2006年04月17日

見た(その6) スーパーサイズ・ミー

待ちに待ったTSUTAYA 半額の日
何ヶ月毎にそういったサービスDAYがあるのかすら知らない映画通のV.J.です。
最後のTSUTAYAに行ったのが、前回記事
当然、その間1本もレンタルしてません♪
映画館?
行く訳ないぢゃないですか♪

なんせ、映画ブログの管理人ですから、管理が忙しくて(爆)

って事で、半額セールに行ってみた。
で、山程借りてきました♪

まずは1本目行ってみよう!
全世界のJUNK FOOD好きの聖典

スーパー・サイズ・ミー

ph01.jpg
  
  
  
  
かなり反響を呼んだ1本と記憶。
ちょうど1年位前?(実は何も知らない)
当然、映画ブロガー(しつこい)のV.J.も気になっていました。

話の発端は、「肥りすぎたのはハンバーガーのせい」と、マクドナルドを2人の少女が訴えたというニュースを、この映画の監督であり、主役であり、人身御供でもあるモーガン・スパーロックが知る事から始まります。
で、自らを被験者に1カ月間ファーストフードを食べ続ける実験を開始。その様子を追ったドキュメンタリー映画って事。

話としては単純明快
「人は1ヶ月、3食全てマクドナルドで食事を摂ったらどうなるか?」を実証。
ただひたすら、朝昼晩とマックを食い続ける♪

で、マックの店員に、「スーパーサイズはいかがですか?」と勧められたら断らない。
あと、マックの全メニューを1度は全て食う。

の3つの約束だけ。
さぁ、1ヶ月後どうなる?!

いきなり、QUEENのファット・ボトムド・ガールで始まります♪
で、出るは出るは、デブってコトバを超越した、何やらヒトらしきカタマリが次から次へと!

これみてると、「自分が太ったのはマックのせい」って言ってる女子高生よ!
ふざけんな!
おめーが太ったのは、自分の意思が弱いからだ!おぃ!
と、最初は思ったのですが…
映画の中でも、医師が「喫煙を責める社会なんだから、肥満は何故許されているのか?カラダへの悪影響度は、喫煙と同じだ」ともいってました。

そうそう!
そのとーり!

完璧に、マクドナルド(確かにカラダに良いとは到底思えない)も悪いが、それ以上に自分の意志が弱い。責められるべきは、何事にも極端なアメリカ人そのものだ!って思ってました。

かく言うV.J.も、大学の頃に比べ体重がここ20年で10kgはゆうに増えてます…
以前、どっかで書きましたが、昔履いていた「ウルトラスリム」のブラック・ジーンが「足首」までしか入らなかった時に戦慄を覚えた記憶が…
でも、それもこれも、「忙しい」を理由に自己管理を怠った、本人の意思の問題なんですが。
話はそんな簡単な事でもなくて…

で、この映画も、単に、主人公がマックを食い続けるだけなら、「コイツ、バカだなぁ〜」で終わるのですが、実験中に流される、米国JUNK FOOD業界のニンゲンをダメにさせて行くあらゆる手口にまず唖然…

確かに、最近のマックには、子供の遊び場みたいなのがあるし、オマケも豪華なもんが用意されています。
親も食事を作らなくても良いし、子供が勝手に遊んでいてくれるからマックは便利な場所です。
そうやって、小さな頃から、マック通いに慣れ親しまれ、どこを歩いてもマックの看板。TVを付ければマックのCMと、「マクドナルド漬け」で育てられた子供達は、抗う事すら出来ずに、マックが主食の生活が当たり前に育って行きます…

その結果、若年性糖尿病患者が激増中だとか…
また、マクドナルド自体も、脂身の多い肉らしきものに山程の食品添加物を混ぜたパテ。
チキンナゲットに至っては、病気?の鶏を砕いて、どこの肉か分からなくさせて、これまた色んな「混ぜ物」をぶち込んで油で揚げて一っちょ上がり♪

チーズバーガーに使われているチーズも、なんだか忘れましたが、カフェインと同じ様な「習慣性を植え付ける」物質が添加されているらしいです…

で、コーラもポテトも、年を追う毎にサイズアップ♪
スーパーサイズに至っては、「ハーフ・ガロン・サイズ」「砂糖48杯分♪」
もうがぶ飲みです♪
習慣性の高い物質がてんこ盛りです♪
食いだしたら止まりません♪

KEEP ON ROLLING!

です♪

そんな状況に、登場する医師達は、
「マクドナルドで食うのは、せいぜい月1回が限度」
「アル中と同じ事が、マクドナルドの食事で起こるとは…」
と、一様に口を揃えて、マクドナルドの問題点を指摘します。

で、当の本人が、実験前は健康そのものだったのが、随時健康状態をチェックして行くうちに、
・まずは肝臓がやられ
・そして血も
・カラダは結局1ヶ月で11kg増
・無気力、性欲減退、階段を上るのも苦痛に…
医師も、このまま続けたら「死ぬぞ」とまで忠告。

主人公も、最初は吐きながらマックを食っていた(終始ユーモラスですが、このシーンは痛々しい…)のが、最後の方は、食うと「落ち着く」と、中毒症状が…

うぁ、肥えー怖えー

本当に怖い映画です…
肥えに肥えた、「肥満患者」の採るべき道は
1.胃のバイパス手術
2.脳内刺激物質を抑制するクスリの投与
しか無いようです…

刺激を抑制するクスリを飲むと、チョコレート中毒者がチョコを見向きもしなくなるそうです…

と、なると、このV.J.にそのクスリを投与すると…

レコ屋の前を通ると気分が悪くなったり

ヤフオクやら、ebayやら、国内外のネットレコ屋のサイトを見ると、目がかすんだりするのでしょうか!!!

是非、そのクスリを下さい!
ジェネリックでお願いします。

まぁ、とにもかくにも、この監督自らが被験者になって、ここまで身を削っての実験は、笑いを通り越して壮絶さすら漂います。

でもね。
この映画を観て一番感じた事。
それは…

ニンゲンとはいえなくなるまで太るアメリカ人
自分が太ったのはマックのせいと訴えるアメリカ人
こうした問題を、1ヶ月3食マックを食い続けて、米食品業界を告発するアメリカ人
そのアメリカ人の彼女はベジタリアンで、マックおろか全ての肉を憎んでいるアメリカ人

行動は違えど…

この極端さ。
このtoo muchさ。

登場人物全員が、結局はぜーんぶ同じって事。

これぞアメリカ!

LIVING IN AMERICA

ガッタガッタ♪

そんな国には住みたく無いよ。
情緒溢れるJAPだから。V.J.は(笑)

この手のドキュメンタリーが最近多いけど、結果的には最高に面白かったよ♪

★★★★☆
と、言ったトコでしょうか。
 
 
スーパーサイズ・ミー
スーパーサイズ・ミー

  
  
この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)







ラベル:映画
posted by V.J. at 00:52| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも!ご無沙汰してます〜。
映画は数年に一度ぐらいしか観ないワタシですが、この映画は観に行きました。大好きです、これ。
DVDで観るならばマックを用意してから再生ボタンを押すのが、この映画の最上級の鑑賞法ですよね(笑)

>チーズバーガーに使われているチーズ

確か「モルヒネと同じ成分」だったような〜。
Posted by prodigal at 2006年04月17日 01:25
>所長
僕のほうこそ、ご無沙汰しちゃって本当に申し訳ございません。

>数年に一度ぐらいしか観ない
僕も同じです(笑)

>マックを用意してkら再生ボタンを押すのが、この映画の最上級の鑑賞法
さすが、所長…
いくらなんでも、あれ観ながらマック食えないっすよ、俺。
確かに最上級だ♪

>モルヒネと同じ成分
そうでしたね!
でも、かなりヤバイっすよね、マクド…
これ観る前は、チキンナゲット、好きだったんですけど…(The C.J.'sとしては!)

ちょっと今後食える自信が無いでげす。。。
  
やっぱ、KFCです♪
あぁ、チキンが食いたくなってきた(爆)
Posted by V.J. at 2006年04月17日 02:16
現在、医師の指導の下、食事制限されているのに昨日、焼酎1本開けて二日酔いの朝を迎えているものです・・・・・・・(笑)
しかしアメリカは怖い国だっていうか、アホらしい・・・・・・・・。
チーズに習慣性?おととい食いました。
いつもチーズ・バーガーですって、もしかして
毒されてる?
サブリミナルやら、金のためなら何でもするのかいって、思いますね。
アメリカのいいところは音楽のみ、と固く信じていますが、最近の音楽には・・・・・・。
古きよきアメリカはどこに・・・・・。
Posted by リュウ at 2006年04月17日 10:42
こんなに遅く見てずうずうしんだよ!映画ブロガー名乗るなんて!本物のブロガー、EやOやKに何て言うんだよ!(全員デタラメ・・・)

いやあ、自分の体がスーパーサイズ・ミーのぷくちゃんと言います。ちなみに本物の映画ブロガーです。

この映画見たんですか?これは・・・これは!趣味悪いです!チーズにそんなもの入っているって本当?恐るべし幕度成弩・・・・でもリンク先の誰か、働いていないかなあ?
Posted by ぷくちゃん at 2006年04月17日 20:52
今日は朝昼夕飯ピザ、ペプシ・ワイルド・チェリー(要するにドクター・ペッパー)を1.5リットル飲み干したmasaです。それでも御覧のとおりスリム(?)です。
いや〜、遂に観たんですね!この映画を見た人は3通りに別れてまして...
1.マックが嫌いになる。
2.マックが食いたくなる。
3.ダイエットしてみようと思う。
私は3を選びました。1日1500カロリーに押さえて、砂糖が入ってるものは一切取らずです。それをしばらく続けたら...

激ヤセ(爆)!

あわててマック&ピザ・ダイエットで元に戻しました。今は激務でまた激ヤセしてしまって、寝る前カレー大盛りダイエットでリカバリー中です。
でもこの映画の1番笑えるのは映像特典!3ヶ月見た目が変わらないフライド・ポテトって...!
Posted by masa at 2006年04月17日 23:28
>リュウさん
>医師の指導の下、食事制限されているのに昨日、焼酎1本開けて二日酔いの朝
おぉ!
KEEP ON ROLLIN'!
いいかんぢに飲んでますねぇ〜
しなねぇ程度にしてね♪
死ぬ前に飲もうね♪

>古きよきアメリカはどこに・・・・・。
ホント、どこに行っちまったんでしょうね…
今のブッシュのtoo muchさや、極端さは、実のところ、アメリカ人のまさに『鏡』なんじゃないかと思う位ですよ。。。
Posted by V.J. at 2006年04月17日 23:33
こんばんわ。日中にコメント入れましたところ、何度やってもハジかれてしまいました〜
今は入るのかな。書き直そう・・・・

えーと、単純にすっごい面白い映画評でした!
恥ずかしながら、この映画を私知らなかったんですが、タイトルからして最高ですね。
なんか、どんな単語も動詞にしちゃって簡略表現し、格調高きクイーンズイングリッシュ
からどんどん遊離していく米語の好例にも思え、タイトルからして狂っていくアメリカ
を象徴してる気がしてCOOLだなと思いました。
私もこの作品、是非観てみようと思います・・。
でももう観る必要ないかな?
この映画評でほとんど満足した感じもあります。(笑)
Posted by m.t. at 2006年04月17日 23:46
>ぷくちゃん
本当に本当にお忙しいところ、コメント頂き、大変感謝しております。(多少冷静になった)

>こんなに遅く見てずうずうしんだよ!映画ブロガー名乗るなんて!
まぁ、F市じゃ、ミニシアターなんて無いから観たくても観れないから仕方無いっすね。
あ、だからハリウッド映画ばっかの紹介なんだ♪

>幕度成弩
当て字使ったり、別のHN使ったり、以外と『ちいさい』なぁ、師匠…
からだは、マック食いすぎ並みなのに(激爆)

Posted by V.J. at 2006年04月18日 00:31
>兄ィ
お疲れ様です。
ちょっとは暇出来ましたか?

>今日は朝昼夕飯ピザ、ペプシ・ワイルド・チェリー(要するにドクター・ペッパー)を1.5リットル飲み干したmasaです
さすが!
兄ィだけは許します♪
その極端さは、アメリカ人も敵いません!

>寝る前カレー大盛りダイエットでリカバリー中です。
あぁ、海軍カレー♪
そんなもんを寝る前に…
こっちは、努力して、何とか今の体型をやっと維持しているというに…
兄ィよ…
Posted by V.J. at 2006年04月18日 00:48
映画ブログ、2本目以降も期待しております。
かなり面白かったです(映画じゃなくて、記事のことです)。
Posted by 名盤! at 2006年04月18日 01:07
>姐ェ
あ、違った。m.t.さん
コメントありがとうございます。

>何度やってもハジかれてしまいました〜
あれぇ、おかしいなぁ…
ビニ坊しか、スパム登録してないんだけどなぁ〜
ごめんなさい。
せっかく、来て下さったのに…
やはり、無料弱小ブログの宿命。お許しください。

>タイトルからして狂っていくアメリカを象徴
マジで狂ってますよ♪
この映画、はじめからおわりまで、VIVA AMERICA♪ のオンパレードです!

>でももう観る必要ないかな?
この映画評でほとんど満足した感じもあります。

そんな事無いですよ!
絶対観てください!
で、『長文女王』の真骨頂を見せて欲しいなぁ〜♪
おっかなびっくり、コメ付けに行きます(笑)
(袋叩きにあいそうですが(爆))
Posted by V.J. at 2006年04月18日 01:09
>名盤ちゃん
お褒め頂き光栄です♪
今回は恐らく観きれないで返す事になるかも。。。って位借りてきました(笑)
ぼちぼちUPしてゆきますんでお願いします。

でも、これは僕の記事が良いんぢゃなくて、やっぱ、この映画自体が良い(つーか、笑えて、考えさせられて)んですけどね!
Posted by V.J. at 2006年04月18日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。