2006年01月22日

MSG 2DAYS! STONES ABIGGERBANG TOUR

STONES来日公演先行予約でばたばたしている間に、今回のSPRING TOURの間違い無く目玉のMadison Square GardenのLive 2DAYSが開催されていました。

HAPPYさんの所では、冷静に手抜き記事をきちんとOn TimeでUPしているというに…

またしても「遅報」になってしまった(笑)
と、言うことで、どうぞ!
  
  
  
  
Madison Square Garden,New York,NY,Wednesday,January 18, 2006
Jumping Jack Flash
Let's Spend The Night Together
Oh No Not You Again
Love Is Strong
Rocks Off
Worried About You
Rain Fall Down
Midnight Rambler
Tumbing Dice
--- Introductions pt. 1
Gimme Shelter
--- Introductions pt. 2
This Place Is Empty (Keith)
Happy (Keith)
Miss You (to B-stage)
Rough Justice
Get Off Of My Cloud
Honky Tonk Women (to main stage)
Sympathy For The Devil
Start Me Up
Brown Sugar
You Can't Always Get What You Want (encore)
Satisfaction (encore)

Metric (warm-up) 8:00pm - 8:50pm
Rolling Stones 9:40pm - 11:45pm

まずはMSG1日目
おぉ!
Love Is Strong

武道館のおもひで
Warried About You

やっぱ、MSG
本ツアー初お披露目も含め、気合入っていたんでしょうねぇ〜
チンケな金儲け出稼ぎツアーぢゃなくて、やっぱ、本場で見たいなぁ…

でも、実は、V.J.は本場体験した事ないんですよ(涙)
出稼ぎとほぼ同じのハワイ公演と、香港公演のみ。

でも、どちらも日本と違って「自由」な雰囲気が◎
みーんなが、ぐちゃぐちゃに楽しんでます♪

警備も杓子定規ぢゃないし、通路で踊る位なら誰一人として何も言いません。
それどころか、Live始まっちゃえば、エリアなんて関係なし(爆)
ちなみに、香港公演は、後ろの方の席でしたが、花道の真正面まで移動。
Mickをほんの5m位で見てましたよ♪

ハワイ公演は、マリワナ大会(笑)
もうあの独特の甘っトロイ香りが周辺に充満(爆)

話思い切りそれてます。
いつもの事です。
2日目です。
どーぞ!

Madison Square Garden,New York,NY Friday,January 20, 2006
Jumping Jack Flash
It's Only Rock'n Roll
Let's Spend The Night Together
Oh No Not You Again
Sway
As Tears Go By
Rain Fall Down
Ain't Too Proud To Beg
Gimme Shelter
Tumbing Dice
--- Introductions
This Place Is Empty (Keith)
Happy (Keith)
Miss You (to B-stage)
Start Me Up
Get Off Of My Cloud
Honky Tonk Women (to main stage)
Sympathy For The Devil
Paint It Black
Brown Sugar
You Can't Always Get What You Want (encore)
Satisfaction (a la Mustang Sally) (encore)

Metric (warm-up) 8:00pm - 8:45pm
Rolling Stones 9:40pm - 11:40pm

うぉーーー
SWAY再演!
もうヤラナイんぢゃないか。と、思われたSWAYをまたここに持ってきているぞ!
後…
去る1月19日、残念ながら逝去した “THE SOUL MAN”Wilson Pickett氏を偲んで、アンコールのSatisfactionの後、彼の超名曲、ムスタング・サリーを演ってます。

STONESのこんなトコ、やっぱ、大好きです。
どんなにBigになろうが、金の亡者になろうが、バカ高いチケで全米興行収益No.1になろうが、今でもきちんと、BLUES、SOUL等、自身の血肉となってきた先人の音楽への溢れるRESPECT
を忘れません。

いつまでもヤツラの背筋のど真ん中にどっしりと存在し続けるR&Bの熱い思いがあるうちは、僕もブーブーいいながらもついて行くんだろうなぁ。。。

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・


posted by V.J. at 00:05| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | A Bigger Bang World Tour | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん。¥55000と同時にウィルソン・ピケット崩御のニュース。ダブル・ショックでした。そしてそれをすかさずコンサートでやるストーンズ。やっぱりそのへんがたまらなく愛しいですね。
というわけで今日もハイネケン、ハイネケン、ジン、ジン、ジェムソン、ジェムソン12年でいい気分になってるmasaでした。
でも55000という数字を聞くとシラフに戻ります。
ところでV.J.さんもやっぱりハワイで一服なされ...おっと!それはともかく私の隣にいた日本人はひょっとして!
Posted by masa at 2006年01月22日 00:47
今日もいい感じで飲んでますねぇ♪

>ハワイで一服なされ…
敢て本文には記載しておりません(爆)
良い子はおぢちゃんのマネしちゃダメだよぉ(激爆)

>私の隣にいた日本人
もう恐らく絶対どこかですれ違ってますよね。兄ィとは(笑)
次にお会いする時は朝まで飲んだくれ?
Posted by V.J. at 2006年01月22日 11:49
セットリスト、来日に向けていい感じですね。
でも、いつかMSGで観てみたいものです。

>「自由」な雰囲気が◎
みーんなが、ぐちゃぐちゃに楽しんでます♪

それは、大阪でのサマソニみたいな感じなんでしょうか?
僕は、大阪と東京でサマソニに参加したことがありますが、大阪と東京では同じサマソニでも、似て非なるものです。
はっきり言って、大阪は無茶苦茶です。
東京のように、屈強な黒人のスタッフはいません。
屈強でマナーの悪い若者客はたくさんいるのですが。

単独アーティストだとあまり変わんないですけどね。
でも、ドームなどでの規制退場なんか誰も言うことを聞きませんが。
Posted by 名盤! at 2006年01月22日 15:57
>名盤!さん
楽しみになってきましたよね!

>来日に向けていい感じですね
色々なところで言われてますが、マジ、NSツアーぽくなってきましたねぇ〜
Flashpointに続き、日本公演、Liveになるかも?!
このまま、このセットリストで来て欲しいですよ!

>大阪でのサマソニみたいな感じなんでしょうか?
残念ながらサマソニって参戦した事ないんですよ…
ただ、サマソニのメンツ見てると、メロコア系とかも多いんで、激しそうですよね…
STONESの場合、年齢層が高いので、モッシュとかダイブとかは当然無いです。やっぱ、DVDとかで見る往年のフリーコンサートみたいな感じ?(爆)

マナーの悪さと自由は別と思いたいじじぃです。

Posted by V.J. at 2006年01月22日 22:17
Sway 、Ain't Too Proud To Beg 、 Mustang Sally!泣かせます!Wilson死去も泣かされました。
この選曲、見たいっすね!
頼むから、来日してくれ〜って、切に思います。
(Let It Rockなんかも観て見たいです)
それでは!


Posted by リュウ at 2006年01月23日 00:16
Sway
Ain't Too Proud To Beg
Mustang Sally
いいっすね!
観て見たいです!
ナツカシのLet It Rockも!
ハワイ行ったんですか?うらやましい!
唯一の心配が、ホント来日してくれ!って切に願ってます!
それでは!
Posted by リュウ at 2006年01月23日 00:21
>リュウさん
マイド!

>Let It Rockも!
レアリティーズのプロモーションも兼ねて欲しいっすね♪
Through The Lonely Nightsもついでにやって欲しいですね!

その前に…
ホント来るんだろうか???
それが心配になって来ていますよね。
Posted by V.J. at 2006年01月23日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。