃないか?
ってのが正直なところ。

そうだ!
本編に書き忘れた…
ジザメリも…

で、まぁ、S.ヨハンソンはゴースト・ワールドの時よりもぐっとオトナぽくなって◎でしたが、SEXY No.1の座てのはイタダケマセン(笑)

ちなみに、コステロはアリスンしか歌った事ないでげす(ヴェロニカとかは当然あるんでしょうけど…)
Posted by V.J. at 2006年04月19日 02:57
V.J.さん、こんばんは〜。
実は当ブログも開設当初はガンガン映画について取り上げようと思っていたのですが、結局は音楽ネタに時々くっ付けてるだけになっています。
そこそこ劇場にも足を運んでいるし、DVDや衛星放送で観てもいるんですが・・・。
ちなみに近日アップ予定なのが、ディラン絡みの作品と、ジェフ・ベックがカメオ出演している作品・・・と、結局はいつもとそんなに変わらぬラインナップですね。


スイマセン、前置きが長くなりました(笑)。
実はこの映画は劇場で観ましたよ。
外国人からの視点で見た外国の不可思議さには、何だか考えさせられました。
現在の日本もアメリカもかなりヘンに思いましたが、エンドロールでの「風をあつめて」を聴いたら何故かホッとさせられました。
Posted by lonehawk at 2006年04月19日 23:45
>loneさん
>開設当初はガンガン映画について取り上げようと思っていたのですが
loneさんの音楽DVD以外の記事も読みたいなぁ〜
僕の場合は、音楽記事がネタ切れで、映画も試しに書いてみようかなぁ〜と、不純な動機です(笑)
もう、自暴自棄記事です(爆)

>エンドロールでの「風をあつめて」を聴いたら何故かホッとさせられました。
同感!
向こうの映画なのに、ニホンゴが溢れていて、でも断じて日本映画ではなくて…
ホッとする瞬間でしたよね。
Posted by V.J. at 2006年04月20日 01:26
見てないですね、コレ。
ただ、画像の人が好き★
Posted by しょーた at 2006年04月21日 00:07
VJ先輩、このS.ヨハンソンさんは
ダニエル・パウワーのBud day
のイメージビデオの方に似てますが、、
似てるだけかな?違うみたいです。
外人はいいな、髪の毛そめなくていい。
外人もそろそろ、キュボンキュも
見飽きて、コケティシュ系に移行した
のかもですね、、え、わかったような
ことをいっちまいました、笑。にゃあ
平らで喜ばれるのは道だけね。爆笑。

Posted by おそるおそる、ゆみ at 2006年04月21日 18:24
怒涛の快進撃ブログが少し一休みしているので心配でたまらないブログ界の父、ぷくちゃんです。(←気持ち悪い)また悪いものを拾って食べたのだろうか・・・・それとも西新宿でPWの隠し録音○ー○をどこかのレコードショップの店員に奪われる際に大怪我・・・

いかんいかん、そんなに弱く育てたのではない・・・また怒涛の記事ラッシュになるに違いない。「我が家にも遊びに来い 父より」
Posted by ぷくちゃん at 2006年04月22日 19:47
コバワー。

きゃあ〜!ぷくちゃんさんが心配してますね〜。
やっぱり二人はムフフッ★なんですねー。

って、もし体調悪いようでしたら、、、
ここのところ、暖かくなったり寒かったりして、体調がおかしくなることがあるし。
お仕事も忙しいのかな?ってことで、お体、くれぐれも気を付けて下さいね。

この映画、私はスカパーで見たんですが、上質なPVを見てるような感覚でしたー。
ジザメリ、Phoenixの曲どれもこの映画では印象深くて素敵な使われ方だったなぁと思います。
ソフィアコッポラの次回作もケヴィンシールズが音楽で関わるらしいですよ。
私的に盛り上がったのはS・ヨハンソンがホテルの窓に座り込んでたシーンがなんですよ。
(私が好きなバンドのPVと同じシーンだったもんで・・・。汗)

・・・やっぱり男性はS・ヨハンソンが好きな方多いんですね。。。
Posted by りり犬 at 2006年04月22日 21:47
こんばんは。

>日本の異常さ。特殊性を嫌と言う程味合わされます。

「東京」の異常さ、という風に個人的に読み替えてます。
仕事がらみで東京には2回ほど行きましたが、九州に住む僕にとって「東京」は異質な都市でした。
旅行で訪れることはあっても、この土地に定住することは想像しにくいかなと。。。
まあ、九州の田舎に住む者の戯言と思って下さい(笑)。

同じ匂いのする映画に「TOKYO EYES」がありますが、僕的にはこっちの方が好みです。
Posted by ton-goo at 2006年04月23日 05:30
>しょーた坊
>ぷくちゃん
>りり犬さん
>ton-gooさん
コメントありがとうございます。

りり犬さんに、ご心配して頂いてちょっと嬉しいのに、某氏に心配されると、自分もバラの園に迷い込んだ気がしないでも無いV.J.です(爆)

>しょーた坊
>画像の人が好き
今や、全米SEXY女優No.1ですから!
ちょっと納得してないですが。。。

>ぷくちゃん
>「我が家にも遊びに来い 父より」
すみません。無断で何日も家空けて。
でも、もう寝ますのでおいおい伺います…

>りり犬さん
>上質なPVを見てるような感覚でしたー。
うんうん
そんな感じですよね。
二人のどこにも馴染めない浮遊感。ってのは良く出ていますが、スクリプトが練り切れていない気がしてなりません。
映像も音も凄く良かっただけに…

>ton-gooさん
>九州に住む僕にとって「東京」は異質な都市でした
おぉ、ton-gooさんは九州なんですか!
僕はこの前、島原市まで出張に行って来ましたが、これはまた別世界でした…
でも、東京はもう田舎で過ごした時間よりも長い時間、住んでますが、異質な感覚はまだ僕も取れません。。。

>TOKYO EYES
当然見てません(爆)
ダイヤモンド・ユカイ(古い)のTOKYO POPなんて映画もありましたよねぇ〜
Posted by V.J. at 2006年04月24日 01:11
>ゆみさん
コメント返事送れてすみませんです…

>ダニエル・パウワーのBud dayのイメージビデオの方に似てますが
残念ながら、CATVに加入もしていますが、全くと言って良い程、MTV系のP.V.は見ないニンゲンなので、確かめる術すら無いでげす。
なので、おそるおそるに足りずです!

>外人もそろそろ、キュボンキュも見飽きて、コケティシュ系に移行したのかもですね
その傾向は大いにあるかもですね。
隣にいるなら、コケでもボンでも構いません。僕は。内面が重要。
でもね、TVやxxxで見るなら、断然ボンぢゃないとダメです♪←音符ではない気がしないでも無い…
Posted by V.J. at 2006年04月25日 00:09
>内面が重要。
VJさんは心も男前!イエイ
>TVやxxxで見るなら、断然ボン
正直ですね、私も小池栄子の胸はみて
しまいます。。笑。いえ、シャンペンも
ポン♪ですから、大丈夫です。笑。

外人って似た人おおいですよね。。と言い訳。

お体元気になってよかったすね。V
Posted by ゆみ at 2006年04月25日 01:46
>おぉ、ton-gooさんは九州なんですか!

福岡です。博多です。
元は熊本の阿蘇なんですが(笑)。

>>TOKYO EYES
>当然見てません(爆)

amazonのレビューでも『ロスト・イン・〜』に触れてるのがありましたねー。
僕は映画館で観ましたから、もう7年くらい前?

>ダイヤモンド・ユカイ(古い)のTOKYO POPなんて映画もありましたよねぇ〜

ああ、ありましたね(笑)。一回見たような気はしますが内容全然覚えてないです(笑)。
Posted by ton-goo at 2006年04月25日 02:03
>ゆみさん
度々コメント感謝しております。

>小池栄子の胸はみてしまいます。。
小池栄子は女性からの支持高しですね。。。
僕は、旧?イエローキャブ系では、圧倒的にサトエリにグッと来てしまいます(笑)
まぁ、僕の趣味なんぞどーでも良い話でしたぁ(笑)
Posted by V.J. at 2006年04月26日 00:37
>ton-gooさん
>福岡です。博多です。
おぉ、そうだったんですか♪
日本一美人の多い都市♪
博多は出張で数回行った事ありますが、とっても好きな街です。

>一回見たような気はしますが内容全然覚えてないです(笑)。
僕もです(笑)
どうせたいした内容ではなかったのでしょう(爆)
Posted by V.J. at 2006年04月26日 00:48
この映画に出ているスカーレットと「アイランド」に出ているスカーレットが同じ女優さんとは到底思えません。

ここで貼った画像、なにげに気に入ってます。

http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/blog-entry-862.html
Posted by Cottonwoodhill at 2006年04月26日 23:42
>cottonさま
今、伺って来ました!
いやぁ〜セクシーなんだけど、やっぱ、僕は、ゴーストワールドの彼女(その頃からキレイではあった)がやっぱ、1番ですねぇ〜

変われば変わるもんだ。
高校2年の夏休み後。2学期に急にオンナになっちまった同級生を見る様な気がします(爆)
 ↑
実は親の世代のほうが近い(自爆)
Posted by V.J. at 2006年04月27日 00:51
>日本一美人の多い都市♪
>博多は出張で数回行った事ありますが、とっても好きな街です。

もしまた福岡に来るようなことがありましたら、僕に案内させて下さい!
ウマイもんとかいろいろありますよー。
あ、美人は紹介出来ないかも知れませんが。(笑)
Posted by ton-goo at 2006年04月27日 12:41
>ton-gooさん
>僕に案内させて下さい!
うぁああああああ!
なんとか、早めに福岡出張を口実付けてでっちあげます(爆)
かなり良いお値段でしたが、いけすの周りで飲み食いできる店(呼子のイカ?とか食えるとこ)は凄かったです♪
あ、あと、当然、ラーメンも♪

東京に来たときは一声おかけくださいね!
是が非とも案内させていただきます!
Posted by V.J. at 2006年04月28日 02:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16750297

この記事へのトラックバック

Lost In Translation
Excerpt: せつないーーーー!この微妙な心理を描くとは、恐るべしソフィア!しかも、マイブラのノイジーかつメロディアスな音楽がTokyoと二人の心理状態をとてもよく表していた!さらに、最後のハッピーエンドはすげー合..
Weblog: All Mod Cons
Tracked: 2006-04-21 01:39

マッチ・ポイントとロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: マッチ・ポイントとロスト・イン・トランスレーションの紹介。
Weblog: 1日1分!留学への英語-編集後記-
Tracked: 2006-06-07 11:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。