2005年12月09日

再び…12月8日

12月7日に、12月8日の記事を書き、
12月9日に、12月8日の記事を再び書く完全にへそ曲がりのV.J.です。

やはり、12月8日は多くの音楽を愛する人達の中では特別な日だと認識しました。
正直言って、レノンに対し、非常に強い思い入れがあるとは言い難いV.J.も、多くの方の記事を拝見し、思った以上に共感し、自分の中にもレノンが生きている事を思い知らされた一日でした。

そんななか、別の意味で12月8日の意味を教えてくれた記事が…
  
  
  
  
V.J.がBlogを始めたばかりの頃からお付き合いさせてもらってるまつかわっ氏のブログです。

12月8日は、ジョンを失った日である前に、仏教で言うところの「成道会」(じょうどうえ)と言う日でもあります。

成道会とは、釈迦が29で出家して、6年後の12月8日、菩提樹の木の下で悟りを開いた日でもあるそうです。
仏教徒は、12月8日は、釈迦が仏陀になった日を喜び、記念し、自身も仏道に励み、

真実の自己を深く見つめよう

と勤める1日だそうです。

一応、V.J.家は曹洞宗らしいと言う事を父が死んだ時に知りました。
どうも、僕は仏教徒なのでしょう。きっと…
当然ながら12月8日の意味はつい先ほど知りました。

そんな不信心な僕も12月8日は色々な意味で「自己を深くみつめる」1日になりました。
もう少しで自分も40歳にならんとしています。

彼の様に正直に生きているか。
彼が感じて来た事、行動してきた事を理解できるようになったか。
自分は人にRespectされないまでも、胸を張って生きているか。
明日倒れても悔いの無い人生を送れているか。

12月8日は、
レノンの死を悼むと同時に、彼の生き方を見つめ、自然と自分の生き方に投影する日です。
ROCK好きの僕は、自然と『自己を見つめる』1日として位置づけられていました。

立ち止まって、自身の歩みを振り返る。
そんな、とても重要な1日である事に気付きました。

やっぱり、全地球の歴史的にも意味のある1日なんだな。
と実感。

ちょっと柄でもないので、余談を。
ちなみに、おしゃかさまが死んだのが2月15日。涅槃会(NIRVANA)とよばれる日です。
そんな日に産まれたのは誰?って調べてみたら

インリン・オブ・ジョイトイ♪

うむ
彼女のM字開脚はやはり、仏様の生まれ変わりの証拠でもあったのか!(激爆)

よさげな記事が台無し…
もうすこし、自己を見つめる必要がありそうです。

やはり、V.J.はBrian Jonesが死んだ27で、自身の精神年齢も止まってしまったようです…

この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

posted by V.J. at 00:31| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2月15日に生まれた人?ちょっと調べてみました。
おおっ!お馴染みのプロデューサー、グリン・ジョーンズがいました!
Posted by masa at 2005年12月09日 01:33
>兄ィ
グリン・ジョーンズですかぃ!
かなり妄信的に信頼しているプロデューサー界の神みたいな存在ですね、僕にとっては。

ヤツの仕事では、P,タウンゼントと、R.レインのRough MIXが最高の仕事だと信じてます。

ちなみに、V.J.は2月29日生まれ(笑)
4年に1回しか誕生日が来ない…
さらにちなみに68年2月29日。全て一緒は飯島直子だったりします。
ま、ドーデも良い話でした(笑)
Posted by V.J. at 2005年12月09日 01:40
飯島直子、こないだ飛行機一緒でしたよ。能登空港に着いた時、”おおー、俺のグルーピーがこんなにいっぱい!”と思ったら(大馬鹿)、後から彼女が出てきました。
68年2月29日ですね?ヨーコ・オノがロイヤル・アルバート・ホールでジョンをバックに"AOS"という曲を録音した日ですって!
Posted by masa at 2005年12月09日 02:03
>ヨーコ・オノがロイヤル・アルバート・ホールでジョンをバックに"AOS"という曲を録音した日

…1ミクロンも嬉しくない(爆)

それにしても兄ィ、『ROCK界のみのもんた』って呼んで良い?
思いっきりテレビ「今日は何の日?」(笑)
Posted by V.J. at 2005年12月09日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。