2005年12月21日

聴かないCD

会社帰りに何の目的も無くレコ屋に寄ってみた。
そこには、良く行く中古CD屋で、常に特等席に陣取っているCDが新品で陳列棚に飾られていた。

それは…
  
  
  
  
バンコの







の2枚…

ギミックジャケの最高峰の2枚。
以前紙ジャケで発売されていましたが、限定生産のために、すぐに廃盤に。
で、市場の需要と供給のアンバランスからか、中古市場では、CDのクセして、1万位で売られていたりしてました。

BMGビクターから、紙ジャケで再発になりました。

無意識でキャッシャーに持っていってしまいました(笑)
でもね…
ジャンル的には、「イタリアン・プログレ」

このBlogを読んで下さっている方ならご存知かと思いますが、V.J.はROCKのジャンルの中で、プログレが一番苦手…
でも…ここまで凝ったジャケットはさすがにこいつらが最高峰と言われるだけの事はあるブツです…

そこで、プログレ好きのPちゃんとかに質問。
このバンコとやらは、果たしてV.J.が聴くに耐えるモノなのでしょうか?
やはり「未開封」完品として、保管しておいて、いつかのたれ死にそうになった時に、ヤフオク出品でしょうか?

CDなんて、本来聴くもんで、保管するもんぢゃないんですけどねぇ(苦笑)
聴きたくも無いCDなもんで…
でも、なんか、欲しかった(爆)

バカですねぇ〜
自分でも呆れますが、買っちまったもんは仕方ない。
とりあえず、今ならまだAMAZONにもあるみたいです。

欲しいけど、中古のバカ高い値段に指を咥えていたV.J.のイトコ、紙ジャケ・Junkies達よ、急げ!!!

ファースト(紙ジャケット仕様)

普通のジャケットの1.5倍はあります。
この壷の格好してます。ジャケが…
写真の後ろの白いのは台紙です。

自由への扉(紙ジャケット仕様)

この扉が観音開きで開くそうです。
だから何なんだ?と言う気がしますが…
これもまだ今ならAMAZONで普通に買えます!
急げぇ〜

それぞれ、上で紹介した2枚の写真をまずはクリックだ!!!

…これぢゃ、あまりにも「ヤラシイ」アフィリエイト記事っぽいので、我家のギミック・ジャケ達を紹介。
ちなみに、こいつらはちゃんと聴いてます。はい。

やっぱ避けて通れないのが、『世界初の3Dジャケット』(笑)
R.STONESのサタニック・マジェスティーズでしょう!
DSC_0135.JPG
UK Original MONO(Loud Cut)、UK Original Stereo、US Original Mono、SACD

なんちゃって3Dですが、やっぱり、このジャケぢゃないとダメ!
最近のCDが端っこに写っていますが、こんな普通の写真じゃ、このアルバムの渾沌とした世界観は表現できません。

もう一枚STONESで忘れちゃいかんのが…
DSC_0137_tp.JPG
Through The Past Darkly UK Original MONO、ドイツDECCA、UK DECCA 2nd Press MONO、SACD

B.JONESの追悼盤のBESTです。
といっても、数あるSTONESのBEST盤の中で一番好きなアルバムです。
8角ジャケ仕様です。
これも、下のほうにちっちゃく写っているCD…いけません。これじゃ。

今日は趣旨が違うので、レーベル面の写真を撮ってませんが、UK盤の2枚はどちらもMONO盤です。で、方やBOXED DECCAのMONOです。
この時期のBOXED DECCAは滅多に見かけません。LET IT BLEEDのBOXED DECCAよりもレアと言われている一枚です。
で、真ん中に写っているのが、通常盤のジャケットの裏が表に何故かデザインされているドイツDECCAのThrough The Past Darklyです。

かなりのレアジャケです。ギミックジャケのデフジャケですからね(笑)

他にも、Sticky FingersやVUのバナナジャケもありますが割愛。

ギミック・ジャケットと言えば、STONESに並んでV.J.が愛して止まないSmall Facesのオグデンを忘れてはいけません。

DSC_0138_sf.JPG
OGDENS' NUTGONE FLAKE UK IMMEDIATE ORIGINAL と紙ジャケCD

丸いタバコの缶を模したジャケットが折りたたまれています。
会社のデスクに飾っているため、手元にありませんが、以前、缶で発売されたCDもあります。
で、紙ジャケですが、忠実に再現!きちんと、折りたたみが開かれます!
ここまでやらないとやっぱりいけません。

内容ですが、最高!!!!の一言です。
サージェント・ペッパーズもサタニックスも足元に及ばないUKサイケデリックの時代を真空パックした1枚です!
こんなところで、紹介するはずではなかったのですが…後で、ゆっくり記事にしたいと思います。

で、Small Facesとくれば忘れちゃいかんのが、FACESのウー・ララ

DSC_0139_f.JPG
UK ORIGINAL STEREO

しょぼくれたオヤジのジャケですが…

ジャケットをちょいと歪ませると…
こんな顔が
DSC_0142_f.JPG

こんなになります♪
DSC_0141_f.JPG

これはやりすぎ…
DSC_0140_f.JPG

いつまで経っても紙ジャケ化されない1枚です。
これこそ紙ジャケにしなければダメな1枚ですね。

他にも山ほど…

変態宇宙バンド、ホークウィンド
DSC_0146_hw.JPG

なんて事ない騎士らしき人物が崖の先っちょに佇むイラストですが、ジャケットを開くと…
DSC_0147_hw.JPG

分かりズライかもしれませんが、タマと棒が出現します(下品)
騙し絵の世界です。はい。

発売当時は、ラズベリーの香り付きLPとして発売された、E.カルメン率いるラズベリーズ
DSC_0149_rs.JPG

中を開けるとこんな感じ
DSC_0150_rs.JPG
なかなか美味そうです♪

肝心のラズベリーの香りですが、中古で当然ご購入。。。カビの臭いしかしませんでした(バカ)

ジャケットは、レコードを入れる外見です。
ジャケットには内袋なるものが存在します。
UK SOULの歌姫、リンダ・ルイスのキュートなジャケは…

DSC_0151_ls.JPG
昔の潜水服にリンダ嬢がキュートに収まってます♪

レコードを取り出そうとすると
DSC_0152_ls.JPG
オマエ!こんな格好で潜ってたのか!のリンダ嬢ご登場♪カーリーヘアーが素敵です。

だんだん飽きてきました(笑)

B.マーリーのZIPPOジャケ
DSC_0143_bm.JPG

UK変態アシッドフォーク最高峰 Dr.Strangely StrangeのHeavy Petting(紙ジャケでしか持ってません。オリジナル盤なんて、いったいいくらするのでしょう…)

DSC_0144_ds.JPG
森の中にメンバーが…

森を抜けると
DSC_0145_ds.JPG


もう完全に、写真撮ってUPするのに今日は疲れました(笑)

言いたい事は、

V.J.がギミック・ジャケに眼が無い。
って事ぢゃなくて!

CD時代と違って、アナログはジャケットを含めての総合アート。アーティストの表現の場だったと言う事が言いたいのです!
30cm四方の空間で、どれだけ視覚的に音をイメージさせるか。
商業製品の中で、どれだけ芸術を表現するか。
そんな、トータルとしてのアートだったVynil
だから、止められないんですよ。Vynilが(爆)

紙ジャケに惹かれるのも分かりますが、やっぱ、この大きさぢゃないと「芸術作品」としての「表現力」になりません。
紙ジャケは、「手先の器用な日本人の民芸品」ってキモチになり、正直、どうかなぁ〜と思ってしまいます。

やっぱり、LPサイズが一番です。
(でも、最近出始めている「デカジャケ」ってヤツはNG。作りが雑です。)

自分でもこうして写真を撮って見ると、あまりのマニアぶりにちょっと眩暈がします。
嫌なキモチになります…

で、マニアといえば、普段、フィギュア蒐集をしているキモオタを見ると、ぶん殴りたくなるレコオタのV.J.ですが、やばいフィギュアが…

来年2月に彼の地で発売予定らしいです…

lz-lz1_photo_02_dp.jpg

!!!

lz-lz1_photo_03_dp.jpg

名作、LED ZEPPELINのジャケットを3Dにして忠実に再現したジャケット!!!!!

これ、絶対欲しいっス…

つひに、フィギュア・オタクの仲間入りか…

いや、何と言われても欲しい!

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・









posted by V.J. at 01:13| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(3) | 今日のお買上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
LED ZEPPELINのジャケ、これは買わないと・・・
最近ブラックサバスのアナログを友人から譲り受けて聞きまくってます。
Posted by もんのオーディオ日記 at 2005年12月21日 03:38
>もんさん
こちらこそご無沙汰しております。

>これは買わないと…
ちょっと激ヤバでしょ?
幾ら位するんだろ?
日本に入って来るのだろうか?
まだ???だらけですが、やはり物欲がソソラレマス(笑)

P.S.某所では失礼致しました。ちょっとホトボリが冷めるまでは行きませんので、もんさんからも謝っておいてくださいな(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年12月21日 10:00
やっぱりレコードって、いいものですね!今、改めて思いました。
音はもちろんですがジャケットでも楽しみたいものですよね。

変態宇宙バンド「ホークウィンド」の音が気になります。
Posted by ooioo at 2005年12月21日 13:09
おお、『サタニック・マジェスティーズ』のmono roud cut をお持ちとはうらやましい!!
聴いてみたいですね〜。

それとゼップ・フリークのぼくとしては怪しい3Dジャケ、ぜひともほしいです^^
Posted by 遼(Parlophone) at 2005年12月21日 21:18
>ooiooさん
コメントありがとうございます。

>音はもちろんですがジャケットでも楽しみたいものですよね
前からここで書いているのですが、CDの登場が、「音楽鑑賞」って趣味を趣味ぢゃなくした気がしてならねぇのですよ。。。
レコをタンテに乗せて、ジャケット眺めながら開設とかそんなのを読んで20分。
B面にひっくり返して、コーヒー飲んでもいいし、ビール飲んでもいいし、なんか音楽と向き合いながら20分。
その時間をわざわざ自分の時間の中でつくる。って行為がすごく大切なものの様な気がしてます。

ま、オヤジのたわごとですが(笑)

>変態宇宙バンド「ホークウィンド」の音が気になります。
ごめん。
世間的に言われている正式ジャンルは「スペース・サイケ」と言うらしいです(笑)
今、慌ててちゃんと説明しなきゃ!って聴き直していますが、ちょっとシンフォニックなバックにハードっぽいVo.が…プログレじゃねーか!
ま、そんな感じです(どんな感じ?)

Posted by V.J. at 2005年12月21日 23:46
>遼さん。
コメントありがとうございます。
昨日立ち寄ったレコ屋には、ジャニスのBOX置いていなかった…もはや売り切れ??
かなりヤバイっす。今日は飲んで帰ってきた所で、レコ屋行けなかったし、明日も無理…
週明けまで残っているか心配です(涙)

>mono roud cut
本家ラウド・カット、ラバー・ソウル程の違いは僕の貧弱な耳では分かりませんでした…が、僕の所有しているレコも、巷間言われている様に、2000光年〜の間奏当りで、何回かに一回、カッティングレベルが高すぎて、針飛びします。。。

>怪しい3Dジャケ
これ、怪しいっすよね!
でも、どうしても惹かれてしまいますよね(笑)
いつ日本でも発売になるのか良く分かりませんが、引き続き情報収集は続けたいと思います!
この企画、第二段、第三弾と是非続けて欲しいです!
SGT.ペッパーズの人形が全てホンモノの蝋人形バージョンとか(笑)
V.J.的には、S.Fingarsのジーンズがきちんと、もっこり付きで再現!てのがいいなぁ(爆)

Posted by V.J. at 2005年12月21日 23:53
いやー、まいりました!この特集は素晴らしい!!!
Posted by hyuma at 2005年12月22日 00:39
>hyumaさん
お褒め頂き恐縮です。
壷ぢゃくて、ツボでした?

面倒くさいなぁ〜と、思いつつ、レコ引っ張り出して、写真撮った甲斐がありました!

でも…
僕は、hyumaさんの様に4,5行でCoolに本質を書けない(苦笑)
Posted by V.J. at 2005年12月22日 01:49
V.J.さん、こんばんは〜。
ワタシも壷&扉を買っちゃいましたよ!
いわゆるイタロものは全く聴いたことがないのですが、一体どんな感じなんでしょうか?
ワタシもまだこれを開ける勇気がなく、未開封の状態で我が家のCDの山に埋もれていますが、でも今年中にはなんとか聴いてみようと思っています。

それにしてもアナログのギミックジャケは、見てるだけでも実に楽しいですね。
我が家にはアナログ環境がないので、羨ましいです。
その分を紙ジャケで何とか補っていますが・・・。
Posted by lonehawk at 2005年12月24日 19:15
>lonehawkさん
コメントありがとうございます&お返事遅れて申し訳ございません。

>でも今年中にはなんとか聴いてみようと思っています。
僕は、まだ封を切る勇気が無いんですよねぇ〜
見て楽しむもので、聴いて楽しむものでは無いって割り切ってます(笑)
聴いたら、感想UPお願いしますね!
参考にします!!

>アナログのギミックジャケ
こればっかりは、やっぱり、30cm四方の大きさが無いと…と、思ってしまいます。
Dr.Strangely StrangeのCDなんて、箱庭的と言えば聞こえが良いですが、やっぱり・・・本物が欲しい(笑)
とはいえ、ギミックジャケは結構するんですよ、中古でも(涙)
Posted by V.J. at 2005年12月26日 13:37
とうとう壷&扉をご開帳しちゃいました!
ご開帳を記念して両記事をTBさせて頂きましたので、宜しくお願い致します。
ちなみにV.J.さんが楽しめる内容かどうかは微妙かもしれません。
いわゆるプログレ的なインプロが苦手でしたら厳しいですね。
でもジャケのギミックの再現は一見の価値有りですよ。
Posted by lonehawk at 2005年12月28日 01:01
>lonehawkさーん。
今日は、1日2つの記事UP&lonehawkさんのご開帳!やらなにやらで、「ひとりコメRES祭り状態」のV.J.です(爆)

コメントありがとうございます!

今、伺って見て来ましたぜ。
扉はやっぱり、ご開帳してみたいですねぇ〜
でも、やっぱり、lonehawkさんの記事拝見して、
オペラ歌唱のプログレですよね…
オペラ歌唱といっても、Freddieとも違うのですよね…
若干、尻込みします(苦笑)

でも、イタロの道はケモノミチですよ。
入ったら抜けられませんぜ(笑)
Posted by V.J. at 2005年12月28日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO (紙ジャケ)
Excerpt: 壷です。 イタロです。 バンコです。これがジャケットです。 このオリジナルがどんな感じなのか一度でいいから見たいです。 それくらい強烈なデザインです。 バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ..
Weblog: 芸術的生活、
Tracked: 2005-12-28 00:53

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO / IO SONO NATO LIBERO (...
Excerpt: 前回から続きまして今回もワンバンコ・・・もといバンコです。 壷の次は扉です。 こちらも負けじと素敵なバカジャケです。バンコの3作目である『自由への扉』のジャケは、アパートの入り口をモチーフにしてい..
Weblog: 芸術的生活、
Tracked: 2005-12-28 00:55

一番まともなホークウインドかも?HAWKWIND"Warrior on theEdge of Time"
Excerpt: HAWKWIND"Warrior on the Edge of Time”1975年 今日はスペースサイケな1枚(爆)。我等がホークウインドです。もう誰がやってたかわかんなくなる・..
Weblog: Iron Rosary
Tracked: 2006-09-03 01:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。