2006年04月02日

PAUL WELLER@ZEPP東京 Apr,01,2006

今日はPaul Wellerの東京でのLive最終日!
なんとStartが5時からでした(すっかり早いの忘れていて、気付いたのが午後2時過ぎてから…手元にはAブロック2桁台前半の超優良チケが…)慌てて会場についたのが、4時10分前!
ぎりぎり、間に合って会場へGo!
最前を取ってしまった♪
で…
さえぎるものが何も無いWeller初体験(笑)
いやぁ〜今日も今日とて!!!
  
  
  
  
いつもの様に、開演予定時間が始まってすぐに客電が落ち、いつもの様にWeller御一行のご登場です♪

で、いきなりのリフ…
おぉ!
恐らくこのツアーで一番聴きたかったあの1曲!
久々に新譜に針を落とした途端に即死したあの1曲!
(V.J.は相も変わらず、AS IS NOWをアナログで買ってます(笑))

そうです!
Blink And You'll Miss It(PW frm AS IS NOW)です!!

おぉ!遂に来た♪
このリフ一発が聴きたかったんだよぉぉぉお!

余韻に浸る間もなく、
PAPER SMILE(PW frm AS IS NOW)
OUT OF THINKING(PW frm STANLEY ROAD)

で…
必ず、今日やってくれると僕が予想していた「あの」1曲!!!
ちょっと、こんなに早くやるとは思いませんでしたが…

PEACOCK SUIT(PW frm HEAVY SOUL)です!
これも、ギターが必殺即死のナンバーです♪
もう、どうにでもしてくれぇぇえ〜
当然、最前ですから、目の前にさえぎるものが何一つありません!
自由に踊れない事が不満ちゃ不満ですが、そんな不満を言っている場合では無いですよ!
Blink And〜にPeacock〜ですよぉ。
もう、これで大人しくしているヤツがいたらバカですよ。バカ(笑)

ALL ON A MISTY MORNING(PW frm AS IS NOW)
HUNG UP(PW frm SINGLE)
SCIENCE(PW frm HEAVY SOUL)
と、今回のツアーの定番の曲が続きます。
順番は若干いじって来ましたね♪今日の流れが一番良かったなぁ〜

でも、やっぱ、HUNG UPいいよなぁ〜
雄大で熱くて、、、
しっとりと歌っても別によさそうなものなのに、「熱く優しく」歌えるところが、Wellerの事好きな理由なんだろうなぁ〜などと、妙に「じーん」としながらゆったりとしたビートに身をまかせていました。

で、必殺の!
FROM THE FLOORBOARDS UP(PW frm AS IS NOW)です!
今日は、Wilkoばりのステージ・アクションは少なめでしたが、デーモンとならんで、ヘッドバンキングぢゃないけど、なんかこう…
くぅー、カッコイイゼ!
でも、改めて、こういう曲を2005年の現在、書く。そして演る。
って事自体に、とっても意味あるよね!
いつまでたっても、歳取るのを拒絶するかの様な佇まい。
でも、若いバンドには絶対出せない幅って言うのかなぁ。あえて、さらっと、Coolにキメル所がまたヤバイです。
うぅぅぅ、マジカッコイイよ!(こればっか)

WILD BLUE YOUNGER(新曲)をはさんで
UP IN SUZES' ROOM(PW frm HEAVY SOUL)
PORCELAIN GODS(PW frm STANLEY ROAD)
です!

3日参戦して、今回のツアーのハイライトはやっぱり、この2曲だと思いますね♪
特にPorcelain Godsのヘビーなビートは何度聴いても、トランス状態になります!
Porcelainの重い熱を冷ますかの様にアコスティック・セットに入ります。
お馴染みになった、THE START OF FOREVER(PW frm AS IS NOW)に続いて、またも初登場の曲が…

THINKING OF YOU(PW frm Studio150)です♪
STUDIO 150に伴うツアーは日本に来なかったので、こっからの曲をやってくれると、素直に嬉しいですね!

で、YOU DO SOMETHING TO ME(PW frm STANLEY ROAD)をやっぱり、アコギセットの方に持ってきて、そのまま、エレピ・セットに入ります。

HERE'S A GOOD NEWS(PW frm AS IS NOW)
なんかビーチックな曲で、アルバムで聴いた時は正直どうかなぁ。と、思ったけど、Liveで聴くと、とってもHAPPYな気分にさせてくれますね♪

で、続いてのエレピ・セットは…
おぉ♪LONG HOT SUMMER(TSC frm忘れた)が復活です♪
でも、客のノリが…
やっぱ、スタカンのファンは少ないのかなぁ〜
もう、純粋に楽しんじゃいました!

アコギ〜エレピセットの、まったりの時間はおしまい。
いつものように(3回も行っていると、さすがに(笑))
COME ON/LET'S GO(PW frm AS IS NOW)です!
これ、BLINK〜、FROM THE〜の3曲は、やっぱりNEW ALBUMの中でも飛びぬけた出来です!うーん、良い♪(なかなか、深みのある文章が書けません(苦笑)スイマセンです…)

AMONGST BUTTERFLIES(PW frm PAUL WELLER)では、中間の「イェーエ」を会場中で合唱♪
昨日の様な「切れた」バカ観客ばっかりではなく、HAPPYで穏やかで熱い感じが、これまた◎です♪

FOOT OF THE MOUNTAIN (PW frm WILD WOOD)
CHANGING MAN(PW frm STANLEY ROAD)
で、今日も大団円。

アンコールに応えて再度登場後は
BROKEN STONE(PW frm STANLEY ROAD)
I WANNA MAKE IT ALRIGHT(PW frm AS IS NOW)
TOWN CALLED MALICE(JAM frm THE GIFT)
今までに比べ1曲足りないのと、ちょっと、BROKEN STONEの時の客の煽りが少なかったりもしましたが、今日も良かったっす!

2時間ちょっと切る位の時間。(たぶん、曲数も1,2曲少なかったかも?)
JAMの曲が悪意という名の街だけになっちゃった。
のが残念でしたが、今日は、中野とZEPP初日のちょうど中間位って言ったらいいかなぁ。

大人になった(V.J.と一緒)Wellerのファン達もうならす演奏力の高さと、和やかさがとても印象に残った、中野サンプラザ

とにもかくにも、客もWellerも切れまくった、ZEPP初日

LIVEハウス(といっても小さく無いですが…)特有の熱気と、HAPPYで穏やかでPEACEFULLな雰囲気がうまく交じり合ったのが、今日のLIVEの感想でした。

で、今日は上の方でも書きましたが、最前だった事もあり、昨日の様な「ぶち切れた」輪の中では無く、ちょっと2階席にもにた、「隔絶された」感じのする場所だった事もあり、会場全体の雰囲気が掴み難かったんですけど、その分、ステージに集中する事ができました。

改めて感じるのは、この4人の「バンドとしてのまとまりのよさ」
今日も今日とて、エンディングのカウントをWellerが間違えます(笑)
で、そこを、バックからS.Whiteがこうシンバル一発で立て直します。
また、デーモンがギターとユニゾンになるべくところで、メタメタになります。そこで、笑いながらS.Whiteがきちっと修正させます。
やっぱ、スタカン以来の盟友。S.Whiteのこのバンドにおける位置づけ。ってとてつもなく大きいなぁ。
と、改めて、また、強烈に感じましたね。

JAMだけは、リアルタイムで観れなかったけど、スタカン、SOLOとずっと、Wellerを見続けていますが、バンドとしてのまとまりも、新作のレベルの高さも最高でした!
本人の機嫌の良さもあって、本当に夢の様な3日間を過ごさせてもらいました♪

改めて

WELLER、ありがとう!

そして…

これまでも
いまも
これからも
兄貴だけにはずっと付いて行きますぜ♪
  
  
posted by V.J. at 00:12| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(1) | LIVE観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3連戦お疲れさまです!生きてますか〜(笑
とりあえず、V.J.さんのセットリストにはリスペクト。凄くありがたい!
終わった後の僕は放心状態でですね、今となってはほんのりと記憶喪失なんですが、そんな時V.J.さんのこの完璧なセット・リストはありがたいw 今思い出しながらニヤニヤしてますよ。

僕は31日に参戦したんですが、朝からV.J.さんの記事見てコーフンでしたよ>THICK AS THIEVES
31日はやらなかったですけどね。悔しいから今聴いてます。
そして。。。同じくBlink And You'll Miss Itを期待していたので、今日のもやはり観たかったですね。羨ましい。
Posted by k53 at 2006年04月02日 02:56
このような完璧なセットリストを見ると、興奮したふりをしていますが、実は冷静に片手でメモを取りながら何もノッていない男の姿がみえるぷくちゃんといいます。

もしくはV.J.とは二人の人間のデュオ?コンサートに熱狂するヴァンと冷静にメモをするジャック・・・・(←誰それ?)

>兄貴だけにはずっと付いて行きますぜ♪

おいおいおい!とりゃああ!(足蹴り)それはお師匠様にだけ言ってね!
Posted by ぷくちゃん at 2006年04月02日 05:54
あ〜Blink And You'll Miss ItとPEACOCK SUIT演ったんですね!
31日には演ってくれなかったので羨ましいです。
家ではvynilを聴いていことが多いのですが、外ではiPodを使っているので、早速V.J.さんのセットリストを参考にプレイリストを作って(新曲は入っていませんが。。。)余韻に浸っております。
3日間お疲れ様でした。これからもvynilやWeller絡みで寄らせていただきますので、よろしくお願いします。
Posted by stylish_stylus at 2006年04月02日 09:24
 ウチの方へのコメントありがとうございました。しかし追加公演、Blink〜が凄いうらやましいです。聴きたかった。結局新作からほとんど(PanとBring Back The Funk以外!)やってますね。確かに名作だけど、ご本人も自信作なんでしょうね。
Posted by D♂ka at 2006年04月02日 10:39
>k53さん
こっちは何とか生きていますが、k53さんも死んだのでは?
札幌からの参戦、お疲れ様でした!

いやいや、曲がどーだこーだと、僕も書いていますが、トータルで見たら、やっぱ、ZEPP初日は今回ツアーのなかでも「特別」な1夜でしたよ!
マジ、良かったっすよね!

やはり、筋肉痛が出てます(爆)
今日はSTONES行って来ます(笑)
明日死ぬかも…
  
Posted by V.J. at 2006年04月02日 11:00
>ぷくちゃん
こんにちは、ヴァンです。

>実は冷静に片手でメモを取りながら何もノッていない男の姿
中野ならそれも可能でしょうけど、ZEPPのAブロックでそんな事やるスペースすらありません。
何故、完璧なセットリストが書けるかって?
そりゃ、超人的な記憶力の持ち主だからですよ。あと、ちょっとだけ、フォースのチカラを借りてますが(大嘘)

ま、それは、分かる人は分かるってことで(笑)
なんせ、あれだけの数のCDやらVINYLやら買っている割には、WELLERとSTONESばっかりですから、聴いているのは(爆)

あぁ、でも、師匠も行けてたらね…
残念です。

一応、巷では、PWの事は「ポール師匠」と呼ばれているようですが、僕にはオヤジがいますので、「ポール兄貴」と呼んでます♪



Posted by V.J. at 2006年04月02日 11:04
>stylish_stylusさん
度々のコメント感謝です!
無事、青森凱旋帰国ですね(笑)
本当にお疲れ様でした♪

>プレイリストを作って(新曲は入っていませんが。。。)余韻に浸っております。
なるほど!
そういう使い方があるんですね(笑)
僕も、ipodのニセモノ持っている&プレイリスト作成機能があるのですが、そうやって使うのですね(爆)
まったく、デジタルメディアについては無知に等しいです…
でも、僕の記事が少しでも参考になられたのであれば、僕もHAPPYですよ♪

また、ちょくちょく遊びに来て下さいね!
  
Posted by V.J. at 2006年04月02日 11:07
> D♂kaさん
コメントまで頂き感謝です!
D♂kaさんの、TOPの画像、Prettiesのにグッと来ます♪

>Bring Back The Funk以外!
おぉ、そう考えれそうですね!
スタカンの曲もやったんですから、Bring Back〜もやってもよさそうなのに…
あのカッティング、生で聞きたかったですね。

>ご本人も自信作
そう思います。
なんせ、AS IS NOWで、ジャケ裏がONE WAYですから!
あのジャケットは、彼の決意表明な気がします。
Posted by V.J. at 2006年04月02日 11:13
今頃はストーンズ、何曲目ぐらいでしょうか?
僕の予想では、今頃「Under My Thumb」演ってます(笑)。

wellerのレポ、3連発思いっきり堪能させてもらいました。ありがとうございました!
Posted by ton-goo at 2006年04月02日 19:53
初めまして。
↑のton-gooさんからのご紹介で、こちらでPaul Wellerの来日レポ、読ませて頂きました!
レポ読むとまた感動が蘇えってきて。。。
他の日も行きたかったのですが、仕事でいけなくって。。。
なので、東京でやった全部ライブのレポ読ませてもらえて良かったです!
本当に熱くて素敵なライブだったですよね。
長年のファンの方には応えられない内容だったと思います!
婦女子な私はもうドキドキしっぱなしでした。
またすぐ日本に戻って来て欲しいです!
Posted by りり犬 at 2006年04月02日 21:12
どりゃあ〜!マジで羨ましいです!
PEACOCK SUIT、HUNG UP、CHANGING MAN・・・
う〜ん、そして今日はStones!
涙が止まりません・・・・・。
詳細なレポ、ポール編は合格です。(笑)
Stones編、早く提出、お願いします(爆)
早く知りたぁぁぁ〜い!
それでは!
Posted by リュウ at 2006年04月03日 00:48
>ton-gooさん
いつもありがとう!
感謝です♪

>Under My Thumb
おぉ、残念ながら…
今日はいつもよりも始まりが押して、7時25分位にStartでしたから、、、Let's Spend〜あたりかなぁ(笑)
でも、今日も最高でしたよ!

>思いっきり堪能させてもらいました
こちらこそありがとうございます!
そう言って頂けると、気力のみで書き上げた甲斐がありました!
(今日のSTONESは気力体力共に限界なので、後日詳細版はUPします)
 
Posted by V.J. at 2006年04月03日 01:22
>りり犬さん
初めまして!
こんな場末のパチンコ屋までお越し頂き感謝です。とっても嬉しいです♪

こうやって、Wellerに行った方と、あの感動を共有できるだけで、Blogやってて良かった。って思います♪

お仕事お忙しそうですが、なんとか参戦出来て良かったですね♪
また、ゆっくりおじゃましますね!

>長年のファンの方には応えられない内容だったと思います!
はい。
長年のファンです(笑)
最高でした!!!!

では、これからも宜しくお願い致します。
Posted by V.J. at 2006年04月03日 01:25
>リュウさん
ヤバイでしょ?
PEACOCK SUIT予想通りやったよ♪
いやぁ〜、Weller最高!
今、STONES終わって、手抜き記事UPした後ですが(笑)
当然、STONESも最高!

もう少し、時期をずらして来て欲しいよ。。。
カラダぼろぼろだよ(苦笑)

>Stones編、早く提出、お願いします(爆)
もうね、リュウさんがプレッシャーかけるから、出血サービスで、簡潔篇UPしましたよ(笑)
それも、オマケ付きで!
われながら、ここまで上手く撮れるとは…
ちょっと、マジでヤバイ写真なんですぐに消しますが(笑)
明日朝までに見れるかなぁ〜


Posted by V.J. at 2006年04月03日 01:33
拝見さて頂きました!
申し訳ございません!(笑)
写真、Good!
もう10回は見ています。(笑)
行きたかったあ〜!
>リュウさんがプレッシャーかけるから、出血サービスで、簡潔篇UPしましたよ(笑)

本当に感謝感激です!愛しています!
仕事しながらSet Listを考え、
何も手に付きませんでした。(笑)
それでは!
Posted by リュウ! at 2006年04月03日 01:40
>リュウさん
写真別に気にするこたぁ無い。ってコメント頂いたんでもう少し置いておきます(笑)
もう数枚UPしてみますんで、楽しみに(爆)

朝起きる度に、3連戦の疲れが溜まっているのが分かります…

あとは名古屋を残すのみ!
今日明日は体調を整えます♪
Posted by V.J. at 2006年04月03日 09:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[MODS before-after]一夜限りのPaul Weller祭り(1)
Excerpt: はぁ...やっと書けるような気がしてきた。なんか書いちゃうと思いっきり過去になっちゃう気がして。iTunesでつくった3/29のセット・リストをPlayしながらボチボチといきますか...。4月最初の..
Weblog: 丘モッズのPAUL WELLERになりたい
Tracked: 2006-04-21 19:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。