2006年02月26日

「デフな」1枚

いやぁ〜、トリノ・オリンピック♪
荒川静香選手の金メダル!
演技の素晴らしさよりも、滑り終わった後の、「どうだ!」と言う、凛としたお姿に、グッと来たV.J.は、やはりドMなのでしょうか?
小娘を寄せ付けない存在感。さすがです!

と、本編とは1ミクロンも関係の無い、ツカミネタ!(いつものことです)
で、本編ですが、待望の?「…な1枚」最新作♪(誰も待ってないって!)

「デフな1枚」です!
(ここから先は、写真ばっかりです。重いので注意)
  
  
  
  
デフ??
デフ・レパード???
デブ????
いやいや、
レココレ野郎、紙ジャケ野郎共に、大好物なものの一つとして、「デフジャケ」ってもんが、この世には存在します。
different jacketの略だと思います。
デフジャケとは、通常盤と、「ジャケットの意匠が異なる盤」の事を指し、有名なところでは、STONESのS.フィンガーズのスペイン盤。これは、ジッパー・ジャケではなく、缶の中から指がぬっっと出ているジャケだったりします(詳しくは過去記事を見てね!)

そんなデフジャケ好きが行き着くのは、「各国盤」の世界。
日本盤やら、フランス盤、オランダ盤、はては、イスラエル盤とかまで♪
そんな各国盤の中でも、横綱が約1名おります。
レコジャンキー、紙ジャケジャンキーの方々はもうお分かりかと思います。

華麗なる「ロシア盤」の世界

をちょいと紹介。(今回紹介するブツは有名なので、知っている方も多いかも、もはやネタ切れ気味のこのコーナー…)

今も精力的に、ビートルズの紙ジャケとか、バンバン発売しているロシア盤。
オフィシャル・ブートとも言える、「なんでもあり」のお国柄♪
昔から、びっくりするよーなもん、出してくれています!

こんなコーナーで紹介するはずぢゃなかった、ZEPの名盤達ですが!
ここで、初登場です!!

誰が何と言っても最高傑作のU

DSC_01.JPG

のロシア盤

DSC_02.JPG
ふーん。タイトル文字がロシア語。
まぁ、デフジャケって言えば、デフだよね。
V.J.もさすがに、ネタに困ったのかぁ〜

…あれ?
ちょっと、寄って見ましょう♪

本家

DSC_03.JPG

デフ

DSC_04.JPG

おぃ!アイコラじゃねーか!

最後段左から二人目←→右から二人目
最前列しゃがんでいる人←→中段左端

なんで、わざわざ、首をすげかえる必要性があるのでしょうか?
意味が分かりません(デフ度1)

ジャケの内側も微妙に…

DSC_05.JPG

キラキラしすぎだぞ、おぃ!
何故、ここまで似せるなら、同じく書けないのか?!
謎です。。。

で、次は、ハードなだけじゃないぜ!のV

DSC_06.JPG
本家とデフの揃い踏み!

なんか、微妙に似ていますが、微妙に違います。
ディテールを検証してみましょう。(真面目な、オリジナル盤紹介記事風)

決して、本家には存在しない「誰か」
誰だ!

DSC_07.JPG

誰だ!

DSC_08.JPG
イギー・ポップでしょうか?(爆)←絶対ちがう!
(ちなみに本家にネコはいません)

誰なんだ!

DSC_11.JPG
誰だ!
サルだ!
…本家にサルはいません。
ちなみに、ロシア教会の絵とかに登場しそうなお方も当然いません。

ZEPVの本家のジャケットはUKの田園の四季に暮らす人々の生活と自然を表現しています。
春はチョウチョが舞い、花が咲き誇ります♪
本家

DSC_09.JPG

デフ

DSC_10.JPG

蛾ぢゃないか!おぃ!!

ちょこっと写っているお方、当然誰か不明です♪
全体の造詣は、凄く似てます。
ディテールが全く違います!
なかなか、通好みのデフな1枚でした。(デフ度3)

Wを飛ばして、新境地を切り開いた『聖なる館』

DSC_17.JPG
本家

DSC_18.JPG
デフ

これも、ぱっと見、違いが分からないです…
でも、なんか良く分からない城壁みたいなとこを登っている女の子の数やら、ポーズが微妙に違います。
本家裏面のジャケットと、表面のジャケットのポーズを混ぜて1枚の絵にしている模様…
でも、そこにも、デフの罠が…

本家

DSC_19.JPG
今、まさに、城壁を越えようとしています!
囚われの身からの開放を暗示しているのでしょうか?
新たな1歩を歩みだした、ZEPにふさわしい、構図です!


デフ

DSC_20.JPG

バンザーーイ

登ってないです。
ばんざいしてます。
断じて、「デフ」です!
(デフ度2)


そろそろ本題(えっ、今までは、フリ? 前座? 笑点の小喜利?)
全ROCKアルバムの中でもTOP3に入るであろう、当然、LED ZEPPELINの中でも最高傑作と言われるW

本家

DSC_12.JPG

デフ

DSC_13.JPG

あ゛…すみません、あまりの事に、ピントを合わせる手が…
もう一度!

デフ!

DSC_15.JPG

…いくらなんでも、これは無いだろ。

ちょっと、寄ってみましょう

DSC_14.JPG

おっさん、すっかり仕事サボって、タバコふかしてます。
おやすみ「満喫」です♪

本家

DSC_16.JPG
厳しい労働です。
蒔しょってます。
自然と対峙する人間の姿です。

改めてデフ

DSC_14.JPG
労働サボってます。
蒔の量、明らかに本家よりも少ないです。
きっと、今吸っているタバコ、ポイ捨てするに違いありません。
心なしか、顔、酒焼けしてます。

デフです。
いやむしろ、デブです。

本家の過酷な労働をしていれば、こんなに腹部はふくよかではありません。
自然の芳醇な恵みを現しているのでしょうか?
そんなはずはありません。

永久凍土で強制労働させたいです。

(デフ度1000)

音?
下と上がばっさりと切られて、聴ける代物ではありません!
コレでは、ロシアではROCKは育ちません。

あぁ、こんなものを、ついにわざわざ買ってしまうところまで来てしまった!
こんなV.J.こそが、レコードコレクターぽいが、実は、まともなコレクターでは断じて無い事が判明。。。

俺こそが…

デフなヤツなのかぁぁぁ!






追記:一応、ホンモノのVINYL JUNKIEである事の証明(もう遅い?)

LED ZEPPELINですが、Tは、アメリカ録音になります。US盤が実はオリジナル盤です。
 ↓
DSC_21.JPG
US ORIGINAL ATOCOカラー!!!!

激レア、ATOCOカラーのアトランティック盤です!
デモバージョン(ラフ・ミックス)収録の唯一のレコです!

本家が既に、ミスプリの連続!
 ↓
DSC_22.JPG
UK ORIGINAL LIVING LOVING WRECK表記盤!!!

これも、かなりレアと思います。
本来、Living Loving Madeが正しいのですが、ファースト・プレスに限って、MadeがWreckになっています。(ファースト・プレスには諸説あり)
PYEプレスの手書きマトのレコも、MFSLも所有していますが、低音の響きの桁が違います!
コレ聴くと、他のUは聴けません。いやほんと、マジで!

Vにもミスプリ盤が…

DSC_23.JPG
UK ORIGINAL CELEBRATION表記盤!!!

コレもレア。本当は、Celebration Dayが正しいですが、何故かDayがどっか行ってしまってます(笑)
マトは両面7なので、両面マト5の次のプレスでしょう。(当然、両面マト5も所有しています。)

WはWで…

DSC_24.JPG
UK ORIGINAL ステッカーレーベル!!!!

プロデューサー表記やらなにやら、ファースト・プレスと、それ以降の盤は異なります。
過渡期のレコには、なんと、レーベル面にシール貼って、ごまかしてます!
こいつもレアと言われてます。

あぁ、こうした、本家のレアで、きちっと、音の違いを熱く語りたかったのにぃぃぃ!!!
別に、そっちは、誰も待っていないと思いますので、やはり、馬鹿レコ道に邁進致します♪

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

ZEP持っていない人は少ないと思いますが、お約束の…

やっぱり、Uを聴かないと始まりません。
個人的には、Wよりも好きです!
Led Zeppelin II
  
  
と、言ってみたものの、VがZEPの中では、一番良く聴きます。
Led Zeppelin III
  
  
もしもZEP初体験!(いないか・・・)だったら、迷わずWでしょう
Led Zeppelin IV

別に聴かなくても…
Houses Of The Holy




posted by V.J. at 00:09| 東京 ☁| Comment(20) | TrackBack(1) | 『…な1枚』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZEPのデブジャケは本物?
だって、あのおっさん・・・
信じられない。
あんなものが実在するのか。
本当にオフィシャル??
V.Jさん、ガセネタはいけません。
入院させちゃいますよ。
Posted by 名盤! at 2006年02月26日 01:31
どうも初めまして!フレさんのブログから飛んできました。いやぁ、いいですね〜!レコード話が充実してて、最高です。
デフジャケ…ツェペリンWは面白いですね〜。やはりロシアはデフジャケの宝庫ですね。。。
Posted by いたち野郎 at 2006年02月26日 06:20
>名盤!さん
コメントありがとうございます!

>本当にオフィシャル??
ねぇ〜
良く分かりません(笑)
一応、音源使用の許可は得ているとは思います。
ライセンス販売もの?
昔、レココレのZEP特集の際に、各国盤ジャケットとして、掲載されているのを見た事があり、実はその時から、実物を見てみたい!って思っていました!
まぁ、「オフィシャル・ブート」の位置づけかも

>入院させちゃいますよ。
それだけは。。。
これからSKIへGoですので、名盤!パワーで骨折らないようにしないと(笑)
お願いですから、入院させるパワーをこっちに送らないで〜。。。(爆)
Posted by V.J. at 2006年02月26日 07:48
>いたち野郎さま
こちらでは初めまして!
僕も、各所でお名前だけは、拝見しておりました。宜しくお願い致します!!

>やはりロシアはデフジャケの宝庫
そうなんです!
…それにしても、ZEPは酷すぎます(笑)
買わずにいられませんでした(爆)

「…な1枚」シリーズ、いつの間にか、うちのメインコンテンツになってしまいました。
しかし、今回、蔵出ししてしまいましたので、もうネタが尽きました(苦笑)
これからは、真面目な音楽Blogになりますので、
引き続き、ご贔屓の程、宜しくお願い致します!

ちょっと、これから外出してしまいますが、帰り次第、改めて、いたち野郎様の所、おじゃましますね♪(やっぱ、ザッパワールド??)
  
Posted by V.J. at 2006年02月26日 07:53
 V.Jさん、2回目のお邪魔します。
いやあ、流石ですね。『おバカ』なようで、実は愛情溢れる気持ちが伝わってきました。
 それにしても、恐るべし!ロシア盤ですねえ。LPといい、CDといい、まさにやりたい放題の無法地帯じゃないですか。
著作権という概念が無いんじゃないですかね。(笑)

>これからは、真面目な音楽Blogになりますので

 いえいえ、一度道を踏み外してしまったら元には……ピー♪(自主規制)
次回も期待しています、とプレッシャーを与えてみる。(爆)
Posted by 白熊音盤店 at 2006年02月26日 09:26
面白い、面白すぎる!
ロシア盤かぁ〜って見ていて何枚か持ってたけど始めからコバカにしてたのでデフジャケ当然と思ってたからなぁ。どっちかと言うとロシアじゃ正規盤作れないからこういうジャケットにしてるんだろうなぁと思ってました。しかし、個人的にサードが一番笑った。V.Jさんに指摘されなければここまで細かく見なかったので、心から笑った。ありがとうっ!
気になってるのはファーストのアトコ盤のみに収録のデモバージョンと呼ばれるものなんですが、どの曲のどこがどのように違うのか教えて下さい〜〜!
Posted by フレ@ロック好きの行き着く先は… at 2006年02月26日 11:50
どうもこんにちは。
ロシアってすごい国なんですね〜。
「V」とか最高ですね、サルとか蛾とか。
ロシアの会社の『遊び心』で改造しちゃってるんでしょうか?

ツェッペリンはWしか聴いた事無いのですが、このロシア爺さんはショックです(笑)。
こんなあからさまに変えちゃうのはやばいですよね。
しかも一服してますね〜。

これからも面白いネタ、期待してます〜。
(↑プレッシャーかけてるようですいません)
Posted by 級長 at 2006年02月26日 18:02
ぎゃはは〜(笑

実は私もロシア盤には興味を持っていつつも、単に「変なジャケだな〜」程度の認識でした(特にW)が、まさかVにこんなものが隠されているとは!
でも個人的にツボにはまったのは「バンザーイ」ですが…。

本家レア盤の記事は私も楽しみに読ませて頂いていますが、もう皆が待っている記事が何なのか、V.J.さんもお判りですよね(笑
Posted by Blue1981 at 2006年02月26日 19:21
本来ならばぷくオヤジの一番カマしたかったような今回のエントリ、オヤジがコメントに躊躇しているのではないかと気をもんでいるSYUNJIです。(大ウソ)

いやあロシアンアナーキズム、すごいですね。
ボンゾの立ち位置が変わってるってのは、いったいどういう意図戦略でそうしてるのか・・・
まるっきりパロディとかチャカシとも思えない半端さにかえって恐いモノまで感じます。
本当なら薪を背負ってたはずのおっさんも、なんだか「あ!やべえとこ撮られちまった」風情で、ロックのジャケットじゃないですよ。
せめてカッコウだけ合わせるとか、薪じゃなくてタンス背負うとか、やりようがあるだろロシア!!(何故か怒ってる)
まだまだ氷の大地には強豪が眠っていそうですね。
Posted by SYUNJI at 2006年02月26日 21:56
>フレさん
喜んで頂けて光栄です♪

>始めからコバカにしてた
ダメダメ、そんな態度ぢゃ!
お宝が永久凍土の下に埋まってますぜ!
馬鹿レコの宝庫です!

あ…フレさんは、真っ当な音楽ジャンキーで、馬鹿レコジャンキーじゃなかった(笑)

>個人的にサードが一番笑った。
なかなか、「通なデフ」でしょ?(何語だ!)
これ、もっと細かくみると、なんだこれ?のオンパレードです!
お持ちであれば、再度、オリジナルデザインと並べて見比べて下さい!

>どの曲のどこがどのように違うのか教えて下さい〜〜!
デモバージョンって言うか、ラフミックスって言うんでしょうか?特にB面の定位がオカシイんですよ。最初はあまり気付きませんでしたが、どこかのサイトで(どこだったか思い出せません、、、すみません。)指摘されていて、慌てて聴きなおしたら、確かに、B面が全体的に、センターに定位すべき音が、左Chにズレている感じなんですよね。(ごめんなさい、デモぢゃなかったですね。MIX違いが正確でした…)
これだから、馬鹿レコ・ジャンキーは、ダメなんですよ(爆)
 
Posted by V.J. at 2006年02月27日 00:31
>白熊店長
コメントありがとうございます!
もう2度もお越し頂いたって事は、レギュラー・コメンテイターって事で、これからも末永く、宜しくお願い致します(爆)

>無法地帯
そうです、やばいっす、露盤
ロシア買い付けに行きたいです(爆)

>一度道を踏み外してしまったら元には
最近、気合入れて掘ってないです。
ちょっと、視点変えて、また喜んで頂けるようなブツ探しに、邁進するしかないですかねぇ(苦笑)
Posted by V.J. at 2006年02月27日 00:33
>級長さん
度々お越し頂き感謝です!

>ロシアの会社の『遊び心』で改造しちゃってるんでしょうか?
恐らく、そんなキレイな動機ではないと思います。もっと、汚いオトナの事情が隠されている気がします。
とっても似ているが、あえて、パチもんと分かる様なサインを盛り込まなければいけない事情…

本国のアトランティックには、無許可でしょう。きっと、このジャケは(笑)

級長さん。
オトナってとっても、キタナイイキモノなんですよ(激爆)
だから、いつも、キレイなココロを忘れないでね(説教風)
  
Posted by V.J. at 2006年02月27日 00:46
>Blueさん
ナニワ・サリバン・ショー参戦オツカレサマです!
どうでした?
これから伺いますね!

>個人的にツボにはまったのは「バンザーイ」ですが…。
(ガッツポーズ♪)あそこは、笑ってもらいたくて、狙いました♪
いやぁ〜、キマシタか?
うれしいなぁ〜
でも、バカでしょ?
ロシア盤

>もう皆が待っている記事が何なのか、V.J.さんもお判りですよね
えっ?
何?
経済の話ですよね?
混迷する経済情勢とdjふぁヵjfkdふぇ
うぅぅぅ…イッパイイッパイです(爆)

また、変なものを見つけたら必ずUPします!
Posted by V.J. at 2006年02月27日 00:55
>オジキ
むさいトコロまで、何度も足を運んで頂き恐縮です。

>オヤジがコメントに躊躇しているのではないかと気をもんでいる
オヤジ、ヘンチクリンなバトン渡して、ちょっと激っているんすかね。
って言うか、体調がまた、お悪いご様子。。。心配です。
このバカ乗りに、テンションを上げるのもツライのでは…と。。。

>いったいどういう意図戦略でそうしてるのか
ちょっと、Uだけは、マジで意味が分かりません。Vみたいに、構図は全く同じ。でも、パーツが全部「ロシア製」ってのは、とても良い意味での「狙い」が見えて最高なんですけどね。
やっぱ、「同じジャケの構図を『使えない』事情」が見え隠れしている気がしてなりません。

>ロックのジャケットじゃないですよ
このアナクロぢゃなかった、アナーキズムがロックかも?(爆)

>まだまだ氷の大地には強豪が眠っていそうですね。
オジキ!
次の夏にでも、『永久凍土発掘ツアー』にでも行きませんか?
オジキのとこで、本出させて下さい(激爆)

レココレ・ジャンキーなんて本に負けてられません!(ちなみに過去記事⇒ http://vyniljunkie.seesaa.net/article/12671423.html )(宣伝攻撃!)
 
Posted by V.J. at 2006年02月27日 01:06
もはや、持っている情報量の多さの違いから新しい笑いを生み出すことには、完全に兜を脱いでいる「元」師匠のぷくちゃんと言います。

いやー。本当に凄いですよね。私唯一行った事のある海外旅行。それがソビエト!大学卒業のときでした。

その時に汚いジーパン(ジーンズではない)をはいて行ったら、お金持っていそうな若者から「売ってくれ」と頼まれました。懐かしい思い出です。

ロックに対する偏見は相当なものでした。元のジャケットのどこが問題なのか?東西ドイツの壁を乗り越えると拙いから、東側で少女がバンザイ?(←馬鹿)

しかし、私が一番注目したのは最後の一行紹介。V.J.のZEPへのそれほどでもない愛が見え隠れしています・・・
Posted by ぷくちゃん at 2006年02月27日 05:52
はじめまして、V.J.さん。
lonehawkさんのブログ(Downliners Sectの記事)を通じて、やって参りました。

自宅で利用のブラウザがIEでないことが原因なのか、本文の背景が透けてしまって読み取りづらいために勤務先にて拝見しました。

笑いをこらえるのに必死でした。抱腹絶倒ですね、これ

ロシア盤の持つ魔力もさることながら、書き手としてのV.J.さんの力量によるところ大ですね。

The Kinksの記事にも感銘を受けました。今後も勤務先からこっそり拝見させて下さい。よろしくお願い申し上げます。
Posted by chitlin at 2006年02月27日 23:35
>chitlin様
初めまして!
コメントありがとうございます!
loneさんの正当音楽Blogから、こんな、場末のパチンコ屋(レギュラーコメンテイターが、会社帰りにちょこっと寄って、遊んで行く場所。釘甘めにしときました♪)まで足をお運び頂き感謝です!!

>本文の背景が透けてしまって
ごめんなさい。
結構、多くの方からお叱りを受けています。
うちでも、Firefoxだと全く読める状態ぢゃないです。
なんか、IE以外とは、異様に相性が悪くて…
CSSとかHTMLとか、素人の癖にいぢりすぎてしまい、もはや修復困難な状態なので。。。ご迷惑をおかけします。誰かPCの達人!治し方教えて!!!!

>勤務先からこっそり拝見させて下さい
不都合をおかけして申し訳ありません。
きっと、そのうち、いつか、いつだか分からないけど、きっと無理かもしれないけど…

必ず直しますので、見捨てないで下さいませ(苦笑)
Posted by V.J. at 2006年02月28日 00:30
>P師匠
変なバトン回したもんで、怒り心頭かと思い、ちょっとシクジッタ感を持っていたV.J.です。

>V.J.のZEPへのそれほどでもない愛が見え隠れしています・・・
やっぱり?(爆)
everさまからもご指摘頂いてます♪

前、師匠のとこのコメで書いた記憶があるのですが、若かりし頃は断然パープル派でした(笑)
ZEPを良い。って言っているヤツラの気が知れない。なんぢゃ、ありゃ?って思っていました。
今は、完璧にZEP派で、パープルなんて、何年聴いていないか分かりません♪

でも、正直、あんまり、聖なる館は、今でも好きになれなかったりするんですよね。(あ…師匠の選手権ネタ?)
Posted by V.J. at 2006年02月28日 00:35
いやー大反響ですね。
それにしてもこの熱量といい、痒いところに手の届く細やかな文章の流れといい、そして溢れ出るレコ愛!

わたしゃ笑った後で感涙してしまいましたよ。こんな凄いのをタダで公開しちゃっていいんですか?お金取れますよ!?

ところでレイドバック中のわたしは密かに息抜き用の別ブログを立ち上げました。公開するほど大したものではないのですが・・・よろしければお越し下さい。
Posted by カナ at 2006年03月01日 02:06
おぉ、穴金よ!
こんな夜中に、こんなとこにコメ入れてないで、まずは本業に邁進せよ!

…と、いいたいとこだけど、コメありがとう。
兄弟子を忘れないでくれたのね(号泣)

>こんな凄いのをタダで公開しちゃっていいんすか?
今、カナさんにメールを送りました。
振込み口座番号が記載されています。
国政調査権を発動されるまえに、とっとと振り込んで、メールは削除しておいてね♪

P.S.
忙しいとばっかり思ったら…
今から伺いますね♪
Posted by V.J. at 2006年03月01日 02:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Led Zeppelin - Led Zeppelin
Excerpt:  遂に本ブログに登場してしまった大物中の大物です。本人にしてみるとビートルズやストーンズよりもどんなバンドよりも敬愛する史上最高のロックバンド、レッド・ツェッペリンで??
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2006-02-26 11:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。