2006年02月15日

「何もここまで…」な1枚

中古VINYLを漁っていると必ずぶち当たる一つの壁。
それは、どれだけ、コンディションの良いVINYLを格安でGETするか。って事。

V.J.はジャケの状態には比較的寛容です。
問題は、レコのコンディションが、ちゃんと「鑑賞するに耐え得る」状態としてキープされているか。って事。

なので、我家には、そこら中に持ち主のサインやら購入年月日をついつい「書いて」しまったジャケットがごろごろしています。

DSC_0226_sf.JPG
我家のお宝、Small FacesのOGDENですが、MONO、STEREO両方とも、(恐らく)I購入日がしっかりと書いてあります。(1968年の6月25日と、8月30日…確か、英発売が68年1月だったと思いますので、半年後位にご購入って事になりますね)
こんな程度は、もう全然OKなのですが…
  
  
  
  
随分と探し回っていた、UKチンピラ・ロックの最高峰!
パンクだグランジだと騒いでいるヤツはこれを聴いて、ひっくり返ってくれ!
の1枚!

DOWNLINERS SECT / THE SECT

DSC_0227_1.JPG
UK Columbia Original MONO!

本国イギリスでは全く人気が出ずに、北欧で何故か人気爆発だったグループの1st Albumです。
人気が出なかっただけあって、プレス枚数もそれ程多く無い模様で、日本で状態の良いコイツラの1stは殆ど見かけません。見かけてもちょっと手の出ない値段だったりします。。。

STONESよりもワイルド、でも、PRETTY THINGS程下品じゃない。
性急で、ラウド。でもブルージー
Vo.はガレージの元祖って感じ?チンピラ丸出しの、叩き付ける様な歌い方!
カッコイイ!
の一言しか思いつかない位、イカシタヤツラ♪

で、ジャケはまぁ、経年劣化。って程度の痛みですが…
信じられない位の値段で、数ヶ月前に、やっと見つけました!
当然、視聴しましたが、EX+++位の状態の良さ!




でも、安かったのには当然罠が…
 ↓
DSC_0228_2.JPG

おぃ!

いくら落書きするにも…程があるだろ!

でもでも、よく見ると、このラクガキ…
かなりイケテます♪
あまりにもバカなんで、詳しくご説明♪(もっとバカ)


1.断じてメンバーではない4人は誰なんだ!
 ↓
DSC_0230_5.JPG
SECTSのメンバーでは断じて無いです。
そもそも5人組です。
それにしても、売れなさそうなヤツラ…
高円寺の下宿でキメてから、「七つ森」でクイックシルバー聴いていそうなヤツラです。
  
  
2.リーダー登場!
 ↓
DSC_0229_3.JPG
リーダー、色付きで堂々登場しています!
しかし、ライナー・ノーツの影に隠れて、体半分位しか見せていません。
きっと、奥ゆかしい方だったんでしょう…
 
 
3.下書きは、せめてチラシの裏にでもしろ!!
 ↓
DSC_0231_4.JPG
恐らく、リーダー(本人)の習作でしょう。
へたっぴぃな花柄まで練習してます。
下書きの時点から、カラダ半分隠れています。
本当に、奥ゆかしい証拠です。
これでは、「俺が俺が」のSHOWBIZ界では生き残れません。
  
  
4.おぃ!ラクガキでコラボるな!そこ!
 ↓
DSC_0232_6.JPG
チョット、絵のタッチが違いすぎます。
恐らく、何番目かの所有者が、先人の素晴らしすぎる作品に、自分も参加したくなったのでしょう。
でもね、やっぱり、半分隠れて、きょろきょろ見回しています。
次の所有者の方もきっと、奥ゆかしいに違いない。
  
  
5.感想文は日記に書こうね
 ↓
DSC_0233_7.JPG
SECTSの音にヤラレテしまったのでしょう。
そのキモチ、分かります。
グッド・ハーモニカ・プレイング・アンド・グッド・ギタリング
と、読めます。
…ギタリング?
そう言う風に言うのでしょうか?
僕は、今、ブロギング中ですが。
  
  
6.奥ゆかしいと思ったら…厚かましすぎるぞ!おぃ!
 ↓
DSC_0234_8.JPG
最高にブルージーなハープに特にヤラレタのでしょう。
このラクガキの主人公は、RON JOHNSONと言います。
調子に乗って、RONの野郎は、自分をハーピストとして、メンバー・クレジットに入れてます!
奥ゆかしいと思っていました…前言撤回です。
厚かましすぎです!
  
  
7.厚かましいにも程があるぞ!
 ↓
DSC_0236_9.JPG
RONのヤツ、A面の最後に、自身の曲をクレジットしてます。
『SECT A PILL』って曲らしいです。自分で曲作ってます!
ちなみに、本当の最後の曲は、『SECT APPEAL』って曲です。
イッチョ前に韻を踏んでいます(爆)
厚かましいのを通り越して、妄想壁のある、ちょいと危ない野郎です!

まぁ、これだけ書き殴れば、ジャケの価値はほぼゼロです。
盤質が、マジで良かっただけに残念です…

残念?
音よりどう見ても楽しんでるじゃん、オマエ!(一人つっこみ)

いやはや。
堪能しました♪

堪能ついでに、気がかりなのが、RON JOHNSON氏そのもの…

ググって見ました(爆)

急遽開催!「ロン・ジョンソンは誰だ!」選手権。
ぷぉぉぉぉぉぉお(ほら貝)←パクリ


1.アップルの小売販売部門の責任者、Ron Johnson氏!!
エッ、ロンちゃん、もしかして音楽好きが高じて、iPODのマーケティング戦略とか全て立てた張本人だったりして…
 ↓
ref_ronjohnson.jpg
うむ…
我等がロンちゃんは、こんなMBA取ってビジネス最前線にいます。って感じの『嫌な』アメリカ人では断じて無いです!


2.ロン・ジョンソン画伯!!!(ギリシャ在住)
エッ、やっぱ、ロン氏は画家になっていたのか…
青年時代の習作として、サザビーズでオークションかけようかな♪
 ↓
ronpic.jpg
ロン氏の作品です…
いくらなんでもタッチが違い過ぎます。
日本家屋の洋風応接間に飾ってある絵ぢゃないか。。。これじゃ…


3.インディ・レーベル・オーナー!その名も RON JOHNSON RECORDS!!!!
おいおい、ビンゴかも…
カタログナンバーが、RON-1〜とか、自分の名前に…
この厚かましさ、まさに、うちに嫁いだロンに通ずるモノが…
ここにメールしてみようかなぁ〜♪
オマエだろ!ロン!!
って。

あ…いつの間にか自分が妄想癖のカタマリになっていた(爆)

とにもかくにも、十二分にモトを取った、大満足のレコードでした♪

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・
posted by V.J. at 01:29| 東京 🌁| Comment(22) | TrackBack(1) | 『…な1枚』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぷぷぷ〜(笑
こんな夜中に爆笑です!
「みんなでRON氏を探そう企画」でも開催しますか?

V.J.さん、今後はこの路線でお願いします!
Posted by Blue1981 at 2006年02月15日 02:13
ちょっと、マスター、帯。


面白すぎです!


夜中にあんまり笑わせないで下さい。
しかしRON JOHNSON 氏、なかなか絵心ありますね。リーダーがかもし出す味わいが、なかなか・・・。
Posted by カナ at 2006年02月15日 02:53
師匠の記事を大きく超える面白さに、そろそろ帯ワンの抹殺を考えているぷくちゃんと言います。

いやあ、朝から笑ってしまったね。(←じいさんなので早起き)でも外人の落書きって芸術的。(←外国かぶれの馬鹿)日本の男の子がチューリップを書いてあるよりずっとよろしいおま。

>これだけ書き殴れば、ジャケの価値はほぼゼロです。

いやあ、このジャケ何度も笑えるので価値は高いのでは?半分隠れたリーダーに自分と同じ奥ゆかしさを感じます。
Posted by ぷくちゃん at 2006年02月15日 05:52
久々にお腹の底から笑った感じです、、
鬱な気分も吹き飛んで行きました。。
ジャケだけでも十分面白いのですが、それ以上に、VJさんのツッコミに大笑い!!
Posted by ぱてぃ at 2006年02月15日 20:24
>Blueさん
コメントありがとうございます!
「…な1枚」
なんとかシリーズ化出来るように、日々レコ屋に寄ったら、他の人とはチェックすべきポイントを変えてこれから臨みます(笑)

>「みんなでRON氏を探そう企画」でも開催しますか?
しましょう♪
RON=奥ゆかしく見えるが、実はめちゃくちゃ厚かましいヤツ。
会社や学校にも必ずいそうですよね(笑)

>今後はこの路線でお願いします!
一応、真面目な音楽Blogのはずだったんだけどなぁ〜(爆)
ぢゃぁ、この路線で行きますか!(もう行ってる?)

Posted by V.J. at 2006年02月16日 00:07
>カナさん
いつもありがとう!

>面白すぎです!
正直、自分で書いた記事読み直して笑ったの初めてです(爆)
我ながら、これは、見るだけで何度も笑えます。

ずっと探していたアルバムなので、取り置きしてもらったんですけど、レコ屋の店長と、腹抱えて笑いましたもん♪

>リーダーがかもし出す味わいが、なかなか・・・。
奥ゆかしさとそこはかとなく漂う哀愁が…
笑いを誘いますよね!

もう、さすがにここまでのすげージャケには出会えない気がします。
Posted by V.J. at 2006年02月16日 00:11
>師匠
コメントありがとうございます。
正直、ここまで楽しんでもらえるとは思っていなかったですよ(笑)

>半分隠れたリーダーに自分と同じ奥ゆかしさを感じます。
やっぱり?
自分で奥ゆかしいと言うトコロなんぞ、RONと同じ、厚●ま●さを感じます(激爆)

…あ゛、dkjfgだふぉいjfl、けjf;あ
ずびばぜん゛、きゅヴに、だでがびなぐだでて、うばぐじゃべめまぜん…

(ここから先は筆談で)
少々、ナマ言い過ぎました。
お願いですから、今月の上納金は、オヤジを喜ばせたご褒美で、少々マケテ頂ければありがてぇのですが。。。
Posted by V.J. at 2006年02月16日 00:16
>ぱてぃさん。
マイド♪
コメントありがとうございます!

>鬱な気分も吹き飛んで行きました。。
ホント?
嬉しいですよ!そう言ってくださると♪
こんなバカ記事でも誰かの役にちょびっと立てた。ってのが、バカ道に精進しよう。って気にさせます!


…なんか、今回、絶賛の嵐だなぁ(苦笑)

ま、喜んでもらえるなら、いいのか!
それで!!

ちょっと、変な所に拘っていた気がしました♪
Posted by V.J. at 2006年02月16日 00:32
うおっ!V.J.さん、新境地を開拓されましたね!
もの凄い笑わせていただきましたよ、ホントに(←絶賛の嵐は終わらせない・笑)

これだけジャケに落書きするRON JOHNSONのことだから、おそらくは他のレコにもしてるはずですよね。各地の中古レコ好きブログに呼びかけてRON JOHNSONジャケを捜索してみては?
V.J.さんが日本屈指のRON JOHNSONコレクターとなることを希望します(笑)
Posted by prodigal at 2006年02月16日 01:18
>所長
私がスペースを借りているSeeSaaのサーバートラブルでお返事が遅れて申し訳ありません。

>新境地
いやはや、私の敬愛するみうらじゅん氏は、ディランのVINYLに『nice price』マークのシールが貼ってあるだけで、『別のレコ』として認識する様なバカです。
これからは、レコ屋に行くときはこの路線を主軸に据えて掘る事にします!

>日本屈指のRON JOHNSONコレクター
望む所です♪
でも、特定のBlogにしか出入りしない私は、お友達が少ない(爆)

近日、RON JHONSONを探せ!の記事で、皆様のRONを募集しようと考えていますが、いかんせん弱小Blogなんで、所長のとこでも、大々的に宣伝・協力してもらえますか?(丁寧風の書き方&厚かましいお願い!これぞRONの道)

Posted by V.J. at 2006年02月17日 10:47
私も大爆笑させていただきました!!
しつこく更に絶賛の嵐!!

最初に見た時は、かわいい絵が入った裏ジャケかと思っていましたが、全部落書きだったとはね〜

自分の名前をレーベル名にするくらいですから、そのインディレベルオーナーは、犯人の匂いがプンプンしますね〜
二人とも自己顕示欲丸出しだし!

私もジャケを調べた方が良さそうですね。
もしかしたら、RON JHONSONの落書きは超プレミアかも知れないし!(爆)

ちなみに私は、A面の1曲目だけが聴きたくて、ひん曲がって聴けないジャンクレコードを買った事があります。
(THE SCANDALというちょっとだけ売れたバンドでした)
Posted by HAPPY at 2006年02月17日 19:33
>HAPPYさーん
コメントありがとうございます!

>私もジャケを調べた方が良さそうですね。
お願いします!
この後、記事をUPしますが、「お宅のRONを探せ!」を募集します(爆)

>SCANDAL
なんか、名前聞いた事あるような、無いような…
微妙なバンドぽいですね(笑)
僕もそんなレコばっかですよ♪
Posted by V.J. at 2006年02月17日 23:05
どうもです〜。

>所長のとこでも、大々的に宣伝・協力してもらえますか?(丁寧風の書き方&厚かましいお願い!これぞRONの道)

あ〜っはっはっは〜!厚かましくて最高!(笑)

じゃあ、どうせならウチで書きませんか?
Posted by prodigal at 2006年02月18日 23:26
所長!
告知記事書こうにもSeeSaa,メンテに次ぐメンテで記事UP出来んのですよぉぉぉ!

これからまた朝までメンテです…

さすが、弱小Blogの性…
メンテが分かっているブロガーからのUPが殺到しているらしく、管理画面すらマジで開けません(涙)

そんな事は、STONESのチケ取りだけで充分だ!!!!!!!

Posted by V.J. at 2006年02月18日 23:30
完全にCD世代のしょーたです(^^;OGDENはCDで持ってます。
P師匠の言うとおり外人の落書きってなんだかカッコイイですね★ ちなみに僕は絵が超の付くド下手です・・・
Posted by しょーた at 2006年02月19日 02:14
師匠!これはすばらしい一枚ですね。何かフォースを感じます!
Posted by hyuma at 2006年02月19日 04:35
しょーた坊よ!
コメントありがとう♪

>CD世代
わしもCD世代ぢゃ(嘘)
しょーた坊が持っているマンガとか、教科書で、訳の分からない落書きを探すのじゃ!(完全に、P口調)

とにかく、UPした依頼記事にも、コメお願いします(爆)

Posted by V.J. at 2006年02月19日 09:08
>hyumaさん
コメントありがとうございます!
なんか、hyumaさんに、師匠と言われると、恥ずかしくなるV.J.です。
止めて下さいよぉ〜師匠なんて。
ホンモノのMODSに言われると困る(爆)

ん、んっと…
弟子のhyumaよ!
ちょっとダメだやっぱり…
hyumaさんも、沢山、音源持っていそうなんで、バカ落書き、ちょっと探してみて下さい。
お願い致します…

Posted by V.J. at 2006年02月19日 09:11
面白い!!
はじめRONさんって誰?っておもったけど
素晴らしい話(笑)&素敵なレコードっすね!

今引越しで荷造り中ですが
私もそんなレコ探してみたくなりました♪

P.S ポール師匠のZEPPゲットしました!
   これも楽しみです♪

Posted by ション at 2006年02月19日 22:01
>ションさん
最近、記事のUPが少ないなぁ。って思ったら、引越し準備中でしたか。
CDやら、VINYLやら梱包大変では…

>そんなレコ探してみたくなりました♪
一緒に、RONコレクターしましょう(爆)
まずは、引越し終了後、荷造り解いてから、持っているレコの総点検だ!
「あなたのお宅のRONを探せ!」恐らく、1通も報告が無さそうなので、是非とも協力をお願いします(笑)

>ポール師匠のZEPPゲット
おぉ〜〜〜
当然、僕も行きますよ!
開演前でも後でも1度お目にかかりたいですね♪
僕があまりにオヤジなんで腰抜かすと思いますが(爆)
Posted by V.J. at 2006年02月19日 23:48
V.J.さん、どうもです。
ちょい遅れましたが、この記事に触発されて久々にSECTS聴いてみましたよー。
で、当ブログで記事にしましたのでTBさせて頂きました。

残念ながら我が家の紙ジャケはRONな一枚ではありませんでしたが(笑)、内容そのものは格別ですね。
それにしてもZEPのデフジャケやロジャー・ディーンの件といい、恐ろしきアナログの世界をつくづく感じさせられます。
Posted by lonehawk at 2006年02月26日 10:31
>lonさん
本文登場&コメトラ、本当に感謝です!

>内容そのものは別格ですね。
ホント、SECTSは、マジカッコ良い!
1stがROCK
2ndがカントリー
3rdが彼等の本来の姿
って、過去をきちんとリスペクトして再構築する姿、只者ではないぞ!って感じですよね♪

あ…3部作だった、これも!(By Kinks記事)

これからも宜しくお願いします!
Posted by V.J. at 2006年02月26日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13299923

この記事へのトラックバック

DOWNLINERS SECT / THE SECT (紙ジャケ)
Excerpt: このアルバムは2004年7月にアルバム単位としては世界初CD化+本邦初登場と銘打って発売されました。 『BRITISH BEAT 40th』シリーズとしてはアニマルズ、ホリーズ、プリティ・シングス、..
Weblog: 芸術的生活、
Tracked: 2006-02-26 10:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。