2005年12月07日

12月8日

明日は12月8日。
太平洋戦争が始まり、
昔一緒に住んでいた彼女がV.J.の前から突然姿を消した日でもあり、
ジョン・レノンが凶弾に倒れた日です。

あまりオカルト的な事には興味無いのですが、時空の歪みが生ずる1日なのかもしれません。

全世界的に
全ROCK FAN的に
極めて個人的に
世界が歪んだ1日なのかもしれない。
  
  
  
  
新聞でちらっと見たが、もう25年経つらしい。
現在37のV.J.が12の時だ。
今でもかすかに覚えている。
かすかな記憶しかないけどね。

やっぱり、ジョンを今日は聴こう。
で、きっと、ビートルズのツワモノ達がジョンについては、色々ためになる事を明日沢山書いてくれるでしょう。
だから、ビートルズ及びジョン・レノンについては、中途半端と罵られても仕方ない…
V.J.は、フライングで記事を書こう(笑)

しんみりImagineって柄でも無い。
完全に受け売りだが、中山某の「ジョン・レノンを聴け」をちょうど今、読んでいる事もある。

愛と平和の戦士ジョンではなく、
ロックンローラーとしてのジョン・レノン。

V.J.が憧れるジョンも、そんなロックン・ローラー。
でも、弱っちくて、
「女々しい」
 を
「おとこらしい」

と、読ませてしまうジョンだ。

そうと決まれば、やっぱり『ロックン・ロール』をタンテに。
本当に久しぶりだ。
STAND BY ME
出だしの一声で全てが彼の色に染まる。
そんななか、ひきづるような、JESSE ED DAVISのスライドがやっぱり妙にココロにひっかかる。

話はそれるけど、JESSE ED DAVISってギタリストは、V.J.が好きな音楽に必ずと言って良い程顔を出す。
STONESのR&R CIRCUSでのタジ・マハールのバンドでの存在感のあり過ぎるSOLO
GEORGEのバングラデッシュ・コンサートでは、もしかしたら来ないかもしれないクラプトンの代役として、終始Liveをサポート
レオン・ラッセルの良き相棒
で、ジョンのロックン・ロール…

70年代前半のV.J.の好きな音がJESSEのギターで1本で繋がる。

うまくはないけど、クラプトンの100倍は味のある、心にひっかかるギターを弾く。
彼のソロアルバムもSINGERなんてよべる代物では無いようなへなへななボーカルだが、ギター同様にココロに沁みる。

ジョンの事を考えていたら、完全にJESSE ED DAVISの記事になっちゃったよ(笑)

もう二人ともいないけど、音楽ってずっとこうやって生き続ける。
ジョンのアルバムの中に、STONESのDVDの中に、JESSEも生き続けている。
やっぱ、音楽が好きで良かった。

なーんて思ってみたりした(笑)

今日は、JESSEのAlbum引っ張り出して、うちの「JESSE達」なーんて紹介はやめておこう。
UK/USオリジナル盤持ってるんだけどね(笑)…
そんなレコの話はまた後日。

今日は、
「物としての魅力」
 より
「音としての魅力」
  
に浸ろう。
  
この記事は?
まぁまぁ面白かった(blogランキングに投票してやってもよい)

・・・
・・・
・・・

V.J.はロックン・ローラーとしてのジョン・レノンを圧倒的に支持します。
Rock 'n' Roll
  
  
聴いた事無い人はJESSEのギターを一度体験して!
ギターってテクだけではない事を理解して!
JESSEで1枚!っていえばコレかな。
ウルル(紙)
  
  
動くJESSEを見たい!って人はこれ!あまりの泥臭さにびっくりするよ!
全盛期のWHOも
ジョンとキースとクラプトンのスーパーバンドも
動く最後のBRIANも見れる
ロックンロール・サーカス
  
  
賛否両論あるけど、中山康樹氏の視点は、Bluenoteガイドもディランもマイルスもエバンスもおおむね(7割位は)Sympathyを感じる。V.J.にとっては、「中山康樹を読め」って感じ。の数少ない一人だったりする。(ウケを狙いすぎる感はあるけど、みんなそう思っているのに、言えない事をズパっと言うのは痛快!)
ジョン・レノンを聴け!
   
  


  
  
posted by V.J. at 01:08| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(3) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと調べてみましたが、12月8日は呪われてますね。
75年,URIAH HEAPのベース、GARY THAIN
82年,カントリーのMARTY ROBBINS
94年,ANTONIO CARLOS JOBIM
04年,PANTERAのDIMBAG DARRELL
がそれぞれ死んでいます。
ま、とりあえず明日はパブでJOHNをかけますよ!
Posted by masa at 2005年12月07日 01:36
>兄ィ
おはようございます。

ぐぇーー
こんなに死んでいるんですか…
やっぱ、明日は何かありますね。。。
A.C.ジョビンなんてとこから、HMまで(笑)
ホント呪われているよ。
Posted by V.J. at 2005年12月07日 09:46
いろんな意味で12月8日の悲劇ですね。
自分も「ロックンロール」のジョンが好きですね。プライマルスクリーミングの影響は濃すぎました^^;
さて、分かってもらえると思いますが、自分もビートルズマニアではないんですけれど(笑)
明日はジョンのレコードに針を落とそうと思ってましたよ。
Posted by ション at 2005年12月07日 10:11
>ションさん。
いつもコメントありがとう!

>ビートルズマニアではない
この記事を見てもらえば分かる様に、僕も全然ビートルズマニアではないんですよ(笑)
だから、1日早くフライング(爆)
気付けば、JESSE EDの記事(激爆)

でも、ジョンのロックン・ロール・アルバムは好きです。
Posted by V.J. at 2005年12月07日 10:55
ジョン・・・今考えても、ジョンとポールは二人で一人なのかなって事です。・・・意外なことに頼りなさそうな、ジョージとリンゴはソロでも出来た(ている)と思ったけれど、ポールはジョンが死んだ後の作品は全く面白くなくなってしまった。そんなものかなあ。対になっていた物の喪失感、予想以上に大きいものです。
Posted by ぷくちゃん at 2005年12月07日 16:17
>ぷくちゃん
コメントありがとうございます。

>ポールはジョンが死んだ後の作品は全く面白くなくなってしまった。
そうなんだ…
僕はポールのソロは最初っから面白くなかったので、最早聞く価値ゼロですね(爆)

>対になっていた物の喪失感、予想以上に大きいものです。
ちょっと考えさせる発言ですね。
向こうの童話?で、missing pieceってのがあるんですけど、これは1読をお奨めします。
欠けてしまったピースばかりを捜し求めても本当は仕方ない。
欠けたピース自体が本当にフィットしていたかどうかは客観的には?かもしれない。
でも、欠けた本人は、どうしてもその喪失感って埋められないんだよ。
なんて話。
ちょっとせつなくなります。
Posted by V.J. at 2005年12月07日 20:28
遅ればせながら、ジョンの記事書きました。(内容が被って申し訳ありません。)ついでにジェシ・エドの記事もTBさせてもらいました。
Posted by カナ at 2005年12月18日 06:02
>カナさん
V.J.です。
ジェシが僕カナさんと被っていた…
良いものは良いって事で♪
Posted by V.J. at 2005年12月18日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

John Lennon \"Imagine\"
Excerpt: ジョン、そっちはどうですか?こっちは相変わらずです。いや、君のいた時よりよくないかな?僕らのせいです。がんばります。
Weblog: All Mod Cons
Tracked: 2005-12-11 01:17

中山康樹氏の新刊「ジョン・レノンを聴け!」が出た。
Excerpt: 今夜のBGM・・・ JOHN LENNON / LENNON LEGEND
Weblog: 音楽酒場
Tracked: 2005-12-18 05:58

ジョン・レノン「スタンド・バイ・ミー」での強烈なスライド・ソロは、この人です。
Excerpt: 今夜のBGM・・・ JESSE ED DAVIS / KEEP ME COMIN’
Weblog: 音楽酒場
Tracked: 2005-12-18 05:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。