2006年01月12日

怒涛の紙ジャケ発売ラッシュ!

1月11日は、今年初の待ちに待った、圧倒的にV.J.が好きで好きで仕方ないヤツラの紙ジャケが、『ごっそり』発売になりました!

あまりにも、一度にごっそり同時に発売されましたので、全て買うなんて絶対無理。
そんな中、今回ご購入した紙ジャケ達は…
  
  
  
  
ちなみに、今日発売された代表的な紙ジャケといえば…

・SMALL FACES IMMIDIATE期の3タイトル
・KINKS RCA期の4タイトル
・NICE IMMIDIATE期の3タイトル
・GONG! 3タイトル
・G.Moore 2タイトル
・Judas Preast 2タイトル
・TODD RUNDGREN 3タイトル
・PROCOL HARUM 初期4タイトル
・Dr. Feelgood 初期4タイトル

うげー
こんなに買えないよ…
でも気になるタイトル満載だぁ〜
いらないのもあるけど(笑)

全てビクター・エンタテインメントより、K2HDリマスター限定紙ジャケット仕様にての発売。
ビクターですから、V.J.のキライなボーナストラック満載ではなく、オリジナルの曲順。曲数のみで勝負!
やっぱ、ボートラはNG。つけるなら2枚組にしろ。が持論です。
水増し請求されてもね。

で、ディスクユニオンで購入すると、特典紙ジャケ収納ボックスやら復刻帯やらのオマケ満載です!

って事で、ユニオンで予約購入したのは以下の3アーティスト♪
DSC_0174_kami.JPG
左からKINKS RCA期4タイトル(ユニオン特製紙ジャケ収納箱&復刻帯のオマケ付き!)
TODD RUNDGREN 3タイトル(これもユニオン特製紙ジャケ収納箱オマケ付き!)
Dr.Feelgood 3タイトル(これまたユニオン特製紙ジャケ収納箱&復刻帯オマケ付き!)

の計10枚のCDをご購入♪

まずはKINKSですが…
MUSWELL HILLBILLIES(71年)
この世はすべてショー・ビジネス(72年)
ソープ・オペラ(75年)
ONE FOR THE ROAD(80年)

正直言って、PYE時代のKINKSはMy Favorit Artistでしたが、RCA期になってから、びっくりする位興味の無くなってしまったバンド。
もー完全に、低迷期のAlbum(なんていうと叱られる?)
とはいえ、

KINKS=大英帝国の繁栄と衰退。米に屈服。

を地で行くBANDですので(笑)衰退〜屈服期の音も、きちんと聴くべきかな?と思いご購入。
まだ聴いてません。後ほど感想(と、言うか、繁栄期〜斜陽期も含め、きちんと)UPします。
紙ジャケとしての、再現は、オリジナル知りませんので語れません(笑)
でも、ポスターなんかを忠実に再現しているとの事。


で、2組目、TODD RUNDGRENは
RUNT,The Ballad of Todd Rundgren(71年)
Something/Anything?(72年)
魔法使いは真実のスター(73年)

POP万華鏡♪TODD RUNDGREN!!
今回の紙ジャケシリーズで一番楽しみにしていたArtistの一人です♪
紙ジャケとしての見所は…(聴きどころぢゃねーのかい!おぃ!)
『魔法使いは真実のスター』の変形ジャケットの再現!
発売当時オマケのP.Smithの詩入り絆創膏の再現!!
内袋もきちんと再現されています。
完璧ではないのは仕方ないですが、BEARSVILLEのレーベルでの発売!
と嬉しくさせる紙ジャケです♪

聴き所は、まだ聴いた事無かったRuntってどうなん?
おぉ、Nice To Meが収録されているんだ♪
で、なんでこのBlogで紹介してなかったんだ!って位の名作!Something/Anything?(やっぱ、I Saw The Lightでしょ!)
ちゃんと聴きます。
Something/Anything?は「聴かずに死ねるか!」カテゴリーでいつか必ず書きます。

ちなみに、リヴ・タイラーは、幼少期、S.タイラーの子ではなく、トッドが親と言う事で育てられてきたそうです(プチ・トリビア(笑))


で、肝心の3組目!
我が愛しのDr.Feelgood!!!
Wilko在籍時の4枚は、STONESの奇跡の5枚(ベガバンBleedゲット・ヤーヤーS.Fingersならずもの)に匹敵する位の最高傑作!
いや、むしろ、Wilko在籍時のDr.FeelgoodはSTONESよりも好きです。恐らく。

ちなみに、STONESのミック・テイラーが脱退した後の、ギタリスト・オーディションに、私の愛するWilkoもエントリーしてました(プチ・トリビア2)

一時期、某日本のバンドがFeelgood並びにWilkoの広告塔の様な事してましたが、その時には、本気で殺意を覚えました。
「俺の一番大事なバンドをおめーらみてーなヤツらにぐちゃぐちゃ言われたかねーんだよ!」
「こちとら、ファン暦が違うんだよ、おい!」
「おめーらのしょぼい演奏だけど、こちとら、おめーらがWilkoの前座務めた時に、鼻くそほじってビール飲んでたぞぃ」
と、悪態の限りを尽くしたい位でしたねぇ〜

ファンとは、かくも我儘なもの。
自分のご贔屓のバンドの評価が高くなければ…
「分かってねぇな。おぃ。こんなにSpecialなヤツラがいるんだぜ」と皆に吹聴しまくり、
急に人気が出れば…
「泥靴のまま土足で踏み込まれたキモチ」
になり、
「ふざけんな!」
ですから…

ココロ狭いです。V.J.は

ミッシェルガンも解散し(おっと、某だった)Feelgood熱も冷めた今だからこその再発!
嬉しい限りです。

そんなFeelgoodですが、あまりに好きすぎて、今まで、どう書くか上手く自身の頭の中で整理がついていなかった為、このBlogではきちんと記事にした事がありません。
ぐずぐずしていたら、紙で再発されました♪

DOWN BY THE JETTY(75年)
MALPRACTICE(75年)
STUBIDITY(76年)
の3枚…

当然、全てUKオリジナルのVynilを持っているんですけど、やはり、紙&ハコ&帯の強力オマケ付きとなれば、もっていなければ天国のリーに失礼です。はい。

DSC_0175_fg.JPG
V.J.のお宝の1枚。1stの4人のAutograph付オリジナル盤をはじめとしたVynil達♪

でもね…
一番期待したFeelgoodsですが…
まぁ、Wilkoのギターがサエナイといえばサエナイ4ht(SNEAKIN' SUSPICION)ですが、今回の復刻から漏れるってのは納得出来ない!
UK盤をしっかり復刻するなら、UAのレーベルデザインにしろ!(リバティのデザインを踏襲…がっかりです)
殺人病棟(Stubidityの邦題。バカか?)のUK初回についてきた、7"復刻しないでどうするんだよ!おい!
down by the jettyのオマケの帯が間に合わなく、後に引き換え…
こちとら、忙しいんだよ!企業戦士なんだよ!そう何度も何度もユニオンなんかに行けるかよ!
あ…年中行ってた(爆)

と、言うことで、Feelgoodです。
今までのCDはロクなもんぢゃなかったので、この再発は嬉しいです!
なんだかんだいって家宝です(笑)

それにしても、いっぺんに出しすぎ…
今回見送ったブツとしては、やはり、Small Facesですかねぇ〜
オータム・ストーンのデザインのハコがオマケにつくんですけど、やっぱ、前に発売された紙ジャケ持ってますから。。。

それに、いくら、ビクターが渾身のリマスターをしても、S.F.のImmidiate期のマスターテープは全て紛失。どんなに頑張っても、現在のCASTLE所有のマスターでは、音質向上も期待できず。と判断。

そういった、マスターテープの紛失があるが故に、こいつらは、UKオリジナル盤のVynilが絶対。のバンドですから、幾ら、オグデンがまた紙で出たとしても、K2HDリマスターでもいらね。
て感じです。

ちなみに、K2HDリマスターはビクターお得意のリマスター手法。
音の入り口〜出口を完璧に管理。
電源やらケーブルも最高級のものを使用。
と、オーディオオタクをも唸らせるやつだったと記憶。
JAZZの名盤もがんがん、この手法でリマスターしています。

でも、ケーブルはHarmonix製を使っていた様な記憶が…(けっこー、いい加減。嘘かも)
Harmonix製品は、オーオタの見地からすると、音のエッジを丸めるケーブルなんで、V.J.的には1ミクロンも評価していません。
リマスターで「キレイになる」けど、ROCKの持つ「音の勢い。生気」はスポイルされるのでは。と思っていたりします。

あと、プロコルハルムの紙ジャケ再発も欲しいのですが、(前回の紙ジャケ発売の時もスルー)これだけ一時に並ぶとちょっと手が出ません。
次点と言う事で今回も涙を飲んでスルーしてます。SOLTY DOGは初期の荒井由美(ユーミンですな)にも影響を与えた様な事を読んだ記憶があります。初期だけは、好きな荒井さんです。ちょっと気になります。

NICEはいらね。(前の紙持っている)
ゲイリームーアー興味なし
GONG!はカンタベリー系にしちゃ興味なし
J.プリーストは、初期の名盤!「運命の翼」だけは後ほど買うかもしれない。

そんな感じですね。

紙ジャケ肯定派って訳でもないんですけど、ブツとしての魅力は確かにある。
これだけ一時に買った事無いので、聴くのが大変…
ぼちぼちおいおい感想はUPしますので、お許しをば。
いやぁ〜買った。買った。

買っただけで腹一杯で聴く気にならねーや(爆)

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・


posted by V.J. at 01:11| 東京 ☀| Comment(26) | TrackBack(0) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友よ。
ミッシェルガン私も本当にムカツキました。

”土足で踏み込まれたキモチ”
STEEL WHEELSの時、ファンでもないのに”話題だから”ということでバブリーな金とコネに物をいわせてチケット買占め、本当のファンが変えなかった恨み、一生忘れません。私は幸運にも手にいれられましたが、あの時手に入れられなかった人達、本当にかわいそうでした。

ビクターのK2リマスター。これは全然ダメです!CCRが最初に紙ジャケになった時、一気買いしたんですが、音が全く向上していない!従来のCDと同様にノイズそのまんま!頭きて一気売りしました!

今、朝刊が来ました。ストーンズはまだです。
Posted by masa at 2006年01月12日 02:30
V.J.の豊富なコレクションからは果たしてどれくらいのパーセンテージ実際に聞いているのか、心配になったぷくちゃんです。

>KINKS=大英帝国の繁栄と衰退。米に屈服。

KINKSの大ファンに向かってよくもそんな事が言えるのだろうか?でも一言で言って当たっていますなあ・・・米に屈服する過度期の「Sleep Walker」は傑作だと思うけれど駄目?
Posted by ぷくちゃん at 2006年01月12日 06:39
ミッシェルガンねぇ、ムカつきます(笑)
自分のブログ読んでくれている人に、ミッシェルガンのヤツが今やってるバンドに、ギターで参加してる人の友達がいるんで書かないんですけどね、そのバンドも好きにはなれないですね。
フィールグッドは特に紙ジャケで買わないです、オリでないけどアナログで聴くバンドですよ。
発掘は除いてね。
紙ジャケの大人買いはしないんですけど(金無くてできない)、年末年始にブリジットセントジョン、ヘンリーカウをまとめ買い。
初めてユニオンで特典の箱もらいました、結構いいもんでニヤついてます。
Posted by TK at 2006年01月12日 11:50
>兄ィ
ミッシェルガン、ほんとウチラには評価低いっすねぇ〜♪
「でぇきれぇ」でした(笑)

Steel Wheelsの時、そんな事してたんすか?
マジむかつく…

VictorのK2なんちゃらリマスターは、音楽を聴かずに音を聞くオーディオオタク向けの製品と考えています。あんなもんを喜ぶヤツはダメですよ(笑)
本当にROCKのダイナミズムをスポイルさせるんですよねぇ〜
聴き易いけど(笑)
Posted by V.J. at 2006年01月12日 12:13
>ぷくちゃん

えっ…KINKS大ファンだったんですか…
それも衰退期を…
これまた失礼致しました(苦笑)

sleep walkerは、本当に昔。子供の頃、カセットに録音したヤツがあるだけだぁ〜
ちゃんと聴いたのはいつかも忘れています…
改めて、アリスタ時代(屈服時代)も聴いてみます。はい。

KINKSは、ブリティッシュ勢がガンガン米国を席巻していた当時、米入国禁止の憂き目を見ていたため、自ずと、内へ眼が向かい、かつ、トレンドに対しても、冷たい眼を持っていたからこその、独特の音世界が展開されていたんですよねぇ〜(今では田舎ロックと言うジャンルの最高峰らしいですが…あまりこの言い方好きじゃないなぁ)

やはり、1st、2ndも最高に良いですが、だんだんひねくれはじめた、ヴィレッジ・グリーン、アーサー、ローラの3枚は永遠のお気に入りです♪

>どれくらいのパーセンテージ実際に聞いているのか
一応、100%聴いてます。
2度聴く確率は20%くらいかもしれませんが…(爆)

Posted by V.J. at 2006年01月12日 12:22
家でブログ楽しんでいたらいつの間にかコメントが!いったい職場で何をやっているのじゃ!

>ブリティッシュ勢がガンガン米国を席巻していた当時、米入国禁止の憂き目を見ていたため、自ずと、内へ眼が向かい、かつ、トレンドに対しても、冷たい眼を持っていたからこその、独特の音世界が展開されていたんですよねぇ〜

長い引用ですが・・・今度アクセス少ないけどキンクスやりますよー。

>ヴィレッジ・グリーン、アーサー、ローラの3枚は永遠のお気に入りです♪

私も好きな三枚です。リアルタイムで聞いて最高と思いました。(真っ赤なうそ)
Posted by ぷくちゃん at 2006年01月12日 12:26
>TKさん

ミッシェルガンムカつき仲間♪
こんなにいるなんて(笑)
同志よ!
分かった風の割には、解釈が薄いんですよ。。。
分かった風なだけに、分かってない感がにじみ出ています。
ヘッドコーツも泣いてますよ(笑)

>アナログで聴くバンドですよ。
これは同意です。
やはり、1stをMONO針で聴いたときの衝撃は!
ヴィック・メイルみたいに、Liveに音を切り取れるヤツって少ない気がします…

完全にこの紙ジャケは、聴くよりも、オマケに眼がくらんだんですよ(笑)
特に帯(笑)
不正療法に殺人病棟ですよ!
ありえません!!

ちょっとだけ、TKさんも分かるでしょ?オマケに惹かれるキモチ(爆)
Posted by V.J. at 2006年01月12日 12:31
あらぷくちゃん
チャット状態♪

今日はお休みですか♪
今昼休みですので、まぁ、いいぢゃないですか(笑)

ねぇねぇ、この前のコメに返事もらえなかったんですけど、ジェネシスの最盛期ってのはいつなんですか?
聴くならどれ?

>今度アクセス少ないけどキンクスやりますよー。
是非参加します!
何がアクセス少ないですか!!
40なんぼかコメ来ていたぢゃないっすか!
うちは、年末年始だけですよ。多かったの(苦笑)
ま、アクセス多いと嬉しいですが、アクセスアップのために書くなら、エログやります(笑)
うちは、ごらんのとおり、アフィリエイトはりまくりですが、報酬は惨憺たる状況です。はい。
Posted by V.J. at 2006年01月12日 12:36
☆V.J.さま

今さらながらあけおめです。まつかわっです。

このまえのJanis Joplinのblogを読ませていただいて、「ちゃんとオリジナル盤おさえてるんだぁ〜すごいなぁ」と指くわえてました^^
(ちなみに私のお気に入りも[コズミックブルースを歌う]だったりするんですが^^)

Dr.Feelgoodですか!!
私も初期の4枚は持ってて(っていうかそれしか持ってない)今でもたまに聴きます。(オリジナル盤ではないですが^^)

ウィルコ・ジョンソンがストーンズのオーディション受けてたとは・・すごい話ですね。

紙ジャケ4枚も買える余裕がないので私はスルーです・・
そういえば前に出たDVDも手に入れてない・・
よし!とりあえずTSUTAYAで探すことにします。

P.S.
そういえばDr.Feelgoodネタで[聞かずに死ねか?]やってないですよね?と釣ってみたりして^^

失礼しました。
Posted by まつかわっ at 2006年01月12日 16:19
実は、きのうの拙ブログでビクターの大量紙ジャケリリースについて書こうと思ったんだけど、な〜んも買ってなくてグチになるだけなのでやめておきました。

中期キンクスは「マスウェル」だけUKオリジ所有なだけなので、ホントはこれを機会に紙ジャケ欲しかった。
トッドの「ラント」はポール・マッカートニー顔負けのキャッチーでウェットなメロディ満載の名盤。が、アナログは手放してすでになし。これも紙ジャケ欲しい。
スモール・フェイセスのK2HDはおっしゃるとおり意味なし。こんなもん買っちゃイカンのだろうな。
でもって、やっぱドクター・フィールグッド。紙ジャケいいなー。ま、『殺人病棟』は昨年CD+DVDが出たからアレでよしとしよう。

そして初期プロコル・ハルムはズバリ買いでしょう!!これは4タイトル全部すでに持ってるから余裕でスルーですけど、ユーミンの「ひこうき雲」なんてモロにプロコルだし。『ソルティ・ドッグ』と『シャイン・オン・ア・ブライトリー』は買わなきゃバチが当たるんでないの?(ここでやっと偉そうに威張る)

今年は昨年以上に収入が不安定なので当面高い買物はできません(涙)。誰か拙に買って!

↑自分のとこで書けよなー。
Posted by 路傍の石 at 2006年01月12日 23:15
あれ?まつかわっさん、あけおめでしたっけ?
ごめんなさい。僕も最近ご無沙汰してました。
改めてあけおめです!

>このまえのJanis
なんとなく、Janisは聴き流す事を拒否する音なんですよね。
そんなヤツは、やっぱり、アナログで持ちたいもんです。

>ウィルコ・ジョンソンがストーンズのオーディション受けてたとは…
なんか、すごく聴いてみたいでしょ?
その時は、Jeff Beckとかも参加しているらしいですよ。ブートではかろうじて、Beckの音源はあるらしい(未聴)
当然ですが、Wilkoはないんでしょうねぇ〜
(あぁぁぁぁっ!聴いてみてぇ〜)

>PS
…そ、そうなんですよ。
どう書けば良いかなんかうまくまとまらならくて。。。(いつもまとまってない?そのとーり)
何が好き?ってやっぱり、全部!とかバカ丸出しのファンですから(笑)

今年も宜しくです!
Posted by V.J. at 2006年01月12日 23:50
>路傍先生
コメントありがとうございます!

>中期キンクスは「マスウェル」だけUKオリジ所有なだけなので、ホントはこれを機会に紙ジャケ欲しかった
僕と全く同じですよ!
KINKSのBBCセッションのRCA期の楽曲とか、ONE FOR THE ROADのビデオ(当然DVDではない)とかを見ても、グッと来ない曲ばかりなので、どうしようか・・・とも思ったのですが、『KINKS好きです』ってちゃんと聴いてもいないで言えないなぁ〜と思いこの機会にご購入です。

>スモール・フェイセスの〜
そうなんですよねぇ。
いくらリマスター技術が良くなっても、元がダメだからなぁ…
Who's NEXTのDXエディションみたいに、ホンモノのマスターテープがどっかから出て来ないんですかね?
オールダムが私蔵しているんぢゃないのかなぁ〜

>初期プロコル・ハルムはズバリ買いでしょう
…やはり
…バチ当りますか?
恥ずかしながら、きちんと聴いた事ゼロなんですよ(苦笑)
青い影しかしらない、ROCK好きの風上にも置けないヤツです(笑)
今月はキツイなぁ〜
15日がカードの〆日だから、16にユニオン特典が残っていたらカードで買おうかな。

>ここでやっと偉そうに威張る
先生ですから、お威張りになってください(爆)
Posted by V.J. at 2006年01月13日 00:03
今回は私の会社名がやたらと出て来て、気が気じゃありません・・・。
より質の高い紙ジャケCDを出す努力をするよう関係者に注意しときます。
(姐でした〜)
Posted by m.t. at 2006年01月13日 11:54
>m.t.さん
はじめまして!
ようこそお越し下さいました♪(爆)

えっ、そうだったんすか!
一歩間違えば、あっしと、デスクを並べて仲良くお仕事していたかもしれなかったんですね!!!

実は、就職活動中、御社から内定頂いたんですけど、当時はソフトとハード部門が同時採用でした。で、ソフト部門配属希望は聞くが、ハード部門にも必ず行ってもらう。。。と、言われ「田舎の工場勤務なんてできねーよ!」なんつー贅沢な理由で内定を辞退した経緯が…

社会人になってから、オーディオ・オタクになった僕は、今となっては、ハード部門にもかなり魅力を感じていたりして(笑)
意外と、今だに「ものづくり」にも拘りを感じさせる製品多いし!

つーか、ものづくりからは一番遠いトコロにいる仕事してるもんで、日々「虚業だよな…」と思う毎日(笑)
そんな仕事の一貫で、一度、ソフト部門の方にお話を聞きに御社に伺った事もあるのですよ。実は(笑)

そんなこんなで、これも何かの縁でございますので、これからも宜しくお願い致します。
これに懲りずまたお越し下さい。

(姐ェ♪)
Posted by V.J. at 2006年01月14日 01:59
どしゃぶりの土曜日です。
そぉなんですか〜!いやー世間は狭い・・・。
一緒に忘年会のカラオケ行ってたかもしれないんですね・・(笑)

オーディオ・オタクとかアルバムのコレクターとかは、まさにウチのコア・ターゲット
であり、超お得意様なんですよね〜。
今後ともひとつ宜しくお願いいたしやす。
(別に会社関係なく・・)

Posted by m.t. at 2006年01月14日 14:35
>m.t.さん
コメントありがとうございます♪

今日は大雨の中、ビッグサイトのウィンタースポーツバーゲンに行って来て、SKI行くより疲れ果てているV.J.です。

>一緒に忘年会のカラオケ行ってたかもしれないんですね・・(笑)
会社、青山でしたよね?
うちの会社代官山なんですよ♪
ご近所でしたら、今度カラオケ行きましょうか?(爆)

>超お得意様
いやはや…
m.t.さんのカラオケボックス代くらいは、恐らく僕が投資してますぜ(爆)
Posted by V.J. at 2006年01月14日 22:58
V.J.さん、どうもです。
ワタシもこのK2HDリマスターシリーズから数種類を購入しました。
今回は珍しくDU特典の誘惑にも負けずに、持っていなかったり聴いていなかった隙間を埋める買い方にしました。

キンクスはワタシもパイ期の方が圧倒的に好きですが、それでも『MUSWELL HILLBILLIES』だけは永遠のマストアイテムですね。
前の紙ジャケやSACDハイブリッドが手元にあるので今回は見送りましたが、ヴィレッジ・グリーンやローラ、アーサーにも決して負けない作品だと思ってます。

スモール・フェイセズは奇跡的にマスターが発見されたら必須アイテムなんですけど、これもDU特典ボックスの誘惑に負けないで見送ることが出来ました(笑)。
トッドはまともに聴いたことがないので、一度ちゃんと聴いてみたいですね。
Posted by lonehawk at 2006年01月15日 10:40
>lonehawkさん
コメントありがとうございまーす。

確かに、KINKSはMUSWELL〜だけは、RCA期とは言え良いですね。
僕もそういえばこれ、UKオリで持ってます。
出来損ないROCKオペラ期がダメなのかなぁ〜

>スモール・フェイセズ
これは、正直言ってCDではダメです。
今度、UKオリの記事を書きたいと思っています。
気合入った記事になる予告(爆)
…また、写真も撮ってないですし、記事をどうかくかも考えていませんが(笑)
Posted by V.J. at 2006年01月15日 11:37
こんばんわ。

紙ジャケ、お好きなようですね。勿論私も大好きですが、アナログ・レコードで育った私としては、どうしても紙のパッケージに視線が向いてしまうのです。

個人的にはストーンズの紙ジャケに向けて、どう費用を確保しようか今から思案中であります。
Posted by Cottonwoodhill at 2006年01月16日 20:06
>Cottonwoodhillさん
コメントありがとうございます。

>紙ジャケ、お好きなようですね。
前の記事(聴かないCDってタイトルです。)でも書いたのですが、どうも紙ジャケってのは、伝統工芸のちまちました職人の紙細工ぽくてホントは嫌なんですけど、やっぱり、全てVynilって訳にも行きません。あと、プラケが汚い。ヒビ入る。じゃまの3悪なんで、やっぱり、紙で出ると…

結局好きなんですよ(笑)

>ストーンズ紙ジャケ
これ、頭痛の種ですよね。
トータル6万ちょいですよ!
今回はハイブリッドぢゃないですから、SACDは絶対マストですから売るわけには行きません…
そうなるとまさに「聴かないCD」のために6万でしょ?
もしかしたら、ありえないかもしれませんが、スルーするかもしれません(苦笑)
Posted by V.J. at 2006年01月16日 21:11
>そうなるとまさに「聴かないCD」のために6万でしょ?もしかしたら、ありえないかもしれませんが、スルーするかもしれません(苦笑)


うーん、うーん、悩むところです。昔買ったストーンズのアナログ・レコードは遠い昔に全て手放してしまったので、うーん、うーん、発売直前まで私は悩むと思います。今回の紙ジャケがCD/SACD仕様なら、よかったんですが、、、。
Posted by Cottonwoodhill at 2006年01月18日 18:53
>Cottonwoodhillさん

そうなんですよ!
SACDハイブリッドでさえ出してくれれば全て買い替えますよ!!
やっぱり、SACDレイヤーの音は、もう圧倒的に良いですからね!

でも…
この前ユニオンの店員と話をしたのですが、もしかしたら(まだ未定)、特典に初期の日本盤ペラジャケが付くかもしれない&特典箱もいくつかに分けて複数付く可能性大との事…

って…
やっぱり聴かないCDに6万ですかね(涙)
Vynil売る気にもなりませんし(号泣)

本当に困っています。
Posted by V.J. at 2006年01月18日 23:32
こんにちは。
しょーたさんの所でこの記事を知って、訪問させてもらいました。

まだまだ表面だけをなぞって聴いているだけの私、Feelgood気合い入れ直して聴きたいと思います。


Posted by Junk at 2006年03月29日 12:22
>Junkさん
ご無沙汰してます。
コメントありがとうございます!

>まだまだ表面だけを…
そんな事無いですって!
別に全曲制覇する事が重要でもなんでもないっすよ♪
AMラジオから何気なく流れて来た、誰の歌かも分からないけど、フレーズにグッと来る!
それが、音楽の原初的且つ基本なんだと思いますよ♪

僕も、Feelgood最初に聴いたのそんな感じですもん。
JunkさんのペースでJunkさんなりに楽しむのが一番ですよぉ〜♪

僕も、最近は、Live観戦がこの様なんで(苦笑)なかなかコメントまで残せません。
また、Junkさんのとこにもおじゃまさせて頂きますね!
Posted by V.J. at 2006年03月30日 23:18
遅ればせながら、TBのお礼に来ました★
V.Jさんのヴァイナルへの情熱&ウィルコへの愛が怖いくらいです(笑)。
アベチバに関しては、私の周りも毛嫌いしてました。が、某イベントで一緒に話す機会があったのですが、かなりパブロック好きであることは確かです。若ーい女の子が「ウィルコとかって、サイコ〜」とか話してたのがかなり衝撃的でした(笑)。
Posted by ママロック at 2006年04月05日 08:49
>ママロックさん
コメント感謝です♪

あの当時、ウィルコって、サイコーって言ってた女子の中で、1人でもPUB ROCKの裏道から抜け出られなくなっている事を望みます(笑)

ミッシェルガンはホント、大嫌いですが、世界の終わりとかゲットアップルーシーとか、時たまカラオケで歌う事すらあります(自爆)
Posted by V.J. at 2006年04月05日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11596366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。