2005年12月16日

インパクトジャケ大賞 エントリ#2

ジョージ・マイケル氏が新郎(新婦?)のケニー・ゴスを伴って、14年ぶりに来日しました。
来日の目的は、自身の半生を綴ったドキュメンタリー映画「ジョージ・マイケル 素顔の告白」のプロモーションらしいです(笑)
ちょっと見てみたい気がしないでもないです…
(ジェームス三木「仮面夫婦」なんてのも…それを言うなら「仮面の告白」だろ!)

だって

これ

wahm1.jpg
ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ♪
ダイアナ妃に似てなくもないです。

が…今や

gm.jpg
写真小さいですが、12月14日近影。
どこを切っても「ゲイの金太郎飴」状態♪

…そんな話ではないです!
話が逸れるにも程があります。(いつもの事ですが)
今日はインパクトジャケット大賞! エントリーNo.2の紹介です。
今日紹介する、Albumはマイケルとは1ミクロンも関係無い…
  
  
  
  
The Edgar Broughton Band / SAME
です。

第一回のインパクトジャケ大賞は、OSIBISAのHEADS(ゴルゴ松本)がエントリーされています。
前回は、ジャケットデザインを手がけたMati Klarwein及びロジャー・ディーンに話が及んでいます。

今回紹介する、Edagr Broughton Bandは、ジャケット・アートに興味のある人ならば知らない人がいない、アート集団、ヒプノシスのデザインになります。

もうインパクトありすぎ!

gm.jpg

見開きのジャケ一杯に、肉屋と思しき貯蔵庫に、肉が熟成されてますが…
良く見ると…

DSC_0135_eg.JPG

(テクスチャージャケなので、少々みづらいですが)
肉の中に、1体の女性が吊るされてます…

やっぱ、ヒプノシスの数あるジャケットの中でも1,2を争うアートワークです。
日常に潜む凶器。
気付いた時に嫌悪感すら催す非日常性。
さすがです。

肝心のThe Edgar Broughton Bandは、当時のUK UNDERGROUND BLUESの帝王。非常に政治的なメッセージを歌詞に織り込んだ、先鋭的なHARD BLUESバンドとの評価の高いヤツラだそうです。
一部、英国のキャプテン・ビーフハートとも、ザッパとも言われる位、「その筋」(「あの筋」どの筋?…ではありません)の方々には評価の高いバンドらしいです。

ジャケの内側は、そんな評判を裏付ける様なハードなメンバーのフォトが

DSC_0136_eg.JPG

V.J.には3流ホラーにしか見えませんでした(笑)

ま、そんな背景は全く知らずに、ジャケ買い!
買ってから色々情報収集した記憶があります(笑)
やっぱ、Vynil Junkieはジャケ買いしてナンボ♪

で、聴いてみると、思った程とっつき難い音楽ではありませんでした。
1曲目なんて、「出来損ないのNeil Youngが作る歌謡曲」みたいですねぇ〜
無理に声を潰して、ハードな所を演出している感じもします。
全体には、確かにハード且つブルージーな楽曲が目立ち、比較的V.J.の好みの音ではあります。

ま、ジャケのインパクト程、内容のインパクトは薄いかな〜
音がジャケに負けた…って位、ジャケのインパクトが強いです。
聴けない程ヒドイジャケ買いビニールもありますので、これは、まぁ、許せる範囲ですね。

って言うか、やっぱり、ジョージ・マイケルの近影の方がよっぽどインパクトが強い!


…って事で、冒頭の内容がここでやっとつながった(苦笑)


この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

CDも発売されていますが、やはりこのインパクトはVynilぢゃないと感じ出ないなぁ〜
Edgar Broughton Band


キャプテン・ビーフハートと言えば…インパクト対象候補のジャケが!
trout.jpg
B00005HFVRトラウト・マスク・レプリカ

アート集団、ヒプノシスの代表作は、世間的にはFLOYDの一連の作品でしょうか…
原子心母
原子心母

Wish You Were Here
炎〜あなたがここにいてほしい


次回のインパクトジャケ大賞エントリーは、ジャケット・アートの中でV.J.が最も好きなKeefの作品から取り上げて見たいと思います。






posted by V.J. at 00:36| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャケの内側を見て東京タワーの蝋人形館
(まだあるのかなー?)を思い出しました。
ザッパと並ぶバンドだったとは!
名前も何も今回初めて知りました。

ジャケ買いも楽しいものですよね☆

ちなみに私はバカTシャツが大好きです。
古着屋さんで買って…
クッションカバーに変身させてしまいます。
Posted by ooioo at 2005年12月16日 14:19
ジャケットの内側に一票。こんいちは。ぷくちゃんです。本日図書館経由でメロンが届いていました。中を開けたらキュウリと蜂蜜が入っており、「これをつければメロンの味がするよ」と汚い字で書いてありました。なめるんじゃない!バキッ!ベキッ!ボキッ!

失礼しました。第2回ジャケット選手権を考えています。
Posted by ぷくちゃん at 2005年12月16日 18:13
>ooiooさん
こんなヘンチクリン記事にまで、コメントありがとう!感謝です。

>バカTシャツが大好きです。
バカT…
気になります。
でも、古着屋で買うところに、ooiooさんの良心と言うか、センスを感じます。

最近の「狙い過ぎ」のバカ系はちょっと…
この前、ケツに「萌え」、フロントに「秋葉系」と書いてあるジャージ?が売ってましたが、本能的に「違う!」と思ってしまいました。

笑いは本人がマジメにやればやる程、外している感がイトシイのに…

本人が一番、本編と関係無いコメントしてる…(笑)
Posted by V.J. at 2005年12月16日 22:17
>エルトン♪
コメサンクスです。

キュウリの蜂蜜付けなかなかそれっぽい味したでしょ!
伊藤家の食卓で見ました(嘘)

>これをつければメロンの味がするよ」と汚い字で書いてありました。
何故、僕がきったない字って事知ってるんだ!!!!

大人になれば字は上手くなると子供の頃ずっと思ってました。
もうすぐ40ですが、今だに上手くなりません…
実は、祖母が書道の大家だったのですが、V.J.は、孫の中で唯一習字がダメ(ズルして初段)でした。
で、その祖母が死ぬ際、僕の手を握って「お前だけはモノにならなかった…」と言われたのが祖母の最後の言葉です…今でも、もう少しなんとかしとけば。と、後悔しています。
Posted by V.J. at 2005年12月16日 22:24
ほぉ〜、これはBSEに汚染される以前の牛肉ですねぇ。このぶら下がっている牛肉は米国産?英国産?原子心母の牛は英国産だと思うけど。どっちにしても早く食べたいな、吉野家の牛丼(←ばか)。
Posted by 路傍の石 at 2005年12月17日 01:31
おお!ヒプノシスネタだ!と喰いついてしまいました^^まつかわっです。

私の場合ヒプノシスっていえば有名なところだとフロイドの[狂気]だったりツェッペリンの[丘の向こうに]とか、男臭そうなロックって印象がありますw

でも恥ずかしながらエドガー・ブロゥトン・バンド自体知りませんでした・・悔しい・・

次回はKeefなやつらってことなのですが、やっぱ
Vertigoなやつらがでてくるのか・・?
ネタばれしてたらすいません・・(コメ自体削除しちゃってください^^)

って、コメントがマニアックになってしまいましたw

楽しみです。
Posted by まつかわっ at 2005年12月17日 10:04
>路傍様
度々お越し頂き恐縮です。

>どっちにしても早く食べたいな、吉野家の牛丼
路傍様の渾身の牛丼チェーン店巡り記事拝読しました。
うちの会社の近くは、悪名高き(笑)らんぷ亭しかないので、12時過ぎまで仕事して、「どうしても」食わなきゃやってられない。。。って時だけ食しますが、なんか食事というより餌を食っている気がしてしまいます…

確かに吉牛は時折むしょうに食べたくなるんですけどね。
Posted by V.J. at 2005年12月17日 11:07
>まつかわっさん
いつもありがとう!
なんか、福井寒そうですねぇ〜
今週末はこの冬最大の寒波だとか…
風邪なぞ引かぬ様きぃつけてくださいね。

>フロイドの[狂気]だったりツェッペリンの[丘の向こうに]
逆にマニアックなとこ狙ってみました(笑)
でも、こいつも「男臭さ」ムンムン(ふ、古い表現だ)満載ですぜ!

>Keefなやつらってことなのですが、やっぱ
Vertigoなやつらがでてくるのか・・?
むむむ。
プレッシャーが…(笑)
ロッドの良かった頃とかね。
そのうち書きたいと思いますので、その節は宜しくお願い致します。
Posted by V.J. at 2005年12月17日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

反ジャケ買い選手権-ジャケットだけ見たら絶対に買わないだろう!
Excerpt:  すいません。決して「クリムゾン・キングの宮殿」に対する音楽記事ではありません
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2005-12-16 18:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。