2009年09月10日

うむ…(若干追記)

ご無沙汰しております。
久しぶりの音楽記事です。

ご他聞に漏れず、ビーのリマスター。それも、きちんとWHITE ALBUMまでMONOで(って、イエロー・サブマリンもMONOあるだろ!おぃ)バラ売りせずに BOXで発売!
となれば、STEREO BOXなんぞは置いておいて、やはり買ってしまうのが人情。

ここまで、引っ張っての発売って事は、今までのCDの限界を超えたリマスターを嫌が追うでも期待しちゃいます。

やっぱり、「BEATLESは違うよ!」

と、世界中のビートル・マニアの溜飲を下げる様なリマスターを当然期待しちゃいますし、世界中の厳しい眼は、STONESなんかとは、桁違いに多いのは確かです。
そんな中での発売…

で、聞いて見た。
 
やっぱり、ビーが世界に向けてアクションを起こしたPlease Please Meから。

ま、ご存知の通り、ビーに関しては、ロックの物差し程度にしか思っていないわたくしめとしては、期待半分、どっちでもいいや半分。泣き分かれのステレオ聴く位なら、やっぱMONOだよなぁ。
程度の感覚で、タンテにCDをセットし、ポチっと。

1,2,3,4 !
の全ての始まりのカウントから、I Saw Her〜が始まる。

ん?
ん??
ん???

なんか、知ってるI Saw Her〜と全然違うぞぃ。
そこには、キレイにお澄まししているビーがいた。

やっぱり、MONOは
音圧一発
スタジオのエア感
空気が頬を振るわせる暴力性
そんなこんなが、ここまでスポイルされてしまった、蒸留水の様なPPM

ビー自体、お上品なバンドですが、PPMには、パンクとも言える攻撃的な音塊が僕の知っているPPM

resize0039.jpg

当然、V.J.が持っているゴールド・パローフォンは程度こそ良くありませんが、暴力的な音の塊が頬をぶんなぐります。
ニセパロのレーベル面再現のCDは、頬をなでて行きます。

おっさん向けのサロンで、会話の邪魔をしない程度のBGMとして、懐メロバンドが演奏してるみたい…

こりゃだめだ

他のアルバムをまだ聴いていませんが、聴く前に、USBメモリにWAV.でリップして、車中で聴く専用にしちゃいました。
きっと、他のアルバムはCDタンテには乗らないと思います。

やっぱり、ホームでビーは、これから先も、きっとアナログを聴き続ける事でしょう。

もう紙ジャケに対し、1ミクロンも興味がなくなっている身としては、パッケージング云々よりも、せめてSTONESのリマスターの時の様にSACDのハイブリッドにでもしてもらいたかった(流行のただ、音圧を上げただけの、まやかしのSHM-CD系だけで無かった事が救いかもしれないけどね)。ただ、EMI系だし、SACDも風前の灯ですから、いかんともしがたいのですが、じゃあ、BDでも…

あれこれ言っても仕方無いですが、高いゴミ買っちゃいました。
と、V.J.は結論付けてます。

そうなると期待は…

「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト 40周年記念エディション」

の発売(11月)だけが楽しみになります。
メインストリートのDXエディションが年明けにずれ込んだため、本当に出るのか????と言う不安もありますが、以下の内容で出るなら、本気で期待しちゃいます。

●米国編集56Pブックレット(イーサン・ラッセルによる写真とエッセイ、
 レスター・バングズによる記事、その他コンサート関係者の証言等を掲載予定)
●1969年のツアー・ポスター(デヴィッド・バードによるデザイン)を模した
 ポストカード
●解説・歌詞・対訳付(日本盤のみ)
●英初回盤LPを再現した紙ジャケット付(日本盤のみ)

(ディスク1 “ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!”最新リマスター)
1.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
2.かわいいキャロル  
3.ストレイ・キャット・ブルース
4.むなしき愛
5.ミッドナイト・ランブラー
6.悪魔を憐れむ歌
7.リヴ・ウィズ・ミー
8.リトル・クイニー
9.ホンキー・トンク・ウィメン
10.ストリート・ファイティング・マン

(ディスク2 ボーナスEP)
1.放蕩むすこ
2.ユー・ガッタ・ムーヴ
3.アンダー・マイ・サム
4.アイム・フリー
5.サティスファクション

(ディスク3 ゲスト・アーティストによるパフォーマンス)
●アイク&ティナ・ターナー
1.ギミー・サム・ラヴィン
2.スウィート・ソウル・ミュージック
3.サン・オブ・ア・プリーチャー・マン
4.プラウド・メアリー
5.恋をしすぎた
6.カム・トゥゲザー
7.ダンス天国
●B.B. キング
8.エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
9.ラヴ・イズ・ナッシング・バット・ザ・ブルース
10.イッツ・ローリング・ママ
11.ホワイ・アイ・シング・ザ・ブルース
12.プリーズ・アクセプト・マイ・ラヴ

(DVD)
『ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター』を制作したメイスル
ズ兄弟撮影による演奏シーン(5曲)、マディソン・スクエア・ガーデンの
バックステージの模様、“ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!”アルバム・
カヴァー写真の撮影風景を収録。

ほぼ、69年のツアーの完全再現版!
これは、期待するなって方が酷なもんです。
特に、ブートで聴きなれてはいますが、アンダー・マイ・サムの重いグルーヴ
ミック・テイラーがいなけりゃ絶対あぁは弾けないサティスファクションのブレイク
などなど、オフィで聴けると思うだけで、胸が震えます♪


やっぱ、V.J.は根っからのSTONES派の様です(笑)
  

(若干追記)
さすがに、PPMだけで、全て決め付けるのはなんなんで、この週末、車中と家で一応全CDを聴いてみました(笑)
やっぱ、初期の作品は、アナログの優位性は微塵も崩れませんが、どこでもMONOが聴けると言う意味において、MONO CD化の意義はやっぱ大きいかなぁ〜と、思いつつあります。
で、ラバーソウル辺りからは、MONOも、結構良い線行ってるかも…

でもね…
一応、MONO箱と一緒に、アビー・ロード、レット・イット・ビー、パスト・マスターズの3作品のステも買ったのですが、MONOとSTでリマスタリングの方向性を変えているとどっかで読んだのですが、明らかに、STのほうが凶暴なリマスタリングが施されているかもしれない…

ビーの'7の中でも最凶と言われているPapperback Writer / Rainですが、当然、'7はMONOなんですが、モノ・マスターズと、パスト・マスターズの両曲では、ベースの暴れ具合が、どう聴いてもSTに軍配を挙げざるを得ないんすよねぇ〜
オリ盤の'7に肉薄しているとすら言える出来。

今回のリマスター、個人的好みから言うと、ステレオ盤が良いかも…(さすがにバラで3枚買ったので箱買いはしませんが…)
両方行く程の財力とビーに対する忠誠心が無いV.J.は、ちょいと後悔してたりしてます(苦笑)

比較対象としてCDとVINYLを比べる事自体が、ナンセンスなんですが、やはり、デジタルメディアがよりVINYL(それもマスターの劣化の少ない)にどの程度近づけるか?
って、V.J.にとっては、旧譜のデジタルメディアの永遠のテーマなのかな。。。なーんて漠然と思っているので、やはり、家では、VINYLを聴く姿勢は変わりません。

ま、それが、今回のリマスターの価値を貶めるものでも無いかなぁ。と、思い、前言を撤回した次第。

クルマの中やベッドルームにタンテは持ち込めないしね。
MONOを出してくれた事自体に、拍手を送らねば。

でも、ステレオいいなぁ…(笑)
ないものねだり。
そんなもんです。
  
タグ:Beatles STONES
posted by V.J. at 23:41| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

V.J.さんらしい辛口の意見ですねー。
今回、僕がいろんなとこで見るのは今んとこ絶賛が多数なんで、V.J.さんのを読むとちょっと冷静になれます。

僕の方はゲットヤーヤの情報つかんでても、いまいちグッと来なかったんですよ。。。
時期的にビートルズの方に気が行ってて。
ストーンズファン失格ですな!
でも、来年のならず者は本当に楽しみです!

ゴールド・パーロフォンやっぱ持ってるんですね?
さすがだなー。
Posted by ton-goo at 2009年09月11日 00:57
>ton-gooさん
コメントありがとうございます。

さすがに、もうCDトレイには乗せないと言っておきながら、さっき、ためしに、ラバー・ソウルを聴いてみました。意外に?いけるじゃないですか(笑)
やっぱPPMは売れるかどーかも良くわからねぇ時代のため、マスターがイマイチなのかもしれませんねぇ〜

>ストーンズファン失格ですな!
だめですぜ!
このゲット・ヤー・ヤ〜のDXエディションはマジでスルーできませんぜ。
ならず者延期のフラストレーションをこれで補いましょう!
本来ならば、EPなんぞにしないで、MSG公演の曲順通りのCDを付けて欲しかったんですけど、、、前座まで含めた、(ほぼ)完全版ですから、僕の中のビー祭は、今日で終わりました(爆)
ホントは、元々、盛り上がってた訳でも無かったですが(自爆)
ではは。
Posted by V.J. at 2009年09月11日 23:59
こんにちは。情報もたいしてなかったのでステレオを買ってしまいました。(涙)

モノは10月頃入荷というamazon様からの応え・・・たぶん入ってこないのでは。

音に関してはカーステでしか聞けないのでどうでもいいような(←じゃあ、買うな!)妻に隠すこともできず、毎日怒られています。
Posted by ぷくちゃん at 2009年09月12日 07:39
>ぷくちゃん
本当に来てくれてありがとう!
元気じゃない僕が言うのも何ですが、お元気ですか?
こうして、コメント欄で繋がれるだけで嬉しいです。

>ステレオを買ってしまいました。
なんか、ステレオで良い様な気がしますよ。
ステモノ両方買う方は、やはり、「ビートルズへの忠誠心。」以外の意味は無いと思います(笑)僕だって、SACDが出た時に全て買ったSTONESを紙ジャケ(音としてはグレードダウン)出た時、全部買いましたもん。単なる忠誠心以外の何者でもないです(笑)
楽しむ事が重要かなぁ〜って思います。

>カーステでしか聞けない
家のステぶっ壊れてしまったのですか?
単に大きい音が出せない環境になったとかなら、元オーディオオタクのぷく先生のオーディオ引取りに伺います(笑)

記事投稿のペースは激遅ですが、また遊んでくれたら嬉しいです。

ではは
Posted by V.J. at 2009年09月12日 10:00
ゲット・ヤー・ヤーもいいですがやっぱり僕はメインストリートの方を早く出して欲しい。
未発表曲も入るようなキースのインタビューもあったので楽しみです。
ビートルズ売切れで買えません。。
Posted by 名盤! at 2009年09月12日 15:56
ご無沙汰しております、JTです。

>「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト 40周年記念エディション」

おお、こんなの出るんですか。この時期ならではのタイトな「悪魔を憐れむ歌」、とっても好きなんですよ。これは買い!ですね。
今回のリリースはアラン・クラインの死去と関係あるのでしょうか。

『ベガーズ・バンケット』とか『レット・イット・ブリード』のデラックスエディションって話は無いですかね。
Posted by JT at 2009年09月12日 19:26
>名盤ちゃん
コメントありがとうございます。
メインストリートですが、なんかこのまま出ない様な気がしてならないのです(涙)
なんか、それこそが、STONESらしくないですか?(笑)
笑い事では無いんですけどね…

>売り切れで買えません。。
まじすか…
MONO BOXは店頭には無さそうですが、東京ではSTEREO BOXはありましたぜ。
僕は、無難?に、HMVのマルチバイ割引のために、2枚以上予約する必要があったので、全て輸入盤で、MONO BOXと、アビー・ロード、レット・イット・ビーと、ジョンとヨーコのバラードとなんだっけ?の2、3曲だけのために、パストマスターズを買いました。(これで、一応ビーの音源はデジタルで網羅した事になるかなぁ。と)
でも、やっぱ、リボルバーが欲しいなぁ。。。
とかなんとか思っていると、じゃぁ、ステ箱買え!って話になりそうなので、ビートルズは打ち止めにしました。はい(笑)

無事GETをお祈りしております。
無事ならず者の発売も祈りつつ(笑)
Posted by V.J. at 2009年09月12日 23:24
>JTさん
2年以上も放置していたこんなトコを覚えていて下さって感謝です。

>これは買い!
です!(キッパリ)
ギター2本でパーカッシヴなSympathy〜やれるのもこの時期だけですし、ギミーシェルター(映画)でちょろっとだけ演奏シーンが出ますが、今度のボーナストラックで付く、アンダー・マイ・サムのどす黒いグルーヴは本当に最高ですよ!

>アラン・クラインの死去と関係あるのでしょうか
関係あって欲しいです(笑)
遂にSTONESのDXエディションが怒涛の発売!なんて事になったら、財布には厳しいですが、ブートでしか聞けなかったあれやこれやそれ…それこそ、未発表は腐る程ありますからねぇ〜
まずは、ゲット・ヤー・ヤ〜が無事発売される事を祈りましょう♪
きっと、そこそこ評判が出れば、いよいよ、レディース・アンド・ジェントルマンとか、コックサッカー・ブルーズも出るかも???

鼻血でちゃいます。
そんな事が起きたら(笑)
Posted by V.J. at 2009年09月12日 23:29
いやぁ、ゴールドお持ちだったんですか。ストーンズ>ビーでありながら、さすがです(笑) レコードのモノラルで感じられるラウド感というのは、CDで再現するのは難しいんですかね…リマスターがあらゆるノイズを削る作業となるといた仕方ないかもしれませんが…

オールド・ブラウン・シュー(個人的にお気に入りの曲)はパストマスターズ2買えば聴けるんですね。モノボックスの二枚組のに入っていなかったのでどうしたもんかと思っていました。パストマスターズもリマスターシリーズで出ていたのも知りませんでした(笑)
Posted by いたち野郎 at 2009年09月13日 01:09
>いたち様
コメントありがとうございます♪

やっぱ、金パロに目が行っちゃいますか(笑)
一応、V.J.と名乗ってますから、基本履修科目でしょ?(笑)
ちなみに、リボルバーB面マト1のTommorow Never Knows別リミックス盤も何故か持っていたりします(笑)

(まだ、若いいたち様は真似しちゃダメですよ。色んなものを棒に振る事になります(爆)いたち様の将来が心配でなりません。(核爆))

見た目はぼろぼろですが、MONO針で聴くと全く問題無く、鮮度の高い音が襲い掛かって来ます。
このCDのマスタリング云々ではなく、やっぱり、オリ盤のMONOと比べるものでは無いと言う事でしょうかね。

>オールド・ブラウン・シュー
お、そうそう。
こいつがモノ・マスターズに入って無いんですよ。。。
仕方なく黒マスターズ買いました。(つーか、HMVのポイントでタダで付いて来たと言った方がよいかも)
ではでは〜
Posted by V.J. at 2009年09月13日 22:40
今回はStereo BOXのみを買ったのですが、その値段を知ってびっくりした素人なダンナに「なんで持ってるのに買うの?(怒)」と全く理解してもらえませんでした。
本当はmonoも欲しいのですが、とてもじゃないけど今の状態では買わせてもらえません(涙)。
なので、V.J.さんの記事を読んで、少しだけ安心しました。
Stereo買ってよかった、のですよね?きっと。

しばらく我慢していましたが、やっぱりオリジナル盤に手を伸ばしそうです。
Posted by みるきー at 2009年09月15日 15:26
>みるきーさま
コメントありがとう。
僕の駄耳では、同じ曲のモノステ聴き比べると、明らかにステレオの方が良いと思います。
モノはVINYLでないと、あの音の質感はデジタルメディアでは限界があるのかもね。

僕のMONOを貸すから、ステ箱そのうち貸して(笑)
紙ジャケの再現性とかには興味が無くなってしまったので、焼くので良い気がします。

では〜
Posted by V.J. at 2009年09月16日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127765087

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。