2005年12月30日

久々にテレビを見た! 阿久悠

僕は普段めったにTVを見ない。
なんとなく寂しいので、付けてはいるが、殆ど音を消しているので、見るのではなく流れているってのが正直なところ…

そんなV.J.が酒を飲みながら、見入ってしまった番組がある。
作詞家阿久悠の40周年記念?の歌謡大全だ。
こういう記事はV.J.などより、路傍先生が詳しいので書くのも憚られますが…

すげー面白かった!
  
  
  
  
V.J.は1968年(昭和43年)生まれなので、歌謡曲全盛ぎりぎりの時代に少年時代を過ごした事になります。(歌謡曲の凋落、ニューミュージックの台頭。そんな時代かもしれません)

今日のTVを見て思ったのだけど、阿久悠が阿久悠であった時代。一番輝いていた時代は、沢田研二とピンクレディの2組。

どっちも、派手で、SEXYで、理不尽なまでの詩で…
大好きな2組でした!

ひととよう(ごめんなさい、漢字分かりません)が、コメントのなかで、ピンクレディのカルメンについて、「私の名前はカルメンです」と宣言し、「もちろんあだ名に決まってます」と言った後に、「それで決まりです。それしかないのです」…なにが決まりなのか?凄すぎる!って発言していました。
彼女の感性は正しい。
ちょっと好きになりました(笑)
最近の女性シンガーはUA以外は全く認めないV.J.もチョットだけ惚れました。

この詩に込められた意味の無さ(爆)
でも、なんだか、すっと、胸に落ちる歌詞。
チョット、感動です!
改めて天才の片鱗を感じました。

ピンクレディのくだりを見ていて、その流れで、リンダがちょっとだけ登場しましたが、やっぱり、阿久、戸倉コンビのピンクの習作と言う感じの山本リンダですが…
完全に、圧倒的に、その存在そのものが素敵過ぎてコトバを失いました。
倖田某なんて、SEXYかもしれませんが、所詮、リンダの足元にも及びませんねぇ〜
ダメですよ、ヤツは。

で、そんなリンダを習作として、ピンクをつくりあげた阿久氏…
作詞家が、アーティスト自体をプロデュースしていた事実にも圧倒されます。


最後のほうに、阿久先生自体がインタビューで語ってましたが、最近の曲は詩を重要視していない。と、言うよりも、詩を重要視しない聞き手が多すぎる。
今の世の中、変な共同体意識の中で、異物となる語りに対し、排除する傾向が強い。
と言ったニュアンスのコメントをしていました。

すごく共感。
喧嘩売るようですが、音楽関係のBlogを拝見していると、確かに、事実に基づき、非常に分析的な記事を眼にする事が多いのですが、全く、それを聞いている人のバックグラウンドが見えて来ない、評論家の書いた事をなぞった様な表現が多い事!
V.J.のリンクさせて頂いているお友達は、みな、個性的な方ばかりでそんな事ないのですが…

極個人的な表現の場であるBlogですら、そんな「居心地の悪い」記事が多い事実。
やっぱり、表現の手段としてのコトバがどんどん軽視されている事実…
ちょっと怖い気もします。

誰が読んでくれているかもわかりません。
読みズライ文章だって事、100も承知しています。
でも、自分で書く以上は、自分のBeatでコトバを紡ぐ事が出来る様になりたいな。
ってV.J.は、改めて、自身の記事に対し、感じた次第。

ま、大きく話がずれました。
いつものことです。

とにかく、大衆芸能という枠の中で、圧倒的な存在感で、時代を作り続けた、阿久氏の活動には改めて、敬意を表さずにはいられません。

もっと活躍して欲しいのですが…
やはり、彼も活躍の場はどんどん削られているのでしょう。
ちょっと寂しい気がしました。

ビバ!歌謡曲!!

ととりあえず、叫んでおきましょう(笑)

ラベル:阿久悠
posted by V.J. at 01:36| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この特番見逃しました。残念です。

阿久悠センセイ、マジで尊敬してます。
>最近の曲は詩を重要視していない。と、言うよりも、詩を重要視しない聞き手が多すぎる。

激しく同意します。特にB’○とか小○哲○とかが出てきてからのJ−POPの歌詞はムチャクチャですね。

わたし、よく昔のアニソン取り上げてますが、プロフェッショナルな作詞家・作曲家のプロフェッショナルな仕事ぶりを聴くのが楽しくて。
発注された仕事に対して、ベストを尽くして最高のものを提示する。プロの基本です。

「今日もどこかでデビルマン」って阿久、戸倉コンビなんですよね。

ピンクレディーもジュリーも、ベストしか持ってませんが、未だに愛聴してます。

Posted by カナ at 2005年12月30日 02:12
ぼくもこの番組見てませんが、石川さゆりは出ましたか?

ぼくが阿久悠をほんとにすごいなと思ったのは「津軽海峡・冬景色」を聴いてからです。
「ごらん、あれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす…」
青函連絡船の寒々とした客室がまるで自分の体験のように目に浮かびますが、これほどくっきりと情景が目に浮かぶ詞をぼくはほかに知りません。
しかも阿久悠は青函連絡船も知らずにこの詞を書いているのですから唖然とします。

もしまだお読みでなければ、阿久悠が好きな歌や自分の書いた歌のことを綴った『愛すべき名歌たち』(岩波新書)という本はお勧めですよ!!
Posted by 遼(Parlophone) at 2005年12月30日 02:25
>カナさん。
いつもコメありがとうございます!

>発注された仕事に対して、ベストを尽くして最高のものを提示する。プロの基本です。
本当にそう感じます。アニソンですが、宇宙戦艦ヤマトもそうだったんですね。後、番組で紹介されたのは、ウルトラマンタロウ!に、ピンポンパン体操!!
ピンポンパン〜は、小林亜星とのコンビ。このコンビは、「北の宿から」のコンビだったって事知って、プロとしての仕事の素晴らしさを再認識しました。

>「今日もどこかでデビルマン」って阿久、戸倉コンビなんですよね。
おぉ!あの名曲も!!
あの歌は、子供向けの歌ぢゃないですよね…
一切手抜き無し。てのも凄い…

この頃の職業作家に関しては、筒美京平氏ばっかりがリスペクトされている気がするのですが、そんな事全然無いですね。
阿久−戸倉コンビは、まさに日本のブリルビルディング!キャロル・キング&ジェリー・ゴフィンにも匹敵しますね。
Posted by V.J. at 2005年12月30日 09:14
>遼さん。
コメントありがとうございます!
気を付けてお帰り下さいね。

>石川さゆりは出ましたか?
出ました出ました!
遼さんと全く同じ事を本人が言っていました!

他にも、Charが「気絶するほど悩ましい」をアコギ1本で歌いましたが、「うまくゆく恋なんて恋じゃない」ってトコロが一番好き。と言ってたりしました。
後は、スパイダーズをバックに、鈴木ヒロミツが、モップスの「朝まで待てない」を歌ったりも。

音楽プロデューサーの酒井氏を軸に、宇崎−阿木、百恵コンビが、対『阿久−戸倉』陣営への果敢な挑戦(阿久氏は、阿木氏の歌詞を見て、負けたと思った様です)とか、八代亜紀の舟歌を何度も書き直して、「男唄」として完成させた事等々

ちょっと番組の構成や司会が?ではありましたが、堪能させられました!

>『愛すべき名歌たち』(岩波新書)という本はお勧めですよ!!
それ、まじで読みたいです!
いつも、有益な情報本当にありがとうございます!
それにしても、あまりにも色々な事、自分は知らな過ぎる…って思います(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年12月30日 09:22
路傍の石です。あ、でも先生はやめてくださいね(笑)。阿久悠特番のレビューについては明日にでも拙ブログで書くつもりです。
音楽のトレンドについて常々思うのは、その真価は10年ひと昔としたら、30年経たないと本当のことはわからないということです。ひと昔で廃れて、ふた昔でリバイバルして、み昔で本物だけが聴き継がれる。今、ピンク・レディーと沢田研二がリスペクトされているのはまさしく本物の証ということになりますね。
Posted by 路傍の石 at 2005年12月31日 01:35
>路傍先生
どうも、先生と言うのがあまりにも僕にはぴったりで(笑)
良いでしょうか?先生とお呼びして♪
(うちには、所長と師匠と兄ィとがいます(爆))

>阿久悠特番のレビューについては明日にでも拙ブログで書くつもりです
おぉ、楽しみです。
記事UPされたら必ず拝見致します。

>ひと昔で廃れて、ふた昔でリバイバルして、み昔で本物だけが聴き継がれる。
うむ。
確かに本質かもしれませんね…
リアルタイムで大騒ぎして
すっかり飽きて
今また、よさを再認識している。
まさに、僕はそんな感じですね。

来年も色々刺激的な記事をお願いします。
先生!(しつこい?)(笑)

Posted by V.J. at 2005年12月31日 09:43
こんにちは。
私は昭和31年生まれのおじさんなので、歌謡曲まっただ中の世代です。
ピンクレディー、いいですね。それにジュリー、あのころは最高でした。いい声してるし、かっこいいですし。
久々に見入った番組でした。
Posted by 自由なランナー at 2006年01月01日 16:24
お初書き込みです。
v.j.さんが私のブログにコメントを書いて下さったので、どんなかたなのかな?と
何気なくparloブログから追ってみたところたどりつきました。

んで、ビックリ!!!!私が、年末にいたく感動して必ずや自分のブログで近日中に
思いを書こうとしていた、あの阿久悠の特集番組のことがすでに書かれているでは
ないか!私は阿久氏は遠い昔から尊敬しまくっているので、今回の特集番組は最初
から録画してました。

ところどころナベプロムードが漂ったり、大竹しのぶがドヘタな歌を披露したり、
最後は小林旭が締めたりして気に入らないところも多々でしたが
(小林は今年はメモリアルイヤーらしいから業界的にこれは仕方ないのかも)
本当に感動し、録ったビデオテープは永久保存にしました。
(DVDじゃねーのかよ!笑)

ここで書かれちゃったけど、近日中に同じようなこと書くと思います。
私が主に感動したのはジュリーのスターのオーラ、あと酒井Pや阿木耀子との関係性、
それと意外に感動したのが大橋純子でした。たそがれマイラブも当然ながら、もんた
とのコーセーアイシャドウのCMソング「夏女ソニア」がイイんで新発見でした。
あれはカラオケで使える!(まだ行くんかい!)

ぜいぜい、長文失礼しました。
(今年のお正月、ヒマなんですよね・・・笑)
Posted by milk_tea at 2006年01月01日 22:45
書き漏らしたことがありました(おいおい)

そうです、MyヒーローのCharまでもが出ていたんですよね。彼がデビューに
あたり、阿久氏のプロの仕事を目の当たりにして
「よし、だったら俺もちょっと頑張ってみようじゃん」と思ったという話は有名ですが
(単に私の中で。)
それだけの思いがあったから今回も出演依頼を受けたんだろうなと感動しました。

♪沖の鴎に深酒させてヨ 
 可愛いあの娘と朝寝するダンチョネ

かつてこれについて「ダンチョネって何だ?」などと誰一人言ったりしなかったのも
カルメン77の「♪これで決まりです」のように「何だかわからんが妙に納得」と
有無を言わさぬ絶対的な説得力があるからなのですね。
(こういうの、自分のブログに書けばいいんでしたね。でもこれから書くかも)
すいません長く書きすぎました。(m_m)

Posted by milk_tea at 2006年01月01日 23:19
>自由なランナーさん
TB&コメントありがとうございます!

>ピンクレディー、いいですね。それにジュリー、あのころは最高でした
そうなんですよねぇ〜
改めて思ったのは、やはり、歌い手自体が「プロフェッショナル」だって事。
歌うまいですよ。
歌詞が聞こえますもん。
今の本当に歌詞の聞こえないJ-POPってのは…
洋楽専門なんで、僕は別にどうでも良いのですが(笑)

今後とも宜しくお願いいたしますね!
Posted by V.J. at 2006年01月03日 11:09
>milk_teaさま
お暇なところ(爆)こんな辺鄙なところまでようこそお越し頂き、本当に感謝してます!
ちょいと、実家に帰省していてお返事が遅れてしまいました。

>録ったビデオテープは永久保存にしました。(DVDじゃねーのかよ!笑)
うちでは、当然の様にHDDレコーダーなんてもんは持ってないですし、ビデオに関しては、再生専用で録画出来ない状況です(爆)
もう配線がぐちゃぐちゃでTVを録画するための配線が分からなくて(文系以下発言)

>意外に感動したのが大橋純子でした
ね!
きっちり、自分の名前を冠したバックバンドなんてつけて、充分今の音してましたね。
でも、ニューミュージック系のシンガーもああやって、アメリカやイギリスのローカル・サーキット巡りをしている往年のヤツラと同じで、プロとして音楽活動を続けている事自体がびっくり。

日本では、そうした音楽活動は、演歌歌手だけのイメージがありましたが、演歌以外でもきちんと根付いて来た証拠で嬉しい限りです。

小さいライブハウスで大橋純子見てみたくなる充実ぶりでした。(紅白をちろっと見ましたが、和田アキ子の最早現役ですら無い歌いっぷりに比べると…残念です。)
Posted by V.J. at 2006年01月03日 11:21
Charですが、そんな逸話があったんですか!
それにしても、ナツカシのアイドル?時代の映像が出ていましたが、「劣化」と言うコトバを拒否する様なかっこよさ!

かといって、JEFF BECKみたいに「サイボーグか?オマエは!」って位変わらないのではなく、きちんと、熟成・深化された姿を見て、「うーん。やっぱカッコいいぜ!」と思いましたよ。

最近、CharのLiveはすっかりご無沙汰しており、ここ4,5年行ってません。(音楽大陸のイベントで、おととし位にちょろっと見たのが、「生茶」最後です)
テクに走りすぎるキライがあったのが、V.J.的には、ちょいとキツイ時代もありましたが、純粋に音楽に立ち向かう姿はやっぱりカッコイイ。うん。

>ダンチョネって何だ?
ダンチョネ節ってあるよね。でも、なんだか1ミクロンも分かりません。
ちょいとググると「断腸(の思い)とか団長の意味とか言われるが分かっていないらしい。」
なんやそれ…

可愛いあの娘と朝寝するダンチョネ
可愛いおねーちゃんと朝までいちゃいちゃ寝てるのが断腸のおもひ???

語感を活かしているのでしょう。きっと。

やはり、阿久悠恐るべし…

>すいません長く書きすぎました。(m_m)
僕も異様に長文なんで、全然気にしません(笑)
コメの文章が長すぎてPOSTできない。って事はこのBlogには無さそうなので、がんがん、長文コメお待ちしています(笑)

ちなみに、ヒトサマのBlogにコメしようとして、何度も、字数制限にひっかかった事があります(爆)
Posted by V.J. at 2006年01月03日 11:32
>お暇なところ(爆)こんな辺鄙なところまでようこそお越し頂き、本当に感謝してます!

ヒマだというのに(笑)こんな真っ暗なところにまで訪れてしまいました〜
(背景が黒いだけか)
(そして・・・また来てるし)


>日本では、そうした音楽活動は、演歌歌手だけのイメージがありましたが

大橋純子はやっぱり実力ありますからね。
そういう人は自然と残るわけですね。

>小さいライブハウスで大橋純子見てみたくなる充実ぶりでした。

本当にそうですね。
歌詞がダイレクトに耳に入ってくるのも改めてスゴイと思いました。カツゼツいいし。
あと、夏女ソニアの曲をもらって、それから何十年も経ってから最近それが阿久作品
と知った、と言ってましたよね。そういうのって、当時の歌謡界の日夜ごったがえしてる
様子がうかがい知れるエピソードだなと思いました。


>(紅白をちろっと見ましたが、和田アキ子の最早現役ですら無い歌いっぷり

彼女は日本屈指のソウルシンガーみたいに時々評されますが私は昔から「うっそぉ」
って思ってました。リズム感悪すぎませんか?それに、譜面に書いてある以上の
音が出せない。あれではソウルシンガーは名乗れません。(きびし)

>きちんと、熟成・深化された姿を見て、「うーん。やっぱカッコいいぜ!」

ですね。例えばピンクレディーって当時ケイちゃんの踊りがヘタで有名だったんだけど
最近の彼女らのライブ映像とか見ると、おそろしく上手くなっていて、2人の踊りが
完全に揃ってる。顔も昔より美しいですし。
(ミイちゃんは人工施術が相当入ってるが・・)それってスゴイことだと思います。


>最近、CharのLiveはすっかりご無沙汰しており、ここ4,5年行ってません。


それってスゴイ。いいな。私は20年以上行ってません。(^^;
Charお好きなんですか?私のブログで4本くらい書いてますので読んで
くださいね。(激長ですが・・笑)

>「断腸(の思い)とか団長の意味とか言われるが分かっていないらしい。」

へー!
「朝寝するダッチャ!」とか「朝寝するんジャケー!」みたいな方言ぽさをもっと
地域不明な響きにして、えも言われぬ泥臭さを醸し出し、理屈抜きにその世界に
引きずり込むような感じでしょうね。
まさに語感を活かしているんですね。

だんだん、自分のブログの阿久編に書くネタがなくなってきました (- -;
人のblogへのコメントで全力出し切ってどうする!(笑)また長くてすみません〜
Posted by milk_tea at 2006年01月03日 17:33
V.J.さん、明けましておめでとうございます。

>Charが「気絶するほど悩ましい」をアコギ1本で歌いましたが、
>「うまくゆく恋なんて恋じゃない」ってトコロが一番好き。と言ってたりしました。

うわ〜、見たかったですね〜。
それにしても「うまくゆく恋なんて恋じゃない」…言われてみて妙に納得する一言ですよね。
さすがとしか言いようがありません。

石川さゆりも出てたのか〜。
久しぶりに聞いてみたかったなあ。

>阿久氏は、阿木氏の歌詞を見て、負けたと思った様です

この部分、例の『愛すべき名歌たち』では、
「『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』を初めて聴いた時には、ちょっとした衝撃を受けた。正直、やられたと思った。…ひどくくやしかった」と書いています。

たしかに「港の〜」はひとつひとつの場面が目に浮かんで、ひどく物語の発展性を感じさせる詞ですよね。

たとえば吉田旺が作詞した「喝采」(ちあきなおみ・歌)なんかと比べても、極端に捨象してウエットな部分を切り捨てながらクールに断片を積み重ねることで一人の女の姿を浮かび上がらせていく手法は、ほかの誰も(阿久悠ですら)思いつかなかった個性だろうと思わせますね。

そのあたりの阿久の葛藤もおもしろいですね。
Posted by 遼(Parlophone) at 2006年01月03日 23:05
真っ黒な所までお越し頂き恐縮です(笑)
なんか、デザイン変更したいとは思っているのですが、CSSやらHTMLをこれでも、慣れない素人が悪戦苦闘して細かい仕掛けとかを入れたもんで、最早、デザイン変更どころか、何一ついじれない状態なんですよ(苦笑)
見づらくてスミマセン…

>カツゼツいいし
そうそう。
上の方のコメへの返信でも書きましたが、今のJ-POPのヤツラと比べて、歌上手過ぎ。「歌い手」として、みな「プロフェッショナル」だったんだな、と。
歌詞がジュリーも含めてですが、きちんと「聴き手に聞こえる」んですよ。改めて発見でした。

>リズム感悪すぎませんか?
これ、致命的ですよね…
かなり昔から感じてました。

>譜面に書いてある以上の音が出せない
若い頃のLiveとかを聴いた事がありますが、これは昔はそれなりに、クォーター・トーンを出せていたと思います。今は、やっぱり、唄にココロが全く入っていない。ただ、なぞっているだけ。と言う感じが否めません。

>顔も昔より美しいですし。
子供の頃は断然ミー派でしたが、再結成を見て、ケイちゃんの方が良くなりました♪
タイプが変わったよりも、ケイのほうが、自然に良い歳を取ったのかな?と思いました。

>私は20年以上行ってません
逆に凄いかも(笑)
僕は最初に見たのがうちの大学の学際に来た時が最初ですから、20年近く前だ…
で、ちゃんとしたCharのLiveは、ティム・ボガートとカーマイン・アピスをバックに従えての、C,B&AなるフザケタユニットでのLiveですね。

>私のブログで4本くらい書いてますので読んで
くださいね。(激長ですが・・笑)
覚悟して今後、伺いますね。

>だんだん、自分のブログの阿久編に書くネタがなくなってきました (- -;
人のblogへのコメントで全力出し切ってどうする!
何処まで伸びるかこのコメ合戦(爆)
これをコピペして、適当に再構築していっちょあがりでいいぢゃないですか♪

Posted by V.J. at 2006年01月03日 23:18
>遼さん
お帰りなさい!
そして
あけましてオメデトウございます。
今年もヨロシクお願い致します!

>言われてみて妙に納得する一言ですよね。
自分も、今になって思ひ出す過去の恋は、みーんな「上手く行ってない」です(苦笑)
一言で本質を掬い取る様、脱帽です。。。

阿木女史や吉田氏とのくだりですが、プロの職業作家が切磋琢磨して、高度な表現が生まれて行く時代。良い時代だったんだな。と、改めて思います。
今は、一時前は、小室哲也一色。つんくとかも同じですかね?
一瞬一瞬のムーブメントが凄く短くなってゆく上に、その瞬間は、そいつ一色になってしまう。
だから、切磋琢磨して、向上するのではなく、「消費」されてしまう気がしました。

そう考えると、今の日本の音楽界…
先行きが…
山下達郎の様に、納得するまで時間を掛け、時代を超越する作品を世に送り出す様なアーティストなんて、今の日本のSHOWBIZの世界では、許されていないんでしょうかね?(と言う、ヤマタツも、PROTOOLSみたいな、先端の技術を取り入れ、今の一般的な使い方を超越した音作りをしている。って点が、回顧的。頑固職人。だけでは片付けられませんが…)

正月早々話しが逸れました(苦笑)

今年もヨロシクお願い致します!
Posted by V.J. at 2006年01月03日 23:29
大変遅ればせながら阿久悠の渾身の記事を書きました(笑)。つきましてはTBさせていただきます。
Posted by 路傍の石 at 2006年01月15日 14:47
>路傍先生
コメトラありがとうございます。

いよいよ「渾身」の記事っすか♪
マニアックなとこを、ぐりぐりと関節技決めるんでしょうねぇ〜♪

ちょいと遊びに行きますねぇ〜
Posted by V.J. at 2006年01月15日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

かつて歌謡曲があったころ
Excerpt: 昨晩みたテレビの「ザ・ヒットメーカー 作詞家・阿久悠40年記念特別企画」は、久々
Weblog: 単身赴任 杜の都STYLE
Tracked: 2005-12-30 06:58

阿久悠を語る
Excerpt: 路傍  阿久悠です。夜明け ついにテーマも阿久悠に辿り着いたという感じですね。路傍  この「帝熱解放戦線」をオープンした当時から阿久悠について採り上げてほしいという要望がたびたびありました。昨年暮れ1..
Weblog: 帝都熱烈音盤解放戦線
Tracked: 2006-01-15 14:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。