2010年10月13日

駄目な僕

先日発売になった、ブライアン・ウィルソンの新譜、Reimagines Gershwinが、思ったより良かったので、あまりソロになって洗脳されてからのブライアンには興味が無かったんだけど、ちょっとソロ諸作を買ってみようか♪

なーんて感じでネット上の中古CD屋を見ていたら…


 
ごろごろ転がってる転がってる♪
それも400円やそこいらで♪

「あ、『駄目な僕』ってタイトルだけは聞いた事ある♪」
てなかんぢで、あ、ポチっとな
と、あれやこれや、激安CDを数十枚買っちまいました
で、届いてみると…

『同じジャケのCDが2枚あるやんけ!』

どちらも

I JUST WASN'T MADE FOR THESE TIMES

とある。
明細書を見ると
BRIAN WILSON
駄目な僕(日本版 帯無し) 420円

BRIAN WILSON
I JUST WASN'T MADE FOR THESE TIMES(輸入盤) 420円


I Just Wasn't Made for These Times




あ…

I JUST WASN'T MADE FOR THESE TIMES

の邦題が

駄目な僕






僕が一番ダメでした(号泣)
ま、400円だからね。
タバコ吸っていたら、一箱分
タバコ止めてよかった♪←強がり

とにかく、ブライアンのガーシュインとの時空を超えたコラボ新作
これは、ペットサウンズ時代のブライアンとまではいかないまでも
良いよ♪


Brian Wilson Reimagines Gershwin



さて…
ダメな僕がダメな僕をユニオンにでも持って行ってうっぱらおう


そういえば、昔は秀逸な邦題が多かったけど、今、アルバムタイトルや曲に邦題付ける事って殆ど無いよね?
子供の頃、『邦題付ける係』になりたくて、レコード会社への就職を夢見ていました。
(事実、就職活動で回ったら、VI◎T◎R 以外は全部落ちたんだった)

レコードに帯で堂々と日本語の邦題の付いたパッケージメディア


聴き手にとっても
作り手にとっても
良い時代だったんぢゃないかな。

曲単位でネットから落として来る今のスタイル
まだまだ
馴染めそうにありませんぜ。

ラベル:Brian Wilson
posted by V.J. at 22:55| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、JTです。

「駄目な僕」、『ペット・サウンズ』の中でも一番好きな曲です。間奏の「テルミン」、いい味だしてます。アルバム『駄目な僕』も悪くないですが。

>あまりソロになって洗脳されてからのブライアンには興味が無かったんだけど

そうですね、みなさん絶賛していますが、やっぱり60年代と比べると、声も変わっっちゃてるし、ピッチも悪くなっているしどうなんだろうと思っていました。まぁ「元祖引きこもり」から回復しただけでもすごいですけどね。
Posted by JT at 2010年10月14日 02:27
悪魔の〜
地獄の〜
などのヘビメタ・タイトル付けるの面白そうです。
VI◎T◎Rでもよかったのに。
結構ヘビメタあったはず。
Posted by 名盤! at 2010年10月14日 19:10
同じく駄目な僕です。私はビーチボーイズの良さ、近頃になってわかってきて、60年代末から70年代初頭のアルバム聞いています。

「オランダ」とか泣けるなあ・・って音楽の記事はまったくもう書けなくなった私です。
Posted by ぷくちゃん at 2010年10月14日 19:28
>JTさん
いつもコメントありがとうございます♪

>まぁ「元祖引きこもり」から回復しただけでもすごいですけどね。

ねっ
彼は元気に生きてさえいればいいんでしょうけど、やっぱり、積極的に聴く気にはなれなかったのですが、今回の新譜は、良い意味で裏切ってくれました!
Posted by V.J. at 2010年10月14日 21:56
>名盤ちゃん
コメントありがとう♪

>悪魔の〜
地獄の〜
などのヘビメタ・タイトル付けるの面白そうです。

ヘビメタ嫌いなんだよねー(笑)
狂乱の
殺戮の
スコーピオンズ位まではなんとか聴けるけど、結構エグイ邦題多かったかも。

僕の就活当時、VI◎T◎Rは採用がハードソフト一緒で、必ず新人はハード部門に配置され、地方の工場に数年行ってから、ソフト部門に行くけど、それでOKなら内定。って言われて、地方の工場なんて行けるか!ってかんぢで蹴ってしまいました。

オーディオマニアになってる今なら、ハード部門のほうが気になるけど、松下に飲み込まれちゃったからねー。さすがにパナソニックの社員は関東の人間はイメージが付かないです(笑)
Posted by V.J. at 2010年10月14日 22:01
>ぷくちゃん
ご無沙汰してます♪
コメント嬉しいです♪

ぷく先生のビーチボーイズ記事読みたいです♪
コーラスにバッハの対位法の影が…(1ミクロンも合ってない大嘘)

また、音楽記事書いて下さいよ♪
映画記事だとからめない(笑)
なんせ、最近見た映画が、踊る大走査線を時間潰しに見ただけ…

って、僕が2〜3ヶ月に1本くれーしかブログ書かないし、これだって、音楽記事とも言えないし(笑)

なんか、ここは、ぐたぐたなので、新たに音楽データベースみたいな独りよがりブログでも立てようかと思っている今日この頃。

未だに、twitterの良さが分らないんで、古いメディアになりさがったけど、ブログが良いな。

なーんてね。

そのうち、東京に遊びに来たときにでもお逢いしたいですよ♪
Posted by V.J. at 2010年10月14日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。